忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】松原 真琴」の記事一覧

そして龍太はニャーと鳴く

そして龍太はニャーと鳴く (JUMP j BOOKS)そして龍太はニャーと鳴く/松原真琴
人語を解する猫のフェリス、そして、フェリスの言葉を解する少年・龍太。
龍太のまわりに、次々と不可解な事件が!
その場で聞こえた、猫の鳴き声の正体は?
フェリスは、仲間の猫の手を借りて、龍太とともにその謎に挑む!
第11回ジャンプ小説対象入選作+龍太の子ども時代を描く書き下ろし1編収録。
ちょっとスリリングでちょっとハートフル、新鋭の摩訶不思議ワールドが、「BLEACH」の久保帯人とのコラボレーションで登場!


ちょっと久しぶりの松原さんの作品です。
でも我が家にある松原さんの作品はあと1作だけだったりします。
図書館にもあと1冊あったかな?


【スペシャル・コミック よるのはなし】
【そして龍太はニャーと鳴く】
【出世払いで夕食を】


の3編が収録されています。

スペシャルコミックは久保さんが数ページの漫画を描かれてます。
まだBLEACH連載初期だったのかな?
最近、集英社みらい文庫で再発行されたナルトの波の国編ノベライズが同時発売ってことを見るとけっこう古いんですね、この本。
確認したところ2002年の本でした。
今じゃ絶対こんなことやってもらえないですよねー。


主人公は猫(と少年)。
何百年と生きているらしい頭のいい猫・フェリスとその飼い主・龍太。

読んでいて正太郎シリーズを思い出してしまいました。
頭の良さはどっちもどっちなのかな。
でも正太郎よりフェリスの方が人間との意思疎通は出来ています。
けど改めて思い返してみれば、正太郎もひらがなは読めるらしいですから、やろうと思えば会話することもできるんだろうなぁとか思って読んでました。


物語的には、スリリングというには微妙かと。
なんとなく展開が読めましたし、比較的ありがちな話だと思います。でも面白い。
すごくどうでもいい戦隊物の設定をけっこう細かく決まっているのはこのときからだったのだな、と(笑)

それにしても、この作品っていろいろ謎が残っているんですよね。
フェリスが何百年も生きている理由や龍太とフェリスだけが意思疎通できる理由とはいったいなんなのかとか。
龍太の彼女・清水宅の居候である桜ちゃん(けっこうがっしりした体格の男で常に女装。家事は完璧。実は男前)は普通に気になりますし。
(桜ちゃんはきっと攻めだよなーと勝手に思ってます)

さらりと読めて読後感がいい作品でした。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[1回]

そして彼女は伝説へ…

そして彼女は伝説へ… (JUMP j BOOKS)そして彼女は伝説へ…/松原真琴
中途半端な冷媒能力を持つ女子高生・八重。
今回はなぜか、祖母の願い(脅迫?)で、イケメンヒーロー番組のクイズ大会に参加。
ところがそれがとんでもない事件の発端に!
現れた最強の敵を前に、八重は、十郎はどう戦う?
命がけの勝負が始まる!
「DEATH NOTE」の小畑健とのコラボによる幽霊ノベル第3弾。八重の秘密が、今明らかに……。


「そして彼女は」シリーズ第3弾にして完結作です。
イコール松原さんの作品3作目なのでカテゴリ作りました。
この方の作品は妹があと何作か持っているはずなので、まだ増えるかな?


今回は、前2作とは違い、表題作1本だけです。

クイズ大会にでたり、八重の中にいた八重そっくりな人物の謎が明らかになったり、最強の敵と戦ったりします。

今まで八重は十郎の並外れた喧嘩強さによって危機的状況に陥るってことはまずありませんでした。
八重がここまでぼろぼろになるのとかはじめてじゃないかな。


「たいがいにSAY・YO!」という大人向けヒーロー番組が登場するのですが、なんというかすごかったです。
確かに、最近の日曜朝のヒーローものって大人向けの要素強いからなぁ。
はじめから大人向けに作ったというこの番組はありだと思いますよ。

腹黒美少年、もうちょっと痛い目見て欲しかったなぁ(笑)


八重の中に存在した少年。
彼はすごく可哀相な人でした。
式紙が消える瞬間については、映像化して欲しいなぁと思いました。

式紙に込められた命令は「寂しさが消えるまでこの家にいろ」というもの。
その式紙が消えたってことは……。

最後の数年は彼にとってとても幸せなものだったんだろうなぁ。


最強の敵の正体。
それは上位の悪霊に憑依された保さんでした。
保さんは生身でもかなりの強さを誇りますからね。

抜けているというか、ふざけているとしか思えなかったAUBEのメンバーたちがちょっとマジメにしてて少し意外な感じもしましたが、よかったです。
それぞれが十郎のことが好きで影響を受けていたんだな、と。

十郎の死因はやっぱり交通事故。
亘のところに楽譜を届ける途中だったのだとか。
真夏日だからとアイスを買って、バイクに乗っていたから事故にあってしまったようです。

保さんがあそこまで格闘技を極めていた理由も、亘の口から語られています。
保さんは十郎に挑戦したかったらしいのです。
挑戦を申し込もうとしたその日に十郎が死んでしまったとか本当に悲しいですね。

シリーズとしてはこれで終了です。
でも、その後の展開がすごく気になります。

最後の最後で、今まで秘密にしてきたAUBEとの交流が升野にばれてしまったりとか(笑)
升野の追求から八重は逃れられたんでしょうか?
楽しかったです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

そして彼女は神になる ヒーローはジャージに着替えて悪を討つ

そして彼女は神になる ヒーローはジャージに着替えて悪を討つ (JUMP j BOOKS)
そして彼女は神になる ヒーローはジャージに着替えて悪を討つ/松原真琴
中途半端な霊媒能力を持ち、人気バンドのギタリスト・十郎の霊に作曲をさせて印税をしこたま稼ぎ、十郎が鍛えているせいで、そのへんの不良を一発で殴り倒せる腕力を持つ以外は、平凡な女子高生である園原八重。
文化祭に悪友から持ちかけられた企ては、ジャージ神になれ! というものだった。
……ていうか、ジャージ神て!
「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」の小畑健とのコラボによる、幽霊コメディ第2弾登場!


以前紹介したそして彼女は拳を振るうの続編です。
先日べるぜバブを紹介したときに畑山先輩からジャージ神さまを連想してしまったので読みたくなって。
図書館にあったので借りてきてしまいました。


あらすじにもある文化祭の話「そして彼女は神になる」と、
美果さんと八重さんの出会いを描いた「星に願いを」を2編が収録されています。


それではまず、「そして彼女は神になる」の感想をば。
えっと、まずジャージ神さまっていうの正体から。

ジャージ神さまはバスケ部の有志劇『武蔵野南戦隊ジャージマン』に登場するキーパーソンなんです。
序盤にスーパーパワージャージを授けるキャラクターらしいんですが、八重の悪友・升野がそのジャージ神さまの衣装(というか着ぐるみ)を八重のサイズで作成。
クラスの催し「音楽喫茶」に参加したくないがために、協力することになるんです。

そこで軽音部の小坂先輩と、その小坂先輩に取り憑いていた幽霊・藤井と関わることになります。

ジャージ神さまのパートや、AUBEメンバーや升野たちとのやりとりなんかは普通におもしろかったのですが、すごく切ない気持ちになりました。
藤井の気持ちがすごく複雑だろうなぁ、と。

護るべき対象であった小坂先輩の成長を受け入れられなかった藤井。
こういう幽霊モノだと比較的ありがちな展開だと思いますけど、やっぱり切ないなぁ。

前巻に比べてかなり後味の悪い成仏でした。


次、「星に願いを」
美果さん視点の話。
園原家に出入りするようになるきっかけと、美果さんが死んだ日の出来事。

美果さんの両親の話とか「へぇー」って感じ。
勉強することが苦じゃなかったからあんなにも頭がいいんですねー。

八重の母・亜美のペンネームは「井出流心(いでるしん)」=「死んでいる」のアナグラムなんですよ。
文豪を憑依させて作品を書いてもらっているからこそのペンネーム。
文豪たちは書き終えると消えてしまうらしいのですが、シリーズものはなかったってことなのかな?とかすごくどうでもいいこと考えてしまいました。


今回もまた伏線は放置です。
八重が見た夢の正体はいったいなんだったんでしょう。
あとがきによると次巻(多分、最終巻?)でどうにかするらしいので楽しみにしていたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR