忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【本】」の記事一覧

死ぬほど読書

死ぬほど読書/丹羽宇一郎
もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。自分の無知に気づくには、本がうってつけだ。ただし、読み方にはコツがある。「これは重要だ」と思った箇所は、線を引くなり付箋を貼るなりして、最後にノートに書き写す。ここまで実践して、はじめて本が自分の血肉となる。伊藤忠商事前会長、元中国大使でビジネス界きっての読書家が、本の選び方、読み方、活かし方、楽しみ方を縦横無尽に語り尽くす。


本が好き!を通じて、出版社から頂戴しました。
人生で二度目の新書になります。


この本の冒頭に、2017年3月に朝日新聞に掲載されたとある大学生の投書が載せられています。
大学生の半数は読書時間が0分にという調査結果に対して『読書はしないといけないの?』と疑問を呈したものですね。
そこから議論をはじめ、著者が読書についてああでもないこうでもないと語っている1冊になっています。

ものすごく読みやすいです。
200ページもない本だということもありますが、1時間~1時間半程度でさらりと読み切れる程度の分量ですし、使われている言葉もそこまで難しいものではありません。
あまり読書をしない人でもとっつきやすいとは思います。

こういった本だと、小説や漫画ってバカにされるといったらアレですが、下に見られているのでは?と戦々恐々としながら読み進めていたのですが、そういうことはありませんでした。
小説でも漫画でも作者との対話は出来る、と。そこから新たな本への出会いがつながっていると。


読んでいてものすごく納得してしまったのは、タイトルと内容のギャップの話。
面白そうなタイトルだな、と思って読みはじめものの中身はそうでもなかった……ということは読書をする方なら一度は経験したことがあると思うのです。
著者はそれを避けるために目次が参考になるとしていますが、小説だとあんまり意味がない気もします。
漫画だとシュリンクかけられてるから目次すら見えませんけどね(笑)

あとはそうですね。「人がすすめる本は当てにならない」とか「読書は無償のものである(=効果や効能を期待して読むものではなく楽しいから読むとかでいいとのこと)」とか。
その辺は一読書家としては、うんうん頷きながら読めました。

書店の息子であったという著者は売物をこっそり綺麗に読んで戻していたとか「おいおいいいのかよ」と思わずツッコみたくなることはあったのですが、普段なかなか読まない種類の本なので勉強になった気がします。

書評は読者にとってあまり参考にならないし、当てにならない。その程度のものと思っていたほうがいいと思います。(p60)

こう述べている著作を書評を書くことが条件のサイトに献本するというのはちょっと矛盾というか皮肉というか(笑)
書評サイトとのアレコレに著者が関与しているとは思えませんが、ちょっとなーと感じてしまいました。

拍手[0回]

[現代版]絵本 御伽草子 うらしま

[現代版]絵本 御伽草子 うらしま/日和聡子(絵/ヒグチユウコ)
海に出たまま帰らない兄の行方を追って、不思議な甕のなかへと迷い込んだ「わたし」。
謎の女に導かれ、たどり着いた竜宮城で待っていたのは――?
魔物たちが誘う、妖しくも魅惑にみちた異界への旅

人気作家の自由な想像力で、あの「おとぎ話」が新しい文学になった!美しい絵とともに贈る愛蔵版シリーズ


図書館で借りてきました。
一般書のコーナーにあったのですが、サイズが他と違い目についたので手にとりました。
絵本らしいのでカテゴリはこちらです。


わずか30ページほどの本当に短い本です。
その中には、原典である御伽草子からの『浦島太郎』の転載もあります。

さらにいえば、タイトルが絵本となっているんですがイラストページも多いのでさらに短いです。
正直、原典込みで30分もあれば十分読み切れます。


浦島太郎をベースに、この作品では太郎の妹である「わたし」が主人公。
彼女が、兄を探し導かれるように見つけた甕の世界に迷い込むお話、というのがおおまかなストーリーでしょうか。

正直、ヒグチユウコさんのイラストがちょっと怖い。
ストーリーも妖しいというか、惑わされる感じなので怖さが倍増します。


原典の浦島太郎が私が知っていたの『浦島太郎』とだいぶ違って驚きました。
私が知っていたのはいじめられていた亀を助けて竜宮城へ、竜宮城で楽しくすごすものの帰り際に開けてはならないと渡された玉手箱をあけてしまいおじいさんになってしまう、というお話。
多分これが一番メジャーなストーリーだと思うんですが、原典だと乙姫さまって登場しないんですね!

正確にいうと、亀=女房=乙姫様の役割を果たしているといいましょうか。
そして、おじいさんになっておしまい、となる浦島太郎が、原典では鶴になり亀とともに神様になったとあるんです。
原典が文語体のため、なんとなくしか意味がわかっていない部分もあるんですが、それでも知っているものとだいぶ違っていて。
他のおとぎ話も違うんだろうか?とちょっと原典が気になってきました。

拍手[0回]

エナガのねぐら

エナガのねぐら/松原卓二


知り合いから借りた一冊です。
借りたというか、押しつけられたというかまあそんな感じです(笑)


こちらはエナガという小鳥ばかりを集めた写真集になります。
このブログで写真集を紹介するのはこちらに続いて2冊目ですね。

あまり写真集をみる機会ってないので他がどうなのかはわかりませんが、思っていたよりも文章が多かったです。
なのでパラパラーと見て返すことはできず熟読してしまいました(笑)

エナガは丸くて小さくてふわふわしたその姿から鳥ファンの中で親しまれているんだとか。
日本全国どこでもみられる小鳥とのことなんですが、北海道では通常のエナガは存在せず亜種のシマエナガという真っ白な小鳥を見ることができるそう。

我が家にはちょっとしたバードテーブルがあるので夏場はスズメやカワラヒワが、冬場はシジュウカラ、ゴジュウカラ、コガラ、ヒヨドリあたりが例年きています。
年に数回程度でいいのならクロジやアオジ、ツグミあたりもやってきます。

が、シマエナガはまだ見たことありません。
これだけ可愛らしい写真を見てしまうと実物を見てみたいものです。
いつか来てくれるといいなぁ。
閑話休題。


この写真集を見ていて思ったのは、この人何年かけてこの写真たちをとったんだろう?でした。
一年を通してエナガの生態がわかるのですが、それが本当に細かいのです。
自宅からすぐそばでいくつもの群が存在し、営巣しているからできることなんでしょうね。

文章の端々からこの方は本当にエナガが好きなんだろうな、というのが伝わってきました。
ただ、そのテンションの高さといい、かわいい連呼していることといい女性?と表紙のクレジットを確認してしまったのは内緒です(笑)

たまにはこういう本もいいですね。
はじめは断りきれずに借りたということもありあんまり興味がなかったんですが、思っていたよりもかなり可愛かったです。
こういう本を自分から手に取る機会はまずないのでよかったと思います。

いつもより短めですが、今日はこの辺で。

拍手[0回]

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2018年】
05 月( 05 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR