忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】川瀬 夏菜」の記事一覧

鬼の往き路 、人の戻り路 2

鬼の往き路 、人の戻り路 2/川瀬夏菜
日本史に残る鬼退治集団、京の怪異に挑む――――!
平安の京都。渡辺綱は「頼光四天王」の一人として、源頼光に仕えていた。
土蜘蛛、滝夜叉姫、姑獲鳥、鵺…。
都を騒がす怪異を前に、仲間の絆が試される――!
歴史エンタメ絵巻、これにて終幕!!


この間購入してきた作品です。
2巻が出ると思ってなかったのでうれしいです。


【第伍話 土蜘蛛】
【第陸話 滝夜叉姫】
【第漆話 姑獲鳥】
【最終話 鵺】
【第某話 羅城門の鬼】

が収録されています。
以前紹介したこれの続編になります。

1巻の時点で、1話のみ宣伝の意味で雑誌掲載。残りは全部書き下ろしというある意味冒険した作品だったんですよね。
なので、続きが出るとは思えなかったんで発売をしったときは普通にうれしかったです。
この巻に収録された作品は普通に雑誌で掲載されたようです。
巻末の【第某話】は描き下ろしですね。

面白かったです。
前巻で、カットされてしまった金時(銀魂の銀さんのモデル・いわゆる金太郎)のエピソードが収録されていたのが嬉しい。
【第某話】は、前巻で登場した鬼・茨木が再登場していてそちらも嬉しいんですがちょっと短すぎて物足りない感もあります。

鬼退治云々と言ってるんですが、この作品での鬼の定義はかなり広いなぁと。
今回厳密には鬼は登場してないんです。

土蜘蛛も姑獲鳥も鵺も一般的には妖怪です。
この作品内でも鬼というより、怨霊や妖怪といった方がよさそう。
土蜘蛛にいたっては道を踏み外しかけた人間でしたし。

まあ、人が鬼になる世界観であり、鬼となった後でも人を思い、人として暮らす鬼もいるって訳ですしそれでいいのでしょうけど。

ただ、ちょっと突っ込みたかったのが脚注の鬼道丸のコメント。
「性別がどっちにも見えるように描くのが難しかったですが」
いやいや。川瀬さんの絵柄って男女の性差あんまりないので元々そんな感じな気がするんですが。
川瀬さんのコミックは全部持ってますが8割方の作品に女装男子が登場するので説得力皆無でした(笑)
ぶっちゃけ、私は髪型やら服装やらで男女見分けてました。

なんとなく2巻で終わるのはちょっと寂しいような気もします。
ですが、史実を元に作られた作品である以上、話数に限りが出てしまうのも仕方ないのかもしれません。
実際、鵺退治は頼光の時代から100年はあとのことらしいので。
いくら少女漫画でファンタジーだとはいえ、あまり史実から離れすぎると色々問題が出てくるのでしょうね。
(銀魂にも坂田金時は江戸時代の人物じゃねぇよ、ってツッコミきたってコミックスにありましたし)


川瀬さんの次の作品を楽しみにしてます。

拍手[0回]

鬼の往き路 人の戻り路

鬼の往き路 人の戻り路/川瀬夏菜
都を守る"オニ"バスターズ、ここに見参…!!
平安の京都、渡辺綱は「頼光四天王」の一人として、源頼光に仕えていた。
異能力を持ち、かつ性格的にも(!?)個性あふれる面々を束ねつつ、綱は都を騒がす"オニ"退治に乗り出すが――!?
歴史エンタメ絵巻、ここに開幕!!


数年ぶりの川瀬さんの作品だったんで結構楽しみだったんですが、気づいたら購入からしばらくたってしまってました。
やっと読めた~。


今回の作品はあらすじにもあるとおり、時代モノ。
頼光と四天王が鬼退治をする話です。

メインとなる登場人物は、前述の5人と鬼です。
源頼光(みなもとのよりつね)…人ならざるものの声を聞く4人の主人。
渡辺綱(わたなべのつな)…人より遠く、人ならざるものや気が視える四天王のまとめ役。
坂田金時(さかたきんとき)…山育ちの天然少年。能力的には嗅覚?
卜部季武(うらべすえたけ)…趣味で女装している言霊使い。
碓井貞光(うすいさだみつ)…人ならざる怪力をもつ少女。

メインで登場する鬼は本当に有名どころですね。
鬼童丸、茨木童子、酒呑童子の3体です。

「人が鬼となる」世界観のようで、人ならざる力を持つ頼光たちは下手に転がると鬼となってもおかしくないってことらしいです。

登場人物紹介のところで坂田金時=「おー銀魂の銀さんの元ネタかー」とか思って読んでいたんですが、そのすぐ後の季武の説明を読んで「またか!」と。
まあ、予想はしてましたけどね。裏表紙に見た目女の子2人いたからどっちか男の子かなーとは思いましたけど。
最近の川瀬さんの絵柄って女の子の目大きめなのできっと子どもの方は本当に女の子なんだろうな、と思って読み始めてそれあたってましたけど。

まあ似合ってる分には女装青年も全然いいけども。
味方サイドだけじゃなくて茨木童子も似たものがありますよね。
見た目中性的というかそんな感じな上、綱に向ける感情がちょっと。
恋慕まではいってないだろうけど、近いものはあるよなぁ、と思って読んでいました。

まあ、そっち目線で読むのなら一番は頼光→(←)綱なんでしょうけど。
頼光が綱に依存しているといったほうが正しいのかな。最終的に頼光が信じるのは綱なんだろうな。
うん、そんな感じ。

読み終わって思ったのは、「金時可哀相」でした。
1話で貞光、2話で季武、3話4話で頼光と綱について語られているんですよ。
「金時は?」って感じ。まあ、幻の5話があったらしいので、そっちで語られる予定だったのかもしれませんね。

今回、花ゆめコミックスでも初の試みとして「全編描き下ろし(ただし1話だけ雑誌掲載)」だったらしいです。
だから1話にしか柱がなかったんですね。
川瀬さんの作品=強い女の子の話というイメージからするとちょっと違いましたがこれはこれで結構好きです。

これの続編が出るのかは不明ですが、その後の茨木とか読んでみたいなぁと思いました。

拍手[0回]

星よみの予言者

星よみの予言者/川瀬夏菜
稀代の占い師グラン治める大国ディネ。そこへやってきたティアはグラン暗殺のため送り込まれた刺客だった! 生きる希望もなく暗殺にも失敗したティアは側近頭リイスに助けられ、徐々に心を開いていくのだが…? ?み取る未来を信じる、フォーチュンテリング☆ロマンス♥


8月になりましたね。はやいものです。
先月発売した鬼の往き路 人の戻り路の前にこちらを紹介しちゃいます。


全5話の1巻完結ものです。
様々なことに占いが重んじられている世界が舞台です。
先読みが出来る優秀な占い師を抱えていることが国のステータスでもある。そんな世界です。

主人公の少女・ティアは力を失った元占い師。
彼女はディネの占い師・グラン暗殺の刺客(実質捨て駒)として送り込まれます。
暗殺は失敗するものの、グランの側近頭リイスに救われて雑用係として働くことになり、徐々に未来に希望を持てるようになっていく話です。
ちなみにグラン=リイスだったりします。


川瀬さんの作品としてはちょっと異色かもしれません。
えっとですね、川瀬さんの描くヒロインって明るい子ばっかりなんですよ。

「時にはブルーになる日もあるけど、後ろ向かない夢がかなう日まで」(by明日のナージャ!!OP)

を地で行くんですよ。
時々悩んだりすることもあるけど、自分の足でしっかり立っているイメージ。
なので、ここまでネガティブに考えちゃう子を描いてることに「あれ?」と。

でも、ネガティブな子が徐々にポジティブになっていくのは良かったです。
最初「私はこの国の占い師を殺しに来た」とか言ってた子が、
「今度は私が予言します。"きっと私は幸せになります"」とか言うようになるんですからね。

読み終わって「良かったね」と言いたくなりました(笑)

人を支え、人のためになることに尽力してきたリイスもティナと触れ合っていく中で、微妙に変わっているのも良かったです。
はじめ自分の役割のせいもあってか「みんなのため」しか考えていなくて自分のことなんて二の次三の次だったわけですから。
無意識に押し込んでいたであろう自分自身の想いのために、動けるようになったっていうのは大きなことですよね。

夢使いのシスイが意外といい仕事してます。
この人もまた元刺客なんですけどね(爆)
本当にもうリイスは寛大すぎると思うんだ。まあ、さすがに本当に危ない人物にはそれなりの対応しているでしょうが。


ティナを見ていて、何か違和感を感じていたんですがようやくわかりました。
今までの連載作品と比べて瞳が大きいんですね!
私のシンデレラの表紙も瞳大きいんですが、姫が幼いからだと思ってました(笑)

近いうちに「鬼の~」も紹介してしまいたいです。

拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR