忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】じん(自然の敵P)」の記事一覧

カゲロウデイズ 7 -from the darkness-

カゲロウデイズ 7 -from the darkness-/じん(自然の敵P)
 とある夏の日に少年少女たちは出会った。それは、いつまでも終わらない、長い長い夏の一日だった。
 燃え盛る屋敷から逃げ遅れた子供のキドは、迷い込んだカゲロウデイズの中でアザミと出会い、とあることを託される。
 一方、外の世界ではついにメカクシ団の団員が全員集合する。自分たちをとりまく謎を解き明かすために立ち上がった!
 原作楽曲の関連動画再生数が一億回を超え、コミックやアニメに幅広く展開している「カゲロウプロジェクト」をマルチにクリエイトする「じん」本人によるノベライズ第七弾、満を持して登場! 少年少女よ、その『目』を開け!


発売当時に購入していたんですが、相変わらず読むのが遅くて申し訳ないです。

【チルドレンレコード the -No.1-(1)】
【失想ワアド1】
【失想ワアド2】
【チルドレンレコード the -No.7-】
【失想ワアド3】
【チルドレンレコード the -No.5-】
【失想ワアド4】
【チルドレンレコード the -No.3-】
【失想ワアド5】
【チルドレンレコード the -No.1-】
【失想ワアド6】
【チルドレンレコード the -No.1-(2)】
【失想ワアド7】
【チルドレンレコード the -No.1-(3)】
【シニガミレコードⅤ】
【チルドレンレコード the -No.0-】

が収録されています。
【失想】は幼い日のキドの話。
【チルレコ】はメカクシ団の団員たちそれぞれの視点で現実世界での行動が描かれています。
視点の人物の団員ナンバーが振られているのかな。
1キド、7シンタロー、5モモ、3カノ。
そして0はアヤノです。

今回のメインはあらすじや目次でもわかるとおり、キドです。
幼少のキドは母をなくし、父の元に引き取られます。父は財閥関連の仕事をするお金持ち。
キドがお嬢様で姉と一緒にカゲロウデイズに飲み込まれたというのはどこかで聞いたことはあったのですが、背景は知らなかったのでちょっと驚きました。
キドのあの男勝りというか、固い印象の話し方はどこかで腹違いの姉・凛の影響もあったのかもしれないな、なんて思いながら読み進めていました。

キドの過去が壮絶だな、と思いながらもまさかこの時点でアザミと接触しているとは思いませんでした。
実はキドはすべてを知っていた。
けれど、幼いキドはそれに耐えきれず『隠す』力で自身を守っていた、と。
うーん、そう来たか、といった印象ですね。


で、この話って時系列的には前巻よりも前の話になるんです。
5巻でエネが自分の体を取り戻したちょっと後からの話なので前巻でさらっと語られていたエネ=貴音だということは本人の口から語られていたようなので、シンタローが実は気づいていたってわけではなかったようです。残念。

で、同時にカノも『あちらの世界』についてやアヤノからの頼まれ事も、シンタローへアヤノの姿で酷い言葉を投げつけたことも暴露して許されています。
やはり隠し事をしていたというのが大きかったらしく、憑き物が落ちたというのでしょうか。ひょうひょうとした印象だったのが一気にかわいらしい感じになりましたね。
これ、日常パートが続けばシンタローにめちゃくちゃ懐きそう(笑)

ようやく自分たちの持つカードをさらけ出したことで、彼らは敵の正体を目的を知ります。
偉く時間がかかった気がしますが、作中時間ではまだ数日の話なんですよね。コレ。

そして、ようやく『カゲロウデイズ奪還作戦』が始まります。

ヒビモモのやりとりがすごくかわいらしかったです。
サインの件はそういえば、とひどく懐かしくなりました。そんなこともありましたね。

シンタローの頭脳のおかげってこともあるんですが、あまりにもサクサク進みすぎて(笑)
もう一波乱あるよね?と思っていたらやっぱりありました。

『冴える蛇』のスペックがいまいちわかりかねるんですが、『冴える』はケンジローからコノハへと移ったと。
能力は命の代わり。コノハにはすでに『醒める』がついているはずなんですが、二重に能力を持つことができるものなのか。
能力を持つと命の代わりに宿すでは何か違うのか、ただ単純に『冴える』が特別なだけか。よくわかりませんね。

『冴える』を倒すためにアザミがマリーの体に乗り移った、ってところで今巻は終了。

ラストの『チルレコ0』は口調からしてヒヨリとアヤノの会話です。
カゲロウデイズ内でのやりとりなんだと思われますが、アヤノはヒーローのもとに向かうらしい。
これはシンアヤ来るー?って感じですね。

そして、対『冴える』の舞台にいっさい登場しなかったセトはいったい何をしていたのか。
次巻が楽しみです。

拍手[0回]

カゲロウデイズ 6 -over the dimension-

カゲロウデイズ 6 -over the dimension-/じん(自然の敵P)
とある夏の日に少年少女たちは出会った。それは、いつまでも終わらない、長い長い夏の一日だった。ある日シンタローをとりまく光景が突然変貌を遂げた。彼の身にいったいなにが起きたのか。そこで出会ったのは、なかなか心を通わせられなかった先輩・遥だった。彼の口から語られるこの世界の過去に秘められた真実。そして彼がシンタローに託した願いとは? 原作楽曲の関連動画再生数が一億回を超え、コミックやアニメに幅広く展開しているカゲロウプロジェクトをマルチにクリエイトするじん本人の手でノベライズした第六弾 満を持して登場! 少年少女よ、その『目』を開け!


発売当時に購入していたんですが、読むのがこんなに遅くなってしまいました(汗)
ようやく読めました。


初っ端折り返し部分に、作者コメントがあるんですが、イラストのしづさんのコメントはまさかのモースル信号(笑)
頑張って翻訳すると「すいはんきでたいたこめがまずい」。
知らんわそんなこと!


さて、本編。
今回の章タイトルは【daze】【lost days】
いきなり謎の空間にシンタローとアナログテレビ1台のみが存在する所から始まります。
もしかしてこれは『アヤノの幸福理論』のMVに登場するテレビ?なんて思ってしまいましたが、どうだろう?

そこで出会ったのは、九ノ瀬遥。
シンタローの先輩にして、エネこと貴音のクラスメイト。

2年前に死んだはずの彼の口から当時のことが色々と語られていくというのが今巻の内容になります。
イメージ的には、小説2巻の遥サイドといった感じでしょうか。
ただし、当時貴音が知らなかったことも遥は結構知っていたりするので新情報もそれなりに多く存在しています。

結構、遥シンっぽいよなーと思いつつ読んでましたが、まあ腐ィルターかかってるってのもあると思います(笑)

文化祭前に、遥とアヤノ、セトの接点があったことに驚き。カノとも接触していますが、『欺く』を使っていたので、遥はわかっていないっぽいですが。
そして、文化祭を機に遥とシンタローの付き合いが始まっていくわけです。
結構仲良さそうにしているんですが、それでもあらすじには『なかなか心を通わせられなかった』とあるわけで。
うーん、天然でぽやーんとしてるけど一線はひいていたってことでしょうか。


一番驚いたのは、遥の病気についてでしょうか。
前々から遥と貴音は病気を患っており、貴音は命に問題はないが、遥はそうではないとわかっていました。
でも、そんな余命宣告通りきっちり死亡してしまうことってのはすごく不穏な想像をしてしまいました。

アヤノの父であり『冴える蛇』が憑りついているケンジローの目的は明言こそされていませんが、カゲロウデイズを使って何かしようとしている訳です。
そのために、アレコレ画策しているっぽくてその一つとして利用されたのが遥と貴音。

担任教師として、遥の寿命のことを知っていたというのは十分にありえます。
そして、学園祭の出し物をさせるために貴音(と遥)を焚きつけたのはケンジローです。
ラストのセリフからして、貴音やシンタローたちともっと一緒にすごしたいと思わせること→強い体を望むってことに繋がるってわけで……。

最後、コノハにシンタローは殺されて白い世界に来たみたいな発言してるし、もう何が何やら。
さらっと語られましたが、シンタローはエネ=貴音だとわかっていて放置していたようですね。
それを知ったらエネ大変なことになりそうですが、そういうほのぼのとしたものはまだ先の話になりそうです。

アヤノとシンタローの出会いもエピソードとしては存在しているみたいなんですが、それも語られる日が来るのか……。


あとふと思ったこと。
前巻でカノはアヤノから告げられて『向こうの世界』のことを知っていた。
能力的に、もしかしたらセトも何かしら知っていたのかもしれない。
3人のうち、キドだけが何も知らなかったのでは?なんて想像してしまいました。
その辺はそのうち語られるでしょうか。


次は誰が主役になるのでしょうね。
いい加減「カゲロウデイズ攻略作戦」を進めてほしいのですが、難しいかな?
続きを楽しみに待ちたいと思います。

拍手[1回]

カゲロウデイズ 5 - the deceiving -

カゲロウデイズ 5 - the deceiving -/じん(自然の敵P)
 とある夏の日に少年少女たちは出会った。それは、いつまでも終わらない、長い長い夏の一日だった。
 不思議な能力のせいで、幼いにもかかわらず辛い思いをしてきたカノ・キド・セトの三人は、孤児院を出て、元気な少女アヤノが暮らす楯山家に引き取られることに。新たな生活への 期待を抱く三人だったが、早くも不穏な動きが……。
 ネットに投稿された楽曲の関連動画再生数が2500万を超える大人気マルチクリエイターによる「カゲロウプロジェクト」ノベライズ第五弾、ついに登場!
 少年少女よ、その『目』を開け!


しばらく前に購入していたんですけど、ようやく読み終わりました。
読み始めるまでが長いのをどうにかしたいです。


今回の章タイトルはだいたい【夜咄ディセイブ】
あとは繋ぎとして【或る日の屋上にて】【或る日の路上にて】【今日という日の路上にて】もあります。

【夜咄ディセイブ】ということで今回の主人公はカノ。
色々暗躍してるっぽかった彼がメインの話になります。

3巻のヒビヤとヒヨリ登場時にも思ったことなんですが、子供っぽくなさすぎて違和感が半端なかったです。
それでもヒビヤとヒヨリに関しては小5くらい?だからまだ大人びてるとかませてるとかそういう表現でまあいいかな、と思っていたんです。

でも、今回語られる幼少期のカノはちょっとなぁ、と。
【夜咄ディセイブ】の歌詞に「10年は立ちそうなある日怪物の声がして」とあるんです。
怪物=カゲロウデイズですから、10年ほど前にカノは能力を手に入れたということ。
能力を手に入れてしばらくしてから楯山家に引き取られてるんですが、その時点で5歳だってこと考ると無理があるなぁ、と。

いくら周りが子供でいることを許してあげなかった、大人にならざるを得なかったとしてもここまで大人ではないと思うんですよね。
ぶっちゃけ、この作品って物語としてはおもしろいけど、小説としてみると実は結構微妙なのでその辺は仕方ないかな、と。
まあ、アマチュアとしては問題ないと思いますが。


正直【夜咄ディセイブ】というより【アヤノの幸福理論】のカノ視点という印象が強かったです。
作中で【想像(空想?)フォレスト】のマリーとセトが出会っているであろう描写、2巻のヘッドフォンアクター挑戦云々にも触れられているんですがまあその辺はぶっちゃけどうでもいいんですよ。

どうやらカノは唯一、アヤノから「カゲロウデイズ」についてある程度、話を聞いていたもよう。
もっとも、「カゲロウデイズ」って名前はキドがつけた名前ですからこの時は『向こうの世界』って表現されてますが。


なんというか、これシンタローが引きこもるのもわかるわーと思ってしまいました。
アヤノの姿をしたカノによる一言

「全部お前のせいだ。何も気づかなかった、お前の」(p165)

があるんですが、これ前後の状況を考えるとかなりきつい。

その時は意味が分からなかったでしょう。
でも、カノはアヤノの死体として写真を撮られた(=現場検証後)と描写されてるんです。
いくらシンタローがボッチ気味だったとしても学校に行ったらそういったことは噂され、いつ死んだかだとかはシンタローの耳にも入るでしょう。

いくら身内に目に関する能力者がいるとはいえ、モモの能力は『目を奪う』です。
ただただ注目されるという能力ですから他に能力者がいたとは考えないでしょう。
そうなると、シンタローはこの時出会ったアヤノは死者である=自分へ恨みを告げるために現れたと判断すると思うんですよ。

しかも、遥と貴音がコノハとエネとなったということはカゲロウデイズに干渉できたということ。
カゲロウデイズへの接触条件は「8月15日に2人以上で死ぬこと」でしたか。
つまりは3人とも前後こそしてるけど同じ年の同じ日に死亡したということ。

【夕景イエスタデイ】のMVや5巻冒頭なんかを見ると4人で仲良くしていたのは明白です。
1人生き残ったシンタローは絶対奇異な目で見られたと思うんですよ。
もともとメンタルのあまり強くないシンタローが受ける仕打ちとしては相当辛いと思います。

何巻だったか忘れましたが、カノがシンタローへした性質の悪い悪戯もこの辺が絡んだ八つ当たりってことだったのかな。


今回、敵と目されていた『冴える蛇』がアヤノの父・ケンジロウに憑りついていることが明かされています。
ケンジロウはアヤノの実父で、カノ・キド・セトの養父、遥と貴音の元担任で、現モモの担任。
さらにヒヨリは、ケンジロウの妻・アヤカの妹です。
本当に中心に位置してるんだなぁ。

そして、今までエネとしてAIみたくなってたエネが自分の体に戻っています。
【人造エネミー】だったかな? ホルマリン漬け云々とあったし、2巻で自分の体を見るという描写があったから体は残っているのであろうことは検討がついてましたし、【サマータイムレコード】のMVでも貴音と遥で存在してたから最終的に元に戻るのはわかってました。
でも、こんなあっさり戻っていいの?と。
(2年間動いてなかったら筋力落ちてまともに動けないはずとかそういうツッコミはしちゃダメですね)

情報開示をしそうな雰囲気ですし、次巻は「カゲロウデイズ攻略作戦」になってもおかしくはないんですが、まあそうはならないですよね!
いまだメインで語られていないキャラとか多いですし。

次巻はあまり間をおかずに発売するみたいなことが、あとがきにあるので楽しみに待ちたいと思います。

拍手[1回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR