忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】宮部 みゆき」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

パーフェクト・ブルー

パーフェクト・ブルー (宮部みゆきアーリーコレクション)パーフェクト・ブルー/宮部みゆき
地元の高校球児のスター・諸岡克彦が、謎の死を遂げた。それは、全身にガソリンをかけられ、火だるまになるという残忍で奇怪な事件だった。偶然その場に居合わせた、弟の進也、蓮見探偵事務所の加代子、そして<俺>は、その死の謎を解き明かすべく捜査を開始する。

元警察犬<マサ>の視点で描く、宮部みゆきの単行本デビュー作。


図書館で借りてきました。
宮部みゆきさんの作品も実はこれで3作目なんですね。
カテゴリ作りました。そんなに読んでいる気はしなかったのですが。
宮部みゆきさんの初期作品ということで期待と不安半々で読み始めたのですが、思っていたより楽しめました。


あらすじにもあるとおり、この作品は犬のマサの視点で語られます。
元警察犬で負傷したことにより現役を引退、探偵事務所に引き取られ調査員でありその家の娘である加代ちゃんこと加代子の護衛兼良き相棒です。
家出少年を連れ戻しにいくという簡単な依頼なはずが、残忍な事件に巻き込まれていきます。


はじめあまりにも簡単に事件に決着がついてしまったので、「えこれって短編集なの?」と目次を見直してしまいました。
長編で、それは間違った決着だったっていうのが真相だったんですけどね。


正直、犬視点である必要があったのかは微妙でした。
別にマサ視点じゃなくてもいいんじゃないのかな、と思って読んでいました。
柴田よしきさんの正太郎シリーズのように、動物しか知らないこと、動物だからわかることというのがないので。
それがちょっと残念でした。

あとはそうですね。
途中で製薬会社サイドの話が入っているのですが、それがすごく唐突に感じてしまいました。
あとで話が繋がるんですが、いったいどういうことなんだろう、とちょっと首を傾げてしまいました。


進也くんがかわいくて好きでした。
ああいう生意気な少年って好きなんですよねー。
正直、彼がこれから先どう成長していくのかが気になりました。
きっとかっこよくなるんだろうなぁ。


途中と最後での諸岡氏の語りに思わず涙してしまいました。
「お前たちが二人一緒にいるのをながめることは、もうできない」
親の知らないところで仲の良かった兄弟。
この兄弟が仲良くしているところも見たかったな、と思ってしまいました。


途中の高校野球に対する見解(マスコミがスターを作りあげること、連帯責任についてなど)は頷きながら読んでいました。

この作品ってシリーズ化しているのかな?
確か1冊はあったと思うので今度図書館で探してきたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

今夜は眠れない

今夜は眠れない (角川文庫)今夜は眠れない/宮部みゆき
母さんと父さんは今年で結婚十五年目、僕は中学一年生でサッカー部員。そんなごく普通の平和な我が家に、ある日突然、暗雲がたちこめた。“放浪の相場師”とよばれた人物が母さんに五億円もの財産を遺贈したのだ。お隣さんや同級生は態度がかわり、見ず知らずのおかしな人たちからは脅迫電話があり、おまけに母さんの過去を疑う父さんは家出をし……。相場師はなぜ母さんに大金を遺したのか?
こわれかけた家族の絆を取り戻すため、僕は親友で将棋部のエースの島崎と真相究明の調査にのりだした!


我が家にあるのは初版なのだからなのか、表紙のデザインが違うんですが今のやつ可愛らしいですね。
私が持っているのは中央に月がある夜空の写真。月を囲むようにタイトルと作者名が配置されてるものです。
でもまあ、中身は変わらないだろうから問題はとくにないです。


普通の中学生・緒方雅男が主人公。
あらすじにもあるとおり雅男くんの家の5億円が転がりこむところから話ははじまります。

読んでいてすごくおもしろかったです。

なぜ、相場師は母にお金を遺したのか。
本当の父親は誰なのか。

最後明らかになる真相にはびっくりというか、爽快というか。

母は強し、というのが本当によくわかりました。


伏線の張り方がとても上手かったです。
途中なんてことない会話の中に混ぜられたキーワードが最後明かされていくさまは好きでした。
「あれはそういうことだったのか」と読むまで気づきませんでした。

解説を読むまで気づかなかったんですが、この作品携帯電話が出てこないんです。
携帯がない時代だからこそなしえた犯罪であったなぁ、と。

1991年に書かれた作品ってことなんで、20年も前の作品なんですが、まったくそんな古さを感じませんでした。
そういう意味でもすごいですね。


腐女子である私からすると、島崎くんと雅男くんの関係が読んでいて非常に楽しかったです。
島崎くんの頭の良さが半端ないですね。
だからこそ将棋部のエースっていう設定なんだろうな。

私の中で島崎くんはまるマの村田っぽいイメージだったりします。
友人のために動き、世間の考えを先読みし……というのがそれっぽい。


この作品確か続編というか、雅男くんと島崎くんの話はもう1作あったと思うのですが、そちらは私持ってないんですよね。
図書館にあったと思うので今度借りてきたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

ステップファザー・ステップ

ステップファザ-・ステップ (講談社文庫)ステップファザー・ステップ/宮部みゆき
中学生の双子の兄弟が住む家に落っこちてきたのは、なんとプロの泥棒だった。そして、一緒に暮らし始めた3人。
まるで父子のような(!?)家庭生活がスタートする。次々と起こる7つの事件に、ユーモアあふれる3人の会話。宮部みゆきがお贈りする、C・ライス『スイート・ホーム殺人』にも匹敵する大傑作!


今年最後です。
図書館で借りた本を読む気になれず、何読もうかなぁーと本棚をあさっていたらふとこれが目につきまして。

私がこの話をはじめて読んだのは青い鳥版のだったりします。
ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん/宮部みゆき

そして、双子が中学生だったことに若干驚いてしまいました。
青い鳥版の表紙が印象に残っていたんですよね。これだととても中学生には見えませんから。


物語はお父さんこと泥棒(多分本名明かされてないです)がへまをやらかすところからはじまります。
雷にうたれ落っこちた家に住んでいたのは双子だけ。
両親はそれぞれの不倫相手と駆け落ちしてしまい、子どもだけの生活を余儀なくされていたのです。
双子はお金を必要としていて、泥棒を脅してきて……。
ってのがストーリー。

ミステリ要素を含みつつ、ほのぼのしつつ、でも深い話。
おもしろかったです。

双子の両親が帰ってきたら崩壊してしまうような、危うい関係ながらも仲良くなっていくさまは見ていて楽しかったです。


時々、時間の流れを感じました。
35歳で13歳の子どもの父親役をやることになるわけですが、「ずいぶん若いお父さんですね」と作中で何度か言われてるんです。
そんなにおかしなことじゃないですよね。
電話が公衆電話があって携帯がなかったり、郵便番号が3ケタだったりとちょっと時代を感じたのですが、もともとは15年以上前の作品ですからね。仕方ないです。
でも、あまり気にせず読めました。

青い鳥文庫になるくらいなので、とても読みやすかったです。
作中でも触れられていましたが、双子のセリフが少しずつ交互に喋るという形でとても行数を稼いでるんですね。
青い鳥文庫版との差異がどれくらいあるのかはわからないのですが、講談社文庫版でも小中学生が読んでも問題ないんじゃないでしょうか。


最後、なんとも続きのありそうな終わり方をしています。
結局、双子の両親は元気にしているらしいということはわかったものの未だ消息不明。
期間限定のお父さんの話、続きを読みたいと思うのですが、これって続き出ていないのしょうか……。
ちょっと調べてみたところ出てないっぽいです。
うーん、いつか続きが出たら読みたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
13 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR