忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】瀧川 武司」の記事一覧

EME RED END W‐JACK

EME RED END―W‐JACK (富士見ファンタジア文庫)EME RED END W‐JACK/瀧川武司
「人の……命を、救う力……」
 少年、紅は胸の中で、その言葉を反芻する。かつてスミレから貰ったその言葉を抱き、過酷な闘いの戦場に立つ。
 歴史上に名を残す悪魔のような殺人鬼――切り裂きジャック。その手口に酷似した事件が日本で起きる。紅を中心としたEMEが捜査にあたるが……。
 紅が、蒼が、茜が、三木也が、そしてミドリが――。すべてのエージェントがついに集結! 闇から闇へ怪異を葬る秘密機関・EMEのエージェント・紅の闘いを描く、短編集最終巻!


【CASE41 ドリルでGO!】
ドリルをやたら勧めてくる浅葱太泰さんと巨大ナマズを探しにいく話。

紅と同じ伊呂波荘に住む変人です。
最終巻にしてようやく能力が明らかになりました。

うえきの法則だったかなぁ。こんな能力もった奴いたような。
最近、読んでないのですっかり忘れてしまいました。


【CASE42 RAINBOW BRIDGE】

乱の双子の兄弟が登場する話。

私は嵐は存在するもの、と思っていたのですが、紅の考えていたように“虚構の中の人物”の可能性もあったんですよね。
乱のことですから、何も信用できないんですよね。まったく思いもしませんでした。

そして、まだ下に兄弟がいる模様。妹か弟か定かではないものの蘭ちゃんらしいですよ。
これもまた本当かどうか定かではないですが。


【CASE43 鉄御納戸対錆御納戸】
謎の老人によって本部にいる良子が襲撃される話。

良子と紅が山の中で襲撃に備えるのですが、そのときの2人の会話が好きです。
良子にとって紅は兄みたいなもんなんですかね。

そして、ラストのオチはやっぱりな、と。
良子ですもんね。そう簡単に思ったとおりにはなりません(笑)


【CASE44 W‐JACK SIDE‐A】

桃がPPを持った殺人鬼を捕まえるため、囮になる話。
ようやく、ミドリが登場します。

EME三大美形の一人らしいです。白木さんが三大美形に数えられてるってことはこの人まだEMEにいるってことなんでしょうか。
てっきり、黒部たち同様EMEを離れているものだと思ったのですが。

ちなみに三大美形残りの1人は蒼さん。


【CASE45 W‐JACK SIDE-B】

紅とミドリが桃の敵をうつ話。
ミドリの設定はラブコメなら結構好きです。

けど生かす間もなくシリーズが終わってしまったという……。


【三色ショート その1 12人いる!】
伊呂波荘の住人たちが、エレベーターに閉じ込められてしまう話。

皆が皆個性が強い人たちなので、訳わかんなくてめちゃくちゃです。


【三色ショート その2 塗壁】
前へ進めなくなってしまう話。

これは塗壁っていっていいんですかね?
どちらかというと精神的なもののように思えますが。

でも前向きに考えるって中々難しいですよね。


【三色ショート その3 さらば山田】

紅のクラスメートにして怪奇現象大好きな仲良し4人組が一人山田が転校してしまう話。

最後の思い出にと、ツチノコ探しに紅も付き合うことに。
三木也が馬鹿だと思いました。
いや、ツチノコの剥製を本物っぽく出現させてやるのはいいと思うんですよ?
だけど、去り方が問題だと思うんです。
三木也の能力は瞬間移動で、母体移動は日に1度か2度、移動できるのは目視できる範囲内。

それなのに、瞬間移動で姿を消すって……。
馬鹿じゃん。
このあと何か急な任務とか入ったらどうするんでしょうね。


【prologue of eme】
紅がEMEにやってきてスミレと出会い成長をはじめる話。

紅がスミレに心を許していく様が描かれているんですが、紅の能力が暴走する様子を見たら心を閉ざしてしまうのも仕方ないのかな、と。
紅が黒部を嫌ってしまうのも分かるような気がします(笑)
子供の可愛い嫉妬ですね。



EMEシリーズはこれで終わりです。
Wikipediaを見るとあと2冊分短編があるらしいんですが、ENDと銘打ってる以上、もう収録はされないんでしょうね。
やっぱりBLACKとBLUEを最後までやって欲しかったです。


ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

EME RED 8 AOFC

EME RED〈8〉AOFC (富士見ファンタジア文庫)EME RED 8 AOFC/瀧川武司
「ふぁああああ、平和だ」
 教室の机の上につっぷして惰眠を貪る紅。窓の外に広がる空は高く、まるで何事もないいちにちが過ぎていくような。そうでもないような……。
 いやいや、そんなわけもなく。
 正義の味方にかぶれたパートナーと組んで、怪物相手に大騒ぎ。多重人格ナース乱の捜索に。世界一の頭脳が引きこもったために、どんちゃん宴会開いたり。
 やっぱEMEってイロモノですよね。
 苦労すると将来立派な大人になりますよ!? な紅の活躍を描く短編集第八弾!


前巻、今巻とワールドカップについて触れられているんですが、それが今年のものではなく、前回のものだってのにちょっと物悲しさを感じます。
フーリガンとか今回は全く騒がれていませんからね。


【CASE36 狼少年と狼男と、真っ赤なギターのEME】

ヒーローかぶれと本当のことをいっている嘘つき少年の話。

短編集8巻にして新キャラ登場。すごいな。
熱いです。ヒーローかぶれの月下さんですが、この巻で出張りすぎです。
【36】、【39】、【OFF RED】の3作に登場するってすごくないですか。


【CASE37 六十三億の仮面】
紅がチェーンソーを振り回す殺人鬼を追う話。

乱なら何してもおかしくないですからね。
乱にたいして「仲間だろ! 信じてやれよ!」的なことは無理ですし。しかたないですね。
そして、双子の嵐はいったいいつになったら登場するのか。


【CASE38 天の岩戸】
良子が閉じこもってしまったので、天岩戸作戦を実施する話。

超能力者たちもあんまり役に立たないなぁ、というのが正直な感想です。
もともとこのシリーズは超能力が登場するものも制限が大きいですから、仕方ないのかもしれませんが。

そして、BLUE2に登場した丁子さんとBLACK3に登場した硝子さんはやっぱり姉妹だったようです。


【CASE39 続・真っ赤なギターのEME】
月下さんに変身ヒーローもどきの弟子ができる話。
熱いです。

珍しく紅が何もしない任務です。
出てくる敵ですが、肉弾戦だとそれなりに強いのかもしれませんが、能力が能力なので、銃で1発で決着がつきそうでもありますね。


【CASE40 なにもないいちにち】
紅の学校生活を描いたタイトルどおり何もない一日の話。
冒頭で今までしてきたことがずらーっと書かれているんですが、【36】までの内容しかなく「あれ?」と思って巻末を確認してみました
この話、実際は【36】のあとに雑誌に掲載されていた模様。どうりで【36】までしかないんですね。
チュウが女の子でびっくりしました。
男の子だと思ってました。

そして登場人物たちの名前がすごかったです。


【三色ショート その1 AOFC】
AOFCとはなんぞや、という話。
読むと呪われるらしいです(笑)

注意書きが一番最後にあって思わず「意味ないじゃん!」と突っ込んでしまいました。

そして語り口が二人称という珍しい話です。


【三色ショート その2 青白い蝋燭】
青白い蝋燭に火をつけてしまった泥棒の話。

RED7の盗掘家の兄弟らしいです。だからどうしたな設定ですが。
ブラックな話です。EMEってこういう話多い気がします。気のせいかな。

そしてあの字体はやっぱり読みにくい!


【三色ショート その3 きりのくに】
きりのような白い世界をさまよう少年と少女と男性の話。
ほぼ平仮名なので、若干読みにくいです。

最後まで読む前に落ちが分かったので「ああ、やっぱり」と思いました。


【OFF RED08 怪獣伝説】
怪獣映画の監督が殺され、頼まれてもいないのに月下さんが犯人探しをする話。

ちょっと悲しくなりました。
私は怪獣映画に詳しくはないですし、興味もないんですが、きぐるみからCGに移行していくのは容易に想像できます。

きぐるみだとか、パノラマだとか不要な時代が来るんでしょうね。



次巻がEMEシリーズ最終巻です。
すぐに読み終わるかと思ったのですが、思っていたより巻数があって意外とかかりましたね。
1日1冊読んでも14巻あるので2週間はかかるってことです。まあ仕方ないです。
ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

EME RED 7 COLOSSEUM

EME RED〈7〉COLOSSEUM (富士見ファンタジア文庫)EME RED 7 COLOSSEUM/瀧川武司
「おやおやおや! さらにおや! どこの馬の骨かと思ったら、紅の馬鹿だったわけですか!」
 ある時は伊呂波荘の隣人。またある時は大富豪の息子。そしてある時は魔界の皇子――謎のスゴキャラΩと紅の対決は突如火ぶたが切って落とされた!
 その名はトマソン・デスマッチ!
 夜な夜な地下闘技場で行われる秘密の闘いに参加。田舎にいって事件解決。猫又の世話に、聖徳太子の相手。やっぱり今回も紅の毎日は大忙し。ってか、もうすでに時空はを超越し始めてます!
 実は怪異を闇に葬るのではなくて、怪異を弄んでいるのではないかという危惧すら感じる、エージェント・紅の日常を描く短編集第七弾!


今回はサブタイトルがそのまま題となっている作品がないんですね。
RED2ではわざわざ改題してまでサブタイトルをつけていたのになぁ、とちょっと微妙な気分になりました。
“COLOSSEUM!?”とかにしちゃえばよかったのにと思わなくもないです。


【CASE31 コロシアム!】
蒼さんと紅で地下闘技場で行われているというPCを使った賭博を調査に行く話。
紅が捕らえられるときに、靴ってどうなってたっけ?と思いました。
EMEの制服が黒のスーツであることは何度も触れられているので覚えているのですが、靴に関しては特に触れられていなかったような。
スニーカーだったら靴底はゴムですから、捕らえられることもなかったのに、とも思いました。

カトブレパスって何年か前にサンデーだったかな?連載やってませんでしたっけ。
何話か読んだ覚えあるんですけど、高校卒業してからサンデーもマガジンもガンガンも立ち読みしなくなったのでどうなったのか全くわかりません。
この間、久しぶりにサンデーをぱらぱらと見て、ほとんど知らない作品でびっくりしたものです。


【CASE32 コロシアム?】
紅と茜ちゃんが地下闘技場で行なわれているというPCを使った賭博を調査に行く話。
上と対になった話です。

上が非常に真面目な話なのに対して、こちらはなんとも馬鹿げた話です。
なんてたってΩが出てきますから。
あらすじのΩの台詞はこの話からです。

茜ちゃんの中で紅はヒーローなんでしょうね、きっと。ヒーロー=出来ないことはない!ってことなんでしょう。

αちゃんがアメリカから帰ってきたようなので、再登場してくれないかな?


【CASE33 妖怪退治屋】
蒼さんと紅が田舎にPCを保護しに行く話。
前振りが前振りなので、最初は見事にだまされてしまいました。

そうだよなぁ、紅は“コウ”とも読むけれど、一般的には“クレナイ”なんですよね。
この妖怪退治屋もまた再登場してくれるのでしょうか。
楽しみです。


【CASE34 壱万円からの御奉仕】
紅が聖徳太子の世話を焼く話。
もちろん、実際の聖徳太子じゃないんですが、よく笑わなかったな、と。

コンビニを国会議事堂といったり、コピー機をプリクラといったり、紅のあしらいかたも結構ひどいですね。

そして、ラストでこの人物は正体が仄めかされているのですが、それが3億円事件の犯人だと思うのです。
そうだとしたらよく交番で平然としていられたな、と。


【CASE35 吾輩は猫又である】

タイトルからして分かると思うのですが夏目漱石の「吾輩は猫である」のオマージュ。
名無しの猫又視点でEMEの中の出来事を描いた作品です。結構好きです。

三木也が可愛い。RED2の相棒といい、三木也は小動物好きなんですかね。
けど、それを他人に知られたくないお年頃なんでしょう。
まあ、あれが紅じゃなかったらまた違うのかもしれませんが。


【三色ショート その1 音】

音の話(そのまんまだな……)。
世界は音であふれている、って感じ。

確かに言われてみれば、音に関係する妖怪って結構いますね。
鳴家に、小豆洗い。私が知らないだけでもっといるんじゃないでしょうか。
どれも悪さをするような力をもった妖怪ではありませんが、それだけ身近ってことなんでしょう。


【三色ショート その2 化石】
盗掘しようと忍び込んだ男が、過去に飛ばされ化石になってしまう話。
これはちょっと異色な話かな。
意図せずタイムスリップしてしまうわけなんですが、ショートショートなので原因だとか不明なままです。
いったいなんでそんなことになったのか。


【三色ショート その3 時間よ止まれ】
恋人とのひと時「このまま時間が止まればいいのに……」と思ったら本当に時間が止まってしまった話。
正直、よく3年も一人で生きていられたな、と。

そして紅たちEMEはクラスメイトの少女の能力を把握しているのかいないのか……。


【OFF RED07 妖怪料理人】
EME料理人・鍋島柿八の息子にして黒部の友人だった七八が料理対決をする話。
上の「吾輩は猫又である」くらいの時期に起きた出来事ですね。

山海経の嗷咽(ゴウエツ)って少年陰陽師に出てきた蓑をかぶった牛みたいなやつですよね。
思わず絶滅危惧種なんだ、とつぶやいてしまいました。

この七八の恋はきっとなかなかうまくいかないんだろうなぁ、と思います。



EMEもあと2冊。この週末で読めたらいいんですけど。
ちょっと難しいかな?

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
09 月( 05 ) 08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR