忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】加藤 実秋」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

インディゴの夜 ホワイトクロウ

インディゴの夜 ホワイトクロウ/加藤実秋
今宵もclub indigo(仮店舗営業中)へようこそ
ホスト探偵団、今夜も眠らない街を奔る
個性派ホストの日常と店舗改装中の騒動を描いた最新連作集
若者の"いま"をクールな筆致で綴った好評シリーズ第三弾

スタイリッシュで、個性的なホストが集うclub indigoはオープン三年目を迎え、リニューアルを決定、ある伝手で有名インテリアデザイナーに内装を依頼した。改装工事の間、店は仮店舗で営業することになる。そんなバタバタの中、ホスト達はそれぞれトラブルに見舞われて……。
ジョン太、アレックス、犬マンがプライベートで巻き込まれた事件の顛末に加え、indigoリニューアルに絡む王道まで勃発。ますます快調なシリーズ第三弾。
ホスト探偵団は、今日も夜の街を駆け抜ける!


図書館で借りてきました。
これで加藤さんの作品、3冊目なのでカテゴリ作りました。


【プロローグ】
【神山グラフティ】…DJ本気
【ラスカル3】…アレックス
【シン・アイス】…犬マン
【ホワイトクロウ】

が収録されています。

あらすじにある通り、今回はみんなでワイワイやりながら事件を解決していくという今までのパターンとはちょっと違っています。
ホストたちが個人個人で事件に巻き込まれ、今までに得た知識と経験を生かして事件を解決していく感じ。
タイトル横は各話で活躍するホストたち。

従来通りの形をとっているのは【ホワイトクロウ】だけなので晶の出番はほぼこの1話だけですね。
そういえば、今回は毎度登場しているライバル店のナンバー1ホスト・空也が登場してないですね。刑事さんは登場してましたけど。


3巻ということもあり、初見お断りとまではいかなくてもある程度前知識があることが前提な作りになりつつあります。
今までは、新たなホストがやってきて問題発生→解決といった流れだったんですけど、今回の新入りはなし。

今回活躍するホストたちが活躍するのは2回目とかなんですけど、短編連作な上、この巻の出来事はこの巻で解決するので多少の不明点は無視して読み進めても問題ないかと思います。
各言う私もあんまり覚えてなかったんですけどね(笑)
前巻を読んだのが昨年4月のことで丸一年ぶりなので仕方ないかな、と思ってますが。


それなりにおもしろかったです。
さらりと読めて。ばかばかしいようなこともしつつも基本はかっこいい男の子たちの活躍が読めたわけですし。

このシリーズってもうちょっと続くのかな?
シリーズ外のこの方の作品があるのはチェックしてたんですけど、ちょっとどうだったか定かじゃないのでまた今度図書館にいったときにでも確認したいと思います。
あったら折を見て借りてきます。

拍手[1回]

インディゴの夜 チョコレートビースト

インディゴの夜 チョコレートビースト/加藤実秋
深く蒼い夜の似合う街・渋谷。近頃女の子たちの話題を集めているのは、一風変わったホストクラブ<club indigo>。スタイリッシュで魅力的なホストが揃うこの店には、今日も厄介な事件が持ち込まれる――。
連続ホスト襲撃事件、失踪した編集者、飲食店強盗、ホストコンテストを巡る陰謀……、ストリートで起こるさまざまな事件に、indigoのホスト探偵団が挑む!
『インディゴの夜』でおなじみの個性豊かなホストたちが、夜の街を軽やかに駆けめぐる新世代探偵小説。


図書館で借りてきました。
今回、4冊借りてきたんですが、全然読めてなくて。13日が返却期限なんですが読みきれるだろうか……。


【返報者】
【マイノリティ/マジョリティ】
【チョコレートビースト】
【真夜中のダーリン】

が収録されています。

普通に面白かったです。
やっぱりIWGPっぽい印象は抜けませんでしたがまあこちらはこちらで楽しめるからいいかな、って。


今回、気になっていた空也も結構出番多かったですね。
しかしこの人、出番が多いと正直うざい(笑)
この人は出番を選ぶというか、扱いが難しいキャラっぽいです。


今回登場したホストたちの中だと一番気になるのはKAZOOかな。
吉田吉男も気になりましたけど、吉田吉男の場合、痛々しさの方が前面に出てしまっていたのでちょっと。

KAZOOってタトゥーだらけだからきっと見た目怖いんでしょうけど、寡黙ながらも気遣いも出来るとか普通にかっこよくないですか。

まあ、その辺はどうでもいいか。


探偵団メンバーが固定化されつつあるんですが、1巻同様退場していくキャラが多いのも事実。
樹とか吉田吉男とか再登場を希望します。
この手の作品のフラグってあんまり回収されてないのが普通なので、あまり期待しないでいたいと思います。


次巻もまたそのうち借りてきたいと思います!

拍手[0回]

インディゴの夜

インディゴの夜/加藤実秋
「クラブみたいなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれるホストクラブがあればいいのに」――すべては女性ライター・高原晶が、大手出版社の編集者・塩谷に漏 らした何気ない一言から始まった。謎めいた美形のマネージャー・憂夜の助力を得て、二人は一風変わったホストクラブ<club indigo>を渋谷の片隅に開いたが、順調な経営はうらはらに 常連の客が殺され、店のナンバーワンに疑いがかかる。晶は個性豊かなホストの面々とともににわか探偵団を結成、真犯人探しに奔走する! 第十回創元推理短編賞受賞の表題作がシリ ーズ化。スタイリッシュでウイットあふれる新世代探偵小説、ここに登場。


非常に今更感のある作品ですが、図書館にあったので借りてきました。


【インディゴの夜】
【原色の娘】
【センター街NPボーイズ】
【夜を駆る者】

が収録されています。
ちょっと前のこととはいえドラマ化もされた作品なので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

ドラマ放送当時から原作を読んでみたいと思っていたのですが、図書館で見つけられなくて。
私、シリーズものは基本的に順番に紹介したい性質なので、2巻3巻しかないのなら……と借りることはなかったんです。
まあ、西村京太郎さんの十津川刑事シリーズとか赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズとかあまりにも作品数が多すぎたり、初巻が昔すぎる場合はその限りじゃないですけどね。

昨日図書館にいった際、たまたま1巻が目についたので借りてみました。
まあ、こういう連作短編のシリーズならどこから読んでもさして問題はないんだと思うんですが。
でもなんか嫌なんです。


正直、ドラマは全く見ていないので前知識は「ホストクラブのメンバーが探偵する話」という本当の基本的なもののみ。

過度な期待をしていなかったこともあり、楽しめました。
個人的にはかなり好きです。
どことなく、雰囲気がIWGPっぽいな、と読んでいて思いました。

IWGPも少年少女たちが大人には思いも寄らない自分たちの力や、交友関係を駆使して事件を解決していくじゃないですか。
これもそんな感じ。
【センター街NPボーイズ】なんて特にそんな印象が強いですね。


憂夜さんがすっごく気になる。
塩谷さんがどこかから連れてきたという彼はめちゃくちゃ有能な人物なんですが、謎すぎますよね。
「伝説の人物」とも言われる彼のバックグラウンドが明かされることはあるのでしょうか。
うーん、上手いな。これだとついシリーズ読みたくなってしまいますもん。

ここ最近ラノベはともかく一般書で新しく小説を買うってことあまりしていなかったんですが、久しぶりにシリーズ買ってもいいかな、むしろ買いたいなって気になってます。
とりあえずいくつかは図書館にあったんでそれを見てからかな。


店の他のホストたちに関しては、シリーズ1巻ということもあり、キャラクター紹介的な印象が強いですね。
シリーズが続けばもうちょっと思うところがでてくるかな?って感じ。
深く扱われたかな、と思ったら店を去っちゃったりとかしてるので余計ですね。
なぎさママとかめちゃくちゃ印象に残るんですが、こればっかりは仕方ない(笑)

あと空也の再登場に期待したいです。
ああいうキャラ嫌いじゃないので、晶さんに絡んでくれると私が楽しい。

また折を見て図書館で借りてきたいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR