忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】堀越 耕平」の記事一覧

僕のヒーローアカデミア 1

僕のヒーローアカデミア 1 緑谷出久:オリジン/堀越耕平
多くの人間は"個性”という力を持つ。だが、それは必ずしも正義の為の力ではない。しかし、避けられぬ悪が存在する様に、そこには必ず我らヒーローがいる!
ん?私が誰だって? HA-HA-HA-HA-HA!
さぁ、始まるぞ少年!君だけの夢に突き進め!
"Plus Ultra"!!


先日、購入してきた堀越さんの新作になります。
完璧作者買いなので、内容は全く知りませんでした。


【No.1 緑谷出久(みどりやいずく):オリジン】
【No.2 うなれ筋肉】
【No.3 入試】
【No.4 スタートライン】
【No.5 はりさけろ入学】
【No.6 今僕に出来ることを】
【No.7 服着よう?】


が収録されています。
この作品、「僕のヒーロー」という赤マル掲載の読切漫画が元となってます。
タイトルからしてもしかして?と思っていたのですが、やはりそうだったようです。
連載になるにしたがって、ヒーローに憧れる主人公というのは変わっていないものの、登場人物の年齢は大幅に下げられています。
ついでにヒロインらしいヒロインも登場してます。
でもヒロインの名前、麗日お茶子(うららかおちゃこ)ってどうなの?


物語の内容としては、約8割の人々が特異体質(というか能力)を持つ世界が舞台。
その体質は「個性」として認められており、個性を生かして敵を倒すヒーローがもてはやされています。

主人公の出久・通称デクはヒーローに強い憧れを持ちながらも、個性を持たない無個性であり、落ちこぼれ扱いされていました。

そんなデクが、世界ナンバーワンヒーロー・オールマイトに見出されてオールナイトの能力・「ワン・フォア・オール」を受け継ぎ、ヒーロー科のある高校で様々な試練に立ち向かっていくことになる、というのが基本的なストーリー。


面白いですよ?面白いけど、ぶっちゃけオールマイトのキャラというかテンションについていけないです(笑)
一人だけノリがアメコミなんですよねー。
アメコミ読んだことないんで、イメージでしかないんですが。

ぶっちゃけた話、もし私がジャンプで立ち読みしたとしたら1話の途中で飛ばしていたと思います。
最近、立ち読み5分もしないのでどうせ買うからいいやで次の漫画読んだかな、と。
でも1話きちんと読むと続きがデクがどう成長していくのか気になって仕方ないですね。


1巻後半では、クラスメイトたちの能力なんかも明かされてますが、かなり個性的なキャラばかり。
多分、もうちょっと話が進めば個々のキャラクターについても掘り下げられるでしょうから、どういう話が出てくるのかが今から楽しみです。

途中で能力の条件やデメリットがあることが説明されていくにつれ、なんかどっかでこんな話読んだことあるような?と思ったんですよ。
今わかりました。たぶん、うえきの法則だ。うえきの限定条件と近いものがあるんですね。
相澤先生の能力で引っかかったのも納得です。
うえきにドグラマンション編で登場したユンパオの限定条件が『目を見開いている間』だったので。


個人的には1話から登場している勝己が気になります。
デクの幼馴染で、「デク」と呼び始めたのもこの子が最初っぽい。
しかしながらデクに対してのあたりがかなりひどいんですよね。

プライドの高い彼は"唯一"になりたかったらしく、自分と同じ道を行くデクが邪魔だと思ってるんだろうな、と。
ですが、きっとそれだけじゃないよなぁ。
もっと深い所で何かあるんだと信じてます。

あと、デクが無個性であったことを唯一知っているキャラなのでそれが今度どう影響してくるのか……。

勝己のキャラクター紹介欄で堀越さんが「丁寧に取り扱っていきます。」と書かれてるんで、期待してます(笑)

何故かカバー裏で次巻予告されてるんですが、次巻では色々あってデクが人混みに流されるそうです。どういうこと?

拍手[0回]

戦星のバルジ 2

戦星のバルジ 2 (ジャンプコミックス)戦星のバルジ 2 戦星のアストロ/堀越耕平
異星人により侵略され、憲兵隊までも手先となった街を奪還する為、アストロ達は敵の下へ突き進む! だが、"王具(オーグ)"をも跳ね返す暗黒の力が、全てを覆い尽くさんとしていた。さらに、アストロの過去を知る者も現れ!?


先日購入してきたバルジです。
おまけページがたくさんあるのは嬉しいんですが、打ち切り作品であるがゆえの多さはちょっと悲しいですね。


【第8話 ティコ】
【第9話 アストロの過去】
【第10話 暗黒(ダーク)エネルギー】
【第11話 甦る"王具(オーグ)"】
【第12話 決意新たに】
【第13話 敵と会う】
【第14話 歪んじまった悲しみに】
【第15話 各々決着】
【最終話 戦星のアストロ】
【番外編】
【おまけマンガ】


が収録されています。
【番外編】はNEXTに掲載されたもの、【おまけマンガ】は「戦星のバルジがドラマだったら」みたいなifストーリーです。
堀越先生、NEXTでシャワーネタ多いですね。やっぱり袋とじだからなのか……。


全16話で打ち切られてしまった作品ということもあり、展開がかなり早いです。

帯に「アストロ出生の秘密が明らかに…!!」とあるんですよ。
ジャンプ掲載時に全く読んでいなかったので(立ち読み時に掲載位置を確認するくらい)、見当違いの推測をしていました。

双子とかなんだろー?と思っていたら、それの斜め上を行く展開に素直に驚いてしまいました。
暗黒(ダーク)エネルギーすごすぎるでしょう。
何がすごいって、15年も誰も気付かない上に不具合が起きなかったってことですよ。
いやー、びっくりです。

ブラックに関しては、連載がもっと続いていたらこの位置では登場していなかったんだろうな、と思います。
彼は中ボスでしょうけど、大事な情報を知っている人物でもあるわけで。
アストロ=バルジであることを本人に告げず、読者に明かされてもそれはそれでよかったんだろうなと思いました。

むしろそっちの方が個人的には良かったかも。
それで「やはり運命は変えられぬか」とか言って意味ありげな出演でも良かったかなーと。
まあ、今更言ってもどうしようもないんですけど。


王はバルジが偽物であることを知らずに愛情を注いでいました。
それを慮って、バルジが偽物であり、アストロは自身が本物であることを報告しようとしたティアマトを止めます。

アストロは本当に優しい子どもです。
家族思いの優しい子どもであるからこそ、こういう話になったんでしょうね。


堀越先生の次回作に期待したいです。

拍手[0回]

戦星のバルジ 1

戦星のバルジ 1 (ジャンプコミックス)戦星のバルジ 1 つらぬくもの/堀越耕平
悪しき異星人が平和を乱し、王家の統治が揺らぎ始めた星インダストリア。この星は今“戦星の世”――。街はずれに住む、貧乏だが、家族想いの少年・アストロは、ある日、自分とソックリの謎の少年と出会った事で…!?


先日購入してきたバルジをさっそく読みました!
帯でオーマガの華ちゃんが登場していておまけページが楽しみだったんですけど、あれだけなのね……。


【第1話 つらぬくもの】
【第2話 星の王子様】
【第3話 王子の仕事】
【第4話 スタート】
【第5話 実践教育】
【第6話 家族(たみ)か己か】
【第7話 決意のアストロ】


が収録されています。

物語の内容としては「王子と乞食」(ミッキーの王子と少年のがわかりやすい?)や、とりかえばや物語に近いかな。
どちらもあらすじくらいしか知らないんですけど、ようは「よく似た人物の地位におさまってしまった人物の話」ってことです。

上記2作と違うのは、王子だったバルジが死んでしまい、貧乏人アストロを演じる人物がいないということでしょうか。
まあ、アストロに関しては子供たち(チマ、スンタラ、オキクナ、マクロ、ショウ、リトルらしいです)さえ手元に置いてしまえば気にするような人物がいなさそうなので、そう問題はないんだと思いますが。

よく似たアストロが周囲の協力を得、バルジの振りをして民に希望を与えていくといったお話。

私は嫌いではありませんでしたが、この手の話がジャンプで生き残るのは厳しいんですよね。
すでに連載は終了しコミックスの発売を待つばかりになっています。
おまけページのキャラ設定のコメントが過去形でちょっと悲しくなりました。
2巻の表紙とおまけを書いてしまえばもうアストロを書くこともないんでしょうが、せめて現在進行形で書いてほしかったです。


アストロがティアマトと一緒に旅に出る訳ですが、これティアマトの苦労が耐えないんだろうなぁ。
アストロは、いい子です。とてもいい子なんですがバカなんですよ。
バカ正直でまっすぐで、家族のことを思うなら自分が犠牲になることを厭わない。そういう子。

アストロのそのまっすぐさは美徳です。
家族を人質にとられたら自らの身を投げ出して家族を助けるものの、家族もろともやられてしまいそうになって。
でもそれを周りが放っておけなくて助けに入ってもらえる。
そんな影響力を持った子。

ただし、生きていてもらわないと困る「王子」としては自分の身を投げ打たれちゃたまったもんじゃないですよね。
いかにして自分と民を守るか、守らせるか。それが両名の課題となりそうです。


死んでしまったとされるバルジ王子。
彼、別に死んでないんじゃないかなと思うのは私だけでしょうか。
腕をふっとばされてその体は地上へと落ちていますが、死体の確認はされてません。
ハガレンの機械鎧(オートメイル)みたいなギミック満載の義手をつけて再登場していい気がするのですが。
ジャンプ連載時に読んでいないのでいったいどうなるのかわからないんですよねー。


2人はマセイルなる都市へ向かったものの謎の少女へ「憲兵隊であること」から街へ入ることを阻まれたってところで次巻へ続きます。
普通に考えて次巻は12月かなと思ったら、違うんですね。来月、11月に次巻が発売されるようです。
ちょっと残念ですが、楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR