忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【コミカライズ】地獄堂霊界通信」の記事一覧

地獄堂霊界通信 6

地獄堂霊界 通信 6/みもり(原作/香月日輪)


先日、ようやく特装版のドラマCD聞いたので、本編を引っ張り出しまし た。
前巻紹介から時間たってしまいましたね。


【第25話 魔女の転校生<壱>】
【第26話 魔女の転校生<弐>】
【第27話 魔女の転校生<参>】
【第28話 魔女の転校生<四>】
【第29話 魔女の転校生<五>】
【第30話 上院中物語<前編>】
【第31話 上院中物語<後編>】

が収録されています。
私が購入したのは特装版なので、あらすじが記載されてないんですよねー。
箱には書いてあるかもしれないんですが、ちょっと取りに行くのが面倒なので割愛します。


【魔女】は原作完全版だと3巻に収録されていますね。
【上院中】はコミック版オリジナルになります。


まずは【魔女】。まあ、簡単に説明してしまえばタイトル通りですね。
てっちゃんのクラスへ転校してきた少女・流華が魔女だった、という訳です。

フランスで生まれ育った流華からすると、日本の小学校のレベルは低く同級生たちは"ガキ"すぎてやってらんない、となってしまうわけですね。
さらに、家系的な問題で霊的な力を持っていてそれに対するプライドもあるがゆえに、日本なんかに来たことを許せなかった、と。

そのため、てっちゃんたちやカンナと衝突してしまいます。
それでもガチンコでやりあって、友達になれたのですから良かったね、と。

後日談的な話で、カンナ、流華、流華ママの三人のおしゃべりに疲れてる日向に笑ってしまいました(笑)


【上院中】は、その名の通り、上院中での出来事――竜也兄ちゃんの周りについて描かれてます。
コミックオリジナルといいつつも、香月さん原作ですから香月さんからの話提供&監修必須だと思われます。
香月さんの作品ってあちこち繋がっているんですが、今回も繋がってますねー。

妖アパの千晶先生の従兄弟の土方先生が登場してみたり、ちょっと記憶が定かじゃない上に確認してないんで確定ではないんですが猫又のおばばに登場した風が護り神として憑いているらしい高校生くらいの男の子って、名前的に風助だったりするんでしょうか。
すっごい気になる。
今度読み直したいな、と思います。

内容的には自称霊感少女を椎名が木端微塵にする話です(笑)
怖いわ、椎名(笑)

拍手[0回]

地獄堂霊界通信 5

地獄堂霊界通信 5/みもり(原作/香月日輪)
てつし達が遠足で訪れた山で、同級生・小巻が行方不明に!
山の頂上にある神社では、今までに何人もが神隠しに遭ったという……。
級友を救うため、三人悪は「神の国」へ足を踏み入れる!


昨日読みきれなかった作品です。
香月日輪原作コミックフェアの対象商品だったんですが、応募券を切り取ったあとがありました(笑)
当たる訳ないと応募したらまさかのB賞当選したのには驚いたなぁ。


【第20話 噂の幽霊通り】
【第21話 神隠しの山<前編>】
【第22話 神隠しの山<中編>】
【第23話 神隠しの山<後編>】
【第24話 放課後スプーン曲げ】

が収録されています。
原作完全版でいうと、【幽霊通り】【神隠し】のどちらもも3巻に収録されています。
【放課後】はコミックオリジナルですが、みもりさんのコメントによると、原案・香月さんらしいです。


【放課後】はともかく、他2編は非常に重いし怖いです。
といってもホラー要素があって怖いって感じじゃないんですよね。
どう表現したらいいのかな。

【幽霊通り】は恐怖というより不安というか痛ましいというかそんな感じ。
介護疲れの上の放置で殺されたも同然のおじいさんがどうにかして家から逃げようとしているんです。
自分じゃ動けないから誰かに運んでもらおうとしているからそれが幽霊騒ぎに発展するわけです。
介護疲れってやっぱりあると思うんですよ。
てっちゃんの言うことは正しいことなんだけど、てっちゃんたちみたく強い人だけじゃないんだよ、と言いたくもなりました。


【神隠し】は畏怖とでもいえばいいのかな。
読んでいてざわっとしてしまいました。

というか、小学生verの日向可愛いですね。めっちゃエンジョイしてる。
いざというときは姿を消せるから子供の前にだけ現れてそうです。

てっちゃんたちの友達が神隠しにあってしまうんです。当然てっちゃんたちは助けに行こうとするんですが、今回の相手は神。
地獄堂のオヤジに帰ってこれないかもしれないと告げられて、てっちゃんが一人で行こうとして椎名がキレるシーンがあるんですが、めっちゃ怖い。
美人が怒ると怖いっていうけどそういうのなのかな。
無表情の大ゴマの椎名が怖かったです(笑)

というかですね、【神隠し】編の最後めっちゃ意味深。
「神様って何なんだろう…」っていうてっちゃんのつぶやきに対し、「人間のオモチャさ」と。
これガラコのセリフ?
これもある意味怖いですね。


【放課後】はタイトル通り、スプーン曲げをする話。
想像力、思い込みの排除で出来るって説明されてるんですが、てっちゃん一人上手くいかないんですよ。
てっちゃんの意志が強いから曲げられないのかなーとか思って読んでいたんですが、ラストの騒動を思えばそういう理由ではなかったよう。

それにしても、三人悪に振り回されるミッタンがかわいそうで愛しいです(笑)
そして、三人悪の力を知っているマッキーと竜也兄ちゃんは何をしたとはしらなくても何かしたとはわかってるんですね。


次の巻は新キャラ登場かな?
萌えキャラではないけど魔女っ子が登場すると思うので楽しみです。

拍手[1回]

地獄堂霊界通信 4

地獄堂霊界通信 4/みもり(原作/香月日輪)
てつし達三人悪の同級生・カンナ。
その命を狙う凶暴な妖怪が現れた!
彼女を守るため立ち上がった三人は、妖かしの抱える悲痛な想いに対峙することに……!(『森を護るもの』)ほか「幽霊屋敷」の2編収録!!


ちょっと久しぶりな気がしていたのですが、実はそうでもなかったんですね。
前巻を紹介したのは8月のことでした。


【第15話 幽霊屋敷<前編>】
【第16話 幽霊屋敷<後編>
【第17話 森を護るもの<壱>】
【第18話 森を護るもの<弐>】
【第19話 森を護るもの<参>】

が収録されています。
原作完全版で言うと【幽霊屋敷】2巻【森を護るもの】3巻に収録されています。


まずは【幽霊屋敷】
保険医の麻子の仮住まいが幽霊屋敷だという話を聞きつけた三人悪が幽霊をどうにかしようとする話です。

実家がリフォーム中でその間に鷹ノ台の立派なお屋敷を仮住まいとしているんです。そこで不可解な現象が起きるんです。
原作を読んだときはすごく物悲しい気分になったのですが、漫画だとちょっとそこまでいかなかったです。

幽霊の正体は過去にその家で座敷牢に閉じ込められた死んだ女。
原作自体が結構古い作品なんですが、それから見ても「昔」の話です。
今なら、青い目をしていようがそこまで気にされないと思うんですよ。

たいていならハーフ?ってなるだろうし、色素欠乏とかそういう遺伝子の異常なのだと説明されればそうなんだで終わるし。
どうしても気になるんなら、カラコンで隠してしまうことも可能でしょう。

でも、昔はそうはいかないわけで。家族の事情は理解していても、家族を恨むしかなかった女はすごく悲しい存在でした。


次は、【森を護るもの】
新キャラ登場してます。表紙の中央の2人ですね。
左は拝征将で右は亜月カンナ。この2人は幼なじみです。

拝くんの家はお金持ちで「拝み屋」つまりは除霊師の家系。
そんな拝くんの幼なじみをやってるカンナは、そういう幽霊とか妖怪とかの存在を見て信じているけど科学も好きというある意味すごい女の子なわけです。

そんなカンナちゃんに危機が迫ります。
カンナちゃんを襲った妖は、霊獣(イヌガミ)・日向。
彼がカンナを喰べようとしていた理由は仲間の月代を助けたかったから。

日向と月代は元々イラズの森の祠にいたんだとか。
しかし宅地開発で祠を追われ、獣姿でいるところを人間の子どもたちに攻撃されて。その傷が原因で月代は死にそうになっていたんです。
そのために、力のあるカンナを喰べて力を分け与えようとしていた、と。

最終的には、月代は消えてなくなってしまうんです。
月代を失った悲しみで荒れる日向VSてっちゃんの形になってしまうんですが、カンナはてっちゃんの攻撃から身を挺してかばうんです。 そうして絆された日向はカンナと共に生きていくことになるわけです。

なんというか、ものすごく人間の身勝手さをつきつけられた話でした。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR