忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】ココロ 直」の記事一覧

世界は紙でできている―パピア・ローゼ吟遊詩―

世界は紙でできている―パピア・ローゼ吟遊詩 (コバルト文庫)世界は紙でできている―パピア・ローゼ吟遊詩―/ココロ直
パピア・ローゼ―――古来より繁栄の象徴と崇めれる「紙のバラ」。突然の大地震で、女子高生トモカは、いまや朽ち果てかけたこのバラを国宝とするエクアリア王国に落ちてきた。見も知らぬ異世界で“破壊者”と忌まれるトモカ。だが、“暁の戦乙女”オーディナリーにかくまわれ、危機にひんする王国とパピア・ローゼを救うよう命じられる。切り札は「折り紙」!? ヒロイックファンタジー!


図書館で借りてきたものです。
これで図書館にあるココロ直さんの作品は最後かなー。
自分で買うということはたぶんしないので、図書館で購入しないかぎり、この方の作品の感想が増えることはまずないと思います。


異世界トリップファンタジーです。
ココロ直さんの作品って現代世界を舞台にしていても比較的ファンタジーちっくだったと思いますが、今回は完璧ファンタジーです。


この作品、主人公はいったい誰なんでしょう。
異世界トリップした女子高生・トモカなのかと思いきや、扱い的には地味。
もう一人の少女・オーディナリーが主人公だとしても、オーディーの心情がトモカの視点を通さないとよくわからないってのはどうなんだろう。

多分、少女2人を1対のパピア・ローゼに見立てて、両方を主人公として扱いたかったのだと思うのですが、すごく中途半端な印象を覚えてしまいました。
続刊が出ればまた印象が変わったかと思うのですが、これで終わってしまっているっぽいからな……。
ブクログでも登録者がほとんどいなくてびっくりしたのですが、これもうちょっと評価されてもいいと思います。


今この感想書いてて気付いたのですが、異世界トリップで黒髪黒目が忌み嫌われるとかマ王とかぶってるなぁ。まあだから何ってことはないんですが。

紙が貴重で魔法的な意味での武器として利用される世界であるため、トモカの紙作成知識がすごく重要視され、また紙から立体を創り出す知識(ようは折り紙)がすごいものとして扱われていました。

で、ちょっとツッコみたいこと。
トモカは学校へ行く途中で地震にあったんですよね?
折り紙を持っていたのは入院していたクラスメイトへ千羽鶴を作るため。
まさか折り紙を裸で持っていたわけないし、カバンか何かにいれますよね?
そう考えると教科書とかノートとかそういう紙をいっぱい持っていないと不思議なんですが。その辺とくに触れられていませんでしたね。


この作品、もう何年も前に読んだことがあるのですが、どうでもいいことは覚えていましたが、ストーリーの根幹はすっかり忘れてました。
ええ、「アルカリ性の物質(灰)を加えると~」とかそういうどうでもいい雑学は覚えてましたよ。
でも、誰が裏切るかとかすっかり忘れてました。
そろでも、裏切りがあることは覚えていたんですよ。
細かいことをすっかり忘れていたがために、読んでいて「きっとアカシックが裏切るんだな」と思ってました。

実際裏切ったのはレド。
もうなんかごめんなさい、って感じです。

物語的にはすごく続きそう。
名目こそ違うものの、トモカ、オーディー、アカシックの3人は旅に出る――。
ってところで終了。

続き読みたかったなぁ。
トモカに救われた敵国の少年がいるんですが、その少年は自国には戻れないとか書かれてたし、仲間として再登場したりしたらおもしろそうですよね。でもそれは想像するしかない。
残念です。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

不夜城のリリム

不夜城のリリム (コバルト文庫)不夜城のリリム/ココロ直
眠らない「城」――新宿歌舞伎町。汚くてウザくて危ないところだけど、この町で生まれ育った高一の凛々には愛すべきホームタウンだ。うず巻く誘惑には目もくれず、勉強にバイ トに励んでる、はずだったが。ある日玄関前で拾ったのが、よりによって行き倒れの国籍不明の真っ裸の美少年(しかも空腹)!? そのとたん、周囲でヤバイ事件ばかり起こりはじめて……。“ 夜型”奇天烈ファンタジー!


ココロ直さんの作品、3つ目なのでカテゴリ作りました。
以前命短し恋せよロミオ!シリーズを紹介した時はもうココロ直 さんの作品を紹介することはないだろうなぁ、と漠然と思っていたのですが、先日図書館に行った時に見つけたので、だいぶ前に読んだことがあったなぁ、とか思いつつ借りてきました。
まだあと1冊あったと思うので、そのうち借りてこようと思います。


今、改めてあらすじ読んで思ったのですが、上のあらすじだとちょっと御幣を与えそうですね。
確かに主人公の凛々は真っ裸の美少年を拾います。

でも美少年・リーデュの見た目年齢は10歳かそこら。
美少年=凛々と同年代ってわけではないんですよ。
表紙の少年がリーデュなんですが、少年っていうと1ケタの子どもから17、18歳までいけるかな?
日本語って難しいですね。


物語の舞台は新宿歌舞伎町。
様子の変わってしまった友人を元に戻すため、女子高生とNo.1ホストと国籍不明の美少年が歌舞伎町を駆け巡ります。

ちょっと盛り上がりに欠ける気がしました。
でも、命短し恋せよロミオ!のときよりは伏線の張り方が上手くなっている気がするので、それはよかったです。

ただ友人の様子が変わってしまった原因というか、犯人というか、それに関してはちょっと微妙。
凛々の啖呵は良かったのですが、犯人がああいう行動に出た理由というかその辺が弱いかなぁ、と。
いや、説明されてるのでわからなくもないんですよ?でも、それに感情移入できないというか、そんな感じ。


私の中でクロム(ホスト)と魔探偵ロキに出てきたフレイがかぶって仕方なかったです。
ちょっと古風な喋り方で、どこか抜けてるところとか。
あとシルエット(?)っていったらいいのかな。姿も似ている気がするんですよね。


偉そうなリーデュがもう少し見たかったです。
というかリーデュが退化しているのは、中身だけなのかな?
外見も退化しているとなれば、それはそれで萌える。


最後、事件の黒幕とでもいうべき人物が凛々のもとを訪れるわけですが、きっとそっちが天使なんだろうなぁ。
凛々の使う武器が“魂喰いの鎌(ソウルイーター)”であること、クロムの黒い羽だとか、欲望を栄養とすることなどなど。
今回、天使が悪役としてかかれてますが、それでも微妙な気分になる凛々の気持ちもわからなくもないですね(笑)

最後、エピローグの雰囲気が好きです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

命短し恋せよロミオ! 透明人間は皮肉屋

透明人間は皮肉屋だ命短し恋せよロミオ! (コバルト文庫)命短し恋せよロミオ! 透明人間は皮肉屋/ココロ直
夏休みを満喫するトラブルバスターズ「ロミオ」。ある日、恋愛には最も無縁なはずの千鳥を訪ねて、ひとりの少女が現れた。その日を境に、いつもクールな皮肉屋が、突然の嵐に巻き込まれるようにもがき、苦しみ、暴走することになり……!? 封印されていた千鳥の過去、秘められた月人の想い、意外な透明人間の正体。謎がそこにあるかぎり、特殊能力年中無休、「ロミオ」のトラブル夏体験!


命短し恋せよロミオ! バイバイ、優しいチェリーの続編。
これからでも読めるかと思いますが、能力に対する説明とはあんまりありません。まあ雰囲気で読んでも大丈夫。

作者のココロ直さんって男性だったんですね。
前作のあとがきで一人称が「僕」であれ?と思っていたのですが、この巻のあとがきで「男」と名言されていました。
別に男性でも女性でも問題はないんですけど、ずっと女性だと思っていたのでちょっとびっくりしました。


今回のメインは千鳥。サブで月人。
なので、残り2人はちょっと影が薄いです。
そして前作と比べるとちょっと重めかな。


今回ロミオとしての活躍はほぼないです。
1件だけ依頼を解決してますが、それだけだし。

前巻でもそうだったのですが、伏線の張り方が下手というか露骨なので、だいたい展開が読めてしまいました。
きっとそうなんだろうな、と思ったとおりであんまり楽しめなかったというか。
もうちょっといい意味で予想を裏切る展開というものにもっていって欲しかった、と思うのは我がままでしょうか。
けどまあ、むりやり変なふうにもっていって着地点を見失うよりはよかったのかな?とも思います。


あと小海ちゃんがあらすじに登場する少女に啖呵をきる場面があるんですが、とても小学校5年生には思えませんでした。
いくら大人っぽい少女とはいえ、結構違和感を覚えました。
あの啖呵は同性じゃないと無意味だと思われるので他の面子に変えるってことはできないでしょうけどね。


はじめ、2巻で千鳥の話をやるのは早いんじゃとか、詰め込みすぎじゃとか思ったのですが、今思うとやっておいてよかったんでしょうね。
あとがきによると作者はこのシリーズまだ続けようと思っていたようなのです。
でも実際のところ、このシリーズはここで終わってしまっています。
なら、多少詰め込みすぎでもよかったんだろうな、と。

それでも、花実の話だけほとんど語られていないんですよね。
個人的には花実の話が一番重く悲しい話になると思っていたのですけど。
どうせならもう1人分くらい語らせてから、シリーズをフェードアウトして欲しかったなぁ。



明日は何を読もうかな。児童書読みたいと思うのですが何かいいのあったかな。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR