忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【ノベライズ】その他」の記事一覧

名探偵コナン 天空の難破船

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)/水稀しま(原作/青山剛昌 脚本/古内一成)
微生物研究所が武装グループに襲撃され、殺人バクテリアが盗まれた。翌日、テロ組織『赤いシャム猫』から、「殺人バクテリアを手に入れた。7日ないに次の行動を起こす」との犯行声明が出された。
『赤いシャム猫』の犯行予告日、鈴木次郎吉の招待を受けたコナンたちを乗せた飛行船が、大阪に向けて離陸した。その時『赤いシャム猫』から次郎吉に「殺人バクテリアを船内にばら撒いた」との電話が入り…!?


ちょっと思う所があって、図書館で借りてみました。
結構ボロボロで、今読まなければ仕舞われてしまって読めなくなりそうだななんて思ってしまいました。


物語はあらすじにもある通り、コナンたちが園子のおじさまで打倒キッドに燃える次郎吉おじさまに招待された飛行船の中で起こります。
何度かテレビで放送されていると思うので、見たことあるって人もいるんじゃないでしょうか。
かく言う私も録画したものを見たのか、レンタルしたのかまでは覚えていませんが見た記憶がありました。

今はもう引退してしまったんでしたっけ?
子役だった大橋のぞみちゃんがゲスト声優を務めていたのは知っていたのですが、優木まおみさんもゲスト声優だったのは今回調べて初めて知りました。
すいません。

小学館ジュニアシネマ文庫から発売されている商品ということもあり、ものすごくルビの数が多いです(笑)
プロローグにあたる『赤いシャム猫』による研究所襲撃のシーンなんかはもう漢字の多さとルビで真っ黒。
まあ、このシーンセリフないのにやたら難しい用語が多いので致し方ないような気もするんですが。
実際、冒頭こそルビの多さに辟易していたのですが、慣れたのか物語が進むにつれ気にならないようになりました。

でも、改めてパラパラとページをめくるとすべての漢字にルビがふってあるようです。それはそれでどうなんだろう?


ノベライズの出来としては可もなく不可もなく。
映画本編を見たのは数年前のことなので細かな点は覚えていないのですが、変に改変されているような印象はありません。
コナン恒例のアガサ博士のクイズもあるし、小学生の声優体験のセリフもカットされることなく収録されていました。
本当に映画本編を文字にした、といった印象ですね。

以前、サマーウォーズの児童向けノベライズを読んだ時も似たようなことを思ったのですが、児童向けはそういう風にするとでも指針でもあるんでしょうかね?

ただ、つばさ文庫版サマーウォーズと比べると本当に出来事をなぞっているだけなので、小説としての評価はそこまで高くはありません。
あくまで、映画本編が面白いから面白く感じるだけかなーと。
ちょっと厳しめな気もします。まあ、面白ければなんでもいいといえばそうなんですけどね。

拍手[0回]

秘密警察 FILE:02 -Confidential-

秘密警察 FILE:02 -Confidential-/石沢克宜(原作/ぶりる)
どこかの世界の、どこかの島国。その国の警察庁内“資料室"と呼ばれる謎の部署…そこには警察高官の御曹子、男勝りの姉御キャラ、謎のマスク美少女、躁鬱気味のヘタレリーダー、某国の王女様など、キャラがたちまくりのメンバーがそろっていた。
初音ミクの楽曲『秘密警察』の疾走感そのままにテンポのいいギャグとアクションが展開! 前作の『秘密警察FILE:01 』をはじめ『ココロ』『東京電脳探偵団』など数多くのボカロノベルを手掛ける石沢克宜氏の最新にして最高のエンタメ小説をぜひ「監視」ください!
「俺たちで、ミクさんを監視する」
東N本國東都府警視庁、総務部文書課付き資料室。そこで勤務するレンはマスクをつけた謎の美女・ミクをはじめとする濃いキャラのメンバーたちと任務についていた。
ある日、監視システム・SCaNSの開発に携わっていたミクにスパイの容疑がかかり…


もうだいぶ前に紹介したこちらの続きになります。
しばらく前に借りてたんですけどね……。


前作でも説明しましたが、この作品はボカロ曲のノベライズです。
初音ミク、鏡音リン・レン、KAITO、MEIKO、巡音ルカは前作から引き続き、今作ではミクのルームメイトとして重音テトが登場します。

テトの権利ってクリプトン社が持っているらしいからその関係で登場したのかな?と思ったんですが、調べてみたらちょっと違ったようです。
権利自体は今もキャラデザの人と、中の人(音声サンプリング)の人が持っていて、クリプトン社はテトを正式なオリジナルキャラクターとして認めたってことのよう。
まあ私も詳しいわけじゃないので、気になる人は各自ググってください。
(個人的にUTAUはテトより波音リツ、特にキレ音源が好きです)
閑話休題。

読み終わった感想としては「で、結局伏線どうなったの?」でした。
物語としては、これで完結してます。
冒頭に前巻のあらすじもありますしたぶん、前作読まずともなんとかなります。
なんとなく勢いで進んでる感は否めませんが、まあ読める作品ではあります。
続編が出たって話も聞きませんし、ノベライズとしてはこれで終わりなんでしょう。
それだけに、前巻で丸投げした伏線どうした、と。

まだルカの出向の話だとかは、ちらっとは触れられています。
ミクのマスクについては理由こそ触れられていませんが、寝るときでもしているものであり、中学時代からマスクをしていたというのは読みとれるので、よけい気になるな、と。
レンやカイトが見える謎の文字については、まあそんな設定すらなかったかのような扱いで触れられてすらいません(爆)b まあ、なくてもどうとでもなった設定ではありますが、それでいいのかとも思わなくもないです。ええ。

前巻でもネズミーランドとか登場してていろいろいいのか、と思っていたんですが、今回はオスプレイだとか(たぶん発売当時の)時事ネタもぶっこんできててなんというかすごいなぁ、と。

相方云々は官房長官のくだりで思わず笑ってしまいました。
確かに官房長官だとか初代相方だとか、閣下だとかまた登場してくれたらなぁってキャラ結構いますもんね。
リアルだと、中の人がなくなってしまって消えていったキャラクターだとかもいるのでそうはいかないものもあるんでしょうけどね。
(というかそもそも黄泉がえりが可能な作品じゃないので絶対ありえませんけど)

ボカロ系のノベライズは知り合いがまだ数冊、図書館にもいくつかあったので気が向いたらまた借りてきたいと思います。

拍手[0回]

秘密警察 FILE:01 -Escape-

秘密警察 FILE:01 -Escape-/石沢克宜(原作/ぷりる)
物語の舞台は現実(いま)ではない、どこかの世界の、どこかの島国。その国の警察庁の­中に"資料室"と呼ばれる謎の一団がいた――。
人事異動によって"資料室"に配属された、レン巡査の運命や如何に!?


先日人から借りたんですが、長いこと読めなかった作品です。
ようやく読めました。

ご存じの方もいるかもしれませんが、これはボカロ曲のノベライズです。
元の曲はこちらですね。

私自身は曲は数度聞いたことあるかな?といった程度です。
「朝から晩までオマエを監視る!」のフレーズこそ覚えてましたが、ストーリー性だとかはさっぱり覚えてませんでした。

今回この感想書くのにあたってYoutubeで聞きましたけど、PVなしの一枚絵だったんですね。
よくもまあ3分少々の曲からここまで話を膨らませたな、と。
プロってすごいです。


物語自体は正直はちゃめちゃと言った印象が強いです。

とある事件をきっかけに主人公である青年・レンは交番勤務から警視庁内の資料室へと異動することになります。
ぶっちゃけ、資料室のイメージは相棒の特命係です(笑)
人材の墓場でしたっけ?何かやらかした人が送られてくる感じ。


資料室にいたのは室長のカイトと、どうにも酒癖が悪いらしいメイコ。そして決してマスクをはずさないミク。
レンは配属早々・U王国の王女であるリンの警護任務につくこととなります。
(他に部署こそ違いますがルカも登場してます)

まあ警護といってもパレードや凱旋の時に道路端にたってる警察官といえばわかるでしょうか。
ああいう仕事で、人数あわせの意味合いが強いものだったんですね。
しかし、リン王女がいなくなってしまったからさあ大変、リン王女を連れ去ろうとしている奴らもいて――と言った感じでしょうか。


まあ、物語自体はさらりと読めました。
可もなく不可もなくといった感じでしょうか。

シリアスな場面でもなんだかなーと思う部分もありましたが、まあそこまで気になりはしませんでした。
まあどうあがいてもハッピーエンドにしかならないだろう雰囲気だったので、ぶっちゃけハラハラドキドキとかはなかったです。

どちらかというと、この張り巡らせっぱなしの伏線たちはどうなるのだろう?ってことの方が気になっていました。

ミクのマスクの理由、レンに見える文字(カイトには数字が見えるらしいのでそちらも)あたりでしょうか。
他に、物語最後でルカに命じられた「秘密警察」の人員選定も気になりますが。

どうやら続編も発売されているようです。
ですが、知り合いは2巻は購入してないらしいので、そっちを読むことはなさそうです。

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR