忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【コミカライズ】その他」の記事一覧

名探偵夢水清志郎事件ノート そして五人がいなくなる

名探偵夢水清志郎事件ノート そして五人がいなくなる/箸井地図(原作/はやみねかおる)
"箸井地図×はやみねかおる"のドリームタッグが、そっと“あなた”にプレゼントする――。
名探偵・夢水清志郎シリーズ第1弾!
ご存知"教授"こと名(迷)探偵・夢水清志郎と亜衣、真衣、美衣の3姉妹が挑む、とびきり不思議な謎(ミステリ)!
夏休みの遊園地――。
謎の人物"伯爵"のメッセージに誘われるように、次々と消えていく子供たち……!
サボってばかりの名探偵は、事件を解決できるのか?
講談社文庫版『そして五人がいなくなる』のイラストレーター箸井地図が、『ファウスト』連載分3編に、新たに描き下ろしを1編加え、満を持してここに完全漫画化!


毎日何を読もうか悩みます。
ここ最近同じシリーズばかり紹介してしまっているんで違うのも紹介したいなぁ。


はやみねかおるさんの「そして五人がいなくなる」のコミカライズ作品になります。
以前紹介したえぬえけいさんのコミカライズとはバージョン違いとでもいいましょうか。

原作は同じなんですが、えぬえさんは「少女漫画」に。
箸井さんは「原作に忠実」に描かれているのでストーリーは同じなんですが結構受ける印象が違います。
ちなみに、箸井さんは今回の講談社BOX版だけでなく、星海社コミックでも「そして五人はいなくなる」のコミカライズされてたりもします。
そちらも持っているのでいつか紹介したいと思います。

原作に忠実といいつつも、原作では登場しないレーチが登場していたのにはニヤけてしまいました。

でも、冒頭のレーチ登場シーンって4月1日のことなんで、なんで二人で図書館にいたんだろう、と。
レーチが本格的に登場するのは2巻からなんですが、レーチと亜衣ちゃんは1年のころから部活仲間というか文芸部に所属していたはずですし、接点がまるでなかったわけじゃないんだからこういうのもありえるんでしょうね。
レーチ×亜衣ちゃん好きな私としてはかなり嬉しかったです。


原作にコミカライズにと何度も読んでいるこの作品。
それだけに展開はきちんと覚えているし、新たな発見もあまりありません。
ですが、はやみね作品の原点ともいえるこの作品は何度読んでもいいものだな、と。

このコミカライズが発売されたのは2008年。
あらすじやあとがきなんかを見る限りだと第2弾も予定されていたんでしょう。
ですが、流れ流れて2巻が発売されたのは、2012年のこと。

レーベルまで変わっての2巻でしたから、3巻が出るとしても随分先のことになるんでしょうね。
気長に待ちたいと思います。

拍手[0回]

名探偵夢水清志郎事件ノート そして五人がいなくなる

名探偵夢水清志郎事件ノート 1 そして五人がいなくなる/えぬえけい(原作/はやみねかおる)
この男、自称”名探偵”、夢水清志郎!!
亜衣の家のとなりに引っ越してきた男は、わがままでだらしなくて、すっごく変わり者! その名も、名探偵(!?)夢水清志郎――。遊園地で起きた「人間消失事件」のナゾを解くべく天才魔術師(マジシャン )”伯爵”との頭脳勝負にいどむ!!


先日購入したときにまだ1冊も紹介していないことに気づいたので早速紹介します。
紹介してないとは思ってませんでした。


そして五人がいなくなるのコミカライズです。
この作品、文庫版のカバーを担当されている箸井地図さんもコミカライズされているんですが、そちらが原作に忠実であるのに対し、こちらは良くも悪くも少女漫画。

教授がかっこよかったり、美衣の趣味が変わっていたり、上越警部は若返って岩清水刑事と足して2で割ったような性格になっていたりします。
今巻では登場していませんが、レーチの外見なんかもかなり違いますね。

細かなところも結構違いますね。
教授が三つ子を三つ子と見抜くところとか漫画じゃ表現しづらいとか色々あるんでしょうが。
確かジェットコースターの名前も違ったんじゃないかな?

教授がかっこよく、かつ若く見えるので、亜衣とフラグが立っているようにも見えてしまいます。
今巻ではレーチが登場しないので余計そう見えるのかも。


原作、このコミカライズ、もうひとつのコミカライズと通算するといったい何回かな。
「そして五人がいなくなる」を10回近く読んでいることになるんだと思います。
さすがにそれだけ読むと展開もトリックも覚えてしまいますよね。
それでも十分楽しめました。


シリーズ1作目であるこの作品、テーマとしては「子どもの幸せ」になるのかな。
「子どもの幸せのために」というテーマははやみねさん何度も扱われているんですが、すごく考えさせられます。

伯爵は子どもたちのために事件を起こした。
教授は伯爵の思惑に気づいたから自分が悪役になってまで謎解きをしなかった、と。

「みんなが幸せになる」謎解きをするこのシリーズ、何度読んでもやっぱり大好きです。

拍手[0回]

レンタルマギカ 全5巻

レンタルマギカ 第1巻 (あすかコミックス)レンタルマギカ 1/成宮アキホ(原作/三田誠)
相続したのは、魔法使いを派遣する会社
……って、ええ!?
極度の怖がり・伊庭いつきは、行方不明だった父が残した遺産を相続した。その遺産とは、魔法使いを派遣する会社・アストラルだった!! 魔法使いの社員たちは、依頼人の下に「レンタル」され、問題を解決! したりしなかったり…。社長就任を迫られるいつきの運命は、いかに!?
レンタルマギカ 第2巻 (あすかコミックス)レンタルマギカ 2/成宮アキホ(原作/三田誠)
僕が社長にならないと父の会社がつぶれちゃう!?
……そんなぁぁ~!!
魔法使いを派遣する会社・アストラルを相続した伊庭いつき。社長就任を頑なに拒むが、"お仕事"をしなければ会社の存続が危ない! 商売敵は、大手魔術集団「ゲーティア」! さらに今回の仕事は、どうも普通の仕事ではない様子…。いつき、どうする!?
レンタルマギカ 第3巻 (あすかコミックス)レンタルマギカ 3/成宮アキホ(原作/三田誠)
魔法使い派遣会社アストラルに新しい仲間が…!
…え、なんで幽霊社員!?
相変わらず社長就任を拒みまくる伊庭いつきのもとに、様々な人が集まり来る。病院で出逢った美少女・黒羽、お仕事依頼に訪れた美女ディアナ、穂波の様子を見に来た美少年フィン…そしてついにはアディリシアも…。相変わらずの様子に穂波の雷も落ちまくり…いつきしっかり~!の第3巻!!
レンタルマギカ 第4巻 (あすかコミックス)レンタルマギカ 4/成宮アキホ(原作/三田誠)
いつきの妖精眼(グラム・サイト)が協会の禁忌(タブー)!?
新担当のフィン現る!
ある日、協会から新しい監視員・フィンがやって来た。穂波の師匠で引き込まれるような笑顔のフィン。しかし、彼の笑顔の陰で穂波は硬い表情で…。なんといつきを誘拐してしまう! アストラル最大のピンチ!! 一体どうなる!?
レンタルマギカ 第5巻 (あすかコミックス)レンタルマギカ 5/成宮アキホ(原作/三田誠)
「アストラルは譲らない!」の異議申し立てひどうする、いつき!?
先代社長の伊庭司の遺産をかけて魔法決闘することになったいつきだが、相手はアストラル創立メンバーのユーダイクス・トロイデだった!! いつきはアストラルをどうするのか!? 見逃せない完結巻!!


レンタルマギカのコミカライズは2種類あるんですが、こちらはまだ紹介していなかったので売却する前に紹介してしまおうと思います。


全30話。エピソード的には「魔法使い、貸します!」、「魔法使いVS錬金術師!」、「魔法使い、集う!」に収録されている『魔法使い、貸します!』『魔法使いと花泥棒』。そして「竜と魔法使い」ですね。

ただし、順番はめちゃくちゃです。
アディリシアの前に穂波が登場していたり、「花泥棒」のビジュアルが全然違ったり「竜」のあとに「錬金術師」があったりと若干のオリジナル要素がありますね。
まあ、アニメもそんな感じだったのであまり問題はないのかな、とも思いますが。

上記のエピソードを見てもわかるとおり、こちらのコミカライズにもオルトくんは登場してません。
5巻のおまけ4コマでネタにされてるくらいです(笑)
ちょっと見てみたかったなぁ。成宮版オルトくん。
4コマだと目に線入ってます。てかよく見たら短パンw


良くも悪くも「Asuka」だな、と思いました。
なんというかですね、狙いすぎなんですよ。

この頃というか第1部のいつきって、いかにもな巻き込まれ草食系主人公だったんですよ。
だから、いつきがアディと穂波にはさまれて胃をキリキリさせているのはいいんです。
ただ、猫屋敷さんにお姫様だっこにさせてみたりとか、裸に剥いてみたりとかちょっとやりすぎな気がしないでもないです。

フィンとのやりとりはきっと原作通りなんですけど、なんか、エロいんですよ。フィン。
てか、3巻のあらすじに「おいw」ってなりました。

あとは山田。原作だけ読んでたときは全然萌えなかったし、二次創作サイトで山いつとか見ても「なんで?」と首を傾げていたんですが、ようやく理解できました。
いつきにとって山田は日常の象徴であり、親友だってことなんでしょうけど。接触率が高くてですね。うん。
これは萌えてしまいますね。

個人的に4コマにあった「フィンが教育実習生としてやってくる」ネタはちょっと見てみたかったです。
きっと漁夫の利というか、おいしいところを掻っ攫っていくんだろうなぁと思いました。

「螺旋なる蛇」登場までは物語が進んでいないこともあり、どことなく平和な印象を受けました。
最後に「錬金術師」を持ってきたことでいつきがアストラルを継ぐことを決めて、これからも「続いていく」話になっているのでこれはこれでよかったんじゃないかなと思います。

原作者はこちらより、from solomonの方が気に入っているというか影響されていたようですが。
まあ、成宮版は原作ありき。MAKOTO2号版は半ばオリジナルだったので仕方ないのかもしれませんね。
コミカライズとしてはそれなりに楽しめました。

あ、あたらしくblogramに参加したのでクリックしてもらえるとうれしいです。

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR