忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】有栖川 有栖」の記事一覧

臨床犯罪学者・火村英生の推理4 スウェーデン館の謎

臨床犯罪学者・火村英生の推理4 スウェーデン館の謎/有栖川有栖
推理作家の有栖川有栖は、取材で訪れた会津・裏磐梯で、沼に身を投げんとする美しい金髪の女性を助ける。その縁で、彼女・ヴェロニカの住ログハウスに招かれることに 。「スウェーデン館」と呼ばれるそこで、アリスは彼女の夫で童話作家の乙川リュウに歓待される。館の客とも打ち解けるが、その晩、殺人事件が起き……。美しい館に潜む悲しい秘密 、複雑な人間模様。
進退窮まるアリスに、火村助教授が知力を尽くす、大人気長編!


しばらく前に購入していたんですが、ようやく読めました。
もっと早く読みたかったんだけどなぁ。


4年前に一度読んで紹介している講談社文庫版スウェーデン館の謎と同一の作品になります。
麻々原さんの挿絵、解説の有無ぐらいでしょうか。
(講談社文庫版では宮部みゆきさんが解説を書かれていたようです)


以前、読んでいるということもあり犯人やトリックはなんとなく覚えていました。
改めて読み直すとそれはそれで楽しめました。
気分(というか後味?)の悪い話だったな、と記憶していましたが、読み終えたところそこまでではなかったので、初見のインパクトと宮部さんの解説の印象が強かったのだろうな、と思います。


あらすじにもある通り、今回はアリスが主体となって物語は進みます。
アリスの取材旅行先で事件が起こり、その解明のために火村先生を読んだという形なので、火村先生が登場するのは物語半ばからです。

今改めてあらすじを見て気づいたのですが、火村"助"教授なんですよね。
この作品は元々国名シリーズ第2弾として発売されたもの。ノベルス版の発売は1995年、文庫版でも1998年のことです。
だから、准教授という呼び名は存在していなかったんですね。

それ以外にも小学校に土曜授業が当たり前のように存在したり(最近また復活しつつあるみたいですが)、カメラがフィルム式だったり、携帯電話の存在が描かれていなかったりする訳です。

ビーンズ文庫版は、作品の発表順を無視して発売されているので、こちらから入った人は混乱してしまうかもしれませんね。
というか、今の子どもってフィルム式のカメラって知ってるんでしょうか。

デジカメや携帯やスマホの写メが当たり前になってしまっているから、写真をプリントアウトをお店に頼むということも中々ないですよね。
撮った写真が上手く撮れているかわからないという話も分からないんだろうなぁ。


面白かったです。
次巻の発売については特に言及されてません。
短編選出方式なのか、長編なのか。
どちらにせよ楽しみに待ちたいと思います。

拍手[0回]

臨床犯罪学者・火村英生の推理 アリバイの研究

臨床犯罪学者・火村英生の推理 アリバイの研究/有栖川有栖
大阪のホテルで起きた女性殺害事件。その容疑者が主張したアリバイ――その証拠は、推理作家・有栖川有栖と撮った写真とサイン色紙。証人となってしまったアリスは、大阪府警の要請により、盟友で切れ者の犯罪学者・火村英生と、容疑者のアリバイ検証に挑む!(「三つの日付」)ほか、女子大生と火村&アリスの手に汗握るやりとりが見物の「わらう月」など、ロジカルな推理が光る傑作揃い。面白さお墨付きの著者厳選作品集!


先日購入したビーンズ版・火村シリーズです。
STシリーズも読みたいと思いつつ読めてないんですが……。


【三つの日付】……英国庭園の謎
【わらう月】……ペルシャ猫の謎
【紅雨荘殺人事件】……絶叫城殺人事件
【不在の証明】……白い兎が逃げる
【長い影】……火村英生に捧げる犯罪

が収録されています。後ろは初出本です。
今回、見事に初出はバラバラですね。
『火村英生に捧げる』のみ、このブログでは紹介していませんが、ハードカバー発売当時、図書館で借りて読んではいます。

前巻の感想書いてる時には、コミカライズにあわせて館モノかな?とか書いてるんですが、実際はアリバイでした。
確かに、密室・暗号・アリバイってミステリでは定番ものですもんね。
館モノよりは取り扱いも多いですし。

今回収録されてる作品は、【長い影】以外はだいたい覚えてました。
【わらう月】に関しては麻々原さんもコミカライズされてますしね。(ブラジル蝶収録)

【三つの日付】は赤星さんが登場するので印象に残っていましたしね。
ただ、ビーンズ版しか読んでない読者からしたら「誰?」ってなること請け合いですが。
赤星さんについては、海のある奈良に死すをご覧くださいとしか言えないです。


今までと同様、今回も当時のままで収録されているので今現在の状況とは微妙に違ったりします。
有栖川さんも後書きでふれていましたが、殺人の時効が15年ってやつとかですね。
【三つの日付】の日付とかもかな?
92年の三年後とかですから執筆は95年とかかー。

改めて時代を感じますが、基本的に気にせず読めます。
巻末の初出は文庫版であり、文庫化される前にノベルスなりハードカバーなりで発売されてること、さらにものによってはそれ以前に雑誌で発表されてることを思えばそれくらい古くてもおかしくはないんですけどね。


次は、この短編選出方式ではなく長編。
有栖川さんのあとがきでは長編としか記載はないんですが、巻末の紹介?によると、次はスウェーデン館らしいです。
発売は秋とのこと。
スウェーデン館はラストがちょっとあれすぎてあんまりいい印象ないんですが。まあ、楽しみにしたいと思います。

拍手[0回]

乱鴉の島

乱鴉の島/有栖川有栖
犯罪心理学者の火村英生は、友人の有栖川有栖と旅に出て、手違いで目的地と違う島に送られる。人気もなく、無数の鴉が舞い飛ぶ暗鬱なその島に隠棲する、高名な老詩人。彼の別荘に集まりくる謎めいた人々。島を覆う死の気配。不可思議な連続殺人。孤島という異界に潜む恐るべき「魔」に、火村の精緻なロジックとアクロバティックな推理が迫る。本格ミステリの醍醐味溢れる力作長編。


ちょっと久しぶりな気がする有栖川さんの作品です。
再録本であるビーンズ文庫版は3月に紹介してるんですけど、それを除くとモロッコ水晶以来、2年ぶりですか。
道理で久しぶりな気がするわけです。


今回はひょんなことから事件に巻き込まれます。
下宿のばあちゃん推薦の羽休めの旅行なはずが、連絡不可能な孤島にとじこめられてしまいます。

文庫ではなくハードカバーで出たときに、図書館で借りて読んでるので実は今回読むのが2回目だったりします。
すっごくどうでもいいことは覚えてましたが、事件の真相だとかは忘れていたので楽しめました。
500ページ超のミステリなので、読み終えるまで3時間ちょっとかかりましたが、休みの日に読むにはちょうどよかったです。


今回はいわゆる孤島ミステリです。
この火村シリーズって、基本的に警察関係者から「先生好みの事件が起きましたけど来ますか?」とお誘いを受けて捜査に参加することになるってのが常なんです。
ごくたまに、アリスが呼び寄せたり、火村先生自身が事件現場に居合わせたりしますがそれらは少数といえます。

ですが、今回の舞台は陸の孤島。
携帯は圏外な上、電話線が切断され、島に持ち込まれていたはずの衛星電話は行方不明。
殺人事件が起きてある程度の時間が経過しているのにも関わらず、外部に一切連絡が取れないため警察関係者が登場しないという珍しい自体に陥っています。

島の中では火村先生とアリスは招かれざる客です。
何かしらの秘密をかかえ、島に集まった他の人々からすると予期せぬ闖入者であるわけですから、それ故に、2人は微妙な立場に立たされたりします。


ハッシーのオタク談義だとか、クローンがどうのという説明を読むのがちょっときつかったですがどうにか乗り切りました。
作中で語られる万能細胞がES細胞だったり、首相が小泉さんだったりと時代を感じましたが、特に気にせず読めました。
まあ、初期の火村シリーズは携帯が登場しなかったりするので、携帯もインターネットもポータブルのゲーム機も登場している様が描かれてるのであまり気になりませんね。


章の冒頭に引用文が掲載されているんですが、その中に鉄腕アトム があったんです。
天馬博士がアトムを作った理由を思えばここで引用されるのもわかりますね。

作中でも語られていましたが、事件自体は取るに足らないごく普通の(といったら弊害がありますが)殺人事件です。
アリバイトリックがあるわけでもなし、死因にも不可解な点はありません。
でも、その背景にある出来事が不明なまま進んでいくだけで、こうもややこしいことになるのだな、と感心してしまいました。


久しぶりに長編ミステリを読んだ!って感覚になってなんだか満足です(笑)

拍手[1回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR