忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】六塚 光」の記事一覧

レンズと悪魔 12 魔神解放

レンズと悪魔 XII  魔神解放 (角川スニーカー文庫)レンズと悪魔 12 魔神解放/六塚光
魔王が望んだ真の八眼争覇(ディアボリックパーティ)は、エルバたちが反旗を翻したことで魔王との決戦に姿を変えた。エルバは、ルナたち魔神や、過去の勝者たちとともに魔王を討つべく、その本拠地へ向かう。一方で、魔王の側についたルシアンたちは、首都ブルティーエールの地下迷宮で「反逆者」を待ち受けていた。周到な罠と、己の野心とともに――。史上最強の悪魔召喚バトルアクション、シリーズ完結巻! エルバとルナの戦い、その結末を見届けろ!!


とうとう完結巻です。
1巻を紹介したのが、2010年11月のことですから読むのに1年半以上かかったんですね。長かったです。


今回は最終決戦ということもあり、登場人物が入り乱れています。
ルシアンとセブンデイと策略でエルバたちもバラバラになってしまうこともありよけいごちゃごちゃしてしまいますね。


反魔王派で最終決戦の地、ブルティエールの地下迷宮――かつての移民船に向かったのは下記の通り。
エルバ・ナイトロンドと<氷結の魔神>ルナ・ルガ。
ベイゼル・アードレーと<虚空の魔神>ミナ・ミグ。
グレン・ダール・キングスリーと<獄炎の魔神>ネア・ネア。
ミカル・ナガサカと<無形の魔神>ボル・ボル。
マモル・デュバリエと<電光の魔神>マロ・マロ。
そして、カエデとクラヴリー、リデルもともに向かいます。

彼らは目的は当初の計画通り、結晶連鎖法(クリスタルチェイン)で魔王の虚体を崩し、ミナの力で虚空を作りだし、封印してしまうこと。

しかしながら、敵もただでは終わりません。
エルバたちに抵抗するのは、
ルシアン・パラドールと<闇照の魔神>ヤミ・ヤタ。
アンテノラと<剛力の魔神>アギ・アダ。
ジーニー・セブンディ・ルンホルムと<幻影の魔神>ベル・ベム。
そして、魔王ブラナ・ラ・モード。


前述のとおり、移民船に侵入したエルバたちですがルシアンたちが地下にあったビル群を破壊したために、その瓦礫を避けるためにバラバラになってしまいます。

ベイゼル・アードレーは瓦礫を避けきることができず、戦闘不能に陥り、クラヴリーにミナを託し死亡します。

彼らはそれぞれ最終目的地である封印の間を目指しますが、彼らを迎撃せんとするルシアンたちとの戦いに発展します。

グレン・ダールとネアはセブンデイとベルと戦いになります。
攻撃力的にはグレン・ダールたちの方が上なわけですが、セブンデイの手元は鬼神のレンズやその試作品などが多数存在し、手こずらされます。
最終的には相打ち。
グレン・ダールもセブンデイも命を落としてしまいます。

ミカルとボル、リデルがアンテノラとアギと出会います。
が、こちらは他と違いミカルとアンテノラ、1対1での肉弾戦になります。
はじめ、ミカルが劣性でいったいどうなってしまうのだろうと思っていたのですが、チキュウ空手の最終奥義でどうにかケリをつけます。
こうしてアンテノラも死亡します。

マモルとマロはルシアンとヤミと戦います。
やっぱり、ルシアンは卑怯です。はじめエルバの姿でミカルの元へ近づき不意をつくんです。
この2人、実は因縁の対決。
東部の独立を願うものとそれを阻止しようとしていたもの。
戦いはルシアンの勝利。

さて、主人公であるエルバとルナは自身の能力を過信していてさらに地下へと落ちてしまいます。
<氷結の魔神>の能力逆流(スピンオフ)で瓦礫を受け止めてどうにかしようとしていたらしいのですが、床が衝撃に耐えきれなかったらしくて。
そこでエルバたちが遭遇したのは亡霊とでもいえばいいのか。過去の八眼争覇で死亡したはずの人物たちでした。
彼らはブラナによって回収され、移民たちの技術で再生されていた、と。
亡霊たちの数の多さに倒してもキリがないと足止めだけしてエルバたちは先を急ぎます。


エルバとルナが到達したのは封印の間。
その場にはブラナが実体を伴っていて、衝撃の展開が繰り広げられます。
ブラナが仮初めの肉体として利用していた金髪の女性は、マグノリア・エリクセン。
魔王の瞳を封じた守護者八家の1つであり、結婚後の姓はナイトロンド。
そう、過去の八眼争覇の参加者であり、チェビアトの妻であり、エルバの母親である人物だったんです。
ずっと謎であったエルバの母親がまさかここで登場するとは思ってもいませんでした。

なし崩し的に戦いへとなっていくのですが、エルバは結晶連鎖法のレンズも<虚空の魔神>のレンズも持っていません。
どうにかして時間稼ぎをするしかないんですが、さすが魔王。
魔神たちの父母であるブラナは魔神たちの能力を使うことができるんですよね。

苦戦を強いられ、絶体絶命というところで援軍が到着します。
結晶連鎖法のレンズを持つミカルがやってきて結晶連鎖法を発動するわけですが、ブラナは虚空の力も使えるわけで。
結晶となるべき塵がなければ、結晶連鎖法はうまく発動しません。
万事休すかと思われたとき、ミナのレンズを持ったクラヴリーがやってきてマグノリアから魔王のレンズをはずすことに成功します。
勝利に喜ぶエルバたちでしたが、そこで話は終わりません。

遅れてやってきたマモルが「レンズを見せてほしい」とエルバからレンズを受け取るんです。
読者にはマモルがルシアンに倒されていること(しかもルシアンの契約魔神はヤミ)を知っていますから、渡してはいけないとわかるんですが、そんなことエルバたちが知るわけもなく。

完全勝利間近で、魔王のレンズはルシアンの手に渡ってしまうのです。

そして、ブラナと1つになったルシアンはしろがねの悪竜を呼び出します。
以前、シローが寄代とされたときのものよりも巨大なそれは、サクラを寄代としていました。
しろがねの悪竜をとめるには、寄代となった人物を殺さなければいけないわけで。
再び辛い選択を迫られるかに思えましたが、エルバたちにはシローのときとは状況が違っていました。

そう、今のエルバたちの手元には結晶連鎖法のレンズがあります。
魔王にすら効いた結晶連鎖法がしろがねの悪竜に効かないわけがない、と。

悪竜のブレスに耐え、結晶連鎖法を繰り出すわけですが、何故か発動しなかったんです。
それというのも、アンテノラが作った結晶連鎖法のレンズは1枚だけじゃなく亡霊たちの多くに結晶連鎖法のレンズをはめさせていたと。
すべての亡霊たちから結晶連鎖法のレンズを回収しない限り、しろがねの悪竜からサクラを解放することは叶わないかと思われました。

が、エルバは思い出します。結晶連鎖法にはもう1つ欠点があったことを。
アードレー姉弟との決着をつけたときも同じ方法を使っていたのですが、結晶連鎖法はかなりの広さをカバーする一方で高さはそれほどまでではないんです。
せいぜい、3~4メートル。だからエルバたちは高所からの攻撃を仕掛け、サクラを救い出します。

サクラを救い出すということは、しろがねの悪竜は消えてなくなるわけです。

肉弾戦でルシアンを倒し、魔王のレンズを取り上げたエルバ。しかしながらエルバはヤミのレンズを取り上げるのを忘れていて。
もう1戦あるのかと思われた矢先、強襲を仕掛けてきた人物がいました。
それはマモルとマロ。

死んだと思われていた彼は、魔神のレンズを外すことでルシアンに死んだと勘違いさせていたんですね。
すっかり騙されてしまいました。


そうして、すべては終わりを迎えました。
サクラは博物館に戻り、なんと意識不明の重体だったファルナが久しぶりに登場するんです。
不老であるマグノリアが結晶連鎖法と<虚空の魔神>のレンズをはめ続けることでこれから先、魔王のレンズを封印し続けていくことになるんだとか。
一見兄弟にしか見えない親子であるエルバとマグノリアのやりとりはすごく微笑ましいものでした。
戦いの象徴でもあったテッキの万力。それは外されて変わりにボルの欠片がテッキの右手として過ごしていくようです。

博物館組は平和にすごしていくんでしょう。
マグノリアの疑問、「エルバはサクラとテッキ、どっちが好きなの?」はすごく気になりました。

ミカルとマモルはまた墓守へと戻りました。
今度は2人だけじゃなくクラヴリーやリデル、ランコにバーミッサ。
さらにはボルとマロなで一緒なので、こちらも賑やかに過ごしていくんでしょうね。

これでこの作品は終わり。
今後が気になるものもたくさんありましたが、それらが描かれることはないのでしょう。
最後は登場人物が多くなりすぎて脳内ごちゃごちゃしてしまいましたが楽しかったです。

長くなりすぎました。

拍手[0回]

レンズと悪魔 11 魔神集結

レンズと悪魔 XI  魔神集結 (角川スニーカー文庫)レンズと悪魔 11 魔神集結/六塚光
テッキがサクラに敗れた。その衝撃の中で、エルバはカエデと対立し袂を分かつことになってしまう。孤立無援となったエルバは、しかし苦悩の中でついに自分が進むべき道を見いだす。闇照の魔神ヤミを倒し、サクラを連れ戻す。それが、己にできる唯一のことだと。月光の中でついに始まる最後の戦い。そして、そのエルバとサクラの戦いを見守る者たちがいた――。八眼争覇、ついにクライマックスへと向かうシリーズ11弾!!


このシリーズは全12巻。
あらすじにもありますが、まさにクライマックスに向けて、って感じですね。


前巻は、サクラの手によってテッキが意識不明の重傷になり、サクラに対する態度からカエデとの同盟も解消されてしまったってところで終わっていたのかな。

前巻があまりにもハラハラする展開だったからなのか、今巻はそこまでハラハラすることなく読み終えることが出来ました。

それというのもけっこう序盤でエルバが吹っ切れてしまうからなんです。
前巻ではサクラを見つけたとしてどうしていいのかわからない、ってのがあったんですが、今までの話からもわかる通り、開き直ってしまえばエルバは強いんですよね。


途中で魔王ブラナ・ラ・モートの口から八眼争覇の真の目的とこの星の知られざる歴史が語られます。
ブラナが何度も八眼争覇を行った理由。それはこの八眼争覇は予選でしかなかったから。
八眼争覇の勝者同士を戦わせることで、真に自身の寄代として相応しい人物を選びだそうとしていたわけですね。

大気中にただよい、悪魔の虚体を構成する塵の正体や、悪魔が生まれた理由なども語られています。
魔王が生まれた理由もですね。
壮大かつ昔すぎる話なので、ただ単純にすごいなーで終わってしまいましたけど。


そして、第9回八眼争覇の最終決戦が始まります。
まずは、カエデVSサクラ。
カエデは自身の痛い所、エイジを殺したことをヤミにつつかれて、マロに使ってはいけないといい含められていた能力逆流(スピンオフ)を使ってしまいます。
マロにとってヤミの鏡は天敵で。攻撃を跳ね返されてしまい八眼争覇の舞台から降りることに。

次いでエルバVSサクラ。
鬼神のレンズを使うサクラに対していつもの通り能力逆流をまとわせた鎖を使って戦っていたエルバ。
途中でクラヴリーたちがエルバの元にも鬼神のレンズを持ってきてくれたこともありなんとか勝利します。

戦いの最中、真実を知ったサクラは自分の負けが確定したとたん自害しようとするんです。
サクラはシローとエルバの戦いに乱入したとはいえそれは本当に最後の最後。
だからサクラはカナティック先生の告白も死も知らず、未だエルバとシローは兄弟だと信じていた。
激情に駆られ、兄の復活のみを願って酷いことをたくさん行ったんですね。
許すというテッキやエルバの元に戻れるとは思えなかった……。


瀕死の状態となったサクラを救うため、エルバは最終八眼争覇に参加することを決意します。
最終八眼争覇の参加者は下記の通り。

第1回 ベイゼル・アードレー 虚空の魔神ミナ・ミグ
第2回 アンテノラ 剛力の魔神アギ・アタ
第3回 ジーニー・セブンディ・ルンホルム 幻影の魔神ベル・ベム
第4回 グレン・ダール・キングスリー 獄炎の魔神ネア・ネア
第5回 ルシアン・パラドール 闇照の魔神ヤミ・ヤタ
第6回 ミカル・ナガサカ 無形の魔神ボル・ボル
第7回 マモル・デュバリエ 電光の魔神マロ・マロ
第9回 エルバ・ナイトロンド 氷結の魔神ルナ・ルガ

第8回はシローのせいでノーゲームになっているので抜けています。
なんというか、すごいご都合主義っぽいなーと。
8人の優勝者に対し、すべてバラバラなパートナーの魔神。
これ、もし第8回が成立していたらいったいどうなっていたんでしょうね。

最終八眼争覇が始まるかと思われたとき、ここでブラナに反旗を翻すものたちが現れます。
それはベイゼル・アードレー、ミカル・ナガサカ、マモル・デュバリエ。そしてグレン・ダール・キングスリー。
名前だけ書くと誰が誰だかって感じですね。

ベイゼルは双子の父で結晶連鎖法(クリスタルチェイン)を研究していた人物、
ミカルとマモルは虐殺跡地の墓守。
グレン・ダール・キングスリーはブラナとともによく登場していた八眼争覇の監視者、といえばわかるでしょうか。
これにもちろんエルバが加わるわけですね。

結晶連鎖法でブラナを塵へと戻し、ミナの能力で真空の蓋をし封印してしまおうという計画だったんです。

計画はうまくいくかと思われました。
しかしながら、残りの勝者アンテノラ、セブンディ、ルシアンの3人の妨害により失敗しています。
ここで7巻のアンテノラからの依頼が繋がってくるんですね。
なんというか、知らなかったとはいえ皮肉なものです。


こうしてブラナを加えた勝者たちの勢力は4対5の図式が成立し、最終決戦へ続きます。
次巻は最終巻。楽しみですが、未だに登場しないながら伏線は張られているエルバの母親が気になります。

拍手[0回]

レンズと悪魔 10 魔神狂咲

レンズと悪魔  X魔神狂咲 (角川スニーカー文庫)レンズと悪魔  10 魔神狂咲/六塚光
魔王の囁きに従い、兄の復讐のために闇照の魔神ヤミ・ヤタと契約してしまったサクラ。
だがエルバやテッキは、サクラとの若いを果たすべく、僅かな可能性を探りつづけていた。
一方、セブンディは魔神との決着をつけるために、フィールディング達をけしかエルバとの戦いを企図する。過去の因縁が戦いを呼ぶなか、サクラは、テッキをその罠へとおびき寄せようとし ていた――! 《八眼争覇(ディアボリックパーティ)》、いよいよ佳境のシリーズ第10弾!


ちょっと間が空いてしまいましたが、レンズと悪魔、第10巻です。
この巻は作者があとがきで言っていたように「ドロドロヌマヌマ」です。


前巻で、エルバは闇照の魔神ヤミ・ヤタの契約者であったシローを殺してしまいました。
兄を殺されるところを見てしまったサクラが激情。
魔王ブラナ・ラ・モートの誘いにのり、<八眼争覇>に途中参戦してしまったんですね。

そこからはじまるものですから、ドロドロしない訳がないというか。

サクラを探しに奔走するテッキとエルバ。
しかしながら2人はサクラと戦いたくはないわけですから、サクラを見つけて戦いになることを恐れてもいたわけです。

さらに、エルバたちは鬼神をも相手にしなければいけない訳で。
7巻で登場したアードレー姉弟の片割れも登場し、戦いを強いられます。

エルバVSヘンリエッタ(闇照の鬼神)、
ルナVSフィールディング、
クラヴリーVSバーミッサ。

それぞれに死力をつくして戦います。
フィールディングは結構好きだったので、彼の最後はちょっと悲しかったです。

ヘンリエッタが死んだことを受け入れたくなくて、幻を追い続けていたわけですからね。
今更なことなんですが、これを逃すと言及しづらいので書いちゃいますが、フィールディングはなぜ闇照の鬼神にヘンリエッタの姿しかとらせなかったのでしょうか。
弟のトーマに関しては名前しか出てきてないんですよね。
まあ、フィールディングはどちらも大切にしていたことは間違いないんでしょうけど。


それと時を同じくして、テッキVSサクラの戦いも起こっていました。

姉妹同然に育っていたテッキとサクラ。
テッキの探し続けていたヤミの契約者がサクラの兄・シローであるとわかった時点で2人が対立することになるのでは、という予測は立てられました。
しかしながら、ここまで酷いことになるとは思ってもいませんでした。

ブラナがぼやいていましたが、ヤミの契約者の多くは精神的に変容していってしまうのだとか。
だからこそ、シローはサクラの知るころとは異なって、ああなってしまったのでしょう。

戦い自体は、テッキが迂闊としかいいようがないな、と思いました。
カエデが現れた時点で絶対ニセモノだってわかりましたよ。
まあ、それだけテッキの心が乱れていた。サクラと戦いたくなかったってことなんでしょうけど。

テッキに止めが刺されそうになっていたところにカエデが乱入し、テッキは一命を取り留めます。
しかしながら、この出来事がきっかけでカエデとエルバの同盟が解消されてしまいます。

カエデはサクラを殺すことも厭わない。エルバはサクラを殺したくない。

どちらの思いもわかるだけに本当につらいです。
テッキを殺そうとしたときに、ヤミに促されないと止めを刺す行動にうつれなかった、ってところに希望を見出したいのですが、厳しいかな……。

この物語、戦いが多く描かれているわけです。
悪魔を召喚して戦う中で、悪魔は気絶してしまえば消えていなくなるんだから、気絶させてレンズを奪えばいいんですよね。
本来ならそれで戦いを終えることが出来るはずなんです(再戦を申し込まれるとかは別として)。
なのに、死者多数になっていることを鑑みるとそれだけ魔王の手の平から抜け出すことができていないってことなんだろうな。

あとがきによると、次巻で<八眼争覇>自体に決着がつくよう。
そういう書き方をしているってことは<八眼争覇>決着後も何かあるってことなんですね。
いったいどうなってしまうのか。楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR