忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王エンテイ/ピチューとピカチュウ

劇場版 ポケットモンスタ ー 結晶塔の帝王エンテイ/ピチューとピカチュウ


「書籍購入でレンタル無料キャンペーン」第10段。
今回はポケモンです。


本当はアニメ本編をそこまで見てからと思っていたんですが、本編なかなか追いつけなくてもういいかな、と思って。
アニメ本編まだヒノアラシをゲットした所らへんまでしか見てないんですよねー。


まず同時上映の「ピチューとピカチュウ」
ギザミミピチューってこれかな?と思ったんですが、これではないんですね。ギザミミっていつの話だっけ?
都会で出会ったピチュー兄弟と街中を大冒険する話。
ギャラドスいる川で遊覧船ってめちゃくちゃ危ないと思うんですがその辺どうなんだろ?(笑)

出てくるポケモンが当たり前なんだけど、金銀編のポケモンたち。結構忘れてるポケモン多いです。
デルビルに襲われたりしているんですが、ピチュー×2の電気ショックでどうにかなっちゃうような話なんだからピカチュウの10万ボルトでどうにかしちゃえよと思ったんですが、この同時上映 の短編って「みんなで協力して問題を解決する」物語ですからあまり暴力的じゃ駄目なんですよね。

サトシの「今日が何の日か知ってるか?」がちょっとぶっきらぼうな感じだったんだけど、可愛かったです。
ここでベストフレンド流すのは卑怯(笑)


次、本編「結晶塔の帝王エンテイ」
ポケモン映画ってこの辺まではテレビ放送版を見ているんですよ。
だから結構記憶に残っていました。

多分、ポケモン映画皆勤賞の山寺さん、今回は執事さんがそうか。
あと、ミーちゃん=しんちゃんですよね、これ。

ミーちゃんは寂しさからかパパ、ママ、ミー。そうアンノーン文字のパズルで作るんです。 それをきっかけにアンノーンの不思議な力を呼び出し、屋敷を結晶化。さらに呼び出されたエンテイをミーちゃんはパパと認識してしまい、物語は始まります。

OPバトルのワニノコすごいな。グランブルを一撃KOですよ。
そうか。ヨルノズクは色違いだから登場時キラキラしてるんですね。
というか、これフルバトルするとサトシの手持ちすごいですね。
ピカチュウはともかく、御三家が4体に色違い1体とか(笑)

サトシたちが到着したグリーンフィールドはシュリー邸を中心に結晶に包まれていました。
シュリー博士は、オーキド博士の教え子で、ママさんともお知り合いってことでママさんもグリーンフィールドにやってくるんです。
それがいけなかったんですね。
サトシとママさんの再会の様子がテレビで中継されるんです。それを見ていたミーちゃんが「ママが欲しい」と告げたものだから、ママさんがエンテイに連れ去られてしまうんです。

普通、こういうのってヒロインポジの子の役割だと思うんですけど(笑)

洗脳されていたママさんはサトシの姿を見て洗脳状態から回復するんですけど、さすがママさん。

少しずつ結晶塔を登っていくサトシたち。
アンノーンが作り上げたミーちゃんの心の世界ではなんでもあり。
「ポケモンバトルしてみたい!」というミーちゃん。
この世界ではポケモンバトルをするのはある程度の年齢に達してからというルールみたいなものがあるので、ミーちゃんは大人のお姉さんの姿になってバトルを仕掛けてきます。
タケシがバトルしている間に、先に進むサトシとカスミ。

次は女の子の姿になったみいちゃんとカスミのバトルが始まります。
今度は水タイプVS水タイプ。

お宝求めてロケット団たちもサトシの後を追うように塔を登っていくわけですが、ここにお宝はないと思うよ。


ママさんは自分のママじゃないと真実を突きつけられて結晶化はさらに進みます。

そうしてサトシVSエンテイが始まります。
正直、伝説級のポケモン相手に未進化じゃ相手にならないと思うんだよなぁ。
そうして、結晶塔から放り出されたサトシ。
それを救ったのはリザフィックバレーで修行中のリザードンでした。
マジカッコいい。

リザードンがテレビで無茶するサトシの姿を見て駆けつけるんですけど、タイミングが神(笑)
お姫様抱っこでキャッチとかもうね、テンション上がらざるを得ないです。
私の中でこのシーンが念頭にあるから、ツンデレリザードンはともかく、ピカチュウの夏休みのマヌケっぷりが情けなくて情けなくて(笑)

また外に放り出されかけるんですが、タケシ、カスミ、ロケット団たちに助けられます。
「敵とはいえ長い付き合いだからニャ」だし、ロケット団って根はいい子たちだから「思わず手が」ってのも本当のことなんでしょうね。


サトシを背にのせ戦うリザードンは非常にカッコいいんですが、音楽的にもまだ勝てそうな雰囲気がないんですよね。
サトシの必死な訴えですが、エンテイはそれを認められません。
リザードンに止めをさそうとするエンテイですがミーちゃんに止められます。
そっか、リザードンは飛んできたからモンスターボールに戻すことは出来ないんですよね。


ミーちゃんが心を開いたことで結晶は消えていき、エンテイも姿を消してハッピーエンドになるかと思いきや、もう一波乱。
アンノーンたちが暴走してしまうんです。
安全地帯のはずのポケモンセンターも結晶化に飲み込まれてしまいます。

アンノーンを発見し、攻撃をしかけるものの、さらにアンノーンは結晶に包まれ、なす術がないかに思われました。
そこに現れたのはエンテイ。
ミーちゃんの心から生まれたエンテイはミーちゃんが信じれば望めば何でも出来るわけですね。
その力がアンノーンからもたらされたものだということにはつっこんじゃ駄目ですね。

そうしてアンノーンの暴走を止めたエンテイはミーちゃんの夢へと帰っていきました。 原因となったパズルも消え、シュリー邸や街は元通り。
ラスト、行方不明になっていたミーちゃんのパパも戻ってきて本当にハッピーエンド。
ミーちゃんヒメグマを貰ったようで仲良く遊んでいました。トレーナーとして旅立つ日が来るんでしょうね。
というか、本当のママ生きてたの!?
てっきり、亡くなっているんだと思ってました……。

リザードンは飛んでリザフィックバレーへ帰っていき、サトシたちの旅はまだまだ続くわけですね。
だいたいのストーリーは覚えていましたが、細部は結構わすれていたので楽しめました。

予告編も収録されていたんですが、次はセレビィですか。
これOPホワイトベリー? 懐かしいです。
また今度続きを借りてきたいです。

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by 紅茶通販茶専科ティチャイチャイ
  • URL
  • 2013/08/11(Sun)12:34
  • Edit
ポケモンの映画見たこと無いのですが、知人が面白いって言っていましたね!世界で人気ですかららね!

Re:No Title

  • by 柊木かなめ
  • 2013/08/11 19:51
はじめまして。
第1作が一番その傾向が強いのですが、ポケモン映画は結構難しいテーマを扱っていたりするので大人が見ても十分楽しめますよ!
コメントありがとうございました。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR