忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】畠中 恵」の記事一覧

まことの華姫

まことの華姫/畠中恵
真実(まこと)を引き受ける覚悟はあるか――
姉を殺したのは実の父かもしれないと疑う、地回りの親分山越の娘、お夏。
ある事件で身を損ね、人形師から芸人に転じた過去をもつ月草。
やむにやまれぬ想いを抱え、客は今日もまことを求めてお華に会いにやって来る。
でも真実は、知ってしまえば後戻りできない怖さもはらんでいて……
たくみな謎解きと軽妙な掛け合いで江戸市井の悲喜こもごもを描き出す筆者の新境地!

ヒロインは、姫様人形――!?
ちょっぴりヘタレの芸人月草が操るのは、外見と愛想はめっぽうよいが口は悪い姫様人形のお華。
今宵も江戸両国の見世物小屋では、お華が真実を語ると、もっぱらの評判だ。

洒脱な人形語りで江戸の事件を快刀乱麻!
推理、人情、笑いあり。
新たな畠中ワールド、開幕!


図書館で借りてきました。
畠中さんの作品は色々読みたいけど読んでない本あるんですけど新刊コーナーにあったのでつい……。


【序】
【まことの華姫】
【十人いた】
【両国からの客】
【夢買い】
【昔から来た死】
【終】

が収録されています。

以前、特高いお坊さんが掘った「真の井戸」があったんだとか。
問えば真実の答えが返ってきたその井戸から出てきた玉がお華の両目には使われていて、それゆえにお華は真実を見通す"まことの華姫"と呼ばれているんです。

そんな姫様人形のお華と、人形を操る芸人(腹話術師)月草、地回りの親分の娘・お夏ちゃんがメインキャラクター。

人形が探偵?役ということで一番最初に連想したのは安孫子武丸さんの人形シリーズでした。
大昔に一度読んだっきりだったんですが、人形が探偵という設定の奇抜さだけは覚えていました。

なんというか、畠中作品は時代物としてはかなり読みやすいのですが、今回は普段より輪をかけて読みやすくてびっくりしてしまいました。
3時間弱で読み切りました。本文の上部に不自然なくらいな空白があるのでもしかしたら文字数自体も少ないのかもしれませんね。

【序】【終】はお夏ちゃんの視点で語られているんですが、ものすごく幼い印象を受けます。
お夏ちゃんは13歳ということで、13歳の女の子って結構大人なイメージだし本編でも多少幼い気はしましたが、そこまで幼い印象は受けなかったのでちょっと違和感がありました。
でもこの時代って数え年でしょうし、12歳ならワンチャンありかな?

畠中作品ということで、華姫は実は本当に……って可能性もあるのでは?なんて思っていたのですが、そういう訳ではなさそう。
でもそうすると、「まこととなった」華姫の言葉は一体何だったのかな、と。
【十人いた】なんかはともかく、【両国からの客】の言葉は月草が言ってるにしてはちょっと腑に落ちないんですよね。
うーん。続編でその辺に触れてもらえるといいな。

拍手[0回]

つくもがみ、遊ぼうよ

つくもがみ、遊ぼうよ/畠中恵
勝負に勝たないと、双六のマスに閉じこめられちゃう――!?
障子に映る不吉な影、賊出没の真相、願いを叶えてくれると噂の稲荷……
やんちゃな子供達と個性豊かなつくもがみが、次々と起こる謎や怪異に挑む!
ほっこり愉快なお江戸妖怪ファンタジー

われは器物が百年の時を経て妖と化した、付喪神である――
江戸は深川、僅かな賃料と引き替えに、何でも貸し出す損料屋「出雲屋」には、つくもがみという妖怪と貸した古道具たちがたくさん! 威張りんぼうで、そのくせ友情にあつく、噂話にお茶や焼き芋、いたずらが大好き――主夫婦・お紅と清次のひとり息子十夜と幼なじみの子供らは、つくもがみたちと様々な大騒動を繰り広げ、健やかに成長していく――。


図書館で借りてきました。
いつ買ったんだろう、これ。

【序】
【つくもがみ、遊ぼうよ】
【つくもがみ、探します】
【つくもがみ、叶えます】
【つくもがみ、家出します】
【つくもがみ、がんばるぞ】
【終】

が収録されています。
以前、紹介した畠中さんの作品「つくもがみ貸します」の続編に当たりますね。
ただ続編とはいいつつも、帯の文でもわかるんですが、主人公は清次とお紅の子どもです。
作中時間軸としては「貸します」から十年近くたってると思っていいようです。

私、この作品と畠中さんのエッセイである「つくも神さん、お茶ください 」を同一視していたようで。 この作品が出ていたことすら知りませんでした。
今回図書館で見つけたときも「なんでエッセイが小説の棚にあるんだよーまた職員さん間違えたな」程度にしか思ってなかったんです。
地元の図書館は臨職の方が回っているのかわかりませんが、よく人が変わるんです。
でその度に適当に戻していたりするのをこっそりなおしていたので、今回もそうだと思ったんですね。
で、エッセイって読んだことないけどどうなんだろう?と思って手にとって帯をみたら「これ続編じゃん!」となったわけです。
タイトルはなんとなく似てるけど何で気づかなかったんだろう?


「貸します」で登場したつくもがみたちはたぶん、全部でているのかな?
明らかに新顔なのは、双六のつくもがみであるそう六でしょうか。
そう六の宿る双六で遊びながら、様々な問題を十夜、市助、紅一点のこゆりの三人の子供たちとつくもがみたちが協力しながら解決していきます。

しゃばけでもそうなんだけど、つくもがみたちはやっぱり人ならざる存在なので、考え方だとかが違うんですよね。
人なら相手の気持ちを慮って黙っているであろうことも自分達に有利に働くと思ったら告げてしまったりするのです。

「十夜、運はな、鏡と共にあることが多いのだ。われらは長生き故、よく知っておる」
「鏡?」
「己の為した事が、鏡に跳ね返って己の身に戻ってくる。そういうことだ」(p277)

普段は子供っぽいわがままを告げるようなつくもがみたちも、こういうところをみると長い年月を経た存在であるとわかりますね。

清次とお紅が結ばれて、お店を大きくしていったりした空白の10年が気になりますが、そこについてはこれからも語られることはないんでしょうね。

拍手[0回]

明治・妖モダン

明治・妖モダン/畠中恵
どれだけ世の中が変わろうと、江戸とは地続き、時続き。
人知れず、ひっそりと働いているのは……。
文明開化の世の中でたちはどこ行った?
摩訶不思議な妖怪ファンタジー

「江戸が終わって20年。妖たちが、そう簡単にいなくなると思うかい?」
煉瓦街が広がり、アーク灯が闇を照らす銀座に、ひっそりと佇む巡査派出所。
そこに勤務する原田と滝は"かまいたち"に襲われた者や、瞬く間に成長を遂げる女の子の世話など、不思議な対応に追われてばかり。
それは、とてもこの世のものとは思えず……。


図書館で借りてきました。
結構久しぶりな畠中恵さんの作品です。


【第一話 煉瓦街の雨】
【第二話 赤手の拾い子】
【第三話 妖新聞】
【第四話 覚り 覚られ】
【第五話 花乃が死ぬまで】

が収録されています。
畠中さんお得意の妖モノってだけでも興味が惹かれるし、あらすじに明治20年頃の巡査ってあるので、同時代を描いた「若様組まいる」や「アイスクリン強し」のキャラが登場するのかな?と発馬当時から気になっていたんです。

が、実際読んでみるとミナも長瀬も登場しなくてちょっとがっかり。
「築地近くで、そりゃあ美味いワッフルスを手に入れたんです。」(p116)
以前新聞社が仕事で、菓子職人と縁を作った事を話す。(p117)
とあり、この菓子職人がミナのことっぽいんですが、明言はされてません。

まあ、私が見逃しただけでもっとクロスしていてもおかしくはないんですが、さすがに確認する気にはなれませんでした。


なんというか、ものすごく中途半端な印象を受けました。
いつものごとく何か事件が起こり、それを登場人物たちが協力して解決していくのかな、と思って読み始めたのですがこれじゃない感が付きまといました。
巡査の滝と原田、牛鍋屋の百賢とその妹、三味線の師匠のお高、煙草商いの赤手あたりがメインとなって様々な事件に関わっていくことには変わりないんですけどね。


人の世に妖たちが紛れているって設定はなかなか魅力的ですが、登場人物たちの正体が明確にされないのは微妙。
明かさないならもっと幻想的な話にしてほしかったです。
畠中さんの文章なら逆にさっさと明かしてキャラクターたちの掛け合いを楽しむ話にした方がよかったんじゃないかな。

現実から離れられないまま読み進めたので余計中途半端な印象を受けたんでしょうね。
続編が出ても借りないかも。私は畠中さんにはもっとライトな作品を期待しています。

拍手[1回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
09 月( 05 ) 08 月( 02 ) 07 月( 01 ) 06 月( 04 ) 05 月( 05 ) 04 月( 02 ) 03 月( 07 ) 02 月( 02 ) 01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR