忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】谷川 流」の記事一覧

涼宮ハルヒの驚愕 前後

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの驚愕 前/谷川流
SOS団の最終防衛ラインにして、その信頼性の高さは俺の精神安定に欠かさざる存在であるところの長門が伏せっているだと? 原因はあの宇宙人別バージョン女らしいんだが、そいつは堂々と目の前に現れやがったのには開いた口も塞がらない心持ちだ。どうやら、こいつを始めとしたSOS団もどきな連中は俺に敵認定されたいらしいな。上等だ、俺の怒髪は天どころか、とっくに月軌道を超えちまってるんだぜ? 待望のシリーズ第10巻!
涼宮ハルヒの驚愕(後) (角川スニーカー文庫 168-11)涼宮ハルヒの驚愕 後/谷川流
団長閣下による難関極まりないSOS団入団試験を突破する一年生がいるとは思わなかったが、俺に押しつけられた「雑用係」という不本意な肩書きを譲渡できる人員を得た幸運を噛みしめるのに、何のはばかりもないはずだ。なのに、ハルヒ同席のぎこちない再会以来、佐々木たちが顔を見せていないことが妙に引っかかるのはどうしてかね。類い稀なる経験に裏打ちされた我が第六感は、何を伝えたいんだ? 圧巻のシリーズ第11巻!


かなり久しぶりの気がするハルヒです。
分裂を紹介したのが昨年12月ですからけっこうあきましたね。
この驚愕もきちんと発売当時に初回限定版を購入していたんですが、読むのはこんなに遅くなってしまいました。


比較的、短編連作の気の強いハルヒシリーズですが、この驚愕は前作・分裂からの続きになります。
ぶっちゃけ、分裂を読んでからだいぶ時間があいてしまったのでけっこう忘れてしまっているんですがまあなんとかなりました。

大事なのは、途中から2パターンの出来事があり、キョンたち登場人物はそれについて何も疑問を感じていなかったということ。
SOS団に新入部員がやってくるパターンαと、
新入部員が登場せず長門が倒れてしまったパターンβですね。


パターンαは比較的平和に進んでいきます。
はじめは10人ほど訪れていた入団希望者もハルヒのふるいによって最終的に1人に絞られます。
渡橋泰水(わたはしやすみ)。キョンが気にしていたスマイルマークの髪飾りの少女ですね。
この少女に何かしらの違和感を覚えるものの、それが何なのかわからないまま物語は進んでいきます。

読んでいてもあからさまにキーパーソンであるとわかるんですが、いったいどういう風に物語に関わってくるのかまではわからないので結構もやもやさせられました。
そして、ヤスミに部室に呼び出され、話をしようとしたというところで最終章へ進みます。


一方、パターンβはパターンαの平和っぷりの反動なのかけっこう殺伐としていきます。
超能力者・橘京子はともかく、未来人・藤原の言い分がかなり物騒なしろもので。
長門の体調不良の原因は宇宙人・周防九曜の天蓋領域とのコンタクトをとったための弊害。
その状況を改善してやるから、涼宮ハルヒの神的力を佐々木にうつせ、と。
キョンはもちろん佐々木も是とするわけないんですが、2人の意思など関係ないと。
最終的にパターンβのキョンは佐々木の閉鎖空間に連れ込まれてしまい、部室へ到着したというときに最終章へ。


そして、最終章でパターンαとβは1つのものとなります。
「ようやくか」というのと「そうなるのか」というので微妙な気持ちを抱きつつ読んでいました。
パターンαとβは過去や未来というものではなく、同一時間軸の現象であえていうなら2重螺旋。
出発地点「キョンにかかってきた電話」と終着地点「部室に到着する」のみが一緒な出来事だったと。
しかしどちらも現実にあった出来事でもあると。

本来ならパターンβしか存在しなかった未来。
それをハルヒが自身の分身であるヤスミを配することでSOS団の仲間であるキョンと長門を危機的状況から救ったってことなんですね。

若干ややこしかったです。

まあ、そこに全員集合して事態に決着をつけるわけなんですが、新たな伏線がガンガン出てきて正直、追いつけません(笑)

藤原と朝比奈さんの関係は本当に姉弟なのか。
あの言い様だとはじめはパラレルワールドなのかなと思ったのですが、エピローグの古泉くんの説明だとそういうわけでもなさそうですね。
どちらかというと絶チルの「未来を変えたとしても同程度ことが何かしら形を変えて必ず起こる」という考え方に近いのかなと。
うーん、いまいちよくわかりません。

そして、古泉くんが『機関』のトップであると橘京子の口から語られていましたが、それは本当のことなのか。
キョンが確認することをやめたので、謎のままですね。
もしそれが本当だったとしても年齢が年齢ですから対外的なことは森さんや新川さんがやってるってことなのか。どうなんだろう。

あと若干気になったのは、国木田→鶴屋さん。
鶴屋さんはどれだけスペック高いんだろう……。

藤原は永久退場のようですが、朝倉のような例もあるわけですから「絶対」ってことはないんでしょうが。
橘京子は佐々木の友達を続けるようですからまあ害はないといっていいのでしょう。
周防九曜は相変わらず学校に通ってはいるようですから、また何かしらあるんでしょうね。

次巻の発売がいつになるのかはわかりませんが、佐々木はまた登場してほしいです。
謎が解決しているはずなのに、逆に増えていて次がいったいどうなってしまうのか楽しみです。
まあ、次は短編集かな?と勝手に予想してますけどね。

拍手[0回]

涼宮ハルヒの分裂

涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの分裂/谷川流
桜の咲く季節を迎え、涼宮ハルヒ率いるSOS団の面々が無事に進級を果たしたのは慶賀に堪えないと言えなくもない。だが爽やかなはずのこの時期に、なんで俺はこんな面子に囲まれているんだろうな。顔なじみのひとりはいいとして、以前に遭遇した誘拐少女と敵意丸出しの未来野郎、そして正体不明の謎女。そいつらが突きつけてきた無理難題は、まあ要するに俺をのっぴきならない状況に追い込むものだったのさ。大人気シリーズ第9弾!


結構久しぶりのハルヒです。
これの発売が2007年春で、続きというか後編である驚愕が今年5月にでたことを考えると作者もまあずいぶんとジラしたものですね。
あれだけ騒がれたのは内容的にも年数的にも待望の新刊だったからなんですね。


今回はあらすじにもあるとおり、春休みから新学期にかけての話です。
春休みに出会ったキョンの中学時代の友人が今回の、というかこれからの物語の鍵を握っているっぽいです。

その友人というのが、佐々木。
国木田や、長門にひとめぼれした中河くんとかがちらりと存在を匂わせていた人物です。

その佐々木の脇を固めるのが、朝比奈さんを誘拐しようとした少女・橘京子、嫌味ったらしい未来人・藤原、謎の少女・周防九曜。
朝比奈さんと藤原、古泉くんと橘京子、長門と周防九曜というようにそれぞれ対になるように人員が配置されているのです。

どうにも彼女らとSOS団の面々は敵対しているっぽいですね。
橘京子は朝比奈さんを誘拐しようとし、藤原は朝比奈さんを邪魔しようとしていたし、周防九曜に到っては雪山で長門を危機に追いやった勢力のものらしいです。


前半はともかく後半は読んでいて混乱しそうになってしまいました。
パターンαとパターンβの話が交互に挿入されていて、似たようなことをしているものの、話がどんどん違う方向に進んでいくんです。
正直、何がなんだかよくわからないまま。
これをリアルタイムで読んだ人はすごくヤキモキしたんでしょうね。これで、謎が明らかになるであろう驚愕を4年待たされていたら怒りたくなるかもしれない。


佐々木と再会し、新たな宇宙人未来人超能力者と顔を合わせた日の夜、電話がかかってきたところで話がわかれます。

まずはパターンα。
電話の相手は「わたぁし」。
正体は不明なんですが、SOS団に新入部員候補がたくさんやってくるんです。

キョンが気にしていた少女がきっと何かあるんだろうなぁ。
人数の把握をキョンが間違ったってことがちょっと腑に落ちないので。
そういうどうでもいいことをきちんと見ていそうなイメージがあるんですよね。
この少女が今後どうSOS団に関わってくるのか……。


次は、パターンβ。
電話の相手は佐々木。

佐々木を取り巻く3人と話し合いに出向きます。
そこで語られたのは「涼宮ハルヒに宿る神様めいた力は本当は佐々木に宿るはずだった」と。
もう今までの話が根底から覆るような話なわけです。
そして、翌日の学校に長門が出てきていなくて。
雪山症候群のときのように長門に攻撃が仕掛けられているらしい、とSOS団全員で長門のマンションに向かったところで次巻へ続きます。

パターンβを読んでいてふと「もしかしたら神様的力を持っているのはハルヒでも佐々木でもなくキョンなのではないか」と思いました。
憂鬱冒頭でも、この巻でも語られていましたが、キョンはこういう騒動に巻き込まれたいと思っていた節があります。
だからキョンの無意識が騒動に巻き込まれることを望んで、ハルヒに神様的能力を与えて、ハルヒの敵として佐々木を舞台に引っ張り上げたのかなぁ、とか。

まあ、次巻を読めばきっとわかりますね。
あまり予想して大はずれだったら恥ずかしいのでこの辺で。
続きは近いうちに読みたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

涼宮ハルヒの憤慨

涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの陰謀/谷川流
涼宮ハルヒが暇を持て余してたらそれこそ天地が逆になる騒ぎだろうが、むやみに目を輝かせてるのも困った状況ではある。それというのも生徒会長なるお方が、生徒会はSOS団の存在自体を認めないなどと言い出しやがったからで、意外な強敵の出現にやおら腕章を付け替えたハルヒ“編集長”の号令一下、俺たちSOS団の面々はなぜか文集の原稿執筆などという苦行の真っ最中なわけだ。天上天下“唯我独占”「涼宮ハルヒ」シリーズ第8弾!


なんとなく雰囲気の変わってきたような気がする涼宮ハルヒシリーズです。
ハルヒシリーズもこれで8冊目。けっこう出ている気がしていたのですが、実はそうでもなかったですね。


『編集長★一直線!』
生徒会からの通達で、文芸部をつぶされないように文芸誌を発行する話。

生徒会自体は古泉の仕込みです。
ハルヒが想像するであろう生徒会長像にそぐう人物を用意し、わかりやすい敵対キャラとして登場させたとのこと。
なんか今一瞬、桜ホスの蓮華ちゃんの主張を思い出しました。
中央棟の争奪戦のときにそんな話してましたよね。

今回それぞれが執筆した作品が紹介されているのです。
古泉くんは合宿のときの推理劇のノベライズってことなので割愛されていましたけどね。

一番気になったのは長門の書いたSS。
多くの比喩表現でぼかされていますが、意訳するとしたらこんな感じかな?

情報統合思念体の一部であったモノが“長門有希”として存在するようになり、キョンやハルヒたちと交流をしていくうちに個性を得た。
いつかは情報統合思念体と再び1つにならなければならないが、今はまだそのときではない――。

ってところでしょうかね。
ぶっちゃけよくわからないってのが正直なところです。

無題2にあった『光と闇と矛盾と常識』ってのはそれぞれSOS団のメンバーのことを指していると思うのです。
光は絶対にハルヒだろうし、常識はキョンでいいのでしょう。
朝比奈さんと古泉くん、どちらが闇でどちらが矛盾なのでしょう。
朝比奈さん大と小で矛盾なのかな?とか思うのですがどうだろう。

そして、最後の「記憶を失いでもしない限り、な」ってすごい意味深な気がするのですが、これも伏線としてとらえていいいものなのか……。


『ワンダリング・シャドウ』
クラスメイトから持ち込まれた幽霊の噂を調査する話。

長門の説明はキョン同様、話半分で読み進めてました。
ぶっちゃけ私、SF得意じゃないんであまり理解できてないです。

ようは正体は地球外生命体だったから長門の管轄だったってことですね。

春休みを目前に控えた時期=ハルヒとキョンが出会い、SOS団が結成され1年ってこと。
ハルヒのあの名台詞「ただの人間には興味ありません!」から考えると確かにだいぶ丸くなりましたよね。

これはいい変化なのでしょう。
でも、ハルヒをとりまく宇宙人未来人超能力者、それぞれに敵対勢力があらわれだしていることもあり、素直に安心は出来そうにないです。

うーん、これからどういう展開になるのかわからないだけあって楽しみなんですが、ちょっと不安でもあるような。
どちらにしろキョンはこれから先も暗躍する宇宙人未来人超能力者に協力していくことになるんだろうな。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR