忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】椎名 高志」の記事一覧

絶対可憐チルドレン 22

絶対可憐チルドレン 22/椎名高志
新学期、チルドレンの新たなクラスメートになったのはなんとパンドラのメンバーたち!!
少しずつ、距離を縮めるバベルとパンドラメンバーに「トリプルブースト」能力の解明を目論む「黒い幽霊(ブラック・ファントム)」の魔の手が迫る!!
そして発生した爆破予知現場にフェザーが再び登場して…!?


ようやく紹介出来ました。私が実際持っているものは小冊子つきの限定版です。
今月全然紹介できずに終わりそうでちょっと不安……。


【1st sense. 謎の転校生(5)】
【2nd sense. 謎の転校生(6)】
【3rd sense. 謎の転校生(7)】
【4th sense. キャット・ウォーカー(1)】
【5th sense. キャット・ウォーカー(2)】
【6th sense. キャット・ウォーカー(3)】
【7th sense. キャット・ウォーカー(4)】
【8th sense. キャット・ウォーカー(5)】
【9th sense. キャット・ウォーカー(6)】
【10th sense. キャット・ウォーカー(7)】

が収録されています。

前半は前巻の続きになりますね。
後半は、あらすじにある爆破予知の話ですが、ぶっちゃけファントム・ドーターとフェザーの攻防戦にチルドレンが巻き込まれた感が強いかな?


【謎の転校生】の今巻収録分のメインはカガリになるのかな?
チルドレンと転校組の中の唯一の男子ですから、色々思うところがあったりしたみたいです。
(影チルは男子ですが、彼らはまだ表に出てきてませんから……)

今回、ファントム・ドーターの策略にはめられそうになったカガリですが、東野くんがそんなフラグを綺麗にぶち壊してくれました。
あの東野くんはかっこよかったです。

ちさとちゃんの幼馴染として、エスパーへの理解が深い彼だから出来た行動だったのかな、と。結局はDQNたちには勝てませんでしたが、それでも十分かっこよかった。
その行動のおかげで、カガリの意識はちょっと変わったようです。

こういうのは読んでいて、いいなぁ、と。
パティは腐った視点に変換して萌えてたみたいですが(笑)
まあ、そう変換してしまうのもわかりますけど。3次元で変換してしまうことはありませんが、2次元ならよくあります(笑)

この巻でもサプリメントで萌えましたけどね(爆)
(例:管理官の言葉を無視しようとしたけど、結局皆本さんのことを思って早起きしてみたりとか)

ぶっちゃけ、この巻を見て思ったのはカガリをはじめとした中学生組より葉の方が精神年齢低いんじゃね?と思いました。
私だけでしょうか?


後半はユーリの元に身を置くナイについて、触れられています。
ナイは悠里からは飼い猫と思われているエスパーですね。

日々を過ごす中でナイに情を寄せてしまったユーリ。
ユーリはナイの頭部に爆弾が仕込まれていることを知ってしまいます。

影チルとパティの3人はチルドレンのトリプルブーストで黒い幽霊の洗脳が解けてしまい、それぞれバベルとパンドラに保護され、今では仲間として活躍しています。

黒い幽霊としては、それは由々しき自体です。
解除されてしまったときに発動する爆弾。

その存在を知ったユーリは狭間で揺れ動きます。
けれど、ナイに情を寄せたということを認めたくないユーリは、ナイを犠牲にトリプルブーストの情報を入手しようとします。

が、結局我慢しきれずナイをかばってしまっているんですね。
これはどう考えても黒い幽霊側に知られたらまずいこと。
大丈夫なんだろうか……。

そして、この事件に機に、フェザーはファントム・ドーターの精神から抜け出しレアメタルで出来たイヤリングへ移ります。
そのイヤリングは、バベルで調べられることになる、ってところで今巻は終了。


この辺からあんまり内容覚えてないのでどうなるのか楽しみです。

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン 21

絶対可憐チルドレン 21/椎名高志
うれしい中学初の夏休み!水入らずの楽しい旅行…のはずがバベル一行を誘ったKY皆本のせいでチルドレンたちは不機嫌モード!!
さ・ら・に、そこに巨大生物が現れて大ピンチに!?
そして迎えた新学期、チルドレンたちの前に驚愕の転校生が…!?


ちょっと久しぶりの絶チルです。
表紙は水着姿でサービスってことなんでしょうが、よく見ると葵が……(笑)


【1st sense. 湖のひみつ(1)】
【2nd sense. 湖のひみつ(2)】
【3rd sense. 湖のひみつ(3)】
【4th sense. 湖のひみつ(4)】
【5th sense. 湖のひみつ(5)】
【6th sense. 湖のひみつ(6)】
【7th sense. 謎の転校生(1)】
【8th sense. 謎の転校生(2)】
【9th sense. 謎の転校生(3)】
【10th sense. 謎の転校生(4)】

が収録されています。
前半は夏休みにバベルの仲間たちとキャンプ(?)に行く話です。
後半はチルドレンたちの通う学校に転校生がやってくる話です。

まずは前半【湖のひみつ】
前巻で皆本さんはファントム・ドーターに宿るエスパー・フェザーにキスされてしまったこともあり、チルドレンたちの機嫌は最悪。
なのに、他のエスパーたちにも声をかけてしまったものだから、さらに鋭い視線が突き刺さります(笑)

ちなみに今回キャンプに参加したのは、ナオミちゃん、賢木先生、影チル、ハウンド。
ハウンドは小鹿主任も一緒です。

しかしながら皆本さんはチルドレンたちのプレッシャーに耐えかねて早々に急性胃炎で戦線離脱です。
まあ、賢木先生が主治医みたいなもんだし、能力的な問題もあり、賢木先生の見立て通りに倒れてしまうわけですね。
保護者がいなくなってしまったこともあり、賢木先生の暴走が始まります。

公式カップリングってどうなってるんだろう?
明くん×初音ちゃんはまあ鉄板でしょう。
明くん的にはチルドレンかナオミちゃんねらいとのことだったんですが、まあここはこの2人だよね。
影チルの2人は二次元萌えだし、チルドレンは自分たちを救ってくれた聖域みたいなものだから……とか考えてるわけですが、やっぱり男子としては反応してしまうようです(笑)

そこに謎の巨大生物の影が現れ、正体と目的を確かめることになります。

男子組がちょっとかわいそうだなぁとか思って読んでました。
年頃の女の子たちにみられて、明くんにいたっては「可愛い」とか言われちゃってるしね。

謎の巨大生物の正体はでっかい谷崎主任(全裸)。
本編初登場「ザ・リトル・マイス」の弟の方の能力が暴走したってことらしいです。
いろいろひどかったです。

で、リトル・マイスも一緒になって肝試しをしたりと夏休みの一幕を楽しむ訳です。

チルドレンと影チルとの距離が縮まったりといいこともあったわけですが、皆本さんはこのキャンプが原因で急性胃炎が胃潰瘍に進化(笑)
本当に大変そうです。


後半【謎の転校生】
眉村卓さんのSFと同名ですね。私は学生時代に青い鳥文庫版を読んだ記憶があります。
チルドレンたちのクラスに転校生が4人やってきます。
その正体はパンドラの澪、カズラ、カガリ、パティ。
というか正体を隠す気もないんだろうな。

ロビエト連邦の外交官の地位を裏取引で手に入れたこともあり、外交官特権で逮捕はされないってことらしいです。
色々とぶっこんできてますが、マッスルの有用性にびっくりしました(笑)

パンドラの子どもたちとチルドレンの関係がなんだかいいな、と。
なんだかんだ言っても仲いいみたいだし。

一人男の子だから、カガリについてはあんまり語られていないんですが、影チルたちも学校へ行くようになったり、東野くんと仲良くなったりするはず。
まあそうなるとパティが荒ぶるわけですけどね(笑)

ファントムにとって、パンドラの存在は邪魔。だから速攻排除しようと動くわけです。
一人教室でジャンプ(というか銀魂)読んでるパティに狙いが定められ、魔の手が伸びるわけですが、パティはブーストの影響がまだ残っていて薫の力に守られていた、と。

今回、某デビルーク星の王女さまとかジャンプネタが多かったですね。

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン 20

絶対可憐チルドレン 20/椎名高志
定期テストも無事終了、間近に迫った薫の誕生を祝おうと、サプライズイベントを企画する葵、柴穂、ちさと、悠理の4人。
しかし、またもや「黒い幽霊の娘(ファントム・ドーター)」=ユーリが動き出し、不穏な空気がただよう中、なんとユーリに第4の人格が発覚し…!?


折り畳み式の机が欲しいです。
部屋でノーパソ使うときに使いたいんですが今のは小さすぎてマウス置くスペースがないのがちょっと困って。
もう一回り大きいサイズで安いのないかなー。


【1st sense. ライフ・セイバーズ(1)】
【2nd sense. ライフ・セイバーズ(2)】
【3rd sense. ライフ・セイバーズ(3)】
【4th sense. ライフ・セイバーズ(4)】
【5th sense. ダーク・ハーフ(1)】
【6th sense. ダーク・ハーフ(2)】
【7th sense. ダーク・ハーフ(3)】
【8th sense. ダーク・ハーフ(4)】
【9th sense. ダーク・ハーフ(5)】
【10th sense. ダーク・ハーフ(6)】

が収録されています。

前半は予知された海水浴場でのトラブルを回避しようとする話。
後半は薫の誕生日話が絡みつつファントム・ドーター側の設定も描かれてます。


最近、普通の人々(反エスパー団体・どこにでもいるのが強み)が登場しないなーとは思っていたんですが、まさかこんなチャラ男たちまで所属しているとは。
本当にすごいな、普通の人々は。
昔の感情が爆発してしまっていた薫を思うと、理性で自分の感情を抑え込めるってのは成長なんでしょうね。
作中でも懸念されていましたが、そんな薫が爆発してしまえばいったいどうなってしまうのか……。
ちょっと怖いですね。


後半のファントム・ドーターの状況はかなり複雑。
メインの人格であるユーリお嬢様、乱暴な性格なファントム(チルドレンの前に姿を現したときはこいつ)、クラスメイトとしての悠理。他の人格と一線を画しているフェザー。
この4つの人格でファントム・ドーターは形成されているよう。

ファントム・ドーターの目的は、チルドレンのブーストを解明すること。
そのためのアイテムとして、レアメタル製のイヤリングを薫に身につけさせようとするわけです。

ですが、そのイヤリングはフェザーの手で皆本の元へ託されます。
その時に皆本さんったらフェザーに唇を奪われちゃってるわけですが、皆本さんマジヒロイン(笑)
何も知らされていない悠理はともかく、フェザーの行動理念がユーリ、ファントムとは違うのはこのイヤリングの影響らしいのですが……。
このイヤリングって実は結構大事なアイテムなんですが、この時点では気づかなったなぁ。

ここからどう転ぶのか。なんとなくしか覚えていないので続きを読むのが楽しみです。


薫の誕生日話だったからかさぷりめんとが薫誕生時(=兵部逮捕時)の話なんですが、賢木先生がその当時から賢木先生でちょっと笑ってしまいました。
そして、思春期真っ盛りの真木さんにもなんか可愛いなぁと思う一方で紅葉が理解ありすぎてちょっと違和感を覚えてしまいました。

拍手[2回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR