忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】光永 康則」の記事一覧

怪物王女 20

怪物王女  20/光永康則
王を継ぐ闘争、その終幕。
闇に棲むもの、怪物。
怪物たちを統べるもの、王族。
第二王女・姫は、次なる王を定める争いの渦中にいる。
姫より血を授かり半不死身となった少年ヒロは、血の戦士として戦いに挑むことになる。
紅い大蛇が支配する街。
時空を超えし、最終決戦。
立ち塞がる、最強の敵。
姫と血の戦士たちの永き闘争についに撒くが下ろされる。


長々と紹介してきたこのシリーズも今回で最終巻です。
いやー長かったです。


【第84話 臨界王女】
【第85話 召喚王女】
【第86話 王女王女】
【第87話 怪物王女】

が収録されています。

【臨界】が単独で、あらすじにある「紅い大蛇」の話ですね。
【召喚】【王女】は最終決戦、【怪物】はエピローグ的な話になります。

【臨界】は雑誌掲載時カラーだったらしく扉絵には今回の王位争いに参戦した王族が全員集合しています。
……正直、サリエリ王子(姫とヒロが出会う前に脱落)の存在はすっかり忘れてました。
この話はまあ怪物王女らしい話でしたね。


最終決戦は、予想通り姫とシルヴィア王女によるものでした。
まさか、精神世界での戦いになるとは思いませんでしたがこの2人が戦うことになるのは納得です。

決着のつけ方にはびっくり。
【王女】の冒頭でいきなり7巻【千年】の失敗ルートの描写がされるんですね。
あれ?となりつつも、話は普通に進んでいくんです。
伏線というにはあからさま過ぎましたが、これが姫が勝つための大事な布石となるわけです。

フヒト王子(結局シルヴィア王女に負けて統合されたらしいです)によると「お前たち(姫とヒロ)の存在はどこか強さに欠ける」と。
何故欠けてしまったのかというと、【千年】や何度も描かれた9年後の世界の話など姫は何度も時を超えていました。
成功ルートが現在の姫に繋がっているわけですが、いくつものバットエンドルートにも姫が存在していた訳です。
そしてそれが「欠けた強さ」の正体でした。

炎の戦士と化したヒロがそんな姫を迎えにいくことで姫は本来の強さを取り戻し勝利をつかみます。
が、現実世界では姫は消えてしまいます。
そのことにより王位争いは一応の決着を見せます。

勝者は一人生き残ったシャーウッド姫。
けれどイコールしてシャーウッドが次代の王になるわけではないよう。
何年後になるかはわからないけれど、今度はシャーウッドが長女として戦いに参加することになる、と。

この王位争いは、現王を倒せるものがあらわれるまで何度でも続けられるのでしょうね。


姫のいなくなったお屋敷にいつまでも皆は残っていません。
リザなんかは注意され続けていたにも関わらず、令裡と共闘していたものだから人狼社会から追われる身となったんだとか。
まあ、リザはそれすらも楽しみそうですが。

ヒロは住み込みメイドの家族として屋敷にいたわけですから、まあ職場がなくなれば引っ越し・転校も余儀なくされますよね。

新しいお屋敷には見慣れた顔が揃っていました。
姫曰く、最後の闘いでシルヴィア王女と王族としての力を相殺してしまったらしく完璧に王族としての力を失ってしまったんだとか。
つまり、姫は王族ではなくなり、この戦いから解放されたということ。

ここで姫の名前がようやく明かされます。
リリアーヌ・フォン・フェニックス。

彼女たちはこれからも不可思議な現象に巻き込まれながらも生きてゆくのでしょうね。
寿命とかどうなってるのか訳わかんないですけど、まあ気にしちゃダメですね。

ぶっちゃけ、最後のブッチーのくだりは必要だったか疑問です(笑)
なんだかんだと媒体に選ばれることが多かったからか、ブッチーにも不可思議な力が宿る訳ですがほっといていいのかな。

巻末漫画は南Q阿伝に移籍みたいなことが書かれてますが、わざわざそれだけのために買う気にはなれないので、この方の作品の紹介はこれでおしまいになりそうです。

拍手[1回]

怪物王女 19

怪物王女 19/光永康則
永遠なる血脈、その深淵へ。
闇の異形なる住民、怪物。
その支配者・王族の第二王女たる姫は、王位争いの只中にある。
姫の血を得て不死身となった少年ヒロは、血の戦士として姫とともに闘いの日々を過ごす。
何者も逃れ得ぬ、魂の裁定。
鉄の掟が支配する、死の闘技場。
王位化粧の真相が明らかになる中、姫と血の戦士たちの闘いは、ついに最終局面を迎える。


何だかんだいって毎月のように紹介してるこの作品ですが、先月は紹介してませんでした。
全20巻だから本当にもう少しですね。


【第80話 灼熱王女】
【第81話 百破王女】
【第82話 死球王女】
【第83話 聖火王女】

が収録されています。

【灼熱】は前回の続き。
ファラオの縁者による裁きの話ですね。
シルヴィア王女は無茶ブリにもほどがある裁きで無罪を勝ち取るわけですが、姫は裁きを受けることすら拒否します。
そして笹鳴町に帰還しようとするわけです。

SF苦手な私は傍から考えることを諦めていました。
なので姫に説明されても「そうなんだ?」って感じ(笑)

この話で、シルヴィア王女は肉体と血の戦士を捨て去ります。


【百破】からは続きもの。
蠅男が屋敷にやってきて助力を請います。

蠅男の依頼は秘薬「トライオキシン」の輸送。
シルヴィア王女に捨てられた血の戦士のミカサと人魚・マドレーヌは血の効力がきれ、すでに再び死んでいるかと思われていました。
しかしながら蠅男によると、2人はトライオキシンの力で生きながらえていると。

2人の元へ向かいたい蠅男ですが、2人の元へ向かう途中には下層吸血鬼たちの街があり知はあれど力のない蠅男では超えることが出来ないわけですね。

ここで令裡がいまだに姫の元へ身を寄せている理由なんかも明かされています。
高位の吸血鬼であるキニスキー公を敵に回してしまったがために吸血鬼の世界から追放されていたのですが、キニスキー公はすでに死んだとされていました。
キニスキー公が死した今なら姫の元から去ってもおかしくはないのに、令裡が姫の元にいたのはキニスキー公もまたトライオキシンの力で生きながらえていたから。
そして下層吸血鬼たちを支配していました。

そんなキニスキー公にトライオキシンを奪われてしまったので、とり返しに向かいます。
先発隊としてリザと令裡が街の中に向かい「デスドーム」なる場所で戦うわけですが、リザはボロボロに、令裡は人質となってしまいます。
姫とヒロもまたデスドームで戦うことになります。
というか、今回戦ってるのはほとんどヒロですね。

ここでヒロは血の戦士から炎の戦士へとなり、キニスキー公を圧倒します。

トライオキシンを奪い返した姫たちは人魚の元へトライオキシンを届けることに成功します。
そこで途中から同道していたキザイアは人魚へエミールから託された炎の戦士としての力を受け渡します。
そうすることでキザイアは消滅し、人魚は王族の血もトライオキシンも必要としない存在となり、ヒロ曰く「王族の争いから解放された」と。

うーん、炎の戦士=王族から高エネルギーを分け与えられた血の戦士ってことのようですがよくわかりませんね。
あと1冊で終わることを思うときちんと説明されているのか不安です。


そして、フヒト王子とシルヴィア王女の直接対決も途中で描かれています。
シルヴィア王女によると時たま現れる不死鳥は「父であり母でありご先祖である」と。
成人した王族が統合された存在らしいのですが、ここもまた謎のままです。


次巻最終巻。
生き残った王族はまだ数人いますが、実質シルヴィア王女と姫の一騎打ちになるんでしょうね。
楽しみです。

拍手[0回]

怪物王女 18

怪物王女 18/光永康則
汝に血の裁きをくだす。
闇に潜む異形の住人、怪物。
怪物たちを統べるは、王族。
第二王女である姫は、次代の統治者を定める闘争の渦中にいる。
姫の血を受け半不死身になった少年ヒロは、姫に仕える血の戦士になる。
異常生態系での決戦。
怪談が引き起こす惨劇。
そして、姫と血の戦士の魂に裁定がくだされる。


amazonで注文して、ポイントでお金払った場合とコンビニにお金払いににいった場合で発送までがあんまり変わらなくてなんか腑に落ちない。
支払が早い分、さっさと発送されてもいいような気もするんですが。


【第76話 腐海王女】
【第77話 創世王女】
【第78話 新説・学怪王女】
【第79話 裁定王女】

が収録されています。

【腐海】【創世】前巻の続きになります。
ギリアム王子が、フヒト王子を閉じ込めたってところまででしたか。

人類にとって有害であるガスにシャーウッド姫まで適応してしまいいったいどうなることかと思いました。
正直、菌類の成長&進化のスピードがめちゃくちゃはやくて。
絶望感が半端なかったので、ああいう結果になるとは思いませんでした。

炎の戦士と化したキザイアとフヒト王子の対決の余波で菌類は地球からの撤退を余儀なくされるわけですが、炎の戦士って何?って感じです。
キザイアがエミール王子亡き後、他の王族の元に下ったような描写がないのに関わらず血の戦士として生き続けている理由にもかかわってきそうですが、その辺の説明はされていません。

2人の会話で不死鳥も不死ではないんだろうということが仄めかされていますが、相変わらず情報が中途半端だなー。
シルヴィア王女の言う「超える」とはいったいなんのことだろう?めっちゃ意味深な終わり方してるから次で触れられるかな?と思ったら、次話は全然違う話なんですね……。


【新説】はぶっちーとヒロが学校の怪談に追い掛け回される話。
単品で見たら怪物王女らしい話ではあるんですが、前話が前話だっただけにちょっと嫌いを裏切られてしまいましたけど。

学校の怪談と言いつつも、発生の仕方などはどちらかというと、都市伝説っぽいかな。
なんというか、ぶっちーがこういう意識体に乗っ取られて令裡に血を吸われて事なきを得るっていうのはお約束になったのかな(笑)


【裁定】は笹鳴町にピラミッドが現れる話。
以前姫の手で倒されたファラオ の軍勢の関係者なんですが、復讐に来たというか、罪を裁こうとしているわけですね。

ファラオをけしかけた存在としてシルヴィア王女も罪に問われてるます。
シルヴィア王女ってその当時はキニスキー候に囚われていたんですけど、正直、シルヴィア王女ならそれくらい難なくやってのけそうでもあります。

シルヴィア王女は裁きの結果、無罪判決を受けます。
そして姫は裁きを受けるのか、ってところで今巻は終了。

正直、【新説】がいらなかったなぁ、と。
このまま終わりに向けて進むのかな?と一瞬思っただけにちょっと残念でした。

拍手[1回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR