忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】川原 礫」の記事一覧

ソードアート・オンライン 5、6 ファントム・バレット

ソードアート・オンライン 5 ファントム・バレット/川原礫
 《SAO》事件から一年が経った。
 ある日。キリトは総務省《仮想課》の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。
 銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン》で突如発生した《死銃》事件。漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実でも《死》に至る……。その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは、《仮想世界》が《現実世界》へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、《GGO》へとログインする。
 《死銃》の手がかりを掴むべく、不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。そんな彼に救いの手をさしのべたのは、長大なライフル《ヘカートⅡ》を愛用するスナイパーの少女・シノンだった。
 新エピソード突入!
ソードアート・オンライン 6 ファントム・バレット/川原礫
 鉄と鋼のVRMMO《ガンゲイル・オンライン》で発生した《死銃(デス・ガン)》事件を調査するため、《GGO》にログインしたキリト。
 一見超美少女キャラと見間違えるアバターにコンバートされるトラブルに遭った彼だったが、スナイパーの少女・シノンのナビゲートにより、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント《BoB(バレットオブバレッツ)》に無事参戦を果たす。
 キリトは銃が支配するこのゲームで唯一《光剣》を駆使、《BoB》を勝ち進む。その奇抜な戦闘スタイルが話題となり、徐々にゲーム内での知名度は上がっていった。
 そして《BoB》決勝。数多の強敵がひしめく《バトルロイヤル》の中、ついに《死銃》が姿を現す。果たして《死銃》とは何者なのか。本当に《仮想世界》へと影響を及ぼすことができるのか……キリトは単身、《死銃》へと挑む!!
 『ファントム・バレット』編、完結!!


久しぶりに図書館で借りてきました。
このシリーズ、ずっと貸し出されていたんですよね。


SAOALO編に続くシリーズです。
今回もまた2冊上下巻構造になっているので、一気に紹介していきたいと思います。

SAOから、そしてALOからも解放されたキリトとアスナはリアル世界での生活を満喫していました。
とはいえ、二人の娘であるAI・ユイのこともありALOにホームを構え、VRの世界も満喫しているようですが。
(2巻で登場したサブヒロインたちもきちんとALOに移行したようです。口絵で名前すら紹介されていないクラインさんマジクライン)

そんなある種幸せなキリトの元に「《死銃》を名乗るものを調査してほしい」と依頼が入ります。
今回、舞台となるゲームは銃と鋼鉄の世界《ガンゲイル・オンライン》通称GGOです。
そこで、ゲームの世界の銃撃された人物が実際に死亡していることが判明し、その関連性を探っていくことになります。


今回のヒロインは、トラウマを抱えそれを乗り越えようと葛藤する氷の狙撃手・シノン。
――のはずなんですが、まあ今回キリトさんのアバターが一見美少女でですね(笑)
見た目だけなら百合っぽくてなんだかすごかったです。ええ。


今はだいぶ廃れてきてる感がありますが、いわゆる俺TUEEEEE系といわれても仕方ないぐらいキリトのスキルが半端ない。
銃と鋼鉄の世界でひとりビームサーベル的な《光剣》と呼ばれる武器を使い、SAO時代に培ったスキルで銃弾を切り裂いていきます。


この作品って近未来を舞台にしているのですが、本当に近い未来なのでちょっとリアルで驚いてしましました。
作品開始時で2022年ぐらいなのかな?この巻では2025年と表記されていたんですが、まあとあるキャラクターの小さいころにポリゴンショックが起きたとかあるんです。
名前こそぼかされてましたが、おおっ!となってました。
ローカルなHTMLファイルとか登場してびっくり。HTMLファイルとかかなり久しぶりに聞きましたよ。
今って何が主流なのかはわかりませんが、HTML、XHTML、CSSなどは個人サイト最盛期にちらっとかじった程度なのでもう何がなんだか。


キリトとシノンの二人の共通点は、過去に人を殺したことがあるか。
キリトはSAO時代にPKギルドのメンバーを、シノンは幼いころに強盗を銃で。
傷のなめ合いではなく、乗り越えていこうとするさまは良かったです。

が、完全に安心?というか油断していたとはいえ、シノンさん不用心すぎないですかね。
一人暮らしの家に自分に好意を寄せる男子をノーブラ状態で家にあげちゃうとか色々どうよ?とか気になってしまいました(笑)
まあ助かったから良かったですけど。


ラスト、シノンは過去のトラウマを乗り越えることができました。
さて、次はどんなお話なのか楽しみです。

拍手[0回]

ソードアート・オンライン 3,4 フェアリィ・ダンス

ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス/川原礫
 禁断のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』から現実世界に戻ってきたキリト。彼は攻略パートナーであり、想い人でもあるアスナのもとに向かう。
 しかし、結城明日奈は、あの悪夢のゲームからまだ帰還していなかった。
 困惑と絶望に包まれるキリト。唯一の手がかりは、鳥籠の中で佇む《妖精姿》のアスナという謎の画像データのみ。どうやら彼女は、高スペックVRMMO《アルヴヘイム・オンライン》というゲーム内に囚われているらしい。
 キリトはアスナを救うため、飛翔する妖精プレイヤーたちが交錯する《ALO》に飛び込んでいく……!! WEB上でも屈指の人気を誇った『フェアリィ・ダンス』編、スタート!!
ソードアート・オンライン4 フェアリィ・ダンス/川原礫
 SAOから未だ帰還しないアスナを救うため、疑惑のVRMMO《アルヴヘイム・オンライン》にログインしたキリト。  その次世代飛行系ゲーム《ALO》は、《魔法》という概念、プレイヤーの反応力と判断力が勝敗を決めるアクション要素、そして《妖精》となって空を駆け巡る《飛翔システム》と、《SAO》に勝るとも劣らない高スペックで数多のプレイヤーを魅了していた。《妖精》スプリンガンとなったキリトは、アスナの幽閉先――全プレイヤーの最終目標《世界樹》目指し突き進む……!
 途中、妖精種族《サラマンダー》のプレイヤーたちの策略により、絶体絶命の危機に陥るキリトだったが、《シルフ》の少女・リーファの助力、ナビゲートピクシー・ユイのバックアップを受け、どうにか九死に一生を得る。
 そしてついにキリトは《世界樹》の根元までたどり着く。しかしそのとき、リーファとキリトは互いの《秘密》を知ってしまい……。


あけましておめでとうございます。新年一発目は図書館で借りてきたものになります
これの続きです。カテゴリも作っておきますね。


ナンバリングは3、4ですが実質上下巻なので一度で紹介してしまいます。

時間軸としては、1巻でSAOを攻略し現実世界に戻ってから数ヶ月後の話です。
キリトの家族が登場することで、SAOユーザーたちがゲームに囚われていた間の出来事も多少語られています。


ヒースクリフ――茅場との戦いを終え、大部分のユーザーは現実世界に帰還しました。
しかし、アスナを含む300人のユーザーは目覚めることはなかったのです。

キリトは2年の間に開発されたゲーム《アルヴヘイム・オンライン》通称《ALO》での目撃証言を元に、再びVRMMOの世界に飛び込むことになります。

そこで出会った少女・リーファと共に世界樹を目指すことになるというのが今作のストーリー。

2巻で再登場してくれたらいいな、なんて言っていたユイが早くも再登場してちょっと拍子抜けしてしまいました(笑)
まあ、いいですけどね。

今回のヒロインであるリーファの正体。
読者には明白なんですが、ゲーム内でリアルのことを聞かないというのが常識だということもあり、作中後半までキリトとリーファの関係はあかされませんでした。
ALOのキャラメイクは基本ランダムらしいので、顔の造形で気づけなかったっていうのはわかるんだけど、声はどうなってるのかな?なんてちょっと考えてしまいました。

キリトのバックグラウンドの説明を読んでいてデジモンの光子郎を思い出してしまいました。
どちらもデジタルの世界へ逃げ込んで命がけの冒険に巻き込まれてしまったわけですが、そこから成長して帰ってきたわけですからそりゃあ二人とも強いですよ。


妖精王オベイロンこと須郷伸之のしたことは、人としてやってはいけない領域のことなのでしょう。
でも痛みにあえぐような人にとっては有効な手段でもあるでしょうから研究自体はだめとはいいがたいんですよね。


システム上に残っていた茅場の力も借りてどうにかこうにかアスナを救うことができてめでたしめでたしといったところでしょうか。

茅場から託された種子は見事に芽吹いたようですし。うん。

SAO生還者の中高生を対象にした学校も開設されたらしく学園ラブコメ要素も付与されたっぽいですね。
正直、大人たちへの支援がどうなってるのかも気になりました。
エギルみたいに自由業だったりすれば家族の協力さえあれば、まあどうにかなるのかもしれませんが、会社員はそうもいかないですよね?
まあ、あんまりそういうところ気にしても仕方ないですね。

作者あとがき曰く、このALO編は長い長いエピローグであったと。
作中でキリトも言ってましたが、アスナを救うことで「(SAO内の)キリトの役目はもう終わった」ということなんでしょう。

次からはちょっとテイストが変わるらしいですが、どう変わるのか。
楽しみです。

拍手[0回]

ソードアート・オンライン2 アインクラッド

ソードアート・オンライン2 アインクラッド/川原礫
 クリアするまで脱出不可能のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』に接続した主人公・キリト。最上階層を目指す《攻略組》の彼以外にも、様々な職業や考え方を持つプレイヤーがそこは存在していた。
 彼女たちはログアウト不可能という苛烈な状況下でも、生き生きと暮らし、喜び笑い、そして時には泣いて、ただ《ゲーム》を楽しんでいた。《ビーストテイマー》のシリカ、《鍛冶屋》の女店主・リズペット、謎の幼女・ユイ、そして黒い剣士が忘れることの出来ない少女・サチ――。
 ソロプレイヤー・キリトが彼女と交わした、四つのエピソードを、今紐解く。


図書館から借りてきました。
これの続編になります。


【黒の剣士 35層2024年2月】
【心の温度 48層2024年6月】
【朝露の少女 22層2024年10月】
【赤鼻のトナカイ 46層2023年12月】

の4編が収録されています。
1巻の続きではなく、時間を巻き戻した短編集です。
作中で回想入ったりするので時間軸はあくまで目安ですね。

それぞれ、えっちぃ意味じゃなくベッドシーンがあるんです。
なんでだろう?と考えたら、ベッドが一番無防備だからかな、と。
このゲームの世界では街中等ではダメージを受けないようになっているとはいえ、たぶん拘束程度は出来ちゃうと思うんですよね。

で、他人が腕をつかんで操作してもメニューを開くことが可能なので意識のない間に勝手に操作することも出来るんじゃないかな?
だからこそ寝ている姿を見せることが出来るっていうのは信頼の現れなのかな、なんて思ってみたりしました。
まあ、違うかもしれないですけどね。


【黒の剣士】はシリカの話です。
シリカは年齢容姿、そして珍しいビーストテイマーとして中層レベルでのアイドルでした。
そんなシリカの驕りとそれ故の喪失、そして再会と淡い恋心が描かれた話で、PLやレベル差による理不尽さなんかも描かれているので以外と深い話かもしれません。


で、次は【心の温度】
鍛冶職人のリズことリズベットがキリトの依頼を受けて険を作る話。
リズは鍛冶職人としてスキルをあげていたプレイヤー。
素材あつめのためにキリトと一緒にドラゴンの元へいくことになります。
リズは強い子だな、と。リズはアスナの友人だったこともあり、アスナの恋心も寂しさも察してしまいました。
だから自分の恋心を押し込めてでもアスナの元へいくようキリトを送り出すわけです。
二人がゲーム内で結婚したあとでも恋心はくすぶっているようです。
ですが、リズが報われることはないでしょうし、いい子だからこそはやくいい人見つけてほしいな。
ついでに、一般プレイヤーたちのゲームクリア時の様子も描かれてるのも興味深い。

3つ目は【朝露の少女】
アスナとキリトが結婚後22層ですごしていた時期に出会った不思議な幼女ユイの話。
多くのプレイヤーがいる1層はじまりの街の様子も描かれています。
一般的な感覚として死をおそれ戦いと無縁な生活をしている身としてははじまりの街の住人たちが一番リアルなんじゃないかな?と思います。
こんな機会でもなければスポットが当たらなかったでしょうけど、惨めに見えてしまうのはちょっと残念ですね。
ユイの正体は、AI。
本来であればプレイヤーのガス抜きをする仕事を与えられるはずでしたが、GM茅場晶彦に支配された世界でユイはプレイヤーたちをただみているだけしか出来ませんでした。
パパとママとしたったキリトとアスナを助けるためとはいえあの展開はちょっとつらい。
いつか再登場してくれることを待っています。

そして、最後【赤鼻のトナカイ】
キリトが一度だけ加入したギルド《月夜の黒猫団》の話です。
この話は前作でも概要は説明されていましたが、細部は不明だったので読めてよかったです。
ただ、たかだが5人とかしかいないパーティーなのに全員の名前は明かされてないんですよね。そこはちょっと違和感。
サチの残した言葉は確かにその通りかな、と。
ちょっとした油断が命取りとなる世界。嫌々戦い続けることは破滅への道だったのだろう、と。
サチが他のギルドメンバーを捨てられる子だったらまた話は変わっていたのでしょうが……。

サチを、《月夜の黒猫団》を復活させるために真偽の確かではない蘇生アイテムを求めるキリトはみていてとても痛々しかったです。
そんなキリトを見守り声をかけつづけたクラインさん。
キリトはクラインを始まりの街へ置いていったという負い目があります。
これでクラインがどこかで脱落していたとしたらキリトの精神はもっとやばかったんじゃ……なんて思ってしまいました。
クラインが生き残っていたってのは結構重要だと思うんですよね。


長くなりました。
次巻こそストーリーが進んでくれると信じて、また近いうちに図書館で借りてこようと思います。

拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR