忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】硝音 あや」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

百千さん家のあやかし王子 3

百千さん家のあやかし王子 3/硝音あや
ひまりの友達4人の中にひとり混じっている「死人」。
それが誰かわからないと、残った友達に危害が及ぶかもしれない…。
焦るひまりだが、(なぜか)女装した葵・紫・伊勢の協力のもと、ついに死人の正体をつかんだ。
だがその背後にはさらなる大きな影が――!!
鵺と浅からぬ因縁を持つ大妖怪が、百千家をかき乱す!!


昨日購入してきた百千さん、早速読みました。
3巻目なのでカテゴリ作りますね。


【其の八 四人目の友達 ―後―】
【其の九 闇に燃えし紅の】
【其の十 夢か幻!? 百千家の祝宴】
【其の十一 千縫洞の鵺】

が収録されています。
やっぱりこれ新品で買わなくていいかもしれないなぁ。
なんかもうヒロインにもヒーローにも感情移入できないってのがきつい。

ぶっちゃけひまりも葵もキャラクターが好きじゃないんですよね。
この作品の中で1番好きなのは伊勢かな。紫が2番手。


今回、あらすじにもある通り、因縁のある大妖怪が登場します。
その名は火車。
見た目は青年で黒い炎を操る存在なんですが、火車っていってわかる人どれだけいるんだろうなーとか思って読んでました。

火車って葬式から死体を奪う妖怪じゃなかったかな。

火車=化け猫って説もあるらしいんですが、そういやこの作品に登場するメインの妖怪たちってみんな動物ベースですね。
葵=鵺、紫=水蛇、伊勢=猩々(=サルです。ちなみにもののけ姫 の「猩々たちよ!」はオランウータンだと思われます)なんで。
まあ、鵺は厳密には動物?って感じなんですけど。


この作品の力の入れ具合からして近いうちにドラマCDとかになりそうですね。
ぶっちゃけあまり好みではないので人気のあるうちに売却してしまってもいいかも。
火車の目的だとかは気になりますがわからないならわからないでいいかな、と。

拍手[0回]

百千さん家のあやかし王子 2

百千さん家のあやかし王子 2/硝音あや
この世と異界(あの世)の挟間に建つ"百千家"を相続することになったひまり。
そこに住む先住民の葵は"御守様"として兄弟な妖力を持つ鵺に変身し、百千家を守る役目を持っていた。
しかし葵は、御守様となって以来、この世から「いなかったもの」として存在を消されてしまったという。
そんな葵を解放したいと、百千家から「追い出す」ことを決意するひまりだが――。


昨日の宣言どおり、百千さんの2巻です。
これの続きになります。


【其の四 マヨイガ】
【其の五 アイツはてごわい新式神!?】
【其の六 水の底の百千家】
【其の七 四人目の友達―前―】
【小噺壱 通りゃんせ】

が収録されています。

帯に「爆発的大ヒット」とかあるんですけど、これそんなにおもしろいかなーってのが正直な感想です。
PV作ったり、次巻の発売を発売と同時に発表したりと出版社的には力を入れてるんだろうなーとは思いますが。

個人的には雰囲気だけで終わっているような、という印象を受けました。


今巻でわかったのは、「御守様をついだことで葵は人の世から完全に外れてしまっている」ってことくらいでしょうか。
なんでも7年前に百千家の敷地に逃げ込み、10歳の頃に御守様を継いでそれから7年ってことらしいです。
迷い込んだ当時の話が【小噺】なんですが、7歳で「とおりゃんせ」でしょう?
7歳までは神様のもの云々って話と関係あるんだろうなぁ。

御守様となり、百千家の敷地から出ることの出来なくなった葵は、人の世から「元々いなかった」となっているようです。
うーん、作中でも紫が言ってましたが、「ひまりが代わりに御守様となって葵を解放してあげる」ってルートへは進まないようです。
その代わり、どうにかして葵を解放する道を探すってことらしいです。

今巻で葵の現状が説明されたことで「追い出す」の意味合いが変わったなぁ、と。
1巻だけだと本当に追い出すって感じだったけど、2巻も読むと解放して百千家の敷地から出れるようにしてあげる、って意味ですからね。
こうするつもりがあったから、最初から強気で「追い出す」って言ってたんですね。納得しました。


この作品、妖怪たちの説明が本当に必要最低限なんですけど、6話で登場した「蜃」をわかる人っているんだろうか。
鵺も比較的マイナーですが、蜃もまたかなりマイナーですよね。
ちなみに蜃は、貝の形をした妖で蜃気楼は蜃のはく息とかでしたっけ?なんかそんな感じだったような記憶がありますが、正直細かな点は忘れてしまいました。
多分、ググればわかると思うので気になる方はググってください。

今回、小妖怪のうち1匹が葵(というか鵺)の式神となります。
式神にする時に名前をつけることで縛っているってことっぽいですね。
厨子と名づけられた鳥妖ですが、名前の意味が気になります。
というかですね。契約の際の行動がなんかエロイ。
BLっぽい雰囲気が漂ってるなぁと思ってちょっと調べてみたら、作者さん過去BLも書いてた方っぽいですね。道理でなんかそれっぽいわけです。
意外と多いですよね。昔二次創作でBL書いてたけど今は一般向けで書いてる方。


7話の百千家にやってきたひまりのクラスメイト4人。
うち一人は死人らしいのですが、一体誰がそうなのでしょう。
そして、ラストに登場した謎の男の正体は一体?

次巻の発売は来年2月26日らしいです。
絶対忘れちゃうだろうなぁ。

拍手[1回]

百千さん家のあやかし王子 1

百千さん家のあやかし王子 1/硝音あや
天涯孤独な百千ひまりは、16歳の誕生日に送られてきた遺言状によって"百千家"を相続することになった。
しかしそこには葵と名乗る少年と、紫、伊勢という先住民(!?)が!!
どうやらその百千家は、この世とあの世の挟間に建っている、ちょっとあやしい家らしい…
そして百千家の中心人物・葵にも何か秘密があるらしく――。
あやかし系和風ファンタジー開幕!!


作者さんの名前読めなくて「しょうね?でいいのかな」とか思っていたんですが、「しょうおと」と読むようです。
一見じゃわからないけど、結構そのままですね。


【其の一 百千さん家のあやしい人々】
【其の二 ひまり、家主になる。】
【其の三 桜吹雪は恋の嵐!?】

が収録されています。

あらすじにもあるとおり、主人公の少女・ひまりが屋敷を手に入れます。
そこには既に3人の少年が住んでおり、ひまりは3人を追い出そうとするものの逆に追い出されそうになります。
それというのもこの屋敷は、あの世とこの世の挟間に建つ家で妖たちが大量に住んでいたんです。

さらに少年たちもただの人ではなくて。
葵は家を守るために鵺"オマモリ様"に変身してしまう変わった人、紫が水蛇(みずち)、伊勢が猩々なんだとか。
私てっきり妖狐だと思っていたんですよね。
でも実際は「耳は猫、背からは鳥の羽、そして狐の尾を持つ異形の妖」という紹介なんです。
一般的によくある鵺とは違うのでちょっと首を傾げてしまったんですが、Wikipediaを見るとそういうパターンもありっぽいですね。

そうして4人は生活を共にしていく中で少しずつ歩み寄っていく、と。


うーん、やっぱり書籍封入のちらし(?)を見ての購入はあたりはずれがありますね。
自分の知らない本の情報もあるので結構見るの好きなんですよ。
で、今回はそれを見て「絵綺麗だし、設定好きだし、何これ面白そう」で購入したんです。

そこまでじゃなかったかなぁ、ってのが正直な感想です。
まあ、まだ本当にさわりだけなので続けば面白くなりそうな素地はあるんで、少なくてももう2、3巻は買いますけど。
3話だけでいくつも疑問がありますからね。

・「百千の血」とは何なのか。
家を守るために必要なものであり、妖怪に狙われるものでもあるよう。
百千の血と鵺化の妖力に親和性があるとかありそう。
「百千」のものでない葵に妖力が注がれているから、体にあわなくて具合が悪くなるとか?
 
・遺言状を送ってきたのは誰なのか。
天涯孤独で赤ん坊のころから施設で育ったらしいひまり。
そんなひまりに遺言状を送ってきたのは誰なのか、また誰から相続したものなのか。

・なぜ葵は「オマモリ様」に選ばれたのか。
屋敷が「百千家」ということもあり、本来であれば、ひまりが「オマモリ様」についていたと考えるのが妥当。
しかし偶然なのかなんなのか現状は何故か葵が「オマモリ様」の地位についている。
「オマモリ様」であるがゆえに「そちら側に戻れない」んだと考えると、ひまりに「オマモリ様」のお役目を譲ったら戻れるのか?
というかまずどういう場合に「オマモリ様」は変わるのか。

などなどちょっと考えただけで結構出てきますね。
一読しただけでこれなのでもうちょっとちゃんと読めばもっといろいろありそうです。


あとキャラに感情移入出来なかったのがちょっと辛かったです。
ひまりに感情移入すべきなんでしょうけど、できなくて。
すごい自分勝手に見えてしまったんですよ。
これでひまりが家を出て行かない理由が「意地でも居座ってやる!」じゃなくて「ここから追い出されたら困る!」みたいな設定だったらまた話は違ったかもしれないな、と思いました。


最後の引きで「僕はこの家から出られないんだ」とあるんですが、予想通りというかなんというか。
特に驚かなかったです。ええ。

次巻発売は今秋10月26日らしいです。
地元で取り扱ってくれるといいな。

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR