忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】あんびる やすこ」の記事一覧

アンティークFUGA 4 宝探しは眠りの森で

アンティークFUGA 4 宝探しは眠りの森で/あんびるやすこ
両親の行方を追ってイギリスにやってきた紗那と唯、そして風雅は、ロンドン郊外で売りに出た古い館の骨董品を鑑定するはめになった。そこは有名な「ユウレイ屋敷」だった。

舞台はいよいよイギリスへ!
肖像画にかくされた秘密を解きあかす風雅たち。
美しいつくも神が守りたかったものとは?


図書館でようやく借りてくることが出来ました。
前巻を紹介したのが昨年9月ですからだいぶあきましたね。


前巻は風雅の両親が偽物のアンティークのペンダントに封じ込められていて、そのペンダントがイギリスにあるという情報が提示されたところで終わっていたんでしたか。
そのペンダントを追い、イギリスにわたります。
風雅はともかく、紗那と唯は人ではありませんから木魂の姿(人には見えない)で行くのかな?と思っていたら偽造パスポートで海を渡っていました。
これ児童書だけどいいのかな?


イギリスの地で、風雅たちは間宮という男性に頼まれて古い貴族邸の鑑定を手伝うことになります。
日本でいう蔵開けみたいなもので購入されたその屋敷には数多くのお宝が眠っていました。

けれど、間宮さんの行動には謎があったんです。
間宮さんの狙いはスリーパーと呼ばれる、長い長い歴史の中で作者や来歴がわからなくなって、埋没してしまった絵画です。

その絵画に込められた歴史には、ちょっと悲しくなってしまいましたが、まあこの作品はだいたいいつもそんな感じですね。

この作品では、美術品なんかに宿るつくも神の口から来歴が語られるんですが、今回登場する美術品は絵画。
作中で、絵画にはつくも神は宿らないと説明されているのでいったいどうなるのだろうと思ったんですが、その辺はきちんと対策されてましたね(笑)

ナショナルトラストについては全く知らなかったので勉強になりました。
お国柄ってこともあるんでしょうが、そういうものだってきちんと説明されるんなら多少の入場料は払ってもいいかなと思わされますね。
日本では同じことをやろうとしても難しそうですが。


本来の目的であったレリックのトカゲのアクセサリー(偽物)を手に入れて、風雅たちは帰国の途につきます。
風雅の内心はかなり複雑なものです。
紗那と唯が風雅とともにいるのは、風雅の「両親が帰ってくるまでぼくの兄さんになって一緒に暮らして欲しい」、
風雅の父・倫土の「自分たちが風雅の元に戻るまで風雅の側で風雅を助ける」という願いを叶えているからです。
つまり、両親が帰ってきたらこの暮らしは消えてなくなってしまうというわけで……。

けどまあ、そう簡単に話は進まないと思うんですよ。
シリーズはもうちょっと続くみたいですし。

続きもまた折をみて借りてきたいと思いますが、次巻は図書館で長期貸出されてるみたいだからまたしばらく後になりそうです。

拍手[1回]

アンティークFUGA 3 キマイラの王

アンティークFUGA 3 キマイラの王/あんびるやすこ
風雅と紗那と唯は、両親をさがすうち、一九世紀の宝飾家ルネ・ラリックの作ったジュエリーに宿るつくも神たちと出会う。
彼らは美しくも妖しいキマイラの姿をして現れた。彼らの望みとは?


図書館で借りてきました。
このシリーズも3冊目なのでカテゴリ作りましたが、カテゴリ移動させるだけでかなり大変でした……。
忍者ブログはカテゴリの移動方法ちょっと考えてくれないかなぁ。


突然消えた両親を精霊の紗那ことシャナイアと、唯ことユイマールの3人で探しつつ、生活のために骨董屋「アンティークFUGA」を営む少年・風雅が主人公。
今回はあらすじにもあるとおり、ラリックのジュエリーがメインに据えられています。


前巻は両親のもとにいたはずの唯の持つ情報が明かされる、ってところで終わっていたんでしたか。
ちょっと気になるところで終わっていたので、さっさと借りてしまいたかったのですが長期貸し出しされていてこんなに間があいてしまいました。

唯の話によると、風雅の両親はラリックのガラスアクセサリーの中に封印されているんだとか。
2匹のトカゲレリーフの青いペンダントヘッドだというそれは、あからさまなニセモノでつくも神たちが宿ることなどありえない品なんだとか。
それを探すために、ラリックのアクセサリーの買取強化することで情報を集めるんです。

が、そう簡単にいくわけもなく。
つくも神の宿るラリックのアクセサリーがおこすトラブルに巻き込まれていきます。


今回登場した女性・加奈さんはいろいろあって、ジュエリーデザイン対決に勝利しなくてはいけなくなったんです。
しかしながら、加奈さんはアイディアをデザインとして起こすことを不得手としていました。
そのため、「キマイラの王」こと『ツバメのネックレス』のつくも神・スワロウが"コーチ"として指導に当たるんですよ。
なんだかすごくシュールでした(笑)

はじめ、なんだかめんどくさそうなキャラだなぁ、と思ってみていたのですが実際そこまでじゃなかったです。
どちらかというといい子だったんでしょう。

今回、テーマとしてあったのは『芸術的実用品』。
「どんなに高い価値を持っていたとしても女性を飾るために作られたアクセサリーであることはかわらない」というもの。
正直、どこかで見たことあるような主張なんですが、それが描かれる過程が結構好きでした。


紗那によって「つくも神は宿らない」と言われていた大量生産されたガラスアクセサリーがあったんです。
それに加奈さんと風雅の言葉によって誕生したつくも神が重要な情報を握っていました。
風雅の両親の宿るペンダントヘッドを見かけたという言葉を聞き、3人はロンドンへ向かうようです。


これ借りてくるときに確認したんですが、どうやら入れ違いで4巻が長期貸し出しされたようで……。
続きは来年の春くらいにならないと読めないかなぁ。
内容を忘れないうちに読めたらいいな。

拍手[2回]

アンティークFUGA 2 双魂の精霊

アンティークFUGA〈2〉双魂の精霊 (YA!フロンティア)アンティークFUGA 2 双魂の精霊/あんびるやすこ
高位のつくも神シャナイアと兄弟の契約をむすんだ少年風雅。柿右衛門の壺をめぐる騒動の中で、ふたりは壺に宿るつくも神の意外な姿を解き明かしていく。
そして両親の行方は?


図書館で借りてきました。
だいぶ前から借りたかったんですが、ずっとなくて。ようやく借りられました。
これの続きです。


突然消えた両親を精霊の紗那ことシャナイアと探しつつ、生活のために骨董屋「アンティークFUGA」を営む少年・風雅が主人公。

家から離れたくないために、シャナイアを兄として自らの生活を守った風雅ですが、まだ中学生でしかありません。
生活能力はそう高くはないんですよね(だからこそ1巻冒頭で近所の親戚に引き取られそうになっていたわけで)。
初っ端からこの2人の生活が不安になるような描写からはじまります。
さすがに毎日たかりにいってちゃまずいですよね。


今回はあらすじにもある通り、壺の話です。
「柿右衛門」というのは1670~80年ごろに作られた古伊万里の一種。ヨーロッパへの輸出用に作られた種類なんだそうです。
さすがにその辺の知識はないので、「へぇー」って感じで読んでました。


正直、途中からある程度、展開というか真相は読めていました。
サブタイトルの「双魂」、三枝シェフが入手した梅干などなど。
推理小説ではないし、児童書なのでまあ仕方ないのかな。

このシリーズってこれが通常運行なのかな?
古美術品(あるいは古物)が関係する問題に関わることになって、途中でその品に宿るつくも神からちょっと悲しい系の「過去」を聞き、問題を解決する、と。
嫌いじゃない展開ですが、毎度それだと飽きてしまいそうでもありますね。


そして、行方不明になった両親については進展があるんだかないんだかって感じ。
2人は風雅の父・倫土が持っているという木霊・ユイマールが宿るというもう1つのコルノの存在を探していたんです。
今回の事件に関わることになったのも美術館の学芸員がコルノに似たアクセサリーをしていたという情報を得たからですし。

で、事件も解決し、お店に戻った2人の前に思わぬ人物が姿を見せます。

それはなんとユイマール。

倫土はユイマールに「自分たちが風雅の元に戻るまで風雅の側で風雅を助ける」というもの。
そうして風雅は新たな兄・唯を得るわけです。
ユイマールは柔和でちょっとがめつい印象のある紗那とは対照的ですね。

ユイマールが風雅の元にやってきた理由は説明されましたが、何があってそういう状況になったのかは次巻で語られるようです。
また今度続きを借りてこようと思います。

拍手[1回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR