忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】香月 日輪」の記事一覧

大江戸妖怪かわら版 5 雀、大浪花に行く

大江戸妖怪かわら版 5 雀、大浪花に行く/香月日輪
今度の取材は西の魔都・大浪花へ。初めての長旅に心躍らせる雀と桜丸は鬼火の旦那の手引きで、大浪花にただ一人の人間・修繕屋と会うことに。彼は雀を元の世界に帰す力すらもつという。そのころ大浪花城に、稲妻と高波を呼ぶ神獣「雷馬」が街を襲うという報せが舞い込んだ。旅を満喫する雀の命運やいかに。


しばらく前に購入していたんですが、ようやく読めました。


あらすじにもあるとおり、今回は雀が大江戸から大浪花まで出向きます。
そこで、鬼火の旦那と「存在としての型が同じもの」である修繕屋と出会います。
この同じ型って話はツバサを思い出しました。

修繕屋は香月作品の既存キャラですね。
修繕屋=不思議町の師匠です。

修繕屋は術者であり、次元をわたることができる、んです。
ちょっと気になったことが1点。

魔法の塔で江角さんの話の際に言及されていたのかな?
この次元に次元をわたるだけの力を持った存在は2、3人しかいないとか言ってませんでしたっけ。
読んだのだいぶ昔なので、覚え違いかもしれませんが、それにしても次元を渡れる人物本当に多いですね。

地獄堂のヴァレンタイン卿、不思議町の修繕屋は確定。
魔法の塔は行き来ではなく往路オンリーだからここに含めていいのか不明。
自己申告だし、お得意の商売文句かもしれないからあれですが妖アパの骨董屋も「次元をわたる」って言ってるんですよね。

あとはそうですね、地獄堂のオヤジも怪しいかなーと思ってます。ゴールデンアイズ=オヤジ?って推測がなりたつから、もしそれがイコールならゴールデンアイズも次元を越えてこの世界にやってきたことになりますからね。
でも異世界からの来訪者扱いになり、魔法の塔のエスペトロスと同じで2,3人には含めないと見る方が正解かな?という気もしますが。
閑話休題。


もしかして今回が初でしょうか?
いつもは、雀が様々な体験をして色んなことを感じて、それをかわら版の記事にするというところまでが描かれているんです。
でも今回は、かわら版の記載はなし。
まあ、雀が改めて大江戸で生きていくことを意識した上で楽しそうだったからいいんですけど。

大江戸はあと2巻。
これ以上新作が発表されないので1作1作大事に読んでいきたいと思います。

拍手[1回]

ファンム・アレース 2

ファンム・アレース 2/香月日輪
失われたグランディア王朝最後の王女ララは、何者かに付け狙われていた。
王家の暗い歴史と自らにかけられた謎を解くには、時の魔術によって王家創始期に立ち返ってみるよう助言を受けたララ。術法の使い手魔導士ビベカに会うため剣士バビロンと旅路を急ぐがー。運命の少女が繰り広げる神秘と魔法の冒険物語!


かなり久しぶりな気がする香月さんの作品です。
発売当時に購入していたんですが、読むのはこんなに遅くなってしまいました。


結構設定を忘れていたんですが、前巻を読んだのは昨年6月のことでした。
道理で忘れているわけです。


今巻は前巻で示されたとおり、魔女がララを狙うことになった始まりを知るための旅を行います。

今巻は前巻に比べて、バトル要素が少な目な印象を受けました。
あくまで旅路を描くってことだからなんでしょうか。


魔法の塔だとか最近の香月さんの作品って、ちょっとどうなの?と思う展開が多かっただけに読んでいてこれぞ香月さん、と。
旅の途中で出会った巡礼者のキエトなんてその最たる例でしょう。

彼女がモエートなる病気にかかったのは自業自得であり、空気感染などしない病気だとはいえ見た目が恐ろしいこともあり人から避けられ避けざるを得ないなどといったことだとか。
ララがキエトと自身の境遇を比べて、優越感を抱いてしまったのも人としては避けられないというか当然のことなんだろうなと。


今巻ではララがバビロンの関係が対外的には新婚旅行中の夫婦ということになってます(笑)
15歳と20歳の夫婦としていますが、実際は10歳と150歳?
サバ読み過ぎですが、ララが楽しそうだし、それはそれでいいんでしょうね。


魔女アイガイアの長い長い計画のはじめも垣間見ることが出来ましたし、今度は魔女を知るであろう賢者ナーガルージュナの元へ向かうようです。
新キャラ・ビベカの孫・ナージスと聖魔の魂をもつドラゴンの赤ん坊・テジャも登場し、物語は進んでいきます。

現代ものと違ってこの手のファンタジーは用語を覚えているうちに読まないと用語を思い出すための時間が無駄にかかってしまうので、次は1年たたずに発売してほしいです。

拍手[0回]

大江戸妖怪かわら版 4 天空の竜宮城

大江戸妖怪 かわら版 4 天空の竜宮城/香月日輪
春爛漫の大江戸で、雀はちょっとした人助けをした。花見の最中、泥酔者(よたんぼう)から女の子を守ったのだ。後日、少女と同郷だという男が現れ、礼をしたいので村に 来てほしいという。その村とは――空に浮かぶ竜宮城だった。案内人「天空人魚」に導かれ、空を舞って辿り着いた先で、雀は想像だにしない不思議な体験をする。


先日購入した1冊です。
今日はもう1冊読めるかな?と思っていたんですが、無理でした(笑)


雀、大江戸生活3度目の春から夏が描かれています。
雀が大江戸に落ちてきたのが春だったこともあり、感慨深そうです。

今回はタイトルからでも分かる通り、雀が竜宮城へと向かいます。
現代日本育ちの雀からすると「竜宮城!? 浦島太郎!」となるわけですが、大江戸住民たちからするとそういうものではないんだとか。
なんでも片田舎というか、地方の一種でしかなくて。雀がテンションあがってるのに対し、他のキャラたちは非常に冷静です(笑)

この世界では竜宮城は海、川、そして空の3種類が存在していて、雀が今回向かうのは空――天空ですね。
人助けをして、そのお礼に竜宮城に招待されるあたり正に浦島太郎だなぁと読んでいて思いました。
時間の流れの違い云々は、この大江戸自体がそうだから~と思っていたんですが、それだけじゃなかったですね。
あの空間はまさに神域というものだったのでしょう。


人助け云々は、蘭秋が非常にかっこよかったです(笑)
あれは盛り上がるわ。うん。


作品冒頭で、大江戸における美醜の話がされているんです。

「雀にもわかる人型の美形ということでもなく、その者が『美しいという波動を発しているかどうか』なのだという。」(p16)

これって妖アパでフールが良く言ってたことでしょうか。
長谷に打ち明けた後の夕士だとか、修行が進んだときとか、龍さんにもいってましたね。
でも、青木の波動は龍さんに似ているけど、それが正しいとは限らないみたいな話もありましたし、美しい=良しとするものではないんでしょうけど。


今回の雀の見聞録には読んでいるだけのこちらもワクワクさせられました。
鬼火の旦那が手を打ったとはいえ、竜宮の消滅をもいとわない存在がいることも明らかになりました。
ちょっと不穏な感じですね。

次巻も楽しみなんですが、その前にプレゼントキャンペーンどうしよう。
応募券は揃ってるんですが、マスキングテープもクリアファイルもいらないけど……。
10月末が期限なんでちょっと考えます。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR