忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】福地 翼」の記事一覧

うえきの法則プラス 全5巻

うえきの法則プラス 1/福地翼
神を決める、中学生バトルから約2年…中学3年生になった植木たちの前に現れる来訪者…そして、事件―――
大人気、超速能力バトル、新シリーズの幕開け!!!
【第1話 一期一会の決意】【第2話 繁華街へ…】【第3話 職(ジョブ)能力って何だ?】【第4
話 VS店長バトル!!】【第5話 洗濯機の試練】【第6話 ナガラの頼み】【第7話 ハイジの筋】

うえきの法則プラス 2/福地翼
ハイジを助けるため、モップ一つを武器に戦う、植木。
バトルを通して深まる絆―――
そして、ついに覚醒する、植木の能力(ちから)!!
友から失われた記憶を取り戻す、植木幸助の戦いが、劇的に進化する!!!
【第8話 VS職能力者シロ】【第9話 妹(ミリー)への想い】【第10話 植木とハイジ】【第11話 職能力覚醒!】【第12話 ハイジ、帰還す。】【第13話 新たな仲間、 ソラ】【第14話 "消える能力者"ダヴィー】【第15話 いざ!選考会へ!!】【第16話 次なる試練は…?】【第17話 チームで勝つ!】
【TVアニメキャストインタビュー 朴王路美さん、川上とも子さんが『プラス』を語る!】【オマケまんが ハイジのトモダチ】

うえきの法則プラス 3/福地翼
メガサイトに行くための“選考会”は、いよいよ最終選考の羊(ウール)争奪戦へ!
植木たち"名柄クリーニング店"に立ちはだかるのは、"ヘアサロン漆黒"!
能力バトルがますます加速する、待望の最新刊!!
【第18話 VSヘアサロン漆黒!】【第19話 すっごく怪しい。】【第20話 ビャクの能力】【第21話 植木の仲間】【第22話 植木の覚悟】【第23話 幸せ(ラッキー) な事】【第24話 "
経験"VS"仲間"】【第25話 深まった絆】【第26話 侵入者達】

【オマケまんが ハイジ教授のお悩み相談室】

うえきの法則プラス 4/福地翼
メガサイトへ行くための選考会も、いよいよ大詰め!
だが最終選考のヒツジ争奪戦に、突然乱入してきた謎の三人組。その目的は羊の強奪だった!
他のチームが次々倒され、残るは植木たち"名柄クリーニング店"チームのみ……
息つく暇もない大人気能力バトル、待望の最新刊登場!!
【第27話 オレ達だけで】【第28話 何者だ!?】【第29話 筋を通す力】【第30話 ハイジ覚醒】【第31話 ソラの決意】【第32話 Wバーガー!!】【第33話 能力の真価】【第34話 束の間の再会】【第35話 最後の希望】【第36話 仲間なんて】
【オマケまんが ハイジ教授のお悩み相談室2】

うえきの法則プラス 5/福地翼
選考会に乱入したハピネスの刺客との激バトル……
そしてメガサイトを目指す植木達を待ち受ける者とは…!?
大人気能力バトルもついにクライマックス!!
涙なしには読めない感動の最終話を見逃すな!!
【第37話 切れないもの】【第38話 もっとすごいバカ】【第39話 旅立ちを前に】【第40話 メガサイトへ】【第41話 プラスとナガラ】【第42話 最悪のゲーム】【第 43話 攻防】【第44話 プラスの能力】【第45話 信じたい】【第46話 別れ。そして…】
【あとがき】


福地さんの作品はこれで全部です。
タッコク は途中まで持ってましたが売ってしまいましたし。


タイトルからわかるとおり、うえきの法則の続編になります。
が、能力も登場人物も一新されているので前作を読んでいなくてもたぶん問題なく読めると思います。
(でもオマケまんがは前作を読んでいないとわからないネタなので、読むことをおすすめしますが)

何故か、「うえきはプラスの方はあんまり面白くないんだよなー」って思いがあったんですが、今回読み直してみて普通に面白かったです。
たぶん、そう思った当時はノーマルの方のキャラクターがほぼ登場しなかったからかな、と。
最初と最後に植木チームの森、佐野、鈴子、ヒデヨシが登場した程度なんですよ。
個人的にはロベルトとか李崩にも再登場してほしかったんで。
(まあ、今思えば当時アニメ放送中ですから、何かしら制約があったのかもしれませんね)


作中時間軸は「神を決める戦い」から2年。
ある日突然"大切な者との記憶(キューブ)"がなくなるという事件が起こります。
みんなの記憶を取り戻すため、植木は謎の生物・ウールとともに人間界・天界・地獄界からなる三界のパラレルワールド・繁華街という世界に旅立ちます。
そこで"職(ジョブ)能力"を手に入れ、メガサイトなる場所を目指すことになります。


一応、1話の時点で森から現在の植木の戦闘能力が説明されてますが、「神を決める戦い」終了後にみんなの能力はなくなったらしいです。
まあ、そうですね。最終選考に残ったメンバーを思えばそこまで問題が起きるとは思いませんが、無駄な力は争いを生むだけですしね。
さらに、植木はアノンとの最終戦で神器を使いすぎたために、天界力が枯渇してもう神器も使えなくなったんだとか。
そのため、植木に残ったのは打たれ強い体と、回復力、そして仲間と「再会の才」だけでした。

前作は「AをBに変える能力」でしたが、今作はプラスの名の通り「AにBを加える能力」です。
植木の能力は『モップに掴(ガチ)を加える力』。←本当は『掴』は旧字体です……。
これで新たな敵たちと戦っていきます。

プラス連載最中に作者急病のために1年ほど休載になったらしいです。
そのため、後半は駆け足で実質打ち切りなのが勿体ないな、と。
というか、今ちょっと調べたら福地さんって今連載してるの作品の最中にも休載1年とってるんですね。
ものすごく不安になるんですが、大丈夫なんでしょうか。


というか、植木の好きな人の話はプラスできちんと回収されていると思っていたんですが、実は明言はされてないんですね。
森「誰なの?」
植「んー? お前だよ。」
森「(あたふた)ウソばっか!」
植「ウソだよ。」
ってのが4コマで描かれてるわけですが、嘘なのホントなのどっち!?、と。
いや、最終回のラスト3ページからすると両想いっぽいんですけどね。

なぜ「プラスはあんまり……」って評価をしていたのかわからないくらい面白かったです。
でもビャクの仲間云々はあまりにもしょうもなさ過ぎて語らないでほしかったなー。

拍手[1回]

うえきの法則 15、16

うえきの法則 15/福地翼
三次選考最終戦は植木チームVSバロウチーム!!
天界人軍団を相手に、戦況は一勝一敗。
そして第三試合目…IQ179を誇る天才キルノトーンに、森あいが挑む。
バロウチーム戦、決着! そして……
神を決めるバトルに、異常事態が発生する……!!!
うえきの法則 16/福地翼
最終選考前夜……次の神を決めるバトルの主催者である、現在の神……倒される!!
最強最悪の敵、地獄人アノンの狙いは神を則り、最終選考を乗っ取ること!!
全ての決着に向けて、植木たちの最後の戦いが始まる。
"空白の未来"争奪バトル編、クライマックス!!


昨日のうちには読み終わっていたんですが、感想書く時間がなくて。
これにて最終巻です。


【第136話 予定通り】【第137話 それだけ】
【第138話 0ツ星植木耕助】【第139話 神器を捨てた理由(わけ)】
【第140話 植木の能力(ちから)】【第141話 バロウの目的】
【第142話 Got when young~若き日の神様~】
【第143話 運命の少女】【第144話 神様VSマーガレット!!!】
【第145話 四次選考前夜】【ミニ外伝 佐野くんの休日。】
が15巻に、

【第146話 アノンのルール】【第147話 四次選考開始!!】
【第148話 マーガレットの謀】【第149話 それぞれの想い】
【第150話 死ぬなよ】【第151話 植木VSアノン!!】
【第155話 "強さ"の象徴(イメージ)】【第153話 最終決戦!!】
【最終話 空白の才】【おまけのコーナー】
が16巻に収録されています。

物語的には、対バロウチーム戦の途中からですね。

私、頭いい人って好きなんですが(この作品だと佐野とか)キルノトーンはないわー。
IQ179の天才って設定なんですが、頭のいい場面がまったく描かれてないただのやられキャラだったんで。
正直、この戦いだけ見ると森の方が頭いい気がします(笑)

植木がレベル2になるために神器を一時的にはとはいえ封印したりしていたんで苦戦を強いられたりします。
正直、終盤になるにしたがって植木の能力=ゴミを木に変える能力であったことを忘れていたんでなんとなく新鮮な気もしました。
木に変える能力を媒介にして神器を使っているって設定だったんですよね、実は。
バロウとの戦いの中で辛くも植木はレベル2に達します。

植木のレベル2は「相手の能力を元に戻す能力」。
無効化系の能力ってかっこいいですよね。上条さんとか。
そして、どうにかバロウに勝利して三次選考は終了します。


ここで、今まで触れられなかった「なぜ神を決める戦いに中学生が巻き込まれているのか」という謎が説明されています。
神さまがこの戦いを開くに至った経緯には、思わずうわーと叫びたくなりました。
血の繋がりなんてないはずなのにきちんと植木のお母さんだってわかるあたりにうわーと。

神さまの想いが描かれているだけに、それがアノンに届いていないことがすごく痛い。
マーガレットには届いていたと思うんですよ。正直、ガチでバトってあのままいけばもうちょっと穏便に問題は解決したと思うんです。休戦協定くらいは結べたと思うんですよね。
だからこそあそこで神さまに刃を突き立てたアノンには本当にびっくりした。
ついでに、アノンが神さまを食べるシーンはえぐいなぁ。


そんなこんなで、神を決める戦いをのっとってしまったアノン。
ルールも変更されて、12時間以内にアノンを倒したものが勝ちというシンプルなルールになったものの、何それムリゲーといった感じ。
しかしながら、アノンに勝利するものがいない場合、天界人地獄人人間のくくり関係なく皆滅ぼす、という宣言をされたものですから無理でも挑んでいくしかありません。

絶体絶命な森を救った植木にめちゃくちゃテンションあがりました。
ここで九ツ星神器「花鳥風月(セイクー)」がお披露目されています。
これはかっこいい。

で、ここから植木VSアノンですよ。
十ツ星神器「魔王」まで出してのバトルはすごいものがあります。
アノンに圧倒される植木ですが、思いの強さに比例して強さを変えるという魔王は森を守るためにアノンの魔王をしのぎました。

そのご褒美としてアノンは取り込んでいたロベルトを解放します。
しかしながら、それを素直に喜ぶことは出来ないんです。

初期設定がここで生きてくるんですね。
能力を使って能力者以外を傷つけてはいけないんです。 傷つけるごとに才が1つずつ減っていき、その人間を作り上げる設計図の役割を果たす才が0になったとき消滅してしまう、っていう設定。

上に書いた通り、植木の神器は能力を媒介にしています。
つまりは、神器で攻撃する=才を減らす=命を削っているということ。

こういう展開は本当におもしろい。いったいどうなってしまうんだろう、とドキドキワクワクしてしまうというか。
植木の性格からしたら自分がどうなろうとも、アノンを倒すだろうことは目に見えています。
森がそうさせないように頑張るのもわかる。でも、相打ち覚悟で突っ込んでいくしか植木に勝ち目はありません。

皆の協力を得てどうにかアノンの機動力を奪うわけですが、生半な攻撃はアノンに通じません。
だから、植木はアノンの不意をつくわけです。たとえ自身の存在が消えるとわかっていても。


植木が消えてしまったと理解していたのは森だけ。
呆然とする森のもとへ、バロウを足がわりにして気絶したヒデヨシがやってきます。
なぜ、ヒデヨシが気絶しているのか?ってところからの流れは鳥肌もの。
森が思わず涙ながらに飛びつきに行ったのに「本当に良かったね」と言ってあげたくなりました。


まあ、そんなこんなで植木チームが優勝。
神さまは全員一致で犬丸に決定。商品であった空白の才は植木が手に入れ、それぞれ日常に戻っていくことになります。

植木が空白の才に書き込んだのは「再会の才」。
才を失い成績の落ちていた植木の学力や女子からの人気もあがり、最後にコバセンらしき人物が再び火野国中学に赴任してきた、ってところで本編は終了。


おまけコーナーで植木の好きな人の話が出ていますがごまかされてしまっているんです。
これが明らかになるのはプラスの最後でしたか。

プラスはあんまり好きじゃなかったんですが、そこは楽しみなんで近いうちに紹介したいと思います。
絵柄が1巻から変わりすぎてびっくりですが、とても面白かったです。
3年程度で終わってしまったのが残念だと思う一方で、続編であるプラスがあまりにも微妙だったことを思うとここで終わってよかったのでしょうね。

拍手[0回]

うえきの法則 13、14

うえきの法則 13/福地翼
強豪マリリンチーム戦! 植木は敵の一人に勝利したもんお、仲間達とはぐれてしまっていた……
一方、佐野、森、ヒデヨシの三人は、敵方の三人に追い詰められていた…!!
耐える三人…仲間の元へ走る植木…仲間の絆が深まってゆく!!
うえきの法則 14/福地翼
マリリンチーム戦の最中、追いつめられた森の能力(ちから)がついに判明…!?
その末に、過酷を極めた試合がついに決着をみる…!!
ひとつの戦い(バトル)を終え、一時の休息を楽しむ植木達は芋わぬ展開に巻き込まれてゆき…
陰謀渦巻くバロウチーム戦、波乱の幕開け!!


昨日感想書き終わらなかったうえきです。
どうしてか長くなりがちなんですよねー。

【第116話 仲間の戦い(バトル)】
【第117話 助け合いの力】
【第118話 仲間の証明】
【第119話 逃げ道】
【第120話 死なすか!】
【第121話 追わせねえ!!】
【第122話 実力(ちから)の差】
【第123話 佐野、覚醒!】
【第124話 楽しい?】
【第125話 戦って!】
が13巻に、

【第126話 決め手は…!?】
【第127話 医務室にて】
【第128話 不測の事態】
【第129話 どっちがいい?】
【第130話 パグ】
【第131話 バロウT(チーム)】
【第132話 バン・神器・鈴子!!】
【第133話 天海人軍団】
【第134話 真の漢(おとこ)とは】
【第135話 執念】
が14巻に収録されています。


14巻はじめまで、VSマリリンチーム戦が、閑話を挟みつつ後半はバロウチーム戦が途中までが描かれています。

マリリンチーム戦は、いろいろあって最終的に、植木VSマリリン、佐野VSマシュー、森VSメモリーへと発展していきます。

私、ナルトのシカマル、ガッシュの清麿、ほけがみのアシタバなどなど、勉強云々の出来じゃなくて頭のいい人の戦いって大好きなので(そういう意味ではべるぜバブの古市にも期待はしてる)今回の佐野の戦いはすごく楽しかったです。

実力差のある相手に対し、機転をきかせて勝利するってのが好きなんですよねー。
本当に実力的にはとっくにレベル2になっていてもおかしくなかった佐野が、土壇場までレベル2になれなかったのはその頭の良さゆえだったってのは皮肉ですね。

ここに来てようやく森の能力が判明します。
『相手をめがね好きに変える能力』。
いわゆる洗脳系ですね。こういう戦いについてかなり有利な能力ではありますが、それ故に限定条件がかなり厳しいんです。
「相手にぶりっ子ポーズをさせる」というものなんですが、メアリー戦で偶然にもクリアしてみせたというのがすごい(笑)
なんだかんだで森って運はいいですよね。

というか、よっちゃんは植木たちを優勝させる気があるのかないのか。
能力者同士のバトルにおいて、森の存在はかなりのイレギュラーです。
二次選考から参戦である森は、説明する間もなく犬丸が地獄落ちしてしまったために自身の能力を把握していないわけです。
つまり敵からすると恰好の的でしかないわけですよ。
それなのに、その説明をしているビデオメッセージを試合終了後にようやく見せるとかもうなんなの、って感じです。


今回、植木の実父・パグが登場しています。
パグは、神を決める戦いを有利に進めるため、自身の子である植木を人間界へ落しました。
しかしながら、パグは神候補に選ばれませんでした。そこでパグはやさぐれてしまうわけですね。
植木がこの戦いに参戦しているのは、偶然にもコバセンが植木を選んだから、ってことです。

展開で偶然にも植木と出会ったパグは、植木たちとすごすことを「悪くねぇ」と思い始めてしまうわけです。
でも、今さら実父と名乗ることも躊躇われて。植木にレベル2への移行方法を託して去って行ってしまったようです。
この辺はたぶんもうちょっと先でもう少し詳しく説明されているはず。
こういう話はちょっと切ないです。


後半はバロウチーム戦。
バロウチームは全員が植木やロベルトと同じ、落された天海人でした。
ロベルトを補佐するためのチームってことらしいです。

まずは、鈴子ちゃんVSバン。
優しい鈴子ちゃんはバンの『無生物を生物に変える能力』で生物となった神器を攻撃できず苦戦します。
が、マリリン戦で初っ端でやられてしまってその後全く協力出来なかったことを気に病んでいた鈴子ちゃんはバンの言葉でスイッチが入ってしまうんです。

普段優しい人がキレると怖いといいますが、すごかったです。

次、佐野VSディエゴスター。
ディエゴスターの能力は『物質を無色透明物質に変える能力』。
見えない神器VS佐野のレベル2ですね。やっぱり佐野って頭いいなぁ、と。
勝負に勝って試合に負けたかたちになってしまったのが残念でした。

そして、ラストは森VSキルノトーン。
森は限定条件をどうやってクリアしようかで悩んでいたわけですが、ヒデヨシのしょうもない案を採用、キルノトーンは見事に引っかかってメガネ好きになってしまいます。
が、IQ179だというキルノトーンはそれぞれの能力に対して対策をうってきたんだとか。
森に対しての対策は「自滅しろ」→「メガネが壊れてしまうから無理」→「じゃあメガネはずせよ」→「接着剤でつけちゃったからはずせない」というもの。
バカと天才は紙一重といいますがそんな感じ。

能力不明なキルノトーンに森は勝利することが出来るのか、ってところで14巻は終了です。
残り2巻のはずなので近いうちに紹介したいです。

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR