忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】石川 宏千花」の記事一覧

お面屋たまよし 七重ノ祭

お面屋たまよし 七重ノ祭/石川宏千花
魔縁丸が鳴く――
戦の世に生まれ落ちた人々の切なる願いが、新たな悲劇を呼び起こす
読みだしたら止まらない!時代ファンタジー

炎上する城から脱出し、約束の地・百蜂ヶ岳を目指す藍姫とし七人の従者たち。追われる身の彼らが、面作師見習いの太良と甘楽と出会うとき、新たな希望と絶望が訪れる。自分痛いの誰かになれる特別な面、妖麺がつむぎだす奇妙な江西を描いた、時代ファンタジー第4弾!


あけましておめでとうございます。
更新が本当に不定期になってしまって申し訳ありません。
今年もきっと不定期になると思いますので、思い出した時にでも来ていただけると幸いです。


図書館で借りて来たんですが、実はこの作品期限内に読み切れなくて。
2連続で借りてしまいました(笑)
最近読み切れない作品ばかりで感想書けないことが多いのでいい加減どうにかしたいところですが、難しいですね。


【他人のふり】
【小天狗たちの争いごと】
【七人の従者たち】

の3編が収録されています。
前作までと同様、最後の1つがちょっと長い感じです。


まずは【他人のふり】
意地っ張りな男が自身の親の様子を他人のふりをして見に行く話。
「自分じゃない誰かになれる面」である妖面の副作用として荒魂化する可能性があるんですが、この人はなんの問題なく面が外せるな、とわかりました。
なんだか読んでいてにやにやしちゃいました。 正直、展開は読める話でしたが、こういう展開は嫌いじゃないです。


次、【小天狗たちの争いごと】
以前も登場した小天狗・迅雷視点の物語です。
天狗たちは太良と甘楽が大事なので、こっそりあとをつけて様子を伺っているんですが、太良と甘楽が一枚上手なのでいつもばれてしまうんですね。
そのため、監視役を交代しようかと小天狗たちで対決するわけです。

その最中に迅雷の過去回想で迅雷から見た太良と甘楽についても触れられているんですが、これは迅雷が心配するのもわかるな、と。
迅雷は見た目も精神的にも子供です。でも天狗であり、人とは違う存在です。
人が簡単に死んでしまう存在だと知っている迅雷は、2人のもつ優しさを大事に思うと同時に、それによってもたらされる出来事に心配を覚えてしまうと。

迅雷がすごく可愛らしかったです。


ラスト、【七人の従者】
あらすじの話ですね。
藍姫とその従者たちが追手から逃げるために、妖面を利用してどうにかこうにか生き延びようとする話。

こちらは、【他人のふり】とは違い、はじめから荒魂化の懸念がありました。
藍姫だけが妖面をかぶるというのなら、そこまで心配しなかったのですが、他の従者もかぶるとなったときに、「あ、こいつ危ないな」と。
私は基本的にこういうシリーズものを借りるときなんかはあらすじもストーリーも読まずに読みはじめるので荒魂化する人物がいるって知らなかったんです。
なので、後から帯を見てすごく納得しました。

藍姫自身は明るいというか、先を見ているんだと思うんですが、実際問題、深窓の姫君だった彼女がどうやって生き抜いていくのだろう?とすごく気になりました。
いつか再登場してくれることに期待です。


このシリーズ1冊目が文庫化したんですが、現在購入しようか悩み中です。
他にもほしいものいくつかあるんですよね。
うーん、どうしよう。

拍手[0回]

お面屋たまよし 不穏ノ祭

お面屋たまよし 不穏ノ祭/石川宏千花
妖面の始末は、お面屋の仕事
全ての責を引き受け、太良と甘楽は歩みつづける

妖面なんてなあ、ただの商売道具でしかないんだよ!――祭りに現れた≪お面処やましろ≫。
形だけの面作師見習いと、太良と甘楽の流儀がぶつかり合う。自分以外の誰かになれる特別な面、妖面がつむぎだす奇妙な縁を描いた、時代ファンタジー第3弾!

どうかあの子たちのいく先に、自分が伝えられなかった思いを伝えられる人が、ひとりでもたくさんいますように。


図書館で借りてきました。
石川さんの作品も3冊目なので、カテゴリ作りました。


【背中合わせの対話】
【木屑入りのお茶】
【波紋の行方】

の3編が収録されています。
太良と甘楽の面作師見習いの2人を中心に描いた時代ものシリーズです。
お面屋たまよし彼岸ノ祭に続くシリーズ3冊目です。

【背中合わせ】は初の同業者が登場しています。
以前もお面屋は登場していた気がしますが、妖面を売る裏の雅号を持つお面屋は初。
佐和と亥緒利という見習いたちですが、佐和は生きていくために仕方なく面を売り歩いていたわけですね。
そのため彼らは2人で長い時を過ごしながらも通じ合っているといえない状況でした。

今回、甘楽と太良と出会い素直じゃないながらも考え方が変わった佐和。
佐和と亥緒利のその後が見てみたいですね。
あるいは、亥緒利の心情なんかでも可です(笑)


【木屑入り】は、天狗の竜胆と、太良と甘楽の師匠である仁王次の話。
竜胆が明かした穏さまの伝説エピソードはすごいなぁ、と思う一方、恩返しが数年後のあたりがものすごく穏さまっぽい(笑)

少女にいいようにされてしまう迅雷は相変わらず可愛かったです。


【波紋】の展開は実は初?
妖面は正しい手順で外さなければいけないというのは初期から言われていましたが、今までは外さなくなり荒魂化してしまうか、きちんと外せるか。
あるいは、買うこと自体をやめるってのもありましたね。

正しい手順で外さなかったことによる弊害として、お鶴さんは聴覚をなくしました。
これは皆が皆、聴覚を失くすってことじゃないと思うんですがその辺はどうなのかな。
何かしらの後遺症が残ってしまうってことなんでしょうが、お鶴さん視点だったこともあり、明記はされていませんね。


妖面という「自分のなれる姿になれる面」を売り歩く少年たちを中心に描くこのシリーズ。
基本設定は同じながら十人十色の様を描いたこの作品はもっと評価されるべき作品だと思います。

拍手[1回]

お面屋たまよし 彼岸ノ祭

お面屋たまよし 彼岸ノ祭/石川宏千花
妖面は諸刃の剣
道をなくした者の、とどめきれない思いが、妖面を引き寄せる
読み出したら止まらない!次代ファンタジー

面作師(おもてつくりし)見習いの太良(たいら)と甘楽(かんら)は、山奥の村で四年に一度行われる、不老祭りに誘いこまれる。しかし、そこには決して知ってはならない秘密があった――。自分以外の誰かになれる特別な面、妖面がつむぎだす奇妙な縁を描いた、時代ファンタジー第2弾!


図書館で借りてきました。
これの続編になります。


【青い空と白い蝶】
【邪面の村】
【眠れない夜】

の3編が収録されています。
連作短編集なんですが、【邪面】は中編になるのかな?
【青い空と】が60ページ、【邪面】が150ページ、【眠れない】は30ページと実際本を手にしてめくっているとバランスがめちゃくちゃ悪くてちょっとびっくりしてしまいました。


この作品に通しで登場するのは、面作師見習いの太良と甘楽なんですが、ほとんどの作品において語り部がこの2人ではなくゲストキャラなんです。
2人と出会い、妖面に関わることになった人物がたいてい語り部をつとめるんです。
そのためどうしてもその人物に目がいってしまうというか、太良と甘楽にまで目がいかないというか。
私の中で太良と甘楽のキャラがまだ確立してないのがちょっとつらい。
物語に入り込むのにちょっと時間がかかってしまいました。

まあ、あと数冊続けば、自然とキャラが理解できるようになるかな?と思います。


今巻に収録されている3話の中だと、【邪面】も好きですが、【青い空と】も結構好きです。
末蔵のために妖面をかぶることになった新太ですが、新太は戦場で荒魂化しかけるんです。
けれどギリギリのところを留まった新太って実はすごいんじゃないかな?と思うんですよね。
なんだか憎めないキャラの末蔵と新太でしたが、彼らは村で普通の生活を送り続けるかぎり幸せにくらしていけるんでしょうね。

メインである【邪面】はなんていったらいいかな。
結構ダークというかホラー?リアルに想像したら普通に怖いというか気持ち悪いと思います。
が、描写が軽いからなのかそこまで気持ち悪いという印象は受けませんでした。
ちょっと軽いというかおバカっぽい万吉視点で進むせいもあるのかな。
正直、村人たちの行為よりも穏さんのセリフの方が怖かった。

「月のそばから落とせばその人たち、跡形もなく、ぐしゃってなるんだよ?」(p207)

このセリフを読んで、穏さんは人間じゃないんだということを改めて実感してしまいました。

どうやら12月頭あたりに3巻が出るっぽいです。
図書館で買ってくれるといいな。まあ図書館で買ったとしてもきっと読めるのは年明けとかかな?
ちょっと期待したいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR