忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】鈴木 大輔」の記事一覧

ご愁傷さま二ノ宮くん 5

ご愁傷さま二ノ宮くん 5/鈴木大輔
 二ノ宮家に緊急事態発生! 最強生物・二ノ宮涼子の留守中に、何者かが襲撃をしかけてきた! しかも黒ずくめで完全武装のあからさまに専門家(プロ)な人たち。
 いったい何が目的なのか? などとノンキに推測する暇もなく、襲撃者たちの手を逃れた二ノ宮くんは疾る。真由&麗華を抱え、「ある」という噂の秘密の脱出口を目指す!
 いつになく男らしい二ノ宮くんの勇士に、迫る危機をひとまず忘れ頬染める真由と麗華。武装集団とのバトルに加え、恋の死闘がやっぱり再発? 命がけのラブに、時と場合は関係ありませんっ!?  いろんな意味で陥落寸前な二ノ宮くんに、明日はあるのかっ!? 大人気サキュバスラブコメ、今度はとってもダイ・ハード♡


前巻を紹介したのが11月。
ちょっと間があいてしまいましたね。最近そんなのばっかりです。


あらすじにもあるとおり、今巻は二ノ宮家が襲撃にあいます。
元々非常時に強いであろうことはわかっていましたが、彼ら冷静すぎますね(笑)

前巻のときにも思ったのですが、この作品主人公はいったい誰なんでしょう……。
いや、タイトルからしても峻護なんでしょうが相変わらず影薄い。

それだけじゃなくて、今回もラブコメ要素が薄い気がしました。
冒頭の寸劇と、クローゼットの中の一幕くらいですか?
3人が3人とも思うところがあって、グルグル悩んでいるもんだからラブコメってる余裕がないんだと思いますが。

峻護は2人から自身に向けられる感情が恋愛感情であることに気づいたもののそこから身動きがとれず、
真由は男装時に麗華から峻護との間にあった過去を知ってしまったものだから遠慮してしまって、
麗華は真由の発作を見てしまったから今までのように接することを躊躇ってしまうと。

難しいものです。


今回の(も、かな?)事件の黒幕は保坂先輩。
保坂先輩が道化を演じて情報収集を行った、ということですね。
新キャラ・霧島しのぶもまた麗華のためを思って保坂の策略にのった、と。

2人の会話の中に現れた『神威』。
真由のもつ力のようですが、詳細は不明。気になりますね。
「もう一人の保坂先輩」というものも気になります。が、次巻まで明らかになるようなものじゃないよなぁ。


エピローグで、真由と麗華が仲直りしているんですが、その途中で麗華の人格はサキュバスのものへと変貌してしまった、というところで今巻は終わり。
うーん、サキュバス要素も今回それくらいしかなかったんですが、こういう終わり方されるとやっぱり気になってしまいますね。
次巻はあまり間をあけず読んでしまいたいと思います。

拍手[0回]

ご愁傷さま二ノ宮くん 4

ご愁傷さま二ノ宮くん(4) (富士見ファンタジア文庫)ご愁傷さま二ノ宮くん 4/鈴木大輔
「わたし。一緒にお風呂に入っても、二ノ宮くんに身体を洗ってもらったことありません。ですから今日は……」
「お、お待ちなさい、この破廉恥娘!」
 エスカレートするサキュバス娘・真由の男性恐怖症克服訓練に、麗華(メイド)お嬢様が怒りの「待った」をかけた!
 このままでは二ノ宮峻護を真由に持って行かれてしまう。せっぱ詰った麗華が、起死回生の一発逆転をかけて繰り出した作戦とは――遊園地での一日デート!?
 そんなもんで真由のフェロモンに勝てるとも思えんが。なにはともあれ、こうしてお嬢決死のラブ・ミッションが始まったのだ! 付き人の妨害(おせっかい)はねのけ、恋敵(ライバル)の監視をかいくぐり麗華は勝利の美酒を味わえるのか!?……ムリかな、やっぱ。
 大人気サキュバス・ラブコメ、メイドさんもがんばってま~す♥


前巻を紹介したのが9月ですか。
ちょっと間があいてしまったかな。


あらすじにもあるとおり、遊園地でのデート回です。

麗華が頑張っています。
前半は読んでいてもあまり身が入らなかったんですが、読み進めていって最後の方にはちょっと興奮してしまいました。


2巻で明らかになった峻護と麗華の押さないことろの約束。
どうやら峻護はその後の真由とのキスにより、記憶と「二ノ宮」としての能力を失ったよう。
峻護が失った記憶というのは全てではなくて。
印象深いことは少しですが、かろうじて記憶に残っているんですね。

しかしながら、それはその後に真由と過ごしただろう日々と混合されていて。
読んでいて麗華がちょっとかわいそうでした。


今回、真由は変装して2人のデートをつけているんです。
少年へと変装した真由は何度か麗華と接触しているんです。
はじめこそ、真由が助けられていたんですが、最後には麗華を励ますためのもので。
麗華は見知らぬ少年へ自身の過去を「おとぎ噺」として語り、ちょっとすっきりするんですよ。

真由の手に渡ったレースのハンカチが麗華に正体がばれる伏線になりえるのはわかっていました。
ですが、まさかこの巻のうちでばれるとは思わなかったなぁ。

あいかわらず、主人公の影が薄いこの作品。
今回はサキュバス要素も薄かったですね。最初と最後に麗華のサキュバス人格がちらっと出てきたくらいですか。
正直、主人公より保坂先輩のが……とか思ってしまうのは私が保坂先輩好きだからだけではないと思います。


美樹彦と涼子によるとすでに第2幕なんだとか。
そして彼らが手出しをするのは第1幕までのことでこれからは傍観するしかないらしい旨も語られていました。
今後どうなるのかちょっと気になってきました。

拍手[0回]

ご愁傷さま二ノ宮くん 3

ご愁傷さま二ノ宮くん3 (富士見ファンタジア文庫)ご愁傷さま二ノ宮くん 3/鈴木大輔
「断じて! 認めませんっ!!」
 一緒に眠る二ノ宮くんと真由を止めたのは、あの人の一言だった。北条麗華。社長令嬢で二ノ宮家の住み込みメイドな麗華さんは今夜もまた怒っていた。 麗華がなんとサキュバスだったり。彼女の命を救うために二ノ宮くんがキスしたり。そんでもって、それを真由が目撃しちゃったり。とても2日間とは思えない濃密な真夏のバカンスを体験した3人。そんな彼らを待っていたのは、これまでと同じようで全く違う毎日だった。
 二ノ宮くん&真由のえっち限界ぎりぎり特訓に、ぶちキレた麗華が宣戦布告。二ノ宮くんの気持ちはさておき、純情サキュバス娘とメイドお嬢のらぶバトルがついに勃発!! 和平交渉は困難極まる!!
 ご愁傷さま120%増量中! 究極のサキュバス・ラブコメっ!!


二ノ宮くんも3冊目なのでカテゴリ作りますね。
なんとなく6巻までで、ある程度ひと段落つかないんじゃないかなって思えてきました。
まあ、そのときはあきらめるしかないか。


今回は主人公の影が薄かった気がしました。
女の子2人にスポットがあてられすぎているというか。
この作品、三角関係がメインに描かれているわけですが、二ノ宮くんは未だ真由にも麗華にも恋心を抱くまでには至ってないわけですから仕方ないのかもしれませんが。

二ノ宮くんが2人の行動にドキドキしてしまう程度なら書けるんでしょうけど、前回がそれだったから今回は違うってことなのかな。


3巻は女の子同士が猛烈に意識しあっていました。
隣の芝が青く見えるとでもいえばいいのかな。
どちらも相手がをうらやましく思う訳ですね。


職業柄、口の立つ麗華が真由にガンガン意見をのべるところとかちょっとやりすぎに見えました。
真由がかわいそうに見えましたが、でも、それは読者だからの感想でしかないんですよね。
麗華は真由がサキュバスだということを知りません(まあ、自身がサキュバスだってことも知りませんが)。

つまりは真由の男性恐怖症が致命的だということを理解していないということ。
だからこそ「以前のように男子禁制の宗教施設にいればいい」なんてセリフがでてくるわけですよね。

麗華自身悪い人ではないので真由の事情をちゃんと知っていたらそこまでいうことはないだろうし、ある程度協力してくれるようになると思うのです。
まあ、そうはならないでしょうが。


真由の身に起こった禁断症状。
ものすごいモノでしたが、保坂先輩が一服もっていたため峻護はそんなこと知る由もなく。

ラブコメとしてはライバル同士の対立がしっかりしてきてなかなか楽しくなってきたんですが、サキュバスネタは緊迫してきてもいる訳です。
いったいどうなってしまうのでしょうか。本当に6巻でひと段落してくれないかな。

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR