忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】葉山 透」の記事一覧

0能者ミナト 9

0能者ミナト 9/葉山透
葉山透が贈る現代の伝奇譚
 怪異を知る者でもにわかには信じがたい、神話上の存在。だが、それはいた。
 身長2000メートル、超弩級の怪異。ダイダラボッチの出現は終末すら予感させるものだった。そのひと足で町が壊滅する。動く天災に国家機関も動きだす。
 防衛庁幹部、官僚らが居並ぶ席に、ラフな青年がひとり。場違いな雰囲気をこれ見よがしに発散する湊である。だが、湊の驚くべき発案に、周囲の目は変わる。それは神話を現代物理学で解明する、神への挑戦とも言えるものだった。


ちょっと前に購入していた作品です。
なんだかんだで読むのに2日もかかってしまいました。


【第1話 巨】
【第2話 単】
【閑話 外】

が収録されています。
今回は奇数巻ではありますが、長編作品です。
前巻で予告されていた神話の生物が登場しています。

前巻の感想を書く時に、私はヤマタノオロチかなーと思っていたのですが、もっとすごいのきましたね。
今回湊たちが相手取るのはダイダラボッチでした。

デイダラボッチとも言われますね。
有名どころではもののけ姫のあれでしょうか。
正直、めちゃくちゃ大きな存在であるってことがわかっていればいいんじゃないかと思います。
正直、今の時期でそれをやってくるって進撃となんかあるのか……なんて思ってしまいました。
私、進撃みたことないんですけどね(爆)

物語の序盤で、40メートル級のダイダラボッチが登場した時点でも大きいなぁと思っていたものですが、それが2000メートル級になってしまうともう想像もつきません。
そのサイズのダイダラボッチにとって人間なんてアリ以下の存在でしかなく、ユウキくんの攻撃でさえかすり傷にもなりはしないってのには絶望的かと思われました。
けど、それを科学的に説明つけて退治してしまうんですからミナトはすごいですよね。

正直、途中から「あれこれってSF小説だっけ?」って思いながら読んでいました。
シュレディンガーの猫の話は概要こそ知っていましたが、そういうことだったのかと。
ここまで説明しているのははじめて出会いました。


沙耶がダイダラボッチを自然災害に例えたのは、言い得て妙だな、と。
ここまですごいと人間がどうこうするようなものではないでしょうから。

今回、湊は総本山も御影神道も手玉にとりました。
湊のおかげで、日本は救われたわけですが、組織には組織の面子やらがあります。
だから、次の仕事の紹介は(表向きは)ないようです。

まあ、湊は上手く仕事をかすめ取っていったようです。
いつもは、ちょっとしたキーワードぐらいは明かされるんですが、今回はなし。

次はどんな話になるのか楽しみです。

拍手[0回]

0能者ミナト 8

0能者ミナ ト 8/葉山透
葉山 透が贈る現在の伝奇譚
 怪異が蠢く禁断の館。その最奥にいたものとは――元気になく人間の赤子だった。
 赤子は立派な少年と少女に成長する。だが、そのささやかな平穏は破られる。赤子が怪異の子だという資料の流出。二人は追い詰められていく。
 かくして退屈な依頼に殺されそうだった湊の登場である。なぜ怪異の館に赤子はいたのか。二人は本当に人間なのか。不可思議な事象に湊の知性は驚くべき倫理的解決を見出して いく。だが見過ごした一つの可能性。それが恐るべき事態を引き起こすのだった!


先日購入してきたミナト最新刊読みました。
作者あとがきでも触れられていますが偶数巻は長編です。


【第1話 劣】
【第2話 交】
【第3話 裏】
【第4話 減】

が収録されています。1話のみ雑誌掲載だったみたいですね。
それに加筆修正+続編を書いて長編に仕立て上げたって事みたいです。
偶数巻=長編ってのを忘れていたのではじめ1話を読んで「あれこれで終わり?」ってなっていたんですけど雑誌掲載の名残みたいなもんだったのかな。

いきなりこの巻から入る人はそういないでしょうし、元々そういう描写が少なからずあったのできっと大丈夫でしょうけど、この巻は正直読んでいてあまり気持ちがいいものではありま せんでした。
いや、面白いんですよ?
ただ今回登場する新種の怪異「有耶無耶」の描写があまり気持ちがいいものではなくてですね。
想像しちゃうとグロ注意って言いたくなる感じ。


今回登場する白銀スズといっちゃんこと一一(にのまえかず)。
この2人の境遇を思うとよくもまあこんなにまっすぐ育ったものだと言いたくなりました。
スズはともかくいっちゃんはその名前も、総本山内でのやりとりを見てもあまりいい環境とは言えなかったわけで。
お互いの存在があったからまっすぐ育つことが出来たんでしょうね。

御影神道と総本山の体質を裏手に取った訳ですが、本当にもうよくもここまで頭が回るものです。
湊の頭がいいのはわかっていましたが、沙耶もユウキも毒されてきた感が否めませんね(笑)
今回は理由がつけられるとはいえ、お互いの組織をきっちり騙しぬくあたりさすがです。

4話はいつもの喫茶店での一幕なわけですが、今巻でのここの喫茶店のウェイトレスさんに本当にお疲れ様ですと言いたい(笑)
次から次へと巫女さんやら坊主やらが来る喫茶店って嫌だなぁ。

次巻は「神話の化け物」になるのかな?
題材的に長編ネタっぽいので10巻のネタっぽい感じでもあるんですが、喫茶店で受けている依頼もそれ関連っぽいんですよね。
個人的に「神話の化け物」で怪異に該当しそうで「復活」って八岐大蛇ぐらいしか思いつかないんですけど、どうかな?

拍手[0回]

0能者ミナト 7

0能者ミナト 7/葉山透
葉山 透が贈る現代の伝奇譚
 七人ミサキ――入れ替わる魂を求め永遠に彷徨う、悪夢のような怪異。三年前、孝元が助力を求めたのは、今と変わらず横柄で奔放な湊だった。
 依頼人を守るために汲々とする総本山の手練れをよそに、まったくやる気を見せない湊。
 すでに悪名高い“霊能者”に、僧達は忌々しげな態度を隠さない。だが、湊の自由な発想とアプローチは次第に皆の心を捉えていくのだった。
 連鎖する呪い、そしてその数の多さ。永遠に途絶えることがないという怪異に、湊は思いもよらない方法で迫る。


しばらく前に購入していたんですがようやく読むことが出来ました。
読み始めてしまえば、2時間かからなかったんでこれならもっと早く読めたなぁ……。


【第1話 七】
【第2話 化】
【閑話 占】

が収録されています。

【七】6巻に引き続き、過去編といってもいいでしょう。
今回は孝元さんとの仕事なわけですが、こちらは出会いから数年は立っていそうな雰囲気ですね。

あらすじにもある通り、今回湊たちが相手にするのは「七人ミサキ」。
七体の霊が列をなし、人を殺すと殺された人間が最後尾に加わり、一番前の霊が成仏できるというもの。
この作品で取り扱ってきた怪異の中では比較的メジャーな怪異といえるのではないでしょうか。

湊の取った手段は目先の小事か後の大事かってことなんですけど人の命がかかっているとこの判断は中々下せないよなぁと。
ラストで沙耶が湊の功績だとしらずに、湊の試みが上手くいったことを知らせてくれるわけですが、なんとなく良かったね、と言いたくなりました。


【化】は化け狸の話。
まあ、そうだろうなと思う話の展開でした。
意表をつくという感じはあまりありませんでしたね。
ですが、やっぱりこういうSFチックな話ってどうも苦手です……。
卵が先か鶏が先かとかそういうの考えてぐるぐるしちゃうわけですよ。

子狸の描写が可愛かったです。


【占】はいつもの喫茶店で大人3人の話。
いつもなら次の怪異についての前フリがあるんですが今回それはなし。
ただ、湊の遅刻話からの時計についての話になって、時計占いの話をしているという状態。
これ何の意味があったんだろう……。


次巻の発売時期は不明。いつものことながらこの作品についてはもうちょっとこまめに新刊情報をチェックしようと思いました。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR