忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【ノベライズ】相棒」の記事一覧

相棒 season3 上下

相棒 season3 上/碇卯人(脚本/輿水泰弘他)
首相補佐官の謎の詩を巡って永田町に鋭いメスを入れる特命係。一方、美和子に男の影が……どうする、薫! 劇場版への重要な布石となる「双頭の悪魔」、人間の残酷な性が複雑な余韻を残す「女優」、公安刑事の悲哀漂う衝撃のラストが印象的な「潜入捜査」ほか大作が目白押しのノベライズ第5弾”
≪連続ドラマ第3シーズンの第1話~第9話を収録≫
相棒 season3 下/碇卯人(脚本/輿水泰弘他)
時効の陰に隠れた被害者遺族の哀しみを描き、シリーズ最高作とされた「ありふれた殺人」、死んだ浅倉禄郎が登場しファンを喜ばれた「大統領の陰謀」、尼寺を舞台に人間存在の深刻なテーマに発展する大作「異形の寺」など、リアリティを追及する社会派ミステリの真骨頂を示すシリーズ第6弾!
≪連続ドラマ第3シリーズの第9話~第18話を収録≫


上巻は数日前に読み終わっていたんですが、下巻を読むのに時間がかかってしまいました。
年始から小説ばっかり紹介してきましたが、そろそろいろいろきついので、漫画が増えそうです。


【第1話 双頭の悪魔】「第1話 双頭の悪魔」
「第2話 双頭の悪魔2~堕天使」「第3話 双頭の悪魔3 完結編~悪徳の連鎖」
【第2話 女優】「第4話 女優~前篇」「第5話 女優~後編」
【第3話 第三の男】「第6話 第三の男」
【第4話 誘拐協奏曲】「第7話 誘拐協奏曲」
【第5話 潜入捜査】「第8話 潜入捜査」
が上巻に、
【第6話 ゴースト】「第9話 ゴースト~殺意のワイン」
【第7話 ありふれた殺人】「第10話 ありふれた殺人~時効成立後に真犯人自主!?」
【第8話 予告殺人】「第11話 予告殺人~狙われた美人姉妹の謎」
【第9話 警官殺し】「第12話 警官殺し~銃に残された赤い指紋」
【第10話 薔薇と口紅】「第13話 薔薇と口紅~名門殺人学園の美女」
【第11話 殺しのピアノ】「第14話 殺しのピアノ」
【第12話 人間爆弾】「第15話 人間爆弾」
【第13話 書き直す女】「第16話 書き直す女」
【第14話 大統領の陰謀】「第17話 大統領の陰謀」
【第15話 異形の寺】「第18話 異形の寺」
が下巻に収録されています。
後の「」はテレビ放送時の話数とタイトルです。

上巻のあらすじに「第1話~第9話を収録」ってあるんですが、どう見ても8話ですよねー。


シーズン3はほとんど覚えていませんでした。
このころはまだちゃんと見ていたはずなんだけどなぁ。
【双頭の悪魔】をなんとなく覚えている程度っていうんですから、ひどいです(笑)
【異形の寺】に見覚えがあるのはこの間再放送していたからだしな。


シリーズがちょっと長くなってきたからなのか、今回は動きが多いような気がしました。
薫ちゃんと美和子の関係に亀裂が入ってみたり、右京さんが首になったり(結構すぐに撤回されましたが)とそういうの。

読んでいる最中、薫ちゃんと別れてからも美和子がほぼレギュラーで登場していたのにちょっとイラッとしていたんですが、よくよく考えればたまきさんと右京さんみたいな関係になる、と思えばそうおかしくはないのかな。
シーズン3でかたがついたような形になっているので、次のシーズンから美和子がどうなるのかが気になります。
放送当時や再放送もそれなりに見てるはずなんですが、記憶にあるのがどのシーズンの話かとか全然わかんなんですよねー。
まあ今度、シーズン4のノベライズを読んだらわかりますね。


あ、今回から陣川くん登場してます。
陣川くん=熱意とは裏腹に空回りするちょっとかわいそうな人ってイメージだったんですが、それは最初からだったんですね(笑)


前にも書いた気がしますが、このノベライズはあくまでドラマのノベライズの域を出ないな、というのが正直な感想。
ミステリーにはなりえないとでもいえばいいでしょうか。
謎解きだとかそういう要素はかなり薄いです。

まあ、私は見逃したドラマの内容を補完する&昔すぎて忘れてしまっている話を思い出すという意味合いでこのノベライズを読んでいるので、いいんですけど。
ミステリーだと思って買った人には物足りないと思います。

拍手[0回]

相棒 season2 上下

相棒 season2 上/碇卯人(脚本/輿水泰弘他)
警視庁特命係が解散し、杉下右京はロンドンへ旅立ち、亀山薫は運転免許試験場へ異動となった。そんなある日、"平成の切り裂きジャック"こと死刑囚・浅倉が脱獄! それは右京と薫に、ある女の逮捕を依頼するための決死の行動だった――。ふたりの相棒があらゆる犯罪者を追い詰める!
《連続ドラマ第2シーズンの第1話~第10話を収録》
相棒 season2 下/碇卯人(脚本/輿水泰弘他)
神隠しの謎を解き、氷女の心を溶かし、ある時は薫が襲われながらも、16人同時誘拐や犬の誘拐という珍事件までも次々と解決する右京と薫。死刑囚・浅倉の死の真相と、その裏に隠された真相とは……? 親友の汚名をそそぐため、真実を明らかにするため、特命係のふたりが巨悪に立ち向かう!
《連続ドラマ第2シーズンの第11話~第21話を収録》


毎度かなりの間があいてしまう相棒のノベライズです。
これで3つ目の記事になるので、カテゴリ作りますね。


【第1話 特命係復活】「第1話 ロンドンからの帰還 ベラドンナの赤い罠/第2話 特命係復活」
【第2話 殺人晩餐会】「第3話 殺人晩餐会」
【第3話 消える銃弾】「第4話消える銃弾」
【第4話 蜘蛛女の恋】「第5話 蜘蛛女の恋」
【第5話 殺してくれとアイツは言った】「第6話 殺してくれとアイツは言った」
【第6話 消えた死体】「第7話 消えた死体」
【第7話 命の値段】「第8話 命の値段」
【第8話 少年と金貨】「第9話 少年と金貨」
【第9話 殺意あり】「第10話 殺意あり」

【第10話 秘書がやりました】「第11話 秘書がやりました」
【第11話 クイズ王】「第12話 クイズ王」
【第12話 神隠し】「第13話 神隠し」
【第13話 氷女】「第14話 氷女」
【第14話 雪原の罠】「第15話 雪原の殺意/第16話 白い罠」
【第15話 同時多発誘拐】「第17話 同時多発誘拐 消えた16人の子供達」
【第16話 ピルイーター】「第18話 ピルイーター」
【第17話 器物誘拐】「第19話 器物損壊」
【第18話 1/2の殺意】「第20話 1/2の殺意」
【第19話 私刑】「第21話 私刑~生きていた死刑囚と赤いベルの女~」

が収録されています。
後の「」はテレビ放送時の話数とタイトルです。

結構覚えているなぁ、と思う一方で全く覚えていない話もありました。
1話、11話、15話、19話あたりは結構ちゃんと覚えてました。
その一方で、4話、14話、17話とか全く覚えてなかったし、
大河内さんの錠剤=ラムネってのはなんとなく覚えていたものの事件そのものは全く覚えていないという状態です。

まあ、初回放送が2003年から2004年にかけてと10年くらい前らしいので仕方ないのかなぁ、と。
口絵に当時のドラマのシーンのカットがいくつもあるんですが、母と一緒に出演者たちが「若い!」と騒いでました。
2時間ドラマ時代から夢中になってみていたんですが、10年立てば記憶も薄れてしまいますね。。
きっと覚えているものも、大半は再放送の際の記憶なんだろうなぁ。


上記の通り、記憶のあるものもそれなりにあったのですが、細部は忘れてしまっているので十分楽しめました。
前のときも書いた気がするのですが、やっぱり私この作品のメインキャラクター達大好きです。
米沢さんや、伊丹さんが出てくるだけでなんかにやけてしまうんですよね(笑)
物語の本筋である事件を追っていくのはもちろん、登場人物たちとの掛け合いも楽しくて。

何故か私の中で、浅倉はまだどこかで生きているイメージがありましたが、セカンドシーズンで死んでいたんですね……。
なんかちょっと空しくなってしまいました。

この辺から、特命係が巨悪というか組織に逆らおうとしている描写が多くなってきましたね。
彼らはこれからもまだまだ様々な敵に挑んでいくわけですね。
というか、私の中でお偉いさんたちの顔と名前が一致してないのがまずい。
さすがに官房長はわかりますけど、それ以外は正直……。
口調と周りとの関係性から「あの人かな?」と推測して読んでましたが、きちんと一致させてからノベライズ読むべきだな、と思いました(笑)

拍手[0回]

相棒 season1

相棒season1 (朝日文庫 い 68-2)相棒 season1/碇卯人(脚本/輿水泰弘、櫻井武晴、砂本量)
警視庁の窓際部署、特命係に所属する杉下右京と亀山薫。贈収賄、警察の不祥事、少年犯罪、催眠術などあらゆる事件に首を突っ込み、右京の推理と薫のヤマ勘で次々と解決へと導く。そんなとき、右京が狙撃されるという事件が! 15年ぶりに明かされる右京の過去、特命係の秘密とは。
≪連続ドラマ化された最初のシーズンの全12話を収録≫


かなり久しぶりですが、相棒のノベライズです。
2時間ドラマ版のノベライズを読んだのが2010年12月!?
いやー、本当に久しぶりですね。


前作で2時間ドラマ3本分のノベライズをしているので、ここからはきっと皆さんが想像する連続ドラマ「相棒」のノベライズになります。
あまりにも長いことやっているので、元々は2時間ドラマだったってこと知らない人以外と多いんですよね。

【第1話 虚飾の城】
「第1話 警視総監室にダイナマイト男が乱入! 刑事が人質に!? 犯罪の影に女あり…」
【第2話 妄言の果て】
「第2話 教授夫人とその愛人」
【第3話 亀山薫の憂鬱な日々】
「第3話 秘密のアイドル妻/第4話 下着泥棒と生きていた死体」
【第4話 小さな目撃者】
「第5話 目撃者」
【第5話 殺しのカクテル】
「第7話 殺しのカクテル」
【第6話 杉下右京の非凡な日常】
「第6話 死んだ詐欺師と女美術館長の指紋/第9話 人間消失」
【第7話 仮面の告白】
「第8話 仮面の告白」
【第8話 最後の灯り】
「第10話 最後の灯り」
【第9話 特命係、最後の事件】
「第11話 右京、撃たれる 特命係15年目の真実/第12話 午後9時30分の復習 特命係、最後の事件」

9話が収録されています。
後のカギカッコのものが、テレビ放送時のタイトルを当てはめてみました。
タイトルが変わり、かつ12話だったものが9話に改変されているのですが、タイトルと主要キャストからこうなるはずです。
間違ってたらごめんなさい。

それにしてもドラマ版1話のタイトルが2時間ドラマっぽいのは2時間ドラマの名残なのかな?

読み終えた感想としては、やっぱり私薫ちゃん好きだなぁというものでした。
まっすぐすぎて馬鹿正直な薫ちゃん。憎めません。

主要登場人物同士のやりとりがすごく「らしくて」読んでいてすごく楽しかったです。

薫ちゃんと伊丹さんとかね。もうお前らかわいいな!って感じでした。
いつも通りの「特命係の亀山ぁ」も好きなんですが、今回はあんパンのくだりの方が好き。
2人で一緒に見張ってる場面あって、その時のやりとりがいいんですよ。
「飯は食ったのか?」からの「まけろよ、そのくらい」のくだり。
ライバルというか、腐れ縁なんだろうけどお互いを意識しすぎて反発しあっている感じなんですよねこの2人。

あとはそうですね。角田さんとか米沢さんとかその辺と絡んでいるのもよかったです。


この頃、私は相棒大好きだったんで(最近はあまりにも長くなりすぎて飽きてきたというか……ほとんど見てません。薫ちゃんと右京さんのコンビが大好きだったってのもあるんですけどね)、
たいてい見ているはずなんですが忘れてしまっている事件が思っていたよりあってびっくりしました。
放送自体10年以上前(2002年)のものですから、仕方ないのかもしれませんけどね。

テレビ版4話、9話、11話、12話らへんはちゃんと覚えてましたけど。

テレビ版を身返したいなぁと思いました。
レンタルでDVDあるかな?今度見てきたいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR