忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】川原 礫」の記事一覧

ソードアート・オンライン 7 マザーズ・ロザリオ

ソードアート・オンライン 7 マザーズ・ロザリオ/川原礫
 キリトが巻き込まれた《死銃(デス・ガン)》事件から数週間。
 妖精アバターによる次世代飛行系VRMMO《アルヴヘイム・オンライン》にて、奇妙な騒動が起こる。新マップ《浮遊城アインクラッド》、その第24層主街区北部に現れる謎のアバターが、自身の持つ《オリジナル・ソードスキル》を賭け、1対1の対戦(デュエル)ですべてを蹴散らし続けているという。
 《黒の剣士》キリトすらも打ち負かした、《絶剣》と呼ばれる剣豪アバターにアスナも決闘を挑むのだが、結果、紙一重の差で敗北してしまう。
 しかし、そのデュエルが終わるやいなや、《絶剣》はアスナを自身のギルドに誘い始めた!?
 《絶剣》と呼ばれるほどの剣の冴え。そこには、ある秘密が隠されており――。
『マザーズ・ロザリオ』編、登場!


随分と久しぶりのSAOです。
まさか2年近くも開くとは思いませんでした。


今回はあらすじにもある通り、ALO内のあの《アインクラッド》が舞台。
以前までのデスゲームではなくなったアインクラッドには色々と変更が加えられているようです。
たとえば、ボスの強さが各段に挙げられていることなどがあるでしょうか。
SAO時代は、ゲーム内での死=現実世界での死でしたから、GMでもある茅場もそこらへんは調整していて、どうにか頑張ればクリアできるようにしていたわけです。
(まあ、あんまりにも厳しくしすぎるとクリアへと向かう意思が折られてしまう懸念もありますしね)

で、そんなALOに新たに加えられた要素にはSAOにあったソードスキルもありました。
既存のスキルだけでなく、難易度こそめちゃくちゃ高いもののオリジナルのスキルを登録することも可能。
そのオリジナルスキルを持つ少女《絶剣》ことユウキをゲストキャラクターに、今までメインヒロインであったアスナを主役にすえたストーリーになっています。
あくまでもアスナがメインであるためか、今回はキリトの登場シーンはほとんどありません。
とはいえ、SAOで仲良くなったリズペットやシリカ、さらにはクラインもALOをプレイしていることが明かされましたから、キリトの周りは今まで通りにぎやかなようです。
(そして、アインクラッド22層のあの家はたまり場と化しているようです)

読み終えて思ったことは、VRシステムの医療への転用は確かにありえることなんだよな、ということ。
ALO編で須郷がやろうとしていたこと、目的こそゲスいことでしたが理論というか理屈だけでいうならば確かに有用なんです。
同じく、ゲームの世界が舞台であるログホラなんかにも登場したと思いますが、事故などで体が不自由になってしまった人が自由に体を動かせる……、なんてことも出来るわけですから。
それゆえに、ユウキの行く末はすぐに想像できたんです。
それでも見ていてなんともつらいな、と。

ユウキとのアレコレと時を同じくして、アスナとアスナの母・京子との確執も描かれています。
以前も書いた気がするんですが、アスナがよくわからなくてメインヒロインでありながらあまり好きになれなかったのです。
今回、アスナの内面が描かれたことで、アスナを少し好きになれた気がします。

また続きを借りてきたいのですが、次がいつになるかは本当に不明。
内容覚えてるうちに借りたいなぁ。

拍手[0回]

ソードアート・オンライン 5、6 ファントム・バレット

ソードアート・オンライン 5 ファントム・バレット/川原礫
 《SAO》事件から一年が経った。
 ある日。キリトは総務省《仮想課》の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。
 銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン》で突如発生した《死銃》事件。漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実でも《死》に至る……。その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは、《仮想世界》が《現実世界》へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、《GGO》へとログインする。
 《死銃》の手がかりを掴むべく、不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。そんな彼に救いの手をさしのべたのは、長大なライフル《ヘカートⅡ》を愛用するスナイパーの少女・シノンだった。
 新エピソード突入!
ソードアート・オンライン 6 ファントム・バレット/川原礫
 鉄と鋼のVRMMO《ガンゲイル・オンライン》で発生した《死銃(デス・ガン)》事件を調査するため、《GGO》にログインしたキリト。
 一見超美少女キャラと見間違えるアバターにコンバートされるトラブルに遭った彼だったが、スナイパーの少女・シノンのナビゲートにより、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント《BoB(バレットオブバレッツ)》に無事参戦を果たす。
 キリトは銃が支配するこのゲームで唯一《光剣》を駆使、《BoB》を勝ち進む。その奇抜な戦闘スタイルが話題となり、徐々にゲーム内での知名度は上がっていった。
 そして《BoB》決勝。数多の強敵がひしめく《バトルロイヤル》の中、ついに《死銃》が姿を現す。果たして《死銃》とは何者なのか。本当に《仮想世界》へと影響を及ぼすことができるのか……キリトは単身、《死銃》へと挑む!!
 『ファントム・バレット』編、完結!!


久しぶりに図書館で借りてきました。
このシリーズ、ずっと貸し出されていたんですよね。


SAOALO編に続くシリーズです。
今回もまた2冊上下巻構造になっているので、一気に紹介していきたいと思います。

SAOから、そしてALOからも解放されたキリトとアスナはリアル世界での生活を満喫していました。
とはいえ、二人の娘であるAI・ユイのこともありALOにホームを構え、VRの世界も満喫しているようですが。
(2巻で登場したサブヒロインたちもきちんとALOに移行したようです。口絵で名前すら紹介されていないクラインさんマジクライン)

そんなある種幸せなキリトの元に「《死銃》を名乗るものを調査してほしい」と依頼が入ります。
今回、舞台となるゲームは銃と鋼鉄の世界《ガンゲイル・オンライン》通称GGOです。
そこで、ゲームの世界の銃撃された人物が実際に死亡していることが判明し、その関連性を探っていくことになります。


今回のヒロインは、トラウマを抱えそれを乗り越えようと葛藤する氷の狙撃手・シノン。
――のはずなんですが、まあ今回キリトさんのアバターが一見美少女でですね(笑)
見た目だけなら百合っぽくてなんだかすごかったです。ええ。


今はだいぶ廃れてきてる感がありますが、いわゆる俺TUEEEEE系といわれても仕方ないぐらいキリトのスキルが半端ない。
銃と鋼鉄の世界でひとりビームサーベル的な《光剣》と呼ばれる武器を使い、SAO時代に培ったスキルで銃弾を切り裂いていきます。


この作品って近未来を舞台にしているのですが、本当に近い未来なのでちょっとリアルで驚いてしましました。
作品開始時で2022年ぐらいなのかな?この巻では2025年と表記されていたんですが、まあとあるキャラクターの小さいころにポリゴンショックが起きたとかあるんです。
名前こそぼかされてましたが、おおっ!となってました。
ローカルなHTMLファイルとか登場してびっくり。HTMLファイルとかかなり久しぶりに聞きましたよ。
今って何が主流なのかはわかりませんが、HTML、XHTML、CSSなどは個人サイト最盛期にちらっとかじった程度なのでもう何がなんだか。


キリトとシノンの二人の共通点は、過去に人を殺したことがあるか。
キリトはSAO時代にPKギルドのメンバーを、シノンは幼いころに強盗を銃で。
傷のなめ合いではなく、乗り越えていこうとするさまは良かったです。

が、完全に安心?というか油断していたとはいえ、シノンさん不用心すぎないですかね。
一人暮らしの家に自分に好意を寄せる男子をノーブラ状態で家にあげちゃうとか色々どうよ?とか気になってしまいました(笑)
まあ助かったから良かったですけど。


ラスト、シノンは過去のトラウマを乗り越えることができました。
さて、次はどんなお話なのか楽しみです。

拍手[0回]

ソードアート・オンライン 3,4 フェアリィ・ダンス

ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス/川原礫
 禁断のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』から現実世界に戻ってきたキリト。彼は攻略パートナーであり、想い人でもあるアスナのもとに向かう。
 しかし、結城明日奈は、あの悪夢のゲームからまだ帰還していなかった。
 困惑と絶望に包まれるキリト。唯一の手がかりは、鳥籠の中で佇む《妖精姿》のアスナという謎の画像データのみ。どうやら彼女は、高スペックVRMMO《アルヴヘイム・オンライン》というゲーム内に囚われているらしい。
 キリトはアスナを救うため、飛翔する妖精プレイヤーたちが交錯する《ALO》に飛び込んでいく……!! WEB上でも屈指の人気を誇った『フェアリィ・ダンス』編、スタート!!
ソードアート・オンライン4 フェアリィ・ダンス/川原礫
 SAOから未だ帰還しないアスナを救うため、疑惑のVRMMO《アルヴヘイム・オンライン》にログインしたキリト。  その次世代飛行系ゲーム《ALO》は、《魔法》という概念、プレイヤーの反応力と判断力が勝敗を決めるアクション要素、そして《妖精》となって空を駆け巡る《飛翔システム》と、《SAO》に勝るとも劣らない高スペックで数多のプレイヤーを魅了していた。《妖精》スプリンガンとなったキリトは、アスナの幽閉先――全プレイヤーの最終目標《世界樹》目指し突き進む……!
 途中、妖精種族《サラマンダー》のプレイヤーたちの策略により、絶体絶命の危機に陥るキリトだったが、《シルフ》の少女・リーファの助力、ナビゲートピクシー・ユイのバックアップを受け、どうにか九死に一生を得る。
 そしてついにキリトは《世界樹》の根元までたどり着く。しかしそのとき、リーファとキリトは互いの《秘密》を知ってしまい……。


あけましておめでとうございます。新年一発目は図書館で借りてきたものになります
これの続きです。カテゴリも作っておきますね。


ナンバリングは3、4ですが実質上下巻なので一度で紹介してしまいます。

時間軸としては、1巻でSAOを攻略し現実世界に戻ってから数ヶ月後の話です。
キリトの家族が登場することで、SAOユーザーたちがゲームに囚われていた間の出来事も多少語られています。


ヒースクリフ――茅場との戦いを終え、大部分のユーザーは現実世界に帰還しました。
しかし、アスナを含む300人のユーザーは目覚めることはなかったのです。

キリトは2年の間に開発されたゲーム《アルヴヘイム・オンライン》通称《ALO》での目撃証言を元に、再びVRMMOの世界に飛び込むことになります。

そこで出会った少女・リーファと共に世界樹を目指すことになるというのが今作のストーリー。

2巻で再登場してくれたらいいな、なんて言っていたユイが早くも再登場してちょっと拍子抜けしてしまいました(笑)
まあ、いいですけどね。

今回のヒロインであるリーファの正体。
読者には明白なんですが、ゲーム内でリアルのことを聞かないというのが常識だということもあり、作中後半までキリトとリーファの関係はあかされませんでした。
ALOのキャラメイクは基本ランダムらしいので、顔の造形で気づけなかったっていうのはわかるんだけど、声はどうなってるのかな?なんてちょっと考えてしまいました。

キリトのバックグラウンドの説明を読んでいてデジモンの光子郎を思い出してしまいました。
どちらもデジタルの世界へ逃げ込んで命がけの冒険に巻き込まれてしまったわけですが、そこから成長して帰ってきたわけですからそりゃあ二人とも強いですよ。


妖精王オベイロンこと須郷伸之のしたことは、人としてやってはいけない領域のことなのでしょう。
でも痛みにあえぐような人にとっては有効な手段でもあるでしょうから研究自体はだめとはいいがたいんですよね。


システム上に残っていた茅場の力も借りてどうにかこうにかアスナを救うことができてめでたしめでたしといったところでしょうか。

茅場から託された種子は見事に芽吹いたようですし。うん。

SAO生還者の中高生を対象にした学校も開設されたらしく学園ラブコメ要素も付与されたっぽいですね。
正直、大人たちへの支援がどうなってるのかも気になりました。
エギルみたいに自由業だったりすれば家族の協力さえあれば、まあどうにかなるのかもしれませんが、会社員はそうもいかないですよね?
まあ、あんまりそういうところ気にしても仕方ないですね。

作者あとがき曰く、このALO編は長い長いエピローグであったと。
作中でキリトも言ってましたが、アスナを救うことで「(SAO内の)キリトの役目はもう終わった」ということなんでしょう。

次からはちょっとテイストが変わるらしいですが、どう変わるのか。
楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
07 月( 01 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR