忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】藤山 海里」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

龍眼ードラゴンアイー RT 1

龍眼ードラゴンアイー RT  1/藤山海里
「龍眼―ドラゴンアイ―」の完全続編!!
三國で開催された侍の訓練試合は、決勝で響を破った一叉の勝利で幕を閉じる。
一方で、陀烙の陰謀により龍来した飛行型異形種(ドラクル)もまた、一叉が撃破し、その名を響かせた。
そして陀烙の暗躍を重くみた三國上層部は内部の変革を掲げ、新たなる指令を下す。
「新零番体調選抜試験」編、開幕である!!


最近月一更新が当たり前になってしまって非常に申し訳ないです。
この作品もだいぶ前に読み終わっていただけに余計申し訳ない……。


【第1話 シノブ参上】
【第2話 オレを使え紫門!】
【第3話 前途難難】
【第4話 7人の異邦人】

が収録されています。
こちらの続編になります。
前巻の終わりでも言っていた通り、今回からは新章突入です。


内容としては柴門先生(というか三國上層部)の命で、陀烙に対抗するために新たなチームを組むと。
それが新零番隊。そして旧隊長であるイッサは中央監査局(セントラル)に栄転というの名のやっかいばらいをすると。

正直、柴門先生のいうこともわからなくはないんですよね。
前々から名前だけは出ているセントラルですが、組織形態的にはそちらの方が三國により上なのでしょう。
イッサの持つ龍眼は対異業種(ドラクル)に有効な手段である一方で、不安の種でもあるわけです。
不安の種を抱え込みたくないってのは一個人としても、組織の長としてもわかる感情ではあるんですよね。
イッサの行動が突飛なものであることもそれを後押ししてますよね。
人はまあ、理解できないものを排除したがるものですし。

イッサにとっても、レイラや双世さんにとってもそれは困ります。
どうにかイッサを隊長のままに出来ないかと奮闘することになるわけです。


なんやかんやあって、イッサも新零番隊隊長選抜試験にエントリーすることが出来ました。
他の候補者は、壱番隊の炯怜二(アキラリョウジ)、肆番隊の鶴咲ノノ(ツルサキ)、質番隊の亀乃ルカ。そして、陸番隊の響政宗(ヒビキマサムネ)。

アキラと響は訓練試合編にも登場していたので新顔は2人ですね。
ノノとルカはツルカメということもあってどうやらライバル的な存在のよう。
本当に顔見世程度なので今後どう動いてくれるのか期待です。

ちなみに、新キャラっぽくタイトルにもなっているシノブは、シリウス連載時代に通信という形でしたが登場してました。
シノブはかなりぶっ飛んでいるというか、響にとっては恐怖の対象のようです。
というのも、響は今回の新隊長選抜試験に参加するつもりなかったんです。なのに、シノブから逃げ回るために気づいたら参加していた、と。
イッスペあたりから響のキャラがはっちゃけてきてるけど大丈夫なんだろうか(笑)
閑話休題。


イッサたちは一路西へ向かいます。
そこにはイッサの過去の知り合いがいるらしいのですが、宿をとるために立ち寄った町で陀烙のメンバーと邂逅を果たすわけですが、謎が謎を呼んでますね。

メドウ=麒麟童子で、麒麟童子の姉=キアラということはイッサもまた麒麟童子ということ。
麒麟は瑞兆を知らせる神獣でしたっけ?なんかそんな感じだったはずなんですが、陀烙にとっての瑞兆っていいことではないですよね……。
その辺は話が続けばわかってくるかな?

町の広場に異業種が放たれて旅人と協力して倒したところで今巻は終了です。

読み終わって思ったことは、作者さんというか編集サイドは一体どういう読者を想定しているのかな?と。
いや、面白いんですよ。面白いんですけど、これ新規の読者さんついてこれる?でした。
双世さんが入江のことを仇とかいってるんですが、双葉ちゃんのことについて新作では一切触れてないので、わかんないんじゃ……とか思ってしまうわけです。
私の手元にはシリウス版が全部ありますし、いつでも読み返せる状況ですから個人的には何ら問題ないんですけど。
まあ、そこらへんは編集さんと作者さんサイドで考えることでしょうかね。


次巻の発売は今秋。
藤山さんって筆早いし、今巻に収録されてる話数的にも一話あたりのページ数は結構なものになってるはず。
それなのに、どうして発売遅いのだろう?とちょっと調べてみたら掲載誌のコミックヘブンって隔月誌なんですね。
だから藤山さんでも半年に1冊なんですね。納得しました。
今から秋が楽しみです。買い忘れないようにしないと。

拍手[0回]

龍眼RT―ドラゴンアイ― ZERO

龍眼RT―ドラゴンアイ― ZERO/藤山海里
「龍眼―ドラゴンアイ―」の完全続編!!
未完のサムライファンタジーが現代に復活!!
現在、三國では侍の訓練試合を開催中!
他国の重鎮も招き、国を挙げて大盛況。
戦いはイッサと響が順当に決勝戦へ!
だが一方で、邪悪なる組織・陀烙の陰謀により、三國に飛行型異形種(ドラクル)の驚異が!!
訓練試合編、遂に決着―――!!


実はこの作品、正月休み中に読み終わっていました。
ですが、いろいろあって紹介がこんなにも遅れてしまって。すみません。


この作品は、以前紹介したこちらの続編にあたります。
2008年が最後だから7年は音沙汰がなかったんですが、いつの間にか掲載誌(というか出版社もですが)を移して連載が再開していたようです。

新刊が発売されていると聞いた時は、驚いたのもちろん、売らなくて良かった!と安堵したものです。
これ売ってしまっていたら今から手に入れるのってちょっと大変そうですからね。

あ、ちなみにタイトルのRTはリアルシングです。 はじめリターンかな?と思ったのですが違いましたね。

さて、本編の感想をば。

【訓練試合決着編 第1話 水竜花火】
【訓練試合決着編 第2話 警戒危機値4(レベルフォー)】
【訓練試合決着編 第3話 君は何のために】
【訓練試合決着編 第4話 お前が止めないなら】
【訓練試合決着編 第5話 侍撃勝】

が収録されています。
1、2話が2008年当時シリウスに掲載された話で、3話以降が完全新作になるようです。
若干、絵柄が変わってますが年数思えば致し方ないですね。
というか、それよりもここで連載休載させたシリウスが鬼畜すぎて(笑)

以前紹介して以来読んでいなかったということもあり、改めて1巻から読みなおしました。
いや、はじめは訓練試合編だけ読み直そうと思ったんですが、訓練試合編開始巻が双生さんとの決着話の途中からでこりゃもう全部読まなきゃだめだな、となりまして。結局全部読んじゃいました。
イッサの姉・キアラの話とかすっかり忘れてましたしそれはそれで良かったかなと思いますが。


おもしろかったです。

まずは表の話。 訓練試合編と銘打たれている通り、訓練試合の決勝戦が前巻から引き続き行われています。
対戦カードはイッサVS響。

イッサは開眼するどころか、柴門先生の策略で全身を取り巻く呪具が枷となってしまいます。
柴門先生はイッサを三國から追い出したいみたいです。
愛弟子がイッサのところに身を寄せていることを実はあまりよく思っていないようで、レイラによその隊へ口利きしてあげようとしてましたね。

柴門先生の言葉で訓練試合へ出場した響ですが、それでも全力でやりあってイッサに勝ちたいわけで自身の足を傷つけてまでハンデをなくそうとしています。
響がそこまで強さにこだわる理由が明かされています。
響が訓練試合で勝利して上へのぼりつめたい理由はやっぱり葵に関連していました。
葵さんが傷つくことがないように、力を求めていたと。

正直、予想の範囲内だったんですが、そこまで葵へ思いを寄せる理由がまだわかりかねるというか。
響が葵に引き取られた云々とはあったんですが、そこに至るまでにも何かしらあったんだろうな程度しか推測できません。
いつか語られるかな。

試合自体はイッサが辛くも勝利。
ハンデがあってこれなので、開眼できる状態だったらまだイッサに余裕がありそうですね。


そんな訓練試合の裏側の話も描かれています。
敵から逃げ出したレイラの証言から敵は三國の中心部・白陵塔(センターポール)にいるとわかります。
そこは三國が異形種の進入を防ぐために張っている扼邪呪幕(アンチドラクルシールド)の心臓部。
そこをたたかれてしまうと、三國にも異形種が進入し放題になってしまうということです。

紫門先生をはじめとした部隊で進入者を撃退するものの時すでに遅し。扼邪呪幕は無効化されてしまいます。
そこに異形種が近づいてくる反応があったため、あわてて対応に乗り出します。

他国の賓客に気づかれることなく、呪術師の力を集めて即席の呪幕(シールド)を張り、万が一に備えつつ異形種を叩く。
多くの破邪侍(ヴァイアス)の力でどうにかこうにかするわけですが、こういう展開は燃えますね。
ラストを飾ったのが決勝を終えたイッサだというのも燃える要素のひとつです。
すっごい楽しかったです。


ただ、賓客にばれないようにってのは不可能でしたね。
賓客として描かれていた3組中3組とも問題があったのはしれています。
これからどう動くのかは、まだ謎ですがどうなるかな?


数年ぶりの新刊ということで、話の展開が一切読めません。
これから先どうなるのか、今から楽しみです。
次巻は今年春発売予定とのこと。
これは買い逃さないようにしないといけませんね。

拍手[1回]

龍眼―ドラゴンアイ― 1~9




龍眼―ドラゴンアイ― 1~9/藤山海里


本の整理をしていたら、これをまだ紹介していないことに気づいて一気読みしました。
この作品は本当に惜しいです……。
あ、各巻あらすじなんかは追記に記載しています。


まず、はじめにこの作品は完結していません。
めちゃくちゃ中途半端なところで刊行が終了しています。

ちょっと記憶が定かじゃないんですが、休載になってそれ以降音沙汰がまったくなかったのかな。
9巻が2008年2月発売、10巻が2008年発売予定だったことを思えば気づけば5年たってたんですねぇ。

確か当時は休載扱いだったと思うんですがWikipediaを見るとシリウスの公式サイトでは連載終了となっているよう。
作者の藤山さんは新作を連載されているようです。
あ、佐々木ミノルさんなんかと一緒に青エクの加藤さんのアシスタントもやってたりするみたいです。
シリウス創刊時の連載仲間だからなのか仲良かったんでしょうね。


そんな経緯だったため、作品としてはかなり中途半端。めちゃくちゃ続きが気になるところで終わっています。
あらすじにある「公開訓練試合」の決勝戦途中で終わってるんですよ。
単行本に収録されていないのが3話くらいあるようなんですが、多分そこで決着がついていたかと。

当時、シリウスを買って読んでいたんですが、さすがに結果がどうなったのかは忘れてしまいました。
この作品って1巻あたりの収録話数を見てもわかるかと思うんですが、1話あたりのページ数がかなり多いんです。
なのでそう待つこともなく買えると信じていたんですよねぇ。


おもしろかったです。
内容としてはちょっとジャンプっぽいバトルものです。

まあ、元々デビューはジャンプでしてるんだと思うんでそうおかしなことじゃないのかな、と。
すごい古い赤マルで読み切りを読んだ覚えがあるので。

異形種なる化け物を倒していくよくあるバトルものなんですが、イッサに大きな秘密があってそれを巡って様々な思惑なんかが絡んできて中々ハラハラもさせられます。
それだけにもったいない!
というかせめて響とイッサの対決に決着まで読みたかったなぁ、と。

響との伏線というか確執?って結構序盤からあるものだったのでそこを解決してほしかったです。
双世さんと和解して、きっと響も零番隊になるんだったんじゃないかな、とか改めて読んで思いました。

ついでに、レイラのお師匠さまが気になります。
うーん、紫門先生にとってのレイラっていったいなんだったんでしょうね。
愛弟子なのは間違いないんでしょうが、愛弟子だろうがなんだろうが自分のために利用するような人物っぽいんですよ。
イッサを潰そうと裏工作している人物な訳ですし。そう考えるとレイラ自身に何か「価値」があったんだと思うんですが、今となってはわかりませんね。

いつの日か続きを、と願ってきましたがさすがにこれ以上は望みがなさそうなので今度売りに出したいと思います。
読みたかったなぁ。


拍手[1回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR