忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】榊 健滋」の記事一覧

エニグマ 7

エニグマ 7 (ジャンプコミックス)エニグマ 7 トゥルーエンド/榊健滋
ドクロを欲するカニバルの正体と、その目的とは!?
窮地に立つスミオ! 喰われた仲間達の救出は!? そして戦慄の真実が明らかに!!
スミオは全員の運命をかけ、最後の煙害をドクロに告げる…!! 衝撃の完結巻!!


最終巻を迎えたエニグマです。
正直、e-test編で終わった方がよかったんじゃないかな、と思わされる話でしたし、細かな点にはいろいろとつっこみたかったですけど、続きが気になるという点ではなかなかおもしろい話だったと思います。


【e52.コフィン】【e53.パスト】【e54.アイランド】【e55.トワイライト】
VSカニバルの続き。そして、真実があかされます。

仲間たちを食べることでその容姿や能力を利用していたカニバルこと咬田シメイ。

シメイの腹の中で仲間たちは能力を使い、シメイの目的を探します。
タケマルさんの逆再生で綺島を元の状態に戻し、綺島の能力で消化する力を持たないコピーの部屋を作り一時的に避難します。

そして、すべてのものに首がないという異様さ、カニバルが記憶を失っていることに気づいた彼らは手がかりを求めて部屋中を捜索します(主にモトくんとひいなさんですね)。
ひいなさんが見つけたデジカメ。その中のデータのなかに入り込んだクリスたちは過去の出来事をかいま見ます。

シメイは元々、夕闇高校のオカルト研究部のメンバー。
紳士であり、キリと綺島の父である忌塚ギドウとスミオの父の3人で、様々な研究をしていたのだとか。

その研究の中には、エニグマ(というかドクロ)の研究もあって。
ギドウは危険性をうれいて処分しようとしたものの、幼いキリの身代わりとなって、シメイは次代エニグマの生け贄になってしまうんです。

シメイはエニグマの力を欲しがっていたのではない。
自分の頭を取り返したかった、と。

物語の真相としては、よかったのではないでしょうか。
なぜ数奇がカニバルに喰われていたのかとか(ユニークな才能を持つわけでもなく第2幕開始直前の病院に呼ばれていたわけでもないのに)、10年以上前のデジカメってあんなんだったっけ?とか、静止画のはずなのにクリスのFLATで入り込んだ世界は動画ってどうなの?とかいろいろありますけどね。


そして、スミオはドクロへ願います。
「誰も犠牲にせず俺達のいる世界からいなくなれ」と。

その願いが叶い、ドクロのなくなった世界では灰葉親子が平和に暮らしており、スミオの幼なじみは数奇に。
ひいなさんとまお、みさき(第3回e-test参加者)が友人になっており、会長は会長のままだけどクリスが副会長で多分同学年に。
ピットくんが野球部のマスコットで、アルはマネージャー?
タケマルさん、弓川先生、綺島の関係は相変わらずっぽい。
そして、しげるは隣のクラスの風紀委員と。

記憶を失い、関係性も変わってしまったスミオたち。
スミオの前に全てを覚えているらしいキリが現れたところで本誌連載は終了。


【e56.トゥルーエンド】
エニグマのいなくなった世界で記憶を取り戻す話。

NEXTに掲載された完結編です。
扉絵はカラーで人気投票の結果発表もかねていました。
コミックでは扉絵の3名しかわからないですね。
NEXT買ってない人のために一応下記が順位です。

1位スミオ、2位クリス、3位数奇
4位会長、5位アル、6位キリヲ、7位タケマルさん、8位ひいなさん、
9位しげる、10位モトくん、11位綺島、12位紳士、13位エニグマのマーク、
14位玄岩ゴウゾウ(看守老人の方)、15位カニバル、16位弓河先生、
17位御手洗キヨシ、18位まお、19位灰葉みな、20位赤目ツトムです。

発表は順位のみです。得票数は発表されていません。
こうあらためて順位をみてみると女性陣の人気がない。そしてそれより下のモトくんがかわいそうで(笑)

さて、本編。
スミオの願い「誰も犠牲にせず……」ってのは2つ目の願いだったんです。
エニグマがかなえる願いは3つ。スミオの3つ目の願いは「誰の記憶も失わないこと」。
しかしながら、本誌最終話を見る限り、その願いはかなえられているとはいえません。

エニグマへの願いというだけあってやっぱり試練があるんですね。
すべてのはじまりであった夕闇高校の学校祭。そこで最後の試練がはじまります。

ただ1人記憶を持ち越しているキリがスミオ以外の皆を集めるものの、お互いの顔を見ても記憶が戻ることはありませんでした。

キリとしげるだけが残った食堂ホールに鉄パイプが落ちてくるんです。
それを見て、しげるの脳裏に浮かんだ情景。
それはしげるとスミオがe-test6つ目のパスのときに串刺しにされるというもの。
実際には皆の力でクリアしているのでそんなことは起きなかったのですが、その情景をかいま見たことでしげるに記憶が戻ります。

記憶を取り戻す条件は、夕闇高校七不思議を体験すること。
校内7箇所に7人の幽霊が出現する場所があり、その幽霊7人にあうと「忘れ物」が体育館に戻ってくる、というものです。
一見簡単そうですが、幽霊にあうと錯乱してしまうというリスクもあるようです。

第一の噂「串刺しの生徒」…スミオとしげる
第二の噂「シャワー室の水死体」…ひいなさん
第三の噂「消える生徒」…モトくん
第四の噂「焼却炉の生徒」…会長
第五の噂「失踪した殺人者」…クリス
第六の噂「屋上のバラバラ死体」…アル
第七の噂「旧校舎の迷路」…タケマルさん

それぞれが自分の関係した試練の追体験をして記憶を取り戻していきます。
ページ数の関係上仕方ないのでしょうが、かなりさくさく進みます。
7人が記憶を取り戻したからなのか、数奇や綺島、親世代3人も同じく記憶を取り戻します。

キリも居場所を手に入れて大団円。
竹串にマシュマロ刺しているタケマルさんににやけてしまいました。


【エピローグ】
スミオの両親の馴れ初めと鵺神様の話。

スミオの女の子に対する姿勢は父親譲りだったんですね。
やってることおんなじですよ。ただ、スミオはまだ運命の人に気付いていないからなのか、多くの女子にアプローチしているってことか。

夕闇寺――6巻の合宿エピソードで語られた鵺神様。
ドクロのなくなったこちらの世界では、2人は仲むつまじく生涯をまっとうすることができたんだとか。
180年長すぎるときを生きることなく死ねたってのはよかったんだろうな。

途中ぐだぐだしてましたが、終わり方としてはすっきりしていてよかったと思います。
ただ本誌連載しか読んでいない人には中途半端すぎますけどね。
単行本読まないとすっきりはできないかと思います。


【特別読切 大正警察活劇百獣夜行】
合成麻薬・浪漫薬を取り締まる獣使警官・竹久九段と虎のしいらの話。

増刊に掲載されたものなんですが、これ部屋にありました。
D.Gyay‐manの下敷きとか挟まったままでしたよ(笑)

主人公の上司というか後見人?である四谷外骨さんですが、正直、ギドウっぽい。

結構おもしろかったです。
私は普通に好きですが、あまり人気なかったのかな?
本誌デビューはエニグマでいきなり連載ですからね。
まあREVOLUTIONって人気作家というかベテランの読みきりが多く掲載されていたような記憶があるから、それには勝てなかったってことなんだろうな。


榊さんの次回作もまた楽しみです。
早ければGWのNEXTあたりかな?期待しつつ待ちたいと思います。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

エニグマ 6

エニグマ 6 (ジャンプコミックス)エニグマ 6 カニバル/榊健滋
人を喰い、その者の力を得るというカニバルが、ドクロを狙って動き出した!! そんな時、スミオは行方不明の父から外骨島行き電車に乗るよう指示される。やがて現れた謎の電車には、得体のしれない3人が…!!


ジャンプ本誌での連載は終了し、残すところはNEXTの完結編だけとなったエニグマです。
本誌掲載分だけで終わらなくてよかったです。あれで終わりとかあり得なさすぎる。

それにしても、第2幕はサクサク進みすぎですね。e-testにあれだけかけたのに。それだけ人気が微妙だったのか……。
2幕の参加者が才能を持つものではないというのも大きいのかもしれませんね。


【e44.トレイン】
第2幕がスタートする話。

e-testを無事クリアして3日後。再び物語動き出します。
スミオがドクロを手にしてエニグマとなり、願ったこと。それは「ドクロの消滅」。スミオの願いをかなえるため他者の運命をねじ曲げる準備がようやく整ったようです。

スミオたちe-test参加者は、綺島に呼び出されて夕闇病院旧3号病棟に向かいます。
そこで綺島にあるものを見せられます。

それは才能を持つ者の骨だけが消失した姿。
影が才能が悪性化したものであるのに対し、今回はカニバルというドクロを狙う存在により、食われてしまったのだとか。
カニバルは才能ある者を食べることでその能力を得ることが出来るようです。

スミオを守り、ドクロを渡さないと決意を新たにするものの、新たな試練が襲いかかります。


【e45.エネミー】
電車にのり、外骨島を目指す話。

もちろん、そう簡単にはいけません。
今回は停車駅事にチケットを奪い合い、1人ずつ人数を減らしていく脱落ゲーム。

参加者は女子高生・七節まお、殺人犯・赤目ツトム、頭部が金庫とか訳わかんない覆面の紳士。
そして、スミオと会長の5名。

肉塊の入ったごみ袋を見つけたことからこの5名のうち誰かがカニバルであることが推測できます。
スミオたちはカニバルを終着までに引きずりおろそうとします。


【e46.チケット】
第1の停車駅・無縁駅での話。

南北改札にある切符を手に入れることで次の駅に進むことが出来るんです。
ただし、5人いるのに対し、切符は4枚。つまり誰か1人は脱落するということ。

スミオとまおは2人で北口に向かうわけなんですが、まおに騙され、階段を突き落とされてしまいます。
彼女がカニバルなのかと思いきや、実は違って。

彼女もまたカニバルの手で肉塊に変えられてしまいます。
これだけ簡単に退場してしまうとこの少女の存在意義が……。


【e47.コイン】
第2の停車駅・虚無駅の話。

紳士はエニグマについて詳しいようなんですが、正体を知っている今はそりゃそうだろうな、って思いとなんとなく違和感を感じてしまいます。
まあ、この作品って結構そういう点多いですからね。あんまり気にしても仕方ない。

虚無駅はどこかの屋敷で、その屋敷の中から隠されたコインを探し、そのコインで切符を購入します。
コイン2枚で切符を1枚購入出来るのですが、隠されたコインは全部で7枚。
つまりは3人分しかない、と。ここでも1人脱落することになります。

経験の差故、赤目が多くのコインを見つけるんです。
赤目が4枚、スミオ・会長・紳士は各1枚。
赤目は会長に屈辱をはらしたいがために1枚を会長に渡します。
そして余った1枚をスミオと紳士どちらかにやると。

シンプルにコイントスで決めるわけですが、コインを投げた会長の三次減算でイカサマをしてスミオはなんとかコインを手に入れます。

そして、紳士もまたカニバルに喰われてしまいます。
紳士はカニバルを知っていた。だから「久しぶり」なんですよね。
これについては最終巻で明らかになるはずです。


【e48.アンカバード】【e49.プリズン】【e50.キー】
第3の停車駅・夕闇刑務所駅の話。

キリが収監され綺島が看守として働いていた刑務所です。

そこにいる看守――玄岩ゴウゾウと御手洗キヨシが持つ切符を手に入れなければならないのですが、赤目に怪我を追わされていた会長はあっけなく牢に閉じこめられてしまいます。

正直、会長の三次減算で鉄格子を小さくすればいいんじゃとか思わなくもないんですが、きっと何か能力に条件というか限界があるんですよね。
じゃないと焼却炉のときもポールとか使わないでそうすればよかったじゃん、ってなりますから。

看守のキリに対する拷問っぷりがひどくて、これよくジャンプでOK出たな、とちょっと関心したんですが、前例があったんですよね。
DEATH NOTEのミサでしたっけ?
あの子も結構ひどい目にあってなぁ。

赤目は囚人たちに脱獄を餌にスミオをおそわせるのです。スミオはなんとか逃げ、自身の能力をうまく使って切符を手に入れます。
そして切符の入っていた手帳にあるものを見つけて窮地を脱します。

それはマスターキー。
会長を閉じこめたときに赤目は普通の鍵でロックしているんです。それなのに、マスターキーはカードキー?
なんか違和感がありますね。

元々死刑囚たちを逃がす気などなかった赤目。
皆の牢を開けたスミオに協力するのは当たり前で。なんとか会長とスミオは電車に戻ります。

そして、赤目とキリは入れ替わり物語に絡んできます。


【e51.カニバル】
電車にのりこみ、真実を知る話。

ようやく会長と2人になり、気の抜けたスミオ。
しかしいつまでたってもチャンネル[es」で会長とつながりません。

訝しむスミオは会長に促されるまま、2号車に向かいます。
そこにあったのはゴミ袋の山。

ゴミ袋の中にあった遺留品からそれが仲間たちであることを判断します。
会長=カニバルだったと早合点してしまうスミオでしたが、電車内に乗り込んできたキリにより真実が説明されます。

電車はスミオの願いをかなえるためのものである。でもドクロは自身を消されることを拒む、と。
その両者を成立させるために、電車内に邪魔者を乗車させ、スミオを脱落させんとしていたってところらしいです。

そして会長もまた、カニバルに喰われていた、と。
カニバルの名は咬田シメイ。

シメイを倒し、喰われた仲間たちを助けようとキリと協力するというところで次巻へ。


【合宿エピソード】
先生への嘘を本当にするために、夕闇寺で勉強合宿をする話。

e-test終了時に、現れた先生に「勉強合宿をしていた」と言い訳をしたがために、「全員が赤点を取らなければ信じよう」という会話がなされていたよう。
そのための合宿。ちなみに時間軸的にはe-test終了2日後です。

普通に合宿に参加している数奇ですが、数奇は関係ないんじゃないのかなー。
数奇は普通に学校行ってたわけですし、合宿云々に参加する必要あるのか?

そこで語られる怪談。
「鵺神様」なる土着神に捧げられる生贄。

正直、合宿云々はともかく、この怪談はなくてもよかったんじゃないかなーと思いました。
1880年。130年も死ぬことが叶わないなんて。

鵺神(NUEGAMI)とエニグマ(ENIGUMA)のアナグラムは取り上げないで読者に気付かせるって形の方が良かったんじゃないかな。
その方が絶対おもしろいのにと思いました。


次巻は最終巻?
今月末の完結編が楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

エニグマ 5

エニグマ 5 (ジャンプコミックス)エニグマ 5 メーデー/榊健滋
ついにしげるの才能が発言!! キジマに追いつめられ窮地に立つスミオは、夢日記の真実を知る事に。そして迫るe-testのタイムリミット! 運命を左右する過去の出会い、事件、事故…そしてエニグマの正体とは!?


ジャンプ本誌では1周年を迎え、第2幕も佳境に向かっています。
1周年=人気投票ってのは恒例ではありますが、まさか登場人物20人で人気投票するとは思わなかったなぁ。


【e35.ファースト】【e36.テレパス】【e37.メモリーズ】【e38.ラスト】【e39.イグジット】
7つめのパスワードを求めて綺島VSスミオの続きです。

スミオとしげるの本当の能力が明らかになります。
今まで、スミオの能力だと想われていた「夢日記」はスミオとしげる2人の合同能力だったのです。

しげるの能力は予知、スミオの能力はテレパス――チャンネル[es(えす)]。
幼いしげる(パラレルワールド?)が予知したものをしげるが知り、それを読みとっていたのが夢日記。
しげるが幼いしげるの予知を認識したことにより、夢日記という媒介を必要としなくなったってところでしょうか。

今だからわかることではありますが、シャワー室での換気扇の映像、焼却炉での会長との会話、数奇との電話などもテレパスの能力だったのだとか。
ぶっちゃけ後付けの理由っぽく感じられてしまいました。
先日のバクマンでやってた「一話完結じゃない一話完結」が意識のすみに残っていたせいかもしれませんけど。

チャンネル[es」の通信条件は2つ。
1つめ、スミオに触れ通信リストに登録されること。
2つめ、登録されたものがスミオを受け入れていること。

ようは仲間なら通信できるよ、ってことらしいです。
気になったのは、通信リストの上限。
際限なく登録者が増えていくのか、それともあるていど古いものは消えてしまうのか。
e-testの最中で触れられる人物が限定されていたからなぁ。うーん謎だ。

綺島の能力もまた明らかになります。
コピーしたものを自由自在に操れるというもの。
ドアを固定することで出入りを制限し(今までのe-testでの出入り制限だとかはこれかな?)、校舎の角度を変えることでスミオを倒そうとします。
コピーを管理するのは、本物の学校にあるパソコン。
なるほど。外部協力者がいないと綺島の支配化から逃れることはできなかったということなのですね。

崩壊していく校舎から辛くも脱出し、エニグマらしき人物があらわれたところで次話へ。


【e40.エニグマ】【e41.メーデー】【e42.サクセション】【e43.リアライズ】
エニグマの正体が明らかになる話。

「2月29日」に「栗須リョウ」が搭乗するはずだった「Qー510」便「A24」に座り「ハイジャック」にあった。そして「灰葉スミオ」の「classmate」だった「K」。
――忌塚キリヲ。
今まで集めたパスワードは彼を指し示していたのですね。

エニグマというのはドクロ(上部が切り落とされ顎関節が前後逆にされたもの)を持ち、ドクロに使役される人物を指すらしいです。
ドクロを持つことによって願いを3つまでかなえられる。
ただし、それにはやっぱり代償があって。
あらゆる宿命を背負うことになります。周りを巻き込んでしまうのは宿命の1つなんだろうな。

スミオたちが持つ「才能」もその1つで、キリヲを助けるために与えられたものってことらしいです。
そして影の正体は才能に負けてしまったものたち……。


ちょっと気になったこと。
キリヲは夕闇市にいる兄に会いに行こうとQ-510便に乗り、ハイジャック事件に巻き込まれた。夕闇市にいる兄=綺島でしょう?
一度スルーしてしまったのですが、よく読むとおかしいんですよね。
Q-510便は羽田発新千歳行の便なんですよ。そして夕闇高校は都立。
? キリヲはどこに行きたかったの?

スミオがドクロを継承し、本当の夕闇高校に戻ってきたところで今巻は終わりです。

しげると会長の願いはすでにかなってましたが、脱出した時点でアル、タケマルさん、ひいなさんの報酬もかなえられました。
モトくんは自ら願って、才能を消すのを先送りしてもらってます。
スミオの母親とも再会し、一見幸福そうな終わりですが、もうすでに危険は迫っています。

綺島が見つけた怪しいゴミ袋。
次巻からの第2幕につながります。

行方不明となっているスミオ、キリヲ両名の父親が気になります。
なんというか、この2人はエニグマについていろいろ知っているっぽいんですが、顔すら出てきてませんからね。
この2人が登場するとき=ドクロがどうにかなるときなんだろうなぁ。


【巻末おまけ】
e-test参加者、数奇、弓河先生、スミオの母の11人ですきやきをしている様子、4コマが3ページ。
さらに【e05. e-test 1週間前】としてスミオ母としげる、e-test終了直後のキリヲと綺島の会話など。

9人目の脱出者への報酬としてのおまけが増量されてます。

今回改めて読んで気付いたのですが、巻末おまけのナンバー、03が飛んでるんですね。
1巻が00、2巻が01、3巻が02なんですが、4巻が04、5巻が05になってて。
いいのか?

4コマが結構好きです。
アルが中性的な理由だとか明かされてます。もうあれ予知じゃない。しげる自分で言ってるけどお告げだよ。

そういや、綺島の腕を止めるのに巻き戻してたからタケマルさんまた血出てるのか。

ていうか、数奇はいったい何の肉を持ってきたんだろう。
気付けるとしたらスミオがテレパスで……ってところでしょうけどね。

次巻から第2幕が始まります。
新たなる敵「カニバル」。
楽しみです。



以下今まででわかったもの。太字5巻で新たにわかったものです。
1A 灰葉 スミオ  能力:夢日記→チャンネル[es」  報酬:親  新ドクロの所有者
1A 来宮 しげる  能力:予知  報酬:再会
1E 支倉 モト  能力:消える呪い  報酬:呪いを解く
2C 九条院 ひいな  能力:第三の手  報酬:絆
2H 水沢 アル  能力:人形化(ピットくん)  報酬:健康な体
3B 祀木 ジロウ  能力:三次減算  報酬:医者になる(第二回時)影化の回復(第五回時)
3G 祟堂 タケマル  能力:逆再生  報酬:弓河あみの救出
元2C→3G 栗須リョウ 能力:FLAT 報酬:牧師になる(第二回時)
1A 忌塚キリヲ  能力:?  旧ドクロの所有者

パスワードNo.1「食堂ホールの試練」『HIJACK』
パスワードNo.2「究極の2択」『Q-510』
パスワードNo.3「写真に写る後列の右の生徒の左胸の名札」『栗須リョウ』
パスワードNo.4「死へ進む時計」『classmate』
パスワードNo.5「水の中にあるパズルに書かれた言葉」『2月29日』
パスワードNo.6「旧校舎の怪談」『A24』
パスワードNo.7「鬼ごっこ」『灰葉スミオ』
パスワードNo.8「?」『K』

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR