忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そして彼女は神になる ヒーローはジャージに着替えて悪を討つ

そして彼女は神になる ヒーローはジャージに着替えて悪を討つ (JUMP j BOOKS)
そして彼女は神になる ヒーローはジャージに着替えて悪を討つ/松原真琴
中途半端な霊媒能力を持ち、人気バンドのギタリスト・十郎の霊に作曲をさせて印税をしこたま稼ぎ、十郎が鍛えているせいで、そのへんの不良を一発で殴り倒せる腕力を持つ以外は、平凡な女子高生である園原八重。
文化祭に悪友から持ちかけられた企ては、ジャージ神になれ! というものだった。
……ていうか、ジャージ神て!
「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」の小畑健とのコラボによる、幽霊コメディ第2弾登場!


以前紹介したそして彼女は拳を振るうの続編です。
先日べるぜバブを紹介したときに畑山先輩からジャージ神さまを連想してしまったので読みたくなって。
図書館にあったので借りてきてしまいました。


あらすじにもある文化祭の話「そして彼女は神になる」と、
美果さんと八重さんの出会いを描いた「星に願いを」を2編が収録されています。


それではまず、「そして彼女は神になる」の感想をば。
えっと、まずジャージ神さまっていうの正体から。

ジャージ神さまはバスケ部の有志劇『武蔵野南戦隊ジャージマン』に登場するキーパーソンなんです。
序盤にスーパーパワージャージを授けるキャラクターらしいんですが、八重の悪友・升野がそのジャージ神さまの衣装(というか着ぐるみ)を八重のサイズで作成。
クラスの催し「音楽喫茶」に参加したくないがために、協力することになるんです。

そこで軽音部の小坂先輩と、その小坂先輩に取り憑いていた幽霊・藤井と関わることになります。

ジャージ神さまのパートや、AUBEメンバーや升野たちとのやりとりなんかは普通におもしろかったのですが、すごく切ない気持ちになりました。
藤井の気持ちがすごく複雑だろうなぁ、と。

護るべき対象であった小坂先輩の成長を受け入れられなかった藤井。
こういう幽霊モノだと比較的ありがちな展開だと思いますけど、やっぱり切ないなぁ。

前巻に比べてかなり後味の悪い成仏でした。


次、「星に願いを」
美果さん視点の話。
園原家に出入りするようになるきっかけと、美果さんが死んだ日の出来事。

美果さんの両親の話とか「へぇー」って感じ。
勉強することが苦じゃなかったからあんなにも頭がいいんですねー。

八重の母・亜美のペンネームは「井出流心(いでるしん)」=「死んでいる」のアナグラムなんですよ。
文豪を憑依させて作品を書いてもらっているからこそのペンネーム。
文豪たちは書き終えると消えてしまうらしいのですが、シリーズものはなかったってことなのかな?とかすごくどうでもいいこと考えてしまいました。


今回もまた伏線は放置です。
八重が見た夢の正体はいったいなんだったんでしょう。
あとがきによると次巻(多分、最終巻?)でどうにかするらしいので楽しみにしていたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR