忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】北村 薫」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

覆面作家の夢の家

覆面作家の夢の家 (角川文庫)覆面作家の夢の家/北村薫
12分の1のドールハウスで行われた小さな殺人。そこに秘められたメッセージの意味とは!?
天国的美貌を持つミステリー界の人気作家「覆面作家」こと新妻千秋さんが、若手編集者、岡部良介とともに、残された言葉の謎に挑む表題作をはじめ、名コンビが難事件を解き明かす全3篇を収録。作家に探偵、おまけに大富豪のご令嬢と、様々な魅力を持つお嬢様探偵、千秋さんの名推理が冴えわたる<覆面作家>シリーズ第3弾!
解説・有栖川有栖


北村薫さんの作品が3つ目になるのでカテゴリ作りました。
でも、これから先増える確率はちょっと低かったりします。
この方の作品は多分自分では買わないので図書館から借りることになりますが図書館にあんまりなかった気がするんですよね……。


シリーズ第3弾にして完結作です。

【覆面作家と謎の写真】
【覆面作家、目白を呼ぶ】
【覆面作家の夢の家】


の3編が収録されています。

毎度のことながら220ページ弱とかなり薄目の作品なのでさらりと読めました。
もしかしたら1時間かからずに読んでしまったかもしれません。


前作の感想で「良介と千秋さん、優介と静さんの関係がどう発展してくれるか楽しみ」みたいなこと書いてるんです。
読んで驚きました。
『謎の写真』で優介と静さん結婚してしまいました。
いやー早いなぁ。

個人的に、表題作である『夢の家』が一番好きでした。
人を殺さないで、ダイイングメッセージネタが出来るのだなぁ、と感心してしまいました。
ある意味、作中作ですね。

『目白を呼ぶ』ではマルハナバチファンクラブなるものが登場するのですが、実際に存在するっぽいですね。
すごいなぁ。ネットで写真を見てみましたが、私はあんまり可愛いとは思えませんでした。
ただ、手にのせてる写真がいくつもあって、すごいなーとは思いましたけど。


物語的にはまだまだ続きそうではありますが、これで終了です。
ちょっともったいない気もします。
買ってまで読みたいとは思わないけど、図書館で新刊を見つけたら借りてこようと思うくらいには好きだったので。

良介と千秋さんの仲はだいぶ進展しました。
でも、最後の展開からして、良介は『外弁慶』のあの活発なお嬢様はもう見られないってことなんだよなぁ、とちょっと考えてしまいました。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

覆面作家の愛の歌

覆面作家の愛の歌 (角川文庫)覆面作家の愛の歌/北村薫
ペンネームは覆面作家――本名・新妻千秋。天国的美貌でミステリー界にデビューした新人作家の正体は、大富豪の御令嬢。しかもかの邪は現実に起こる事件の謎までも鮮やかに解き明かす、もう一つの顔を持っていた!春のお菓子、梅雨入り時のスナップ写真、そして新年のシェークスピア……。三つの季節の、三つの事件に挑む、お嬢様探偵の名推理。人気絶頂の北村薫ワールド、<覆面作家>シリーズ、第二弾登場!


あんまり重たくないミステリーが読みたいなぁ、と思ってこの作品を取り出してきました。
以前紹介した覆面作家は二人いるの続編というかシリーズです。
ぶっちゃけ見るまですっかりわすれていました。


【覆面作家のお茶の会】
【覆面作家と溶ける男】
【覆面作家と愛の歌】


の3編が収録されています。
あらすじにもあるとおり、春の話、梅雨時期の話、新年から2月くらいまでかな?
そんな時期の話が収録されています。


以前も書いたとおり、可もなく不可もなくといった感じ。
300ページ弱と前巻にくらべてちょっと厚めなのですが、それでも気にせず読めました。
私が2時間かからず読めましたから、一般書としてはかなり読みやすいといえるのではないでしょうか。

ただ、表題作でもある『愛の歌』のなぞ解き(というかトリック解説)に関しては若干理解に時間がかかりましたが。

私ああいうのってどうも苦手なんですよね。
図解されてしまうと逆に訳わかんなくなってしまうというか。
だから、怪盗右京からの挑戦状とかも理解するまでにかなりかかった記憶があります。

まあ、私がひねくれてるだけであって普通図解されている方がわかりやすいと思いますけど。


『お茶の会』と『溶ける男』に関しては私でもある程度、わかりました。
まあ、こうじゃないかな?という程度でしたけど。

私、ミステリーは結構読んでいるんですが、犯人当てを自分でしようと思わない性質なので、特に注意してヒントを探して……とかしないんです。
そう考えればミステリ的な難易度としては、『愛の歌』だけかなり高いのかもしれませんね。


良介(弟・出版社勤務)と千秋さん、優介(兄・警察官)と静さんの関係がどう発展していってくれるのかちょっと楽しみ。
でもまあ、シリーズはあと1冊なので、そう大きな発展はしないで終わってしまいそうですけどね。
いつか読んで紹介したいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

覆面作家は二人いる

覆面作家は二人いる (角川文庫)覆面作家は二人いる/北村薫
姓は<覆面>、名は<作家>――本名・新妻千秋。天国的な美貌を持つ弱冠19歳の新人ミステリ界にデビューした。
しかも、正体は大富豪の御令嬢……ところが千秋さんには誰もが驚く、もう一つの顔があったのだ!?
『推理世界』の若手編集者、岡部良介を混乱させながら、日常世界に潜む謎を鮮やかに解き明かすファン待望のシリーズ第一弾。お嬢様名探偵、誕生!
<解説 宮部みゆき>


今月はじめにあった古本市で手に入れたものです。
結構保存状態が良かったんですが、背表紙のデザインが古いものだったので、いったいいつ発行のものなのかな?と疑問だったのです。
初版は平成9年。私が手に入れたものは第三版で平成10年のものでした。
結構古いんだなぁ。


『覆面作家のクリスマス』
『眠る覆面作家』
『覆面作家は二人いる』

3作が収録されています。


読んだ感想としては可もなく不可もなくといった感じ。
お嬢様の設定だとか、双子の会話だとかは好きでしたが、物語全体を見たら私の好みってわけではなかったです。
古本市で買ったからそこまで気になりませんが、新品で買ったらちょっと残念な気持ちになったかも。
新品で買うほどではないかな。
図書館で借りてくるとかそんな感じがちょうどいいかも。

でもシリーズ3作目まで購入してしまったので、そこまで読みたいと思います。


上でも書きましたが、お嬢様の設定がなかなかおもしろい。
内弁慶ならぬ外弁慶。

普段は大人しい人見知りとかしちゃうようなお嬢様なんですが、一歩屋敷の敷地から飛び出すとスポーティーな格好をして蓮っ葉な行動をとるようになるんです。
二重人格でも双子でもなく同一人物。
なぜこんな面倒な言動をとるようになったのかが気になりました。
どちらのお嬢様も『新妻千秋』であることは間違いないのですが、どちらかの性格に統一されることはあるのでしょうかね。
シリーズ3作目までじゃそこまでは語られないかな?


リョースケは双子で、兄・優介は警察官なんですが、いくら身内だとはいえ、こんなに口が軽くていいのかなー、と思ってしまいました。
マジメであることは確かなんですが、どこか抜けているというか、間抜けというか……。
嫌いじゃないですけどね(笑)

残り2作もいつか紹介したいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR