忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【コミカライズ】その他」の記事一覧

大江戸妖怪かわら版 2

大江戸妖怪 かわら版 2/高橋愛(原作/香月日輪)
魔都大江戸に「落ちてきた」童女・お小枝。
雀たちはここへ残るか、人間界へ戻るか、自分で選べるよう好きに行動させることにしていた。
キャフェ―にお座敷遊びにお祭り見学の後は――海!!
お小枝が最後に選ぶ道はどちらか!?
かわら版屋・雀の成長を描く人情江戸ファンタジー第2巻!!


昨日購入してきた1冊、早速読みました。
僕のヒーローアカデミアも読みたいんですが、なんか気乗りしないんですよね……(-_-;)


【第7刷 桜貝の海に遊ぶ】
【第8刷 月下に白菊咲く】
【第9刷 風かわりて夏きたる】
【第10刷 子ども、異界を歩く】
【第11刷 異界にて生まれ変わる】

が収録されています。
前巻に引き続き、大江戸に落ちてきた少女・お小枝ちゃんの話と「子ども」が雀になる話が描かれています。

原作でいうと1巻の途中から2巻の途中までの話になります。


あらすじにもある通り、お小枝ちゃんが海で遊んだりするわけです。
その時、お小枝ちゃん上半身裸なんですよね。
4つ5つくらいの「童女」と表現されるくらいの幼い子だから問題ないはずなんですけど、「いいんだろうか?」なんて思ってしまった私は汚れてるんだろうなぁ。


今回、百雷の旦那なんかも登場していますが、思っていたよりも犬面でびっくりしてしまいました。
でも、妖アパの茜さんもこんな感じだったし、そう驚くこともないのかもしれませんが。

お小枝ちゃんの記憶に対する話はすごく切なくなってしまいました。
大江戸の経験をきちんと覚えていたいお小枝ちゃんですが、大江戸から江戸に戻る際にその記憶は夢のようなぼんやりとした存在になってしまうのだとか。
江戸と大江戸では時間の流れが違うのでその副作用みたいなものらしいです。

それでも大江戸での経験はお小枝ちゃんの深いところに残るのでしょう。
これからは健やかに成長していくのでしょうね。


そして、後半は雀の話になります。
お小枝ちゃんの選択を受けて、自身の選択を思い出したという体なのでしょう。

雀が大江戸に落ちてきたばかりの頃の話。
心も体もボロボロに傷ついた子どもが癒され再び立ち上がれるようになるまでが描かれています。
原作読んだときも思ったのですが、本当にこの子どもはどんな生活を送っていたのだろう?と。
タバコを加えた女性が母親なのかな?とは思うんですが、それくらいしかわからないというか。
うーん?
いつか雀の過去は語られるのでしょうか。


次巻は、来年3月。
妖アパの新刊も同時期らしいですね。楽しみです。

拍手[0回]

カゲロウデイズ 1、2

カゲロウデイズ 1/佐藤まひろ(原作/じん(自然の敵P) キャラクター原案/しづ・わんにゃんぷー)
これは8月14日と15日の物語。
よく晴れた夏の日。引きこもりの少年・シンタローは、自宅のパソコンと携帯端末に居つく謎の電脳少女・エネとともに2年ぶりに外へ出る。
しかし、その先で待っていたのは実に突飛な「事件」だった。
人気クリエイター・じん(自然の敵P)による楽曲が堂々のコミック化!
新感覚の青春グラフィティがここに!!
カゲロウデイズ 2/佐藤まひろ(原作/じん(自然の敵P) キャラクター原案/しづ・わんにゃんぷー)
これは8月14日と15日の物語。
引きこもりの少年・シンタローが巻き込まれた事件。
その裏側で起きていた事とは――?
シンタローの妹・モモの口から明らかとなる解決編!!
心踊る青春グラフィティ、第2巻!


夏の間に読んでしまいたかった作品ですが、ようやく手を付けました。
8月14日か15日に、と思っていたので読めてよかったです。


1巻に、
【01 人造エネミーⅠ】【02 人造エネミーⅡ】
【03 如月アテンション】【04 メカクシコードⅠ】

2巻に
【05 メカクシコードⅡ】【06 メカクシコードⅢ】
【07 メカクシコードⅣ】【08 追想フォレスト】
【09 ヘッドフォンアクターⅠ】

が収録されています。

この作品はニコニコ動画で人気の楽曲「カゲロウデイズ」をはじめとしたカゲロウプロジェクト楽曲のコミカライズ作品になります。
メカクシティアクターズ」のタイトルでアニメ化もしたので知っている人も多いのではないでしょうか。
まあ、私はアニメ見れてないんでそっちとの相違点はわかりませんが、内容的にはほぼ小説版1巻の内容になります。

8月14日の昼、エネとシンタローがキーボードを買うためにデパートに出掛けます。
時を同じくしてシンタローの妹・モモがメカクシ団に入団することになり、同じくデパートに買い物に出掛けることに。
そこで彼らは立てこもり事件に巻き込まれ、その頭脳と能力を生かして事件を解決することになります。

遊園地で遊ぶ様子なんかも描かれてますから若干、2巻 の内容も入ってますね。
でも、遊園地からそのまま直でエネの過去編に入るので「コノハの世界事情」の3人(コノハ、ヒビヤ、ヒヨリ)は未登場です。

正直、2巻までを読んだ感想は良いも悪いもないかなーって感じですね。
良くも悪くも、小説版通りなので。
ただこういう派手な事件は文字より絵の方が栄えるなぁとは思いました。
所々シンタローが幼く見えるんですがその辺はまあ絵柄の問題だろうし、許容範囲内です。

あ、あと紅鮭ちゃんストラップのデザインがわかったのはうれしいです(笑)
あれを欲しがるモモのセンスが本当に訳わかりません(爆)

3巻以降は話はエネ過去編の「夕景イエスタデイ」に移るようですね。
あれ曲自体はものすごく可愛らしいのに対して小説版がかなりあれなので今から期待大です。
いや、前半は可愛いんですよ?でもラスト付近のあれやこれはうわーってなるので。

続きも近いうちに読んでしまいたいです。
で、ついでに5巻まだ購入してないのでそのうち買ってこなければ。

拍手[0回]

大江戸妖怪かわら版 1

大江戸妖怪かわら版 1/高橋愛(原作/香月日輪)
あの世でもこの世でもない魔都・大江戸――。
宙には龍と大蝙蝠が飛び交い、町中には怪しき妖怪の数々。
そこに住まうは、この世界でたった一人の人間の少年・雀。
複雑怪奇ななりと優しき心を持つ妖怪たちと、かわら版屋・雀の成長を描く人情江戸ファンタジー!!


本当は小説を読んで紹介したかったんですが、ちょっと寝すぎまして(^^;
今日は漫画です。
しばらく前に購入してたんですが、紹介するのが遅くなってしまいました。


【第1刷 たった一人の人間】
【第2刷 かわら版】
【第3刷 異界より落ち来る者あり 前編】
【第4刷 異界より落ち来る者あり 後編】
【第5刷 天空の庵にて思う】
【第6刷 童女、異界を見聞す】
【描き下ろし 落ち来る前の日々】

が収録されています。
内容的には原作1巻の途中までが描かれています。

原作を読んだ際に、ひよこ屋商店みたいなイメージとか書いてるんですが、あながち間違ってないような?
むしろ、ひよこ屋の方が変なものは多いですね。大江戸で変なものって妖怪ならではなものばかりなので。


この話はあらすじにもある通り、妖怪たちが住む大江戸に落ちてしまった少年・雀の成長物語なわけです。
文庫版とはいえ、原作を読んでる身としてはお小枝ちゃんが無邪気に大江戸の町を楽しんでいる様を見ているとなんだか切なくなってしまいました。
【描き下ろし】のせいもあって余計悲しい。
この子はいい子すぎるんですよね。いい子であろうと、頑張りすぎ、気張りすぎ。br それゆえに、ああも明るくふるまっているんでしょうが……。


原作を読んだだけでは、正直キャラクターも町並みもあまりイメージ出来なかったんで今回のコミカライズはすごくわかりやすくてよかったです。
というか、桜丸と雀の距離が近くて冒頭数ページでニヤニヤしてヤバかったんですが(笑)
ついでに、妖アパの夕士→龍さんの憧れと同じものなんでしょうが、雀→鬼火の旦那への想いがキッラキラしててなんだかいけないものを見てる気分ですよ。

この巻でもちらっと描かれていましたが、雀が大江戸に落ちてくる前の生活はかなり荒んでいたよう。
その様を見たあとに、大江戸の町を、新しいものを見る度に喜ぶ様を見ると本当に良かったね、と言いたくなりました。


次巻の発売については特に触れられていませんが、まあ単純に考えて今年の冬に発売されるかな?
楽しみに待ちたいと思います。

拍手[1回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR