忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【ノベライズ】その他」の記事一覧

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 禁書の守護者

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 禁書の守護者/天羽沙夜(原作/西義之)
天才魔法律家たちが小説(ノベル)で復活! 「箱舟」襲撃事件後のある日、残党らしき「禁書の守護者」が魔法律協会を襲った! 魔監獄に幽閉されたエンチューが、独房の中で謎に挑む…! 他、六氷魔法律事ム所に舞い込んだ新たな依頼や、魔界の使者・キュラの秘密が明かされる!


ムヒョロジ2冊目のノベライズです。
これでムヒョは本当に終わりになります。


【第1章 山童峠の夏】
【第2章 禁書の守護者】
【第3章 日曜日の使者】

が収録されています。

名称は「章」ですが、話は繋がってませんんので1話とカウントして問題ないかと思います。
あらすじにもあるとおり、時間軸は箱舟事件以降のよう。

1章は作中でロージーがムヒョから貰った魔封じのペンを利用していること、
2章では一級書記官と明記されていることからこれらは本編完結後と見るのが妥当じゃないかな。

3章はすいませんわかりません。キュラが登場しているんで、箱舟事件以降なのは確定なんですけどねぇ。

よくわかりませんが、全体を通して16巻以降(というかベクトール編)については触れるのを避けているのかな、と。
禁書編終了→執筆依頼(ベクトール編進行)→連載打切→執筆終了→本書発売ってことだったんだろうな、と。
同時進行だったからこそ、ベクトール編については触れることが出来なかった、ってことなんでしょう、きっと。
上であげたような点くらいなら加筆修正でどうにかなりそうなので。


少なくとも発売当時に1度は読んでいるんですが、すっかり忘れてました。
本編で作者が誤魔化していた五嶺さんの性別、明らかになってたんですね。
いや、元々かなり高身長なので女性っていうのは結構無理あったんですけど、1章内で「御曹司」、「女性と見まがうような」とあるのでイコール男性じゃん、と。
気づいてなかったのか、忘れてたのか……。


前述の通り初読ではないんですが、なんとなくしか覚えていなかったこともあり全体を通して結構楽しめました。
ノベライズとしては十分かと思います。

本編終了後のキャラたちの様子が垣間見えるだけでもなかなかうれしいですよね。

ただ、表紙にもいるのに、ビコとリオ先生は登場してません(笑)
あ、逆に本編に登場しないからこそ、表紙に描かれているのかもしれませんね。

だって、ムヒョ、ロージー、エンチュー、ヨイチ、今井さん、毒島さん、梅吉、ナナちゃん、ギンジ、キュラ、五嶺さんとエビスさんは登場しているんですよ?
それぞれバラバラに登場しているとはいえ、これだけのメンツが登場しているのに、ビコとリオ先生が登場していないのは逆に違和感ですね。
小説内に登場しないからこその表紙、の可能性が高い気がしてきました。


前述の通り、ムヒョロジはこれで全て終わりです。
作者コメントに「10年後に描けたらなんて思ってましたが」なんてありますが、本編終了から約5年。
5年後の再登場は厳しいでしょうが、ちょっと見てみたいなと思いました。

拍手[0回]

絶対可憐チルドレン・THE NOVELS~B.A.B.E.L.崩壊~

絶対可憐チルドレン・THE NOVELS~B.A.B.E.L.崩壊~/三雲岳斗(原作/椎名高志)
21世紀、エスパーは増え続けていた、国内でわずか3名の超度(レベル)7エスパー、薫、葵、紫穂は、10歳にして超能力支援研究局(バベル)の特殊チームに属する『ザ・チルドレン』。性格に若干難のある彼女たちを指揮するのは、若き天才科学者皆本光一。東京湾に発生した巨大竜巻を、いつものようにその能力で鎮めた彼女たち。だが、事件は終わらない。低超度能力者の連続誘拐、関東国際空港を襲う砂嵐。そしてバベルが、崩壊する――!? TVアニメ放送中の「サンデー」人気連載に、業界随一の実力派作家三雲岳斗が完全オリジナルストーリーで挑む!


発行順からすると、13巻より先に紹介すべきだったんですが、紹介し忘れていたのに気づいたので。
あらすじからして時代を感じます……。


あらすじにあるとおり、オリジナルストーリーです。
時間軸は、あとがきによると11巻以降の物語らしいです。
まあ、ブースターが登場してますからその辺が打倒かな?


おもしろかったです。
ノベライズはあたりはずれが大きいんですが、この作品はあまりそういうのを気にせず読めました。

チルドレン+皆本さんをはじめ、賢木先生や蕾管理官、なおみちゃんに谷崎主任、ハウンドやダブルフェイス、
パンドラからは兵部、真木さん、澪、マッスル、(九具津もかな?)
コメリカのエスパーチーム3人、ちさとちゃんや東野くんの小学生組に、チルドレンの家族なんかも端役とはいえ登場していますから本当にフルメンバーですね。

そういう意味でもなかなかうれしい感じです。


今回起こる事件というのがかなりスケールが大きい事件なので、読んでいて楽しかったです。
無関係に思われた事件が繋がっていくとか、そういうの大好きなんで。

そして、相変わらず皆本さんは子どもに懐かれるなぁ。
チルドレンを筆頭に、澪、ハウンド、そして今回のオリキャラ・落葉。
さすがです。


今回、事件を起こした威河所長こと威河弘徽(たけかわこうき)の言い分はわからなくもないんですよね。
だからパンドラというか兵部は手を出さなかったわけです。
でも、そうは上手くはいかないし、本人も上手くいくとは思っていなかった、と。
お互いに利用し利用されるということはわかっていたけれど、それに縋るしかなかったんだろうなぁ。


ノベライズですからそんなに本編に関係してくるようなものではないんでしょうけど、威河所長の目的なんかにはちょっと考えさせられました。

確か絶チルのノベライズはこれだけ。
登場人物たちも増え、それぞれの関係性なんかも大きく変わっている現状だと、同じ設定でも大分違った話になるんだろうなぁ。
また、ノベライズをやってくれないかな、とちょっと期待していたりします。

拍手[0回]

SKET DANCE extra dance1 真説!学園七不思議

 SKET DANCE extra dance1 真説!学園七不思議/平林佐和子(原作/篠原健太)
SKET DANCE初の小説化(ノベライズ)!! スケット団が小説の執筆に挑戦したり、開盟学園に伝わる七不思議の秘密を解き明かしたり、小説だけのエピソードがみっちり詰まってるぞ!! 漫画とは一味違うストーリーをたっぷりをご堪能あれ!!


昨日言っていたスケダンのノベライズ、また忘れてしまうと大変なので、早速読みました。
これ初版だからか、あらすじ誤字ありますね。


【Write Staff】
【真説! 学園七不思議】
【番外編 デュエット・ダンス】
【おまけ 劇場版 リバティ☆真剣(マジ) EPISODE0 炎を呼ぶ転校生】

が収録されています。

個人的には【学園七不思議】が一番好きです。
推理とはまたちょっと違うんですが、あれです。1話のペンキ仮面とか、ガラス男と同系列の話です。

吉村さんの思いをきちんと酌んだスケット団。
こういう話、いいですよね。


【Write Staff】はみんなでリレー小説を書く話。
ボッスンの器用さはさすがです。
そして、小説でいったいどう表現されるのかと不安と期待でいっぱいだったロマンでしたが、さすがです。
ちゃんとロマンでした(笑)

七不思議でも思ったんですが、生徒会が部活扱いされていて、ちょっと不思議でした。
普通、生徒会って部活とは別枠だと思うんですけど。むしろ委員会寄り?
開盟って私立だからなのかなぁ。


【番外編】【おまけ】は正直、微妙でした。
【番外編】はボッスンとスイッチがアイドルユニットで、人気の出ないボッスンのイメチェンに挑む話。
【おまけ】はリバティ☆真剣(CVモモカ)が、誕生したエピソード。

これは本誌でやってほしかったかも。漫画で見たかったな。

というか、リバティ☆真剣とリアリティ☆マジと同一作品なんですか?
もうわけわかんなくなってきました。

【おまけ】は半分以上、作中作なんですが、それが脚本形式なので抵抗覚える人もいるかもしれませんね。

全体的にスケダンらしいノベライズといえたんじゃないかな、と思います。
それなりに楽しめました。

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR