忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】ひぐち アサ」の記事一覧

おおきく振りかぶって 11

おおきく振りかぶって 11/ひぐちアサ
祝・3回戦突破!
しかし全ての試合を完投しても三橋の卑屈さは変わらない。
こいつに自信を持たせるには勝つしかない!
4番・田島も復活し、1年生だけの西浦高校が埼玉県予選4回戦に挑む!


テレビで野球中継を見ると、無性に読みたくなる作品です。
 9、10巻を紹介したのが2月のことですからちょっと久しぶりですね。


【第19回 大事】
【第20回 4回戦】
【第21回 ゆるやかな変化】
【第22回 5回戦】
【おまけ】

が収録されています。


埼玉戦が終わった後から今巻は始まります。
収録一覧を見てもわかるかと思いますが、4回戦(港南)に関してはあまり描かれていません。
この作品、1試合1試合大事に描かれているので、ちょっと珍しい気もしますが、まあ普通ならそうおかしなことではないんですよね。

5回戦(美丞大付属)に関しても始まったばっかり――1回裏西浦の攻撃がはじまるところで終わっていることもあり、今回は幕間というか、試合以外の描写も多いんです。
その最中で色々なことが明らかになってます。

モモカンの年齢とか、西浦メンバーの家族とか、ハマちゃんの話とかね。
初めて読んだときはだいぶ年上だったモモカンが同年代というか年下になっていてちょっと寂しくなりました(笑)


個人的にハマちゃんの留年理由が気になっています。
本人曰く「バカ」なんだけど、チア2人の先輩から語られた話からすると「勉強が出来なくて」とかそう単純な話じゃないのかな、と。
「父親がリストラ→学費はバイトして稼ぐ→バイトのシフト入れすぎて単位が足りない→留年」
単位計算を間違えた=バカとかなのかな、って一瞬考えたんですが、きっと違うんだろうなぁ。

もし、そうだとしたら応援団というか練習手伝ったりとかする余裕があるわけないので、これは妄想でしかないですね。
いつか本編で語られるのを待ちたいと思います。


この作品を読んでいると語られていなくても登場人物一人一人に物語があるんだな、と思わされます。
美丞大付属の2人、呂佳さんと滝井さんとかもめっちゃ気になります。
というか、呂佳さんに関しては普通に怖いです。ある程度は元々の性格ってこともあるんだろうけどなぁ。
勝利にこだわるがゆえに、手段を選んでいない面があるんですよねー。


前述の通り、今巻は美丞大付属戦、1回裏が始まるってところで終了。
この学校は西浦の弱点を三橋ではなく、阿部くんとして対策をがっちり練ってきています。
勝敗は覚えてますが、それでも楽しめるこの作品。
次は数巻一気に紹介するかもしれません。楽しみです。

拍手[0回]

おおきく振りかぶって 9、10

おおきく振りかぶって(9) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって 9/ひぐちアサ
1年生だけでスタートした西浦高校は接線の末、夏の選手権大会の初戦に勝利した。
しかし、4番田島は試合中に右腕を負傷していた。
次の試合までには1週間のインターバルがあったが、田島の腕は完治しない。百枝監督は田島の負担がなるべく軽くなるよう守備と打順を大きく変更して3回戦に挑む!
センター花井 梓、主将で4番!
この試合のヒーローは君だ!
おおきく振りかぶって(10) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって 10/ひぐちアサ
不利な状況になっても後輩をきちんと指導できないタイさんに投手・市原はイライラしはじめる。
一方モモカンは、花井にプレッシャーをかけ続けるが!?
埼玉大会3回戦、決着!


本当は9巻だけ紹介しようと思っていたのですが、やっぱり続きが気になってしまって埼玉戦全部紹介してしまいます。


夏大3回戦は埼玉高校。
西浦とちょっと似ていて。部員数わずか11人ながらも勢いにのっている学校です。
はじめ、3回戦だっけ?と首をかしげてしまったのですが、桐青戦ってシードだったんですもんね。納得。

今回のメインは、花井くんといっていいでしょう。

桐青戦の最後。遠心力でグリップずらすという離れ業をやってのけた田島くん。
そのときにやっぱり負担がかかっていたようで全治1週間。
つまり今回の埼玉戦で4番をはることは出来ないわけです。

その状況で、田島くんの代わりをつとめるのは花井くん。
何巻だったかな。三星学園との試合前の合宿でモモカンが阿部くんに言ってましたが、田島くんと花井くんの二人は普通に4番をはれるような逸材な訳です。
花井くんが一流だとしたら、田島くんは超一流。
チーム内で田島くんの横を歩ける可能性があるのは花井くんしかいないんだけど、花井くんは一歩後ろにいることに慣れ始めてしまっているんです。

それを良く思っていなかったモモカンは、今回の田島くんのケガを無駄にはしなかったわけですね。


若干花井くんが可哀相だな、と。
本当に田島くんがすごすぎるんですよね。
ケガしてボール投げられない状態なのに、アウト3つもとってみたりとか。
スコアを暗記してみたりとか、モーション盗んでみたりとか。

そんなことできないのが普通なんですよ。でも、田島くんにはそれが出来ちゃう。
だから「何が違うんだ」とかそういう言葉が出てきてしまうわけで。
下手したら潰れてしまうんじゃないかというくらいここの差は大きいんだと思うんです。
田島くんも好きだけど、花井くんをめちゃくちゃ応援したくなりました。


試合自体は、阿部くんの狙い通り8対0でコールド勝ち。
埼玉は悪くないチームなんだけど、大地の勢いだけで勝ち進んできたチームでもあるので、阿部くんの策略に見事ハマってしまいました。
カバー下のおまけに「成長した大地達をまたいつかお見せできますように!」とありますので今後に期待ですね。
1、2年が中心の若いチームなので1年しかいない西浦と対戦する機会も多そうです。

栄口くんだったかな。「阿部は性格がワルイぜ…」とありますが、その通りだと思う(笑)
モモカンも「相手のベンチをくさらせるって高1男子の発想かね!?」と。
頭いいというか、心理戦に強いんだろうなぁ。

ただ、そんな阿部くんの見込み違いが1つあるよう。
「三橋から潰れる」という阿部くんに対し、桐青の主将・カズさんも利央の兄で美丞大付属のコーチである呂佳さんの意見は一致していて。

「このチーム崩すなら捕手からだ」という不穏な言葉で10巻は終わり。


次巻からは千代ちゃんのお友達のダンス部の彼女たちもチアとして本格的に登場するのかな?
楽しみです。

拍手[0回]

おおきく振りかぶって 5~8

おおきく振りかぶって(5) (アフタヌーンKC (393))おおきく振りかぶって 5/ひぐちアサ
まったく新しい面白さの高校野球漫画!
全国高等学校野球選手権埼玉大会開幕!
西浦高校野球部の初めての公式戦が始まった。
気おくれなし、緊張なし。競合・桐青相手に、西浦ナインも最高のコンディション。
語り継がれる名試合、熱くて長いゲームが始まる!
おおきく振りかぶって(6) (アフタヌーンKC (408))おおきく振りかぶって 6/ひぐちアサ
野球が、こんなにドキドキはらはらするスポーツだったなんて!
全国高等学校野球選手権埼玉大会開幕。
西浦高校野球初めての公式戦は強豪・桐青相手に1点リードの大健闘!全力を出し切る西浦ナイン、受けて立つ桐青の攻防に、応援団、保護者も声を振り絞る。
感動と手に汗にぎるスリル、白熱のゲームは3回から!
おおきく振りかぶって(7) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって 7/ひぐちアサ
野球を知らなくても絶対楽しめる!
野球を知っていたら何倍も楽しい!

全国高等学校野球選手権埼玉大会。
昨年の優勝校相手に全力を振り絞る、全員1年生の新設野球部・西浦高校。
試合は強まる雨の中、1点を争う接戦になった。
格下とみられていた西浦の健闘は、強豪・桐青をついに本気にさせる!
駆け回る選手、声からす観客、汗と涙と青春のキラキラがつまった白熱のゲームは7回裏から。
「夏の初戦」はまだ終わらない!
おおきく振りかぶって(8) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって 8/ひぐちアサ
野球を知らない人でも手に汗にぎる、涙する。
面白さ絶対保証の高校野球漫画!

全国高等学校野球選手権埼玉大会。
全員1年の新設野球部・西浦と、強豪・桐青の熱くて長い「夏の初戦」が、ついに決着!


本当は5巻1冊だけを紹介するつもりなんですけど、続きが気になって気になって桐青戦一気読みしてしまいました。
何度も読んで、結果も知っているんですけどね。やっぱりおお振りはおもしろいです。


5巻【第12回 挑め!】
6巻【第13回 もう1点!】
7巻【第14回 逆転!】
8巻【第15回 決着!】【第16回 ひとつ勝って】

が収録されています。
タイトルで盛大にネタバレしてますね(笑)
まあわかりやすいですけど。

今回は、ほぼ桐青戦です。
8巻に試合翌日の話が収録されていますが、結局は桐青戦についてばっかり話しているので、後日談も桐青戦に含めちゃっていいんじゃないかなって感じです。

結果だけ先にいっていしまうと5対4で西浦が勝利します。
あらすじでも書かれているんですが、対戦相手である桐青高校はかなりの格上。
前回優勝校。甲子園経験者が多数いる学校なわけです。

そんな相手に対し、1年生しかいない西浦が諦めずに挑む様は読んでいてもうめちゃくちゃ熱い。
前述の通り、何度も読んでいるしアニメも見ているから桐青に勝利することはしっています。
それでも面白いし、続きが気になって何冊も読んでしまうくらい引きこまれるのですからすごいです。

西浦メンツだけじゃなくて、桐青のバッテリーとか、対戦校の選手にまで感情移入できて。
三橋をホームに帰すために無理矢理あてにいった栄口くんとか、遠心力でグリップずらして打ちにいった田島くんとか、最後の花井くんのホームへの返球とか。
もうみんなかっこいい。

この試合に勝つということは、トーナメントである大会が続くって事でもあるんですが、それ以上に三橋が認められるってことが大事なんだろうな、って思って読んでいました。

GWに古巣である三星と試合して、新しい一歩を踏み出すことが出来た三橋。
でもまだそれだけだった。
三橋にとって試合で投げ続けることは他人に譲りたくないものであると同時にプレッシャーがかかるものでもあるわけで。
自身の球がダメなものだと思っているうえ、ひいきがあり腐っていた三星での期間が長かったから三橋は人に落胆されることを恐れているんですよね。
でも、西浦は違うんだよ、と。
翌日のお昼に三橋の家でカレー食べてるときの花井くんのセリフと三橋の回想での叶くんの言葉がわかりやすいかな。


少しずつ三橋が西浦メンツに馴染んでいくわけですが、三橋と田島のやりとりについていけない阿部くんに笑ってしまいました。
もうあれですよね。三橋、田島、泉の3人が絡んでるとなんだか微笑ましく感じるのは私だけでしょうか。
クラス一緒だから仲いいんですよね。
これに浜ちゃんが絡むともっと好きです。

8巻の最後で利央の兄・呂佳さんがなんとも不穏な言葉を残していますが、次巻も楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR