忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】七穂 美也子」の記事一覧

1/2のヒーロー 夜神刀の章

1/2のヒーロー 夜刀神の巻 (コバルト文庫)1/2のヒーロー 夜刀神の巻/七穂美也子
はれて鷹矢と東京で暮らすことになった聖。
だが、幸せを満喫する間もなく百目の巫女に依頼が舞い込む。
神職にたずさわる者が各所にで怪死する事件が相次いでいるというのだ。
それはかつて国を追われた国つ神の仕業で、彼らは平将門を甦らせ、国を取り戻そうとしていた!?
そんな折、鷹矢が国つ神の襲撃を受け攫われてしまう!?
鷹矢をこの手に取り戻すため、聖は将門との大勝負に挑むが!?


これが最終巻です。
最終巻らしい作品といってもいいんじゃないでしょうか。


この巻は聖のお母さんに挨拶するところからはじまります。
挨拶ってあれですよ、「娘さんをください」的なそんな感じ。
鷹矢のお父さんは百目さまとして「死」んでしまった訳ですから、ここでお父さんともめるってことはありません。
最大の敵であろうおばあさまを攻略済みですから、簡単だったでしょうね。

新居に到着するものも、ほとんど家にいませんでしたね。

予想通り、九尾と晴明が登場しました。
九尾はドラえもん並にいろいろ持ってますね。
言えばなんでも出てきますよ、きっと。

今回、鷹矢がさらわれるという初めての展開です。
身体的にも精神的にも強いであろう鷹矢が狙われるとは。
確かに譲葉や聖を人質にとった方が楽でしょうから、まさか鷹矢が、って感じ。

聖サイドで、一番フットワークが軽いのは九尾なのでけっこういろいろ使われてます。
九尾は聖や譲葉に比べて、鷹矢に対してあたりがきつかったので、背中にのせることはないだろうと思っていたんですが、緊急事態だからか普通にのせてました。
うーん、つまらん。


小狐丸の決断の部分がきつかったです。
小狐丸がそこまで考えて九尾を選んだのかちょっと疑問ではあるのですが、こういうどちらかしか助けられない状況ってきっついです。

九尾を「友達」といってのけた聖にびっくりしました。
確かに九尾はほかの登場人物より気安い性格してますが、友達?と首をかしげてしまいました。


鷹矢が死んでしまうところで泣きそうになってしまいました。
鷹矢は最後まで聖のことしか考えてないし、主人の言葉に答えなきゃいけない小狐丸はかわいそうだし。

まあ、すぐに生き返ってしまうので、涙も引っ込んでしまいましたけどね。
なんというか、後半の展開がはやすぎるので泣くってところまでいけないんですよね。


最後、将門との決着のつけかたは「こうきたか」と思わずうなりました。
見事に1/2。
こういうの嫌いじゃないです。
九尾の台詞はちょっと無理ありましたけど。

このシリーズ全体をとおしてちょっと誤字脱字と矛盾というか疑問?が多かったかなぁ、と 。
深く考えずに読む分にはおもしろいんですけどね。

シリーズのペース配分がちょっとおかしいので、夏休みが異様に長いです。
聖の東京学校生活とか見てみたかったのですが、描かれることなく終わってしまいました 。

あとは、くっつけるところまでいかなくてもいいから譲葉に見合う人を登場させておいて欲しかったです。
フラグたてといてくれるだけでもよかったのに、と。
あれだけいい子なのにも関わらず、むくわれてない感じがするんですよ。

BL要素も薄い巻と濃い巻の差が激しかったですね。
商業BLはじめて読んだので分からないんですが、こういうもんなんでしょうか。

聖と鷹矢、そして譲葉が幸せになってほしいです。


さて、次は何を読もうかな。
少女向けのラノベばっかり読んでたので、少年向けのラノベでも読もうかなと思います。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

1/2のヒーロー 呪詛の巻

1/2のヒーロー 呪詛の巻 (コバルト文庫)1/2のヒーロー 呪詛の巻/七穂美也子
盗人神の伝説が残る還らずの神社で起きた神隠し。
子供を捜してほしい、と依頼を受けた鷹矢と聖は神社へ向かうが!?<盗人神の章>

東京観光の最中、聖たりは鷹矢のモトカノである美久と出会う。
だが、鷹矢のつれない態度に彼が想う人物を知った美久はひとり、夜の街へ飛び出してしまった。
聖はそんな彼女を心配してあとを追うが、彼は蠱毒の術の標的にされ、命を狙われて…!?<蠱毒の章>


きっと出ないであろう、と思っていた九尾が出たことにびっくりしました。かなりチャラい。
前回もでしたが、ピンの挿絵があるってそれだけ力はいってるキャラだってことですよね。
確かに、1回きりにしてしまうにはもったいないキャラクターです。

あのまま、九尾のもとに留まっても、聖と譲葉なら九尾はめちゃくちゃ可愛がりそう。
「別にいいぜ」とか言って構いたおしてそうです。
まあ、そんなことになったら聖が耐え切れなくなるでしょうけど。


日本全国津々浦々、あちこちにある稲荷系の神社が九尾の出入り口になっているのなら、ただで移動できるってことですよね。
交通費とかけずにどこか遠くに日帰り旅行とか出来そうですよね。
うわ、楽しそう。
閑話休題。


盗人神の章では少年たちの可愛いらしい家出だったはずがとんでもないことになっちゃいます。
やんちゃな男の子とぽっちゃり系の優しい男の子。そしてしっかりものの女の子。
この組み合わせってよく見る気がするんですが、飽きがこないというか、違和感なく受け入れられるというか、バランスがいいんですかね。

聖が精神的に弱くなることって結構あるんdねすが、毎回ちょっと違和感があったりします。
なんというか、聖だったらもっと意地張って気づかれないようにするんじゃないかなぁ、とか。
「怖い」なんてこと認めようとしなくて、鷹矢には気づかれていじめられて認めさせられるというか。そんな感じな気がします。
まあ、いいんですけど。


蠱毒って100日の呪法だったんですね。
蠱毒の存在、100匹の虫を~とかは知ってたんですけど。あの男たちがなぜ、蠱毒なんてもの知ってたのかがちょっと気になりました。
そういうサイトでもみたってことでしょうか。探そうとは思えませんが実際ありそうですよね。

美久さんがいい人でした。
ああいう人だからこそ、鷹矢も彼女にしたんでしょう。
そう考えると鷹矢は見る目があるんでしょうね。


ラスト、晴明と九尾の会話がかなり意味深。
次巻が最終巻らしいです。
夏休みが長かったからなのか、作中での時間はたいして進みませんでしたね。
いったい、どんなことになるのか。この感じだと九尾と晴明はまた登場しそうですが、実際どうでしょうか。
楽しみです。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

1/2のヒーロー 盤古の巻 饕餮の巻

1/2のヒーロー 盤古の巻 (コバルト文庫)1/2のヒーロー 盤古の巻/七穂美也子
案山子神であるクエビコに呼び止められた聖は、かつて災いに見舞われた古代の国を救ってほしいと頼まれる。
異世界・盤古国に導かれた聖は、殺戮を好む忌まわしきの幻獣・マンティコアに遭遇し襲われる。
聖は助けてくれたのは鷹矢に面差しのよく似た王子タガール。
思いがけない出会いに動揺を隠せない聖だったが、聖自身もなぜか従弟の王子として、彼と王太子の地位を争っているようで…!?


1/2のヒーロー―饕餮(とうてつ)の巻 (コバルト文庫)1/2のヒーロー 饕餮の巻/七穂美也子
古代の国・盤古でヒュロス王子の肉体に意識を宿した聖は、鷹矢にそっくりなタガール王子と出会う。
彼らは従兄弟で王位継承権を巡り、争う立場にいた。
だが、街で魔物に襲われた聖はタガールが命がけで助けたことで、ふたりの距離は近づいていく。
そして、聖はタガールを王位に就けるため、継承に必要な赤い宝石を求め、地下迷宮へと向かうが…!?
古の都で挑む、未来を賭けた勝負の行方は!?


今回の2冊は続いてるのでいっぺんに紹介したいちゃいたいと思います。
上がバンコ、下がトウテツと読みます。盤古はともかく、饕餮は変換するのがちょっと大変でした。
それでも携帯からも出たんで、現代の機械はすごいです。

番外編みたいなもんなんですかね。過去だといいながらもかなり異世界トリップファンタジーぽいです。
神話にしか出てこないような神獣やら化け物やらが普通に共存していて、不思議な宝石があって、とすごくそれっぽい。


村を歩いていた聖に声を掛けてきたクエビコさまって、前回名前だけちらっとでた神さまですね。
動けないけど何でも知ってるって神さまでしたか。

クエビコさまが物言いはすごく丁寧なのにも関わらず、やることはかなり強引です。
聖は断ったにも関わらず、問答無用で古代国王子の肉体へ、ですからね。


盤古国のしきたりみたいなものにためらう聖。
いとこ3人仲良く育ってきただけあっていがみ合い、従者たちにグチグチ言われるのは聖には耐え切れないでしょうね。
聖は良くも悪くも素直ないい子ですから。

物語が進むにつれ、タガールの意識というか考え方が変わっていくのですが、無意識に嫉妬したりするタガールがちょっとばかし可愛かったです。
そして、どんどん男前になっていくユレイア(譲葉)にやっぱり譲葉と聖はぽんぽん言いあっていてほしいと思ってしまいました。

ラハブ好きです。ああいう無骨ながらも忠誠を誓ってくれそうな人は嫌いになれませんよ。
聖もタガールに嫌われ、親しくしてくれる人のいない環境で彼の存在に救われたところがあったのだろうな、と思いました。

前巻の感想で麒麟のキキ(もしくはお母さん)の再登場を望んでたのですが、実際に出てきたのは角端という麒麟を先祖にもつ神獣でした。
だから前巻で麒麟の章が入ったんですねぇ。

ちょっと気になったのは、このトリップには何の意味があったのか、ってこと。
クエビコさまの話を聞く限り、饕餮の去ったあと平和になったらしいのですが、それはいいんです。

いや、つっこみたいことはあるんですよ?
タガールとユレイアはともかく、ヒュロスの意識というものはなかったわけじゃないですか。
意識が戻ったら、聖に好き勝手やられて自分の立ち位置が決まっていて、もしかしたら知将みたいな役割をあてがわれたかもしれません。
聖にある知識がヒュロスにあるわけもなく、かなりの無茶ぶりだったんじゃないかとか、ヒュロスの意識が置いてけぼりを食らわされてる感がどうも否めなくて。

まあ、そんなこと考えても仕方ないのかもしれませんけどね。

で、トリップの意味ですよ。
盤古は結局滅びるわけです。滅びを少しばかり先延ばしにしたからといって、現代に影響するようなことがあったとはとても思えなくて。
クエビコさまの自己満足なのかな、なんて思ってしまいました。

もしかしたら、その辺のことは次巻以降で明らかになるかもしれませんね。

次巻は東京編らしいです。とうとう東京に行くんですかね。楽しみです。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
09 月( 05 ) 08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR