忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】瀧川 武司」の記事一覧

EME BLUE 1アシュラハンド

EME BLUE〈1〉アシュラハンド (富士見ファンタジア文庫)EME BLUE 1アシュラハンド/瀧川武司
 視界の端に銀の閃光。少年は叫んだ。
「うおっ!?」
 ウエイトレスの持つ円盤が、少年に振り下ろされる。身をよじり一撃をかわす。研ぎ澄まされた刃が、机に食い込む。訓練された動きは、プロのものだった。
 乾紅太郎、17歳。人を超越する強大な力を持つ彼は、幼少期から秘密組織に属していた。八百万機関――またの名をEME。怪異を闇に葬る独立機関だ。
 任務あけ喫茶店で休む紅を、突如謎の暗殺者集団が襲う。しかし、それは不殺の信念を貫く紅と必殺を掲げる巨大暗殺組織“アシュラハンド”との激しい闘いの序章にすぎなかった……。
『EME』の書き下ろしストーリー――紅、蒼、茜が大活躍するハイ・エッジ・アクション――BLUEの第一弾!


えっと、主人公・紅が高校3年生のときの話です。
BLACK1で登場したキャラクターは紅しか登場しません。
名前だけなら黒部とかちらっと出てましたがその程度です。

なので、一応同シリーズとはいえ、まったくの別物とみた方がいいかもしれません。
本当はその間の出来事がきちんと描かれていれば繋がったはずなんですけどねぇ。


BLACK1が式神(ゴーレム)とはいえ、多くの妖怪が出てきたのに対して今回はえっと、2匹だけですか?
どちらも小動物サイズの雷獣と風狸(フウリ)のみ。
特殊能力を持つ者たちにスポットが当ってるので、そのためでしょう。

紅の任務風景からはじまるこの巻。
作品世界の説明のためのものかと思ったのですが、そういうわけじゃないんですよ。
ちゃんと意味のあるものなので、繋がったときに「ああ、そういうこと」と思いました。


暗殺組織『阿修羅の手』が怖いです。
ある日突然隣にいた人が襲ってくる……。
それだけ構成員がいるってことが非現実的ですが、ラノベだし、特殊能力も妖怪も非現実的なのでそこはつっこんじゃいけませんね。

『ライトハンド』と『レフトハンド』。
上の隣人みたいな人とは格の違う特殊能力を持った暗殺者たち。

阿修羅像ってわかるでしょうか。
3つの顔と3対の手を持つ神様なんですが、教科書とかで仏像の写真を見たことないでしょうか。

その阿修羅を名乗るだけあってライトハンドとレフトハンドは6人いるわけなんですが、そこをきちんとしたのなら頭も3つあるってことにして内部抗争とかまでやればよかったのに、と思いました。
けど、そこまでやったら長くなりすぎですかね。詰め込みすぎというか。
中途半端にきちんとしただけに気になりました。


茜ちゃんかわいいですよね。ネーミングセンスは無いですが。
いや、「ワットくん」「パスカルくん」だけならまだいいんですけどね。フルネームだとかなりひどい。

私は蒼さんより茜ちゃん派だったりします。そしてアオママはそんなもの超越した存在だと思ってます(笑)
途中、茜ちゃんが紅を傷つけるシーンがあるのですが、かなりびっくりしてしまいました。
実際は違うのですが、かなり後のほうにならないと真相は明らかにならないので、何がどうなったら巻頭のカラーページに繋がるのかかなり気になりました。


今回登場する三木也がかなり好きです。
こういう子は絶対好きになるんですよねぇ。
いろいろ言ってますが、もし紅が死んだりしたら真っ先に敵討ちに動くだろう、と思います。
一番心配してたんだろうな、とも。
あとあの食べ物に関する過剰な反応はいったいなんなのか。ちょっと気になります。


世界一明るい殺し屋『インド人』。
世界一暗い殺し屋『中国人』。
世界一己の信念に生きる殺し屋『混血児』。
世界一信念の欠けた殺し屋『雑種』。
世界一残忍な殺し屋『ベトナム人』。
世界一優しい殺し屋『日本人』。

紅がどうやってこの6人の殺し屋の魔の手から生き延びるのか。
見ものです。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

EME BLACK 1口を開く魔王の迷宮

EME BLACK〈1〉口を開く魔王の迷宮 (富士見ファンタジア文庫)EME BLACK 1口を開く魔王の迷宮/瀧川武司
「海を見たい」
 少女は言った。生まれてから一度も海を見たことがないからと。
 少年は彼女の表情(かお)に見とれた。広く青い海原への憧れを映した、澄んだ瞳に。
「……ここから出たら、いくらでも見られるよ、海なんて……」
 しかし、少年――乾紅太郎は知っていた。この怪物の蠢く暗闇の迷宮から脱出することが、いかに困難かということを。
 池袋から新宿に広がる巨大な地下街(ジオフロント)。そこに突如発生し、人々を襲い始めた多数の怪物――現象生物(フェノメノン・クリーチャー)たち。原因不明の事件に立ち向かえるのは、怪異を闇に葬る秘密組織・八百万機関(エイト・ミリオン・エンジン)のGA紅とその先輩・黒部だけであった。はたして紅は少女を護り地上へと脱出できるのか?
ハイ・エッジ・アクション第一弾!


このEMEはBLACK、BLUE、REDの3つのシリーズがあります。
基本はBLUEなのかな?

BLACKは主人公である紅が高1のときの物語。
BLUEは紅が高3。
REDは時間軸的にはBLUE同じ程度で短編集です。

REDは完結しているのですが、それ以外は5巻くらいまで出るとのことだったんですが、BLACKは2005年、BLUEにいたっては2003年以来出ていません。
きっともう出ないと思うので売ろうと思います。

謎は謎のまま残っているんで気になるんですけどね。


主人公である紅は特殊能力を持っているのですが、その能力がなんか地味だなと。
“力場干渉能力”。
ようはサイコキネシスなわけなんですが、能力の限界値が自分の筋力と同程度なので、動かせるものなどが小さくて。
小説だってこともあるんですが、絶対可憐チルドレンやPSYRENなんかと比べて地味だな、と。
同じ小説であるサイコバスターズなんかだと隕石引っ張ったりしてたので、EMEでの能力はかなり地味な印象をうけます。

能力を使ったことによる代償(疲労)が他の作品に比べて大きいのも特徴かもしれません。
なので、この作品は基本ガンアクションになるんですかね。

内容的には可愛そうな少女の話です。
父の妄執に囚われてしまった少女。紅たちに見せていた姿は偽りだったと告げているのですが、一体どこまでが偽りだったのかな、と。
「海が見たい」ってとこだけは本当だったと言っていたのですが、それ以外も結構ホントだったんじゃないかな、と思います。


紅の性格がかなりツンツンしてます。
BLUEでは結構柔らかくなっているのでBLACKからBLUEの間にいったい何があったのか。
どうせならきちんと読みたかったですね。

明日はBLUEが読めたらいいな、と思います。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR