忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】幹元 ヤエ」の記事一覧

十十虫は夢を見る 5

十十虫は夢を見る 5/幹元ヤエ
昭和4年の東京市。
喫茶『十十虫(てんとうむし)』の常連客・高月の『お告げ』に導かれて姿を現したのは、美和子にうりふたつの女性だった。
彼女はある男から逃げているようで!?
予言少年・高月とウェイトレス・美和子が帝都東京で大暴れ!
話題の昭和モダン・ファンタジー第5弾!!


先日購入してきた1冊です。
ようやく読めました。


【第21回 思ひ出橋のたもとで(前編)】
【第22回 思ひ出橋のたもとで(後編)】
【第23回 記憶の一葉】
【第24回 夜の蝶と蜘蛛の糸(前編)】
【第25回 夜の蝶と蜘蛛の糸(中編)】
【第26回 夜の蝶と蜘蛛の糸(後編)】

が収録されています。

これの続刊ですが、結構久しぶりだなぁと思っていたらカバーの折り返しで作者さんもコメントされてましたが、1年 ぶりの新刊らしいです。道理で久しぶりな気がするわけです。

今回は高月くんの活躍が薄いような気がするなぁ。
【思ひ出橋】で夢でお告げはするものの、実際に動くのは美和子と八研のモモ。
【記憶】は高月くんの過去話というか記憶の話ですが、辛い記憶に一石を投じて可能性を見出したのは美和子。
【夜の蝶】は、あらすじにある話なんですが、美和子がひどい目にあってるだけのような……。

うん、まあ美和子もただ守られているだけのヒロインじゃないし、戦闘力という意味では美和子の方が上だからそうなるのも仕方ないのかもしれませんが。

作者も自覚しているみたいだし、前にも書いた記憶があるんですが、この作者さん本当におじさんを書くの苦手ですよねー。
というか、少年少女青年あたりまでが限界っぽい。
おじさんおばさんに本当に見えないんですよね……。
メインのキャラが少年少女青年なので、どうにかなってるんですがゲストキャラがおじさんだとすごくもったいない気分になります。


高月くんの腹違いのお兄さんが今回登場してるんですが、非常に怖いです。
不穏な雰囲気とでもいえばいいのでしょうか。
どうもトラブルを持ち込みそうというか自分からトラブルを起こしそうというか……。
今巻の引きが引きなだけに次巻が非常に心配です。

次巻の発売については特に明記されていません。
今回こんなに刊行が贈れたのは別の連載を抱えていたからなのかな?
同時発売の漫画だけでなくて、なんかのコミカライズもやっていたはずなので。
次巻はこんなに間が空かないことを期待します。

拍手[0回]

十十虫は夢を見る 4

十十虫は夢を見る 4/幹元ヤエ
昭和4年――東京は本郷区にある喫茶『十十虫(てんとうむし)』に、珈琲片手に読書に耽る一人の高校生がいた。
実は彼には秘密があって…!?
不真面目高校生・高月と熱血ウェイトレス・美和子が綾なす、昭和モダン・ファンタジー!
高月の学校生活が明かされる!
ますます目が離せない第4弾!!


昨日購入してきた十十虫、早速読みました。
この作品を買い逃してないことが自分でもびっくりです。


【第16回 月と箱庭と(前編)】【第17回 月と箱庭と(後編)】
高月くんの学校で起きた事件の話。

腐女子としては寮生活ってだけでテンションあがって萌えるんですが、すいません。
これには萌えられませんでした。
なんでだろう……?
多分、萌えるには情報が少ないからかな、と。

一気にキャラクターが登場することもあり、キャラを把握する前に話が終わってしまいました(笑)
今後また高月くんの学友が登場することに期待かな。

「高校生」と表記こそ同じですが、現代と当時ではかなり感覚が違いますね。
高月くんって相当頭いいんだろうな。


【第18回 愛しいあの子のお人形(前編)】【第19回 愛しいあの子のお人形(後編)】
津吹さんの同僚・音々ちゃんと不良中学生・吾妻くんの話。

中学生といっても、前述の通り現代の感覚とは違うのでその辺は留意しておかないとダメですね。
音々ちゃんが「もうすぐ20歳」で、吾妻くんが19歳ってことなので、年齢的には問題ないんですが、中学生ってあったのでちょっと考えてしまいました(笑)

吾妻くんってどっかで見たことあるようなキャラなんですがちょっと思い出せなくてモヤモヤします。
今回登場するキャラクターの中では1番好きかも。

色々あってぐれちゃってた吾妻くんですが、音々ちゃんに振り回されつつも幸せになるんでしょうね。
再登場希望です。


【第20回 17になった日―渋谷にて―】
美和子ちゃんの誕生日の話。

ハチ公ってこの時代なんですねー。
正直、あとがきの豆知識(ハチ公の片耳がたれてる理由)の方が楽しかったです(笑)

えー、先生がガチで高月くんを狙っていてビビリました。
高月くんって本を与えたらついていっちゃいそうでちょっと不安です。

美和子ちゃん、誕生日なんですがあんまりいい目見てなくて。
ちょっと可哀相でした。
まあ、高月くんが夢の内容を知らないから仕方ないんでしょうけどね。


【短編 打ち水の女】
打ち水が好きな奥様の話。

高月くんが夢でしか登場しません。
正直、この時代のことに詳しいわけでも何でもないんで「なるほど」と。

この若奥様は憧れというか、目の保養というかそういうのだったってことなんですね。


そろそろ高月くんの夢について深く掘り下げてほしいなぁ、と思いました。
次巻については不明。買い逃さないように注意してこうと思います。

拍手[1回]

十十虫は夢を見る 3

十十虫は夢を見る 3 (ボニータコミックスα)十十虫は夢を見る 3/幹元ヤエ
昭和4年、東京にある喫茶『十十虫(てんとうむし)』。
そこにはどうやら"予言の力を持つ少年"がいるらしい。
彼を頼ってやって来る人達の悩みとは…?
珈琲党の高校生・高月と柔道家の娘・美和子が紡ぐ、昭和モダン・ファンタジー、絶好調の第3弾!!


この間買ってきた「十十虫」です。読みは「てんとうむし」ですが、造語ですから変換できるわけもなく。
毎回「じゅうじゅうむし」って打つのが若干面倒なので単語登録してしまおうか……。でも、そこまで多様する言葉でもないし、いいかな?
幹元さんの作品も3作目なのでカテゴリ作りますね。


【第11回 大事な友達】
【第12回 記憶の漣】
【第13回 三つの鍵】
【第14回 "あの日"を見つけて(前編)】
【第15回 "あの日"を見つけて(後編)】


が収録されています。
11話として収録されている【大事な友達】は2巻に前後編をきりよく納めるために省かれた話なんだとか。

そのため、時系列がちょっとおかしなことになっているようですが、まあそこまで気にすることじゃないですね。

【大事な友達】は美和子の友人・ユキヱちゃんがゲストキャラ。
いくら美人とはいう設定だとはいえ10歳の子供に手を出そうとしたロリコン医者にはもっと罰を与えても良かったんじゃないかなんて思ってしまいました。
あとはそうだな、高月くんに粉かけてるのは美和子への意地悪目的だってのはすぐにわかりました。
正直、ユキヱちゃんはあんまり美人に見えませんでした。

【記憶の漣】に人妻・世津子さんが登場してるんですが、ゲストキャラの中で世津子さんが一番かわいい。
てかこの夫婦がかわいいんですね。
はた迷惑な夫婦だけど、こういうのもたまにはいいですね。

【三つの鍵】は高月くんの従妹・蕾花が登場しているわけですが、すっごい百合っ子でした。ええびっくりしました。
まあ、百合といっても在学中だけの疑似恋愛ってことなんでしょうが。
この蕾花さん。実は高月くんの腹違いの妹なんだとか。
2ヶ月違いで生まれた2人ですが、高月くんのお母さんはお妾さん、蕾花は本妻から。
この時代ならありえるんでしょうが、ぜったい揉める組み合わせですよね。
せめて男女逆ならそうでもなかったんでしょうけど。
秘密を打ち明けたことで美和子とちょっと距離が近づいたかな、って話でした。

【"あの日"を見つけて】は読んでいて悲しくなりました。
震災時以前の記憶をなくした少女ユキがゲストキャラ。
ユキの無表情は今だとちゃんと病気(PTSDとかになるのかな?)として理解されるんでしょうけど、当時じゃ無理な話ですよね。
喫茶とカフェーの違いとか全然知らなかったので勉強になりました。
お父さんの判断もわかるけど、ユキこと結衣子の気持ちもわかるわけで。
戦争時の上野の象とかと通じるものがあるなぁと思って読んでいました。
まあ、こちらが天災が原因であるのに対し、上野は戦争――人災が原因ですから比べちゃいけないのかもしれませんけどね。
きちんとお父さんのもとに戻れてよかったです。


あとがきで能美くんやモモの存在に触れられているんですが、モモはともかく能美くんって初期のみのゲストキャラだと思っていたのですが、準レギュラーキャラになるんですね。
ちょっとびっくりしてしまいました。
次巻は年明けくらいかな?この作品、発売されていることに気付きにくいので気をつけていなければ。

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR