忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】石川 雅之」の記事一覧

もやしもん 10

もやしもん 10/石川雅之


前巻の紹介が3月のことですから、約半年ぶりのもやしもんです。
しばらく紹介しないうちに完結してしまってちょっと驚きました。


【第111話 只今移動中】
【第112話 沢木、探す】
【第113話 蛍、走る】
【第114話 旅は道連れ】
【第115話 5番街34丁目のマリー】
【第116話 アメリカ合衆国】
【第117話 再会へ】
【第118話 ニホンゴムズカシイデス】
【第119話 ニューオーリンスへ】
【第120話 沢木惣右衛門直継】
【第121話 絆】
【第122話 バーボンストリートの夜】
【おまけ1】
【おまけ2 出張版「笑い飯全一冊」】
【おまけ3】

が収録されてます。

前巻はマリーの要請を受けてどこか海外へ向かったよ、ってところまででしたか。

途中まで、沢木はどこの国にいるかわかってませんでした。
実際、私も海外なんて微塵もわからないので沢木と似たような感じだったんですが、まあ、各話タイトルみればわかりますよね。

そうです。アメリカです。

沢木、美里、川浜、長谷川さんは列車で。
蛍と樹先生は車で大陸横断にかかります。

結局はマリーのグチを長谷川さんが真に受けてしまったことによる盛大な笑い話(の割にはリムジンとかプライベートジェットのチャーター料とかしゃれにならんけども)でしかありません。
ですが、こうしてアメリカにまで出向いたおかげで沢木は実家を捨てて出ていってしまった兄・直継と再会を果たすことができた、というわけですね。

直継の言葉は確かにその通りなんだけど、すごくイラっとしました。
みんながみんなそんなこと出来ると思うなよ、と。

ぶっちゃけると、沢木の性格は良くも悪くも現代っ子です。
なあなあとか、流されて今に至っているという面も否めないでしょう。
けれど、根底の性格は優しいいい子なんですよね。
だから、自分自身が多少納得いってないにしても家族がいうから、と農大に入学したりしてるわけです。

そういう意味では蛍は女装したり酒店の改革に乗り出したりといろいろと模索中なんでしょう。
でも、蛍がそれをやるのは学生の間だからみたいなこと言われてましたよね。

家族も何もかもぶっとばしてる直継とはまた意味合いがちがうだろうな、と。
近い将来日本に戻り、父親と再会する気はあるみたいですが……。
正直、作中で「かっこいい」と言われてるのに全く共感出来なかったです。


話はぜんぜん変わりますが、蛍→沢木の感情はホントなんなの?

途中で「(兄貴に会いに行くのに)つき合ってくれ」と沢木。
定番の勘違いネタですよね。

蛍の返事は「男同士でそういうの駄目じゃん!」

オイオイオイ。
作中でも総ツッコミ入ってましたが、本当にどういう意図があって、キスしたり嫉妬したりしてたんでしょうね。
学生の悪ノリって感じじゃなかったし、まさかの無自覚?
いやーでもなぁ。
よくわからんです。

おまけでは、美里さんのモデル=笑い飯の西田さん、日吉の兄ちゃん=ケンコバさんってことが明言されてます(笑)
私、実写化されるされないの時代にアニメ1期を見て原作買いに走ったんです。
だから、実写の西田さん→原作だったのではじめ「本当そっくりだなぁ」と純粋に信じてましたとも。
まさかのご本人登場だったんですから、そりゃ似てますよね。


原作は完結しているので急ぐ必要も特にないんですが、続きはまた近いうちに紹介したいと思います。

拍手[0回]

もやしもん 9

もやしもん 9/石川雅之


ちょっと久しぶりなもやしもんです。
前巻を紹介したのが、昨年11月ですから結構空きましたね。


【もやしもんにみせかけたアレの回】
【第99話 お茶でもいかが?】
【第100話 農大生と農業】
【第101話 食料自給率】
【第102話 いただきます】
【第103話 酣(たけなわ)ではございますが】
【第104話 先達】
【第105話 ナイショの時間】
【第106話 冬の訪れ】
【第107話 知る喜びと驚き。】
【第108話 日本酒醸造前夜】
【第109話 冬の予感】
【第110話 おむかえ】

が収録されています。
今回、明確に「○○編」というのはないのかな。
繋ぎ回ってわけでもないんだけど、一息つきつつ様々な発酵に触れている感じ。

まあ、ぶっちゃけると「食料自給率」を皮切りに「農」について触れようとしたんだけど、あまりにもヤバいネタばかりで話を持っていけなかったってのが正確なところなのかな。


あ、今回ドッペルさんたち全員登場しています。
まあ一同に会してるわけではないので、全員が揃うことをちょっと楽しみにしています。


食料自給率の話の時に、武藤さんがいっていた「卵の黄身」の話。
時代が変わったからか、今では黄身が白い卵も商品として販売されているようですね。
これが発売されたのが2010年のこと。そこから掲載時期やら取材時期を考えると5年近く前のことになるのか。
そりゃ対応も変わるわけです。


今巻の引きは、日本酒造り始めるよ!ついでにマリーが日本にやってくるよ!でした。
がどうやらマリーがどこか海外にたどり着いてしまったらしく、沢木たちはマリーのお迎えに行くことになって……ってところで終了。

正直、ちょいちょい沢木と蛍の関係が気になる。
浮気を疑われる彼氏と嫉妬深い彼女みたいな関係になってるんだけど、マジこれなんなんだろう……。

拍手[1回]

もやしもん 8

もやしもん 8/石川雅之


ちょっと久しぶりな気がするもやしもんです。
前巻を紹介したのが7月のことですから本当に微妙な感じですね。


【第87話 とりあえずビールのおはなし】
【第88話 樹のビール】
【第89話 酩酊あるいは暴走するムトー】
【第90話 ビールって何だろう?】
【第91話 おいしいビールをめしあがれ】
【第92話 ビールとは? 樹Ver.】
【第93話 かのうファーム】
【第94話 ムトー、色々気付く。】
【第95話 ミス農大】
【第96話 オクトーバーフェス】
【第97話 沢木の秘密】
【第98話 笑顔でビールを】

が収録されています。
93話と94話の間に【全国ビール蔵の皆さまへ】が、最後に【おまけ】も2つ収録されています。

各話タイトルからもわかると思いますが、今回は全編ビール編。

この作品の主人公って誰だっけ?ってなるくらい沢木の出番がなくてちょっとびっくりしてしまいました(笑)
この巻だけ読むと正直、主人公は武藤さんだと勘違いしそうです。


私自身はビールどころかアルコールをほとんど飲まない人間なんで、作中の薀蓄だとかは読んで「へえそうなんだ」程度で終わっています。
作中で結構なページ数を割いて説明されているビールの種類云々も味の違いも正直わかんないんですよね。

わかる人が見るとまた違った風に見えるのかもしれませんね。


自分達で企画して行動して楽しむ、というのがすごく大学生らしいな、と。
こういうのを見ると大学行ってみたかったなと思う一方で、二次元だからこそこうもうまくいっているんだろうな、とかもあるんで微妙な感じですが。


今回、【全国ビール蔵の皆さまへ】の呼びかけに応じて、ちらっとではありますが、いくつもの実際にあるビール蔵が登場しています。
こういうの見てるとすごいなーと思う一方で、掲載紙が微妙すぎて呼びかけの周知がちゃんとされてたのかな?とかすごくどうでもいいことを思ってしまいました。
閑話休題。


一口にビールといってもいろいろあるんだなぁ、ということがわかっただけでも良かったかな、と思います。
いつものごとく、もやしもんの予告は微塵も役に立たないんで、次が何の話なのかは不明ですが、楽しみです。

ちなみに、今回の嘘予告は「BL編」。
CP的には川浜さん×美里さんってことのようなんですが、個人的には蛍×沢木の方が好きです(笑)

拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR