忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】赤川 次郎」の記事一覧

秘密への跳躍 怪異名所巡り5

秘密への跳躍 怪異名所巡り5/赤川次郎
私、どうしたらいい?
幽霊の子を産むの?

<幽霊体験ツアー>は連日大盛況!
そんな矢先、常連の女子高生・真由美に魔の手が迫る!?
ちょっぴりビターな全6篇。
人気シリーズ待望の第5弾!


このシリーズを読むのは9ヶ月ぶりくらいになるのかな?
結構あいてるな、とは思っていたのですがそんなになるのかー。


【秘密への跳躍】
【愛と死の雨に濡れて】
【日陰屋敷の宴】
【人形を呪わば】
【暗闇本線の駅に立つ】
【生まれなかった子の子守唄】

が収録されています。

毎度のことながら、この作品は感想書き泣かせです。
あまりにもさらりと読めてしまうので(40分かかってない)、一度読んだ程度では印象に残らないんですよねー。

今回もまた、君原さんの印象薄いですね。
その代わりといってはなんですが、真由美ちゃんは常時出ずっぱりな印象があります。


上記の通り、6篇が収録されているんですが今回親子の話ばっかりな気がしました。
親子が登場しなかったのは【人形を呪わば】くらいでしょうか。

正直、このシリーズって「藍に霊感がある」という前提条件ありきな話で、比較的何でもあり。
一般的に「心霊現象」というにはかけ離れたものも比較的多いんですが、今回はちゃんとした(?(?)心霊現象が多かったかな。

最初の【秘密への跳躍】が心霊現象ですむ話じゃない気もしましたが、「オカルト」という区切りには入るんでしょう。


図書館に次巻もあったのでそのうち借りてこようと思います。
それが終わったら、別のシリーズに手を出そうかな。三毛猫ホームズとか、もう何年も読んでないから読めたらいいな。
まあ、順番はめちゃくちゃになってしまうでしょうけど、刊行年数が年数ですから仕方ないですね。

拍手[0回]

厄病神も神のうち 怪異名所巡り4

厄病神も神のうち 怪異名所巡り4 (

怪異名所巡り)厄病神も神のうち 怪異名所巡り4/赤川次郎
霊感バスガイド町田藍、絶体絶命の大ピンチ!?
ここまで無敵の町田藍が、ついに"あちらの世界"へ連れて行かれた!?
果たして藍は、最大のピンチを切り抜けられるのか!?


図書館で借りてきました。
改めて確認してみると結構、久しぶりですね。


『嘘つきは英雄の始まり』
『厄病神も神のうち』
『哀しいほどに愛おしく』
『誘惑の甘き香り』
『メサイア来たりて』


の5編が収録されています。
毎回言っていますが、本当に読みやすいです。
読みやすすぎてあまり印象に残らないくらい(笑)

さらりと読んで終わるにはちょうどいいかも。
まあ、感想書くには非常に困るんですが。


今回はちょっとダークっぽい話が多いな、と思いました。
というか、人の死が多いような気がしたんです。

この作品って藍が不可思議な現象を解決する話な訳です。
"霊感"バスガイドっていうだけあって幽霊が多く登場するわけですが、シリーズタイトルは『"怪異"名所巡り』だから、不可思議な現象=幽霊とは限らないってことなんですよ。
(だから時々SFっぽい話があるわけですね)

その幽霊の死は仕方ないことだとしてもそれ以外の死を描く必要ってあるのかな、とちょっと思いました。


今回は君原さんの影がかなり薄いです。
くっつくとしたら君原さんだよなーと思いつつも進展が全くないんで、これはもうあくまで良き相棒で終わるのかなーと。
正直、女子高生の真由美ちゃんとの百合っぽい感じの方が強い気がします。
まあ、この作品そういう恋愛を楽しむものじゃないですしね。

経営が怪しかったすずめバス。
いろいろあってバスだけは新品になりましたが、それ以外はきっと今までと同じように苦しいんだろうな。
さて、このまま真っ直ぐ進むのか、転落していくのか。
図書館にシリーズ最新作まで揃っていたので折を見て借りてきたいと思います。

拍手[0回]

哀しみの終着駅 怪異名所巡り3

哀しみの終着駅 怪異名所巡り3 (怪異名所巡り) (SUZUME BUS―怪異名所巡り)哀しみの終着駅 怪異名所巡り3/赤川次郎
どうして成仏できないの?
哀しいのは、人間も幽霊もみな同じ。
声なき声に耳を澄まし、怪異事件を見事に解決!
お待ちかね、霊感バスガイドシリーズ第三弾!


図書館で借りてきました。
赤川次郎さんもこれで3冊目ですね。
赤川次郎さんの作品は自分で買うことはないし、そうたくさん読むことはないと思うんですけどカテゴリ作りました。


『忠犬ナナの伝説』
『哀しみの終着駅』
『凡人の恨み』
『地獄へご案内』
『元・偉人の生涯』


の5編が収録されています。
相変わらず読みやすいです。今回は1時間くらいで読めたかな?


巻頭に収録されている『忠犬ナナの伝説』のオチは読めました。
そうだろうなぁと思っていたので、そこまで驚きませんでした。

『哀しみの終着駅』の駅名も、ある程度予想できました。
だって、タイトルと雑誌の見出し以外すべて「しゅうちゃく駅」と書かれていたんです。
きっと、何かあるな、と簡単に予想ついてしまいますよね。


今回収録されている作品だと、『地獄へご案内』が好きです。
おばあちゃんに何かあるんだろうな、とは思ったのですが、ああいうオチだとは。
でも、おばあちゃんのことに気付かなかった町の人たちはちょっとどうなの、と思ってしまいました。
まあ、ありえることだとは思いますけどね。


元々、弱小バス会社であったすずめバス。
だからこそ藍が「霊感バスガイド」として売り出されていたわけですが、なんとなく雲行きが怪しくなってきましたね。

社長は浮気してるし、修理会社への支払いはかなり滞っているようだし……。
赤川次郎さんの作品ということを考えるとこのままの路線で行くのか、転落していくのかちょっとハラハラしてしまいます。

図書館には5巻くらいまでありましたから、ゆっくり読んでいきたいと思います。
 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
09 月( 05 ) 08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR