忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【コミカライズ】火村英生のフィールドノート」の記事一覧

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 英国庭園の謎

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 英国庭園の謎/麻々原絵里依(原作/有栖川有栖)
 英国庭園で暗号ゲームが行われている中、その主人が書斎で殺された。
 なぜ館の主人は殺されたのか、そして暗号ゲームが示した先にあった"宝"とは…。
 美しい英国庭園を舞台に、火村とアリスはこの不可思議な暗号ゲームに挑む!!


しばらく前に購入してたのに、ようやく読みました。 本当に積読本が多すぎてマズイです。


【英国庭園の謎】
【暗い宿】
【茶色の研究】

が収録されています。 【英国庭園の謎】こちら、【暗い宿】はこちらの表題作になります。
【茶色の研究】は描き下ろしのおまけ漫画です。

火村シリーズのコミカライズは数作あるんですが、今まで私が紹介してきたのは新装版。
過去に書かれたものがメインで、変わったのは表紙ぐらいというものでした。

が、今回のは完ぺき新作になります。

展開的にはどの作品も読んだことがあり、ストーリーも8割方覚えていたので目新しさといったものはありませんでした。

ただ読んでいて思ったのは、アリスがなんか可愛いでした。
なんていったらいいのかな。
今回、モノローグといえばいいのでしょうか。
アリスの心の声が目立つんですね。

真面目な話をしている火村先生の横で一人見当違いのこと考えていたりしているんですね。
それがかわいいなーと。


通常、こういう作品で原作者の言葉ってあとがき代わりとして掲載されることが多いんですが、このシリーズはページ数がギリギリなのか帯に有栖川さんのコメントが掲載されています。
私が購入した際は帯がありましたが、そのうち帯がないバージョンも出回るようになるわけで。
いいんだろうか?と思ってしまいます。
解説や推薦とは話が違うんじゃないのかな?と思うのですが。
まあ、私が考えるようなことじゃないですね。


そういえば、このシリーズ来年連続ドラマ化するみたいですね。
原作シリーズもまだ全部読んだわけじゃないので、もしかしたらドラマでネタバレされてしまうかもしれないんですよね。

うーん、見たいけどネタバレされるのは嫌だからギリギリになって情報が出てきたから視聴するか否か決めたいです。

拍手[0回]

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 朱色の研究2【新装版】

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 朱色の研究2【新装版】/麻々原絵里依(原作/有栖川有栖)
 夕陽丘のマンションで起こった殺人事件の発端は、2年前の事件にあると考えた火村。事件のあった場所・周参見(すさみ)に関係者を集め、調査を進めていくと、闇に埋もれた過去がいよいよ明らかになり――。
 臨床犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖の名コンビが未解決事件に挑む!!


昨日のうちに読み終わっていたんですけど、昨日ちょっと時間なくて紹介できませんでした。
これの続編になります。


【朱色の研究 枯木灘殺人事件】
【朱色の研究室】

が収録されています。
【研究室】の方はおまけなので、実質内容的には【枯木灘殺人事件】オンリーといっても問題ないでしょう。

1巻のときも書いてるんですけど、以前原作読んでるんですけどすっかり忘れていたので気持ち的には初めてのつもりで読んでいました。

長編ミステリのコミカライズって難しいんだなぁ、っていうのが正直な印象です。
私がさらっと読んでしまったのもいけないと思うんですけど、登場人物の区別がよくはかれませんでした。
ページ数の割りにキャラが多いからどうしても1人1人の印象が薄くなってしまうってのはあると思うんですよ。

値段的にも、あらすじを表紙カバーに持っていったり、総扉がなく表紙をめくったらいきなり本編だったりとページ数は本当にギリギリなんだろうな、と。
巻末の新装版の新規描き下ろしも1ページだけですし。
うーん、この話は新装版ですからそういうところに融通がきかなかったのも仕方ない。

詳細は雑誌に掲載されているようなんですが、どうやら麻々原さんが火村シリーズを新たにコミカライズされるよう。
新作には十分なページ数を与えてあげてほしいです。
まあ、短編ならそこまで気にしなくてもいいんでしょうけど。
個人的には、海のある奈良に死すのコミカライズが読んでみたいです。
でも、あれの原作ってかなり長い話だったと思うので難しいかなー。


さて、そろそろ本編の感想をば。
前述の通り、内容をすっかり忘れていたこともあり、「あ、この人犯人だったのか」って感じ。
うん、特に驚くこともなかったですが、犯人が最後ヒロインに向けた言葉だけは「いいな」と。

火村先生の夢の話がされているわけですが、これ事件解決に絡んでいるから描かれてるんだろうなぁ。
じゃなかったらカットされてもおかしくないかも。

原作を読み返したくなったので、ビーンズ文庫版の朱色の研究がはやく出てくれることを願います。
ビーンズ版って結構順番バラバラなんでありだと思うんだけど、どうかな?

拍手[0回]

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 朱色の研究1【新装版】

臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 朱色の研究1【新装版】/麻々原絵里依(原作/有栖川有栖)
 ある日、火村は大学のゼミの生徒・貴島朱美から未解決事件の解明を依頼される。事件を追っている最中、謎の電話に呼び出され、その場所【オランジュ夕陽丘】へ向かうと、朱美の伯父の変死体があって――。
 臨床犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖の名コンビが難事件に挑む!!


先日購入してきた1冊です。
これでこのシリーズのコミカライズも3冊目なのでカテゴリ作ります。


【朱色の研究 夕陽丘殺人事件】
【シュルレアリスムの午後】
が収録されています。

これのコミカライズになります。
【シュルレアリスム】の方はこっちに収録されていたものですね。

【朱色】の方が読んだのが2010年11月と結構昔の話なので、内容忘れてしまってます。
うーん、どうなるんだったかなぁ。
とりあえず、過去の感想を読む限り、アリスと火村先生でデートみたいなことしているようですね(笑)


あらすじにもある通り、この作品は2つの事件が絡んでいるちょっと複雑な話です。
1つは火村先生がゼミ生・貴島朱美から持ち込まれた2年前の放火事件。
もう1つは事件解決に動き出した火村先生を嘲笑うように発生した殺人事件。

犯人と思われる人物からアリス宅に電話が入って2人を第一発見者にさせたことを思えば「火村先生が動きはじめたことをしっている」人物が怪しいわけですが、それだけじゃなぁ。
1巻では2つ目の事件で使われたトリックを暴いたところで終わりです。
とりあえず、彼が2つ目の事件の容疑者から外れただけ前身したってことなんでしょう。

読んでいてちょっと思ったこと。
エレベーターって防犯カメラあるイメージあったんですが、マンションとかだとどうなんでしょう?
時代にもよるのかな。


【シュルレアリスム】は原作だとアリスのお隣さん・カナリアの彼女のデート(?)話なんですよ。
でもコミカライズだと、お相手は火村先生なんですよね(笑)
まあ、読者のニーズの問題だといえばそうなんでしょうけど。ちょっとアリスが可哀相でした。


完結巻である2巻は来月26日発売だとか。
11月頭にはビーンズ文庫版のブラジル蝶も発売される(ただし、タイトルは密室の研究のよう)ですし、楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR