忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】石田 衣良」の記事一覧

非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパーク8

非正規レジスタンス―池袋ウエストゲートパーク〈8〉 (文春文庫)非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパーク8/石田衣良
派遣会社からの日雇い仕事で食いつなぐフリーターのサトシ。悪徳人材派遣会社に立ち向かう決意をした彼らユニオンメンバーが次々襲撃される。「今のぼくの生活は、ぼくの責任」と言い切る彼をマコトもGボーイズも放っておけず、格差社会に巣食う悪と闘うことに。表題作他3編収録。大好評IWGPシリーズ第8弾! 解説・新津保建秀


かなり久しぶりのIWGPシリーズです。
前巻の紹介をしたのが去年2月ですから、じつに1年半以上もあいてしまいました。


【千川フォールアウト・マザー】
風俗スカウトに目をつけられたシングルマザーの話。

シングルマザーの現状がよくわかる話。
読みながらちょっと反省しなきゃダメだなと思いました。

子どもが犠牲になる事件が起こって報道されると、作中の人物たち同様、普通に「親が悪い」って感想を覚えてしまっているんです。

でも、ニュースで放送されるようなことだけで全てをわかった気になっちゃダメなんですよね。


【池袋クリンナップス】
ボランティアのゴミ拾いに精を出す青年と天空の城の王の話。

青年・カズフミが誘拐され、交渉人にマコトが選ばれるんです。
マコト同様、あのやりとりはあからさまに怪しすぎて真犯人がわかりやすかったです。

彼の理想を現実にするのは非常に難しいことなんでしょうが、きっとカズフミは諦めずに行動しつづけるんだろうな。


【定年ブルドッグ】
M女と元警察官の話。

元カレにプレイ中の写メをばらまくと脅されたハルナ。
その元カレにお灸をすえてやる話なわけです。

タイトルになってるブルドッグはハルナの父の部下で小さな頃から知っているであろう元警察官・大垣さん。

素直になれないだけで親子はきちんと愛し愛されていたんですね。


【非正規レジスタンス】
ネットカフェ難民が派遣会社に噛み付く話。

他の作品はどうかわかりませんが、これは実際にあった事件を元に描かれている作品ですね。
かなり問題になった事件なので、皆さんも記憶に残っているんじゃないかな?

頑張って、体を壊すほど働いてもネットカフェから這い出ることもできない。
すごく辛いですよね。

物語ですから、彼らはどうにかこうにかネットカフェから這い出てハッピーエンドとなりました。
最近はネットカフェ難民という言葉を聞くこともなくなりましたが、今現在の実情がどうなっているのだろう、と気になってしまいました。



今回は、「親子」の話ばっかりですね。
しかも、子が親の行いを咎め修正するために独自に動くという話が、4話中2話もあるってのはどうなのでしょう。
雑誌で読んだりする分には気にならないでしょうが、こうやって1冊にまとめられてしまうとちょっと目立ちますね。


次巻は今回ほどあけずに紹介したいです。
さすがに今回は間あけすぎましたね。

拍手[0回]

アキハバラ@DEEP

アキハバラ@DEEP (文春文庫)アキハバラ@DEEP/石田衣良
社会からドロップアウトした5人のおたく青年と、コスプレ喫茶のアイドル。彼らが裏秋葉原で出会ったとき、インターネットに革命を起こすeビジネスが生まれた。そしてネットの覇権を握ろうとする悪の帝王に、おたくの誇りをかけた戦いを挑む! TVドラマ、映画の原作としても話題の長篇青春電脳小説。 解説・森川嘉一郎


最近、石田衣良さんの作品読んでないなぁ、と思ったので今日はこの作品です。
というか、あと私が持っている石田さんの作品ってIWGPの8巻しかない。うーん、9巻ってまだ文庫化しないのかな?

この作品はあらすじにもありますが、テレビドラマ化&映画化してます。
私がみたのはテレビドラマ版を数話程度。
内容はほとんど覚えていないのですが、バナナマン日村さんのメーテルコスの気持ち悪さ、キューティーハニーの鬱っぽい替え歌、悪役として登場する社長がチュッパチャップスみたいなのを食べてたことは覚えてます。


ベージ、ボックス、タイコ、アキラ、イズム、ダルマの6人が秋葉原の片隅で会社「アキハバラ@DEEP」を興します。
そして精魂かけて作成したプログラム――AI型サーチエンジン『クローク』を奪われてしまい、それを取り返さんと大企業に戦いを挑む話です。

いきなり謎の語り部の説明からはじまるのですが、この語り部が物語り中時々登場し、読者に語りかけてくるという形態をとってます。
語り部の正体は途中途中で仄めかされてこそいるものの、明かされるのは本当に最後。
正直、この語りかけですが、冒頭のプロローグはともかく他はない方がよかったんじゃないかなーとか思ってました。


昨日読んだヴァン・ショーをあなたにと同じく専門用語が多かったです。
でもそれはフランス語よりは馴染みやすいというか。
主人公たち6人の専門分野がそれぞれ違うので、細かなことはわからなくてもニュアンスでわかるというかそんな感じ。
それに、この話ではそういう専門的なことがキーにはなってこないので、わからなくても特に問題ないんですよ。

この物語は若者たちがいかに楽しく無傷で戦いを行うか、ってことがキーですからね。


ボックスは吃音がひどいので、パソコンに文字を打つことで会話を成立させていたんです。
私、ボックスってスケットダンスのスイッチみたいに音声合成ソフトを利用しているんだと思っていたのです。
違いましたね。普通にディスプレイに表示させた文字を読んでもらっていたんですね。
ドラマ版だと音声合成ソフト使っていたからなのかな?
勘違いがわかってちょっとびっくちしてしまいました。

デジキャピの社長が酷い。
なんていったらいいのかな、すごく自分勝手なんです。

自分の利益となるだろうと判断したからこそアキハバラ@DEEPに近づき、交渉が決裂するとリアルに空き巣に入ってすべてのデータを持ち去り、それを自分達のものとして発表しようとするんです。
泥棒、誘拐、障害その他もろもろを指示していたこの人がその後どうなったのかはわかりません。
でも、デジキャピの本社ビルが聖地として奉られるようになるってことは会社を追い出されてそれ相応の報いを受けることになると見ていいかな。

文庫版で500ページ以上もある長い話なので、読んでいる途中で飽きてしまいそうになったのですが、それでも最後まで読み進められてしまうのですからすごいです。

おもしろかったです。
でもしばらくこれだけ分厚いのは読みたくないなぁ。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパーク7

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク〈7〉 (文春文庫)Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパーク7/石田衣良
鉄の結束を誇るGボーイズに異変が生じた。ナンバー2・ヒロトの胸の内に渦巻く、キング・タカシに対するどす黒い疑念。Gボーイズが揺らげば、池袋のパワーバランスも破綻しかねない……。タカシの危機にマコトはどう動くか? 史上空前の熱き戦いを描く表題作はじめ4篇を収録した、IWGP第7弾!
解説・大矢博子


昨日今日と何気なく選んだ本だったんですが、2冊続けて解説が同じ人でちょっとびっくりしてしまいました。
基本、作者は気にするものの解説してる人なんて気にしませんからね。


『要町テレフォンマン』
振り込め詐欺の加害者が相談を持ちかけてくる話。

振込み詐欺のちょっと発展した頃の話みたいです。
警察官役とか弁護士役とかが登場する振り込め詐欺です。

ヨウジの「電話では誰にでもなれる」っていう特技は確かに振り込め詐欺に持ってこないなんでしょう。
最後、テレフォンアポインターとかの職を探してみようかとするヨウジの成長っぷりは見事でした。


『詐欺師のヴィーナス』
絵画商法に騙されたことを知りつつも女のことを信じたい男の話。

なんというか、キヨヒコがすごく馬鹿にしか見れなかったです。
エリーがキヨヒコにとってどれだけ魅力的なのかはわかりませんが、何の価値もない絵に百六十万も払う気持ちが知れないというか。

マコトがエリーに「男の気もちなんてわからないと思うけど」とか言ってますが、マジでわかんなかったです。

このシリーズって基本的に感情移入しやすいんで、ちょと珍しいかもしれません。


『バーン・ダウン・ザ・ハウス』
放火が相次ぎ、少年が疑われる話。

ユウキが疑われてしまうのも仕方ないのかなぁ、とか思いました。
自分の家を放火してわずか1ヶ月程度しかたっていないのでしょう?
人の記憶から完全に消え去るには時間が足りませんからね。

最後、ユウキが大怪我を負わせてしまったおばあちゃんに謝るのですが、すごくよかったです。

ユウキが素直な子だってことは作中で語られていましたし、謝ることが出来たこれからは少しくらいの間違いはともかく、大きな間違いを犯すことはないでしょうね。


『Gボーイズ冬戦争』
Gボーイズが内部分裂してしまう話。

途中で「キングはもう年だ」みたいな話がされてるんですが、そうなんですよね。
マコトとタカシは同い年でシリーズ1作目で19歳でしたっけ?
このシリーズって1冊で1年が経過しているらしいので……25歳?

確かにストリートでしのいでいくにはちょっと厳しくなってきたのかも。

今回は過去の復讐が行われます。
えっと肉屋の話、わかりますか?
マコトが女子高生監禁事件を調べて、パーティー潰しのことも調べてそれが全部繋がっていて……ってやつです。
マコトがウエストゲートパークで囮になったりする話です。

あのときの犯人の弟が登場してマコトに復讐しようとするのです。
正直、今までこんなことがおきなかったことがおかしいんですよね。
マコトはなんだかんだいいつつ、かなりの人を助けています。
ということは、かなりの人数を罠にはめているってことです。
はめられた方がマコトを恨んでいるってことがあっても微塵もおかしくないんですよね。

マコトとタカシの友情が読んでいて楽しかったです。
タカシは孤高の王に見えます。でも実際はそうじゃないんだ、って。

「影」が気になります。
また登場してくれないかなー。



おもしろかったです。
だいたい月1くらいのペースでこのシリーズ読んでるんですが、もしかして来月あたりで文庫追いついてしまうんでしょうか。
うーんハードカバーで10巻出たし、そろそろ9巻文庫化しないかな。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR