忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】田牧 大和」の記事一覧

酔(ゑ)ひもせず 其角と一蝶

酔(ゑ)ひもせず 其角と一蝶/田牧大和
三人の遊女が忽然と消えた。
「屏風の犬が動いた」と言い残して……。
神隠しか、足抜けか。
俳諧師と絵師の二人組が吉原の怪異に潜む闇を暴く、傑作時代ミステリー!

芭蕉の一番弟子と謳われながら、一門に馴染めない俳諧師・其角と、豪放磊落な絵師・多賀朝湖(後の英一蝶)。二人は、不思議と馬が合った。ある夜、吉原の揚屋で太鼓持ちとして宴を盛り上げていた彼らは、二人の太夫に頼みがあると呼び出される。近頃、屏風に描かれた犬が動くところを見た遊女が、次々と姿を消している。その謎を解いてほしいというのだ。女たちを救うため、二人は奔走するが……。女たち、そして男たちの息苦しいほどの哀切を描く、著者渾身の書下ろし時代小説!


図書館で借りてきました。 田牧さんの作品は久しぶりな気がしましたが、そうでもないですね(汗)


あらすじにもある通り、俳諧師の其角と絵師の暁雲こと多賀朝湖のもとに持ち込まれた謎を解いていくお話です。
この其角も暁雲もどちらも実在する人物です。
恥ずかしながら私は全く知らなかったので、Wikipediaでさらっと調べてみたら、2人の交流や彼らの経歴、作中で描かれたエピソードなどは実際にあったことをもとにして描かれているようです。
気になる方はご自分で調べてみてください。

あ、もちろんメインに据えられている事件はオリジナルだと思われます。

なんというか、長編1冊で終わらせてしまうのはすごくもったいないな、と思いました。
いや、図書館に続編があったのを見たので続編はあるようです。
多分前日譚的なあれこれか、作中で駆け足で描かれた部分を細かく描くかだと思います。
ですが、この巻で二人の終わりが描かれてしまっているので、なんだかさみしいな、とも思います。

なんか別の方の作品でもそういうのあったなーと思ったのですが、こちらですね。
前作で二人の終わりが描かれて前日譚がリンク先になります。
どちらも持っているんですが、感想あげてないですね。……頑張ります汗
閑話休題。

面白かったです。
まあ、神隠しの謎はそんなとこだろうな、と思った通りだったのはともかく2人の関係性がなんというか良かったです。
2人だけじゃなくそれ以外の登場人物たちの情にあふれる行動も江戸っぽいなぁ、と。

とある人物の行動にちょっとうるっときたのは内緒です(笑)
この時代ということもあり、怪異がまだまだ信じられている時代なので、暁雲が描いた不動明王も、問題となった屏風の犬もそういうものと受け入れられているのもいいなと。
近いうちに前述の続編?というか前日譚?を借りてきたいと思います。

拍手[0回]

晴れの日には 藍千堂菓子噺

晴れの日には 藍千堂菓子噺/田牧大和
"菓子莫迦"の兄・晴太郎が恋をした。
しかし、そのお相手は――
「藍千堂」第2弾
おっとりした菓子職人の晴太郎と、商才に長けたしっかり者の幸次郎。
兄弟が営む江戸の菓子司「藍千堂」に今日も難問が降りかかる

練羊羹の腕比べ
焼きたての金鍔
ずんだの餡の柏餅
思いを託した金平糖
桃の節句の子戴き

季節の和菓子が色を添える、江戸人情小説


図書館で借りてきました。
以前紹介したこちらの続きになります。
この方の作品を紹介するのも3つめなのでカテゴリ作りますね。


【羊羹比べ――人日(じんじつ)】
【母と似た女(ひと)――端午】
【青の星川――七夕(しちせき)】
【思い出話――重陽(ちょうよう)】
【ひいなの祝い――上巳(じょうし)】

の5編が収録されています。
前2作は雑誌掲載されたものですが、それ以外はすべて書き下ろしのものになります。
雑誌掲載されたものでも、2011年と2016年のものなのでずいぶん間が空いていたよう。


今回は晴太郎の恋?の話がほぼメインです。
お相手は幼い女の子・さちを育てる独り身のお佐菜さん。
お佐菜さんもおさっちゃんもいい人ではあるものの二人と関わりを持つことに対していい顔をされませんでした。

それというのも、お佐菜さんの元旦那というのが、情のかけらもないきな臭いことも軽々やりとげてしまう与力・鎧坂だったからです。

鎧坂は、自分の子供も道具としか思っておらずお佐菜さんには娘を生むことを求めていたんです。
けれど鎧坂はお佐菜さんが子ども宿していることをしらず子ができないことを理由に離縁を申し出たんです。
しかしお佐菜さんはこっそりと子供をうみ、鎧坂から隠れてくらしていた、と。
そして、タイミングの悪いことに鎧坂は別件で自分の思い通りになる上菓子司を探していたんです。

どちらにとっても晴太郎とお佐菜さんが親しくしているのは弱みにしかならないわけです。

けれど、晴太郎は引きませんでした。
不義密通なんかしようものなら、殺されても仕方のない時代です。
何か考えがあったとしても、おさっちゃんを自分の子だと告げる晴太郎にはハラハラさせられました。

そっと兄弟を見守っていたという久利庵先生の話にはびっくりしました。
鎧坂を前にしてあの言いくるめっぷりはさすが年の功といったところでしょうか。
伊勢屋の伯父さんといい、茂市っつあんといい兄弟は本当にいい人たちに囲まれていますね。

で、なんやかんや皆がそれぞれ動いていたことが一つになって、鎧坂を退けることができた、と。
鎧坂の顛末は因果応報とでもいいましょうか。
自分がうまく道具として育てあげたと思っていた息子たちに牙をむかれたわけですから救いはありませんね。

物語自体は、2人の縁がうまいことまとまりそうだ、ってところで終了。
次巻はあるのかないのかわかりません。雑誌掲載の感じからすると続きは難しそうですが、続いたらまた図書館で借りてきたいと思います。

拍手[0回]

甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺

甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺/田牧大和
爽快時代小説
晴太郎、幸次郎兄弟が営む藍千堂から今日も飛び切りのお菓子がひとつ
悲しい時もうれしいときもいつも甘味がいてくれた


図書館で借りてきました。
表紙がなんだか可愛いですよね。


【四文の柏餅】
【氷柱姫】
【弥生のかの女(ひと)】
【父の名と祝い菓子】
【迷子騒動】
【百代桜】

が、収録されています。
連作短編集です。
背景にある叔父との確執や、従姉妹のお糸との複雑な関係だとかを思うに通しで読んだ方がいいんでしょうけど、まあたぶん1話1話でもいけるかと思います。

天才肌のおっとりとした兄・晴太郎と、商才のあるしっかりものの弟・幸次郎の兄弟の話です。

兄弟は元々、『百瀬屋』という菓子司に生まれ、兄弟そろってお店を盛り立てていくと思われていました。
けれど、両親が死んでしまい叔父夫婦に追い出されてしまいます。困っていたところ店の職人だった茂吉に助けられ、『藍千堂』として再出発を果たすことになります。
叔父にいやがらせや妨害をされながら、様々な問題に直面しながらも、それでも菓子を作り続けていきます。


読んでいてなんとなく、畠中恵さんっぽいなぁ、と。
妖怪は出てこないけど、雰囲気は結構近いものがあると思いますよ。

時代小説としては非常に読みやすい部類に入ると思います。
私、男性作家の時代小説ってなかなか読めないんですね。でもこの作品はするする読めて。
ペンネームは男性名だけど内容は女性作家っぽいな、と思っていたんです。

で、今回ググってみたら女性でした(笑)
ご本人のホームページにそう記載されていましたので間違いないでしょう。
(リンクに関しての記述がなかったのでリンクはしませんが気になる方はご自分でググってみてください。すぐ見つけられると思います)

この方の作品を読むのは2冊目かな?
以前読んだ「三人小町の恋」の時も思ったのですが、なんだかシリーズ化しそうな終わらせ方多いですね。
まあ、連作短編という性質上そうなってしまうのかもしれませんね。

続編が出て、図書館で購入したら借りてきたいと思います。

拍手[1回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR