忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ぼく、カギをのんじゃった! もうジョーイったら!1

ぼく、カギをのんじゃった! もうジョーイったら!1/ジャック・ギャントス(訳/前沢明枝)
ジョーイは小学四年生の男の子。いつも考えるより先に行動してしまい、騒ぎをおこしてばかり。悪気はないのに、どうしてもじっとしていることができず、まわりから「問題児」だと思われている。幼いときに別れたきりだったお母さんがもどってきて、新しい生活がはじまったのもつかのま、教室で事故をおこして、クラスの女の子にケガをさせてしまい、しばらくの間、<特別支援センター>にかようことになった。もう、もとの学校にはもどれないかもしれない、と落ち込むジョーイ。ところが、支援センターはジョーイが想像していたようなこわい場所ではなかった。自分に合った治療やカウンセリングを受けたジョーイは、考え方や行動を少しずつ自分でコントロールできるようになり…。
個性豊かな少年の内面を、ユーモアあふれる筆致でこまやかにすくいとった、一気に惹きこまれる物語。「問題を抱えた友だちのことを知る手がかりになる本」として、アメリカのほとんどの学校図書館に備えられている。
■全米図書賞最終候補作 ■全米図書館協会優良図書選定 ■スクール・ライブラリー・ジャーナル誌年間優良図書選定


図書館で借りてきました。
10年ほど前に発売された本なので、そのころから置いてあったようですが全く知りませんでした。


アメリカの小学校に通う少年・ジョーイが主人公。
ジョーイは"カゲキ"な一面を持ついい子です。

作中では名言こそされていませんが、ジョーイはADHD、あるいはよく似た障害を抱えているように見えます。
薬が効いているうちはいい子でいられるけれど、薬が切れてしまったり、効きが悪いとどうも"カゲキ"になってしまい自分で自分を制御できなくなってしまうのです。

正直、読んでいて辛かったです。
ジョーイは確かにいい子なのです。自分がいけないことがわかっているし、"カゲキ"になっていても彼の中ではきちんと筋道が通っていての行動なのです。
そして自分を一度捨てて戻ってきたお母さんのことも大好きです。
お母さんが戻ってくるまで一緒にいたおばあちゃんにひどい目にあわされても(正直虐待と判断されても仕方ないレベル)おばあちゃんに対する恨み節はありません。

それでも、ジョーイは"カゲキ"になって様々なトラブルを起こしてしまうのです。
そのトラブルの数々を見ているのがつらいのです。
失敗するのが目に見えているので、もうやめてあげてといいたくなるのです。
あらすじにある事故が描かれるのは作品の半ばほど。

彼が救われる<特別支援センター>が登場するのはそのあとなのです。
ようやくセンターに通うになり、ジョーイの様子は劇的に変わっていきます。
私には薬のことはわかりません。
けれど、ジョーイにあった薬が見つかり、彼が少しでも楽に暮らせるようになるのなら良かったのではないかな、と。

お母さんがジョーイに授けたプレゼント――考え方がステキ。

「(略)『何か、悪いことをかんがえてしまったときは、すぐにいいことを考えること。それから、悪いことは、ぜったいに続けて三つ以上かんがえないこと』そんなことしたら、落ち込んじゃうからね」(p113)

この考え方はジョーイに限らず誰でも役立つものじゃないかなと思うのです。

そんなこんなでジョーイは元いた学校に戻ることが出来ます。
好意的に受け入れられているように描かれていますが、それは大人たち(しかも元々ジョーイを思っていてくれた人)ばかりです。
教室へ向かうさまが描かれていないのでその後はわかりません。
このまますんなり子どもたちの輪の中に受け入れられるんだろうか?とドキドキしてしまいました。

どうやら2巻も発売されているようなのですが、地元図書館には置いていないようです。
あらすじを読むに、今回は名前しか登場しなかった父親が登場するようなのですが……。
うーん、気になるけど自分で購入するのはちょっととも思うのでこのまま謎のまま終わりそうです。

拍手[0回]

光と闇の旅人 1~3

暗き夢に閉ざされた街 光と闇の旅人1/あさのあつこ
結祈は、ちょっと引っ込み思案の中学一年生。東湖市屈指の旧家である魔布の家に、陽気な性格で校内の注目を集める双子の弟・香楽と、母、曾祖母らと暮らしている。ある夜、禍々しいオーロラを目にしたことをきっかけに、邪悪な「闇の蔵人」たちとの闘いに巻き込まれ……。
「少年少女のきらめき」「SF的な奥行き」「時代小説的な広がり」といったあさの作品の魅力が詰まった新シリーズ、第一弾! <解説・三村美依>
時空のかなたへ 光と闇の旅人2/あさのあつこ
舞台は、いよいよ江戸へ――。
母とふたり、貧しいながらも平穏無事に暮らしていた少女・おゆきの周囲に、不思議な出来事が続出する。長屋での変死事件に続き、仕立師として働く母の得意先である商家でも、おゆきと同年代の娘の様子がおかしいという。そんななか、母の口から、自らの特殊な出自を聞いた彼女は……。
江戸時代と現代、時空を超えて繰り広げられる青春エンターテイメント・シリーズ、待望の第二弾! <解説・東雅夫>
決戦のとき 光と闇の旅人3/あさのあつこ
引っ込み思案で少し泣き虫な少女・結祈の住む東湖市で、相次ぐ不審な行方不明事件。被害者の背後を探ると、ある病院と医者の存在が浮かび上がってきた。時を同じくして、結祈の双子の弟・香楽に異変が起きて――。
人は、自らの中に燃え上がる"憎しみ"をどこへ向かわせればよいのか? 固い絆で結ばれた姉弟と、星の娘たち。金銀の太刀が指し示すのは……。
独特の世界に引き込まれるファンが続出! あさのあつこの傑作青春エンタメ、待望の完結篇。


図書館で借りてきました。
以前購入しようとしてやめたシリーズだったので読めて良かったです。


元々この本は時空ハンターYUKIとして、2005年に1、2巻が発売されたものになります。
で、その後2010年に加筆修正改題、レーベル変更の上で文庫2巻まで発売されました。
さらにその後、しばらく音沙汰がなかったんですが今年2017年になってようやく完結巻である3巻が発売されたというちょっとめんどくさいアレコレがあった本になります。

私自身は、YUKI時代に図書館で借りて1、2巻を読んでいたんですが1巻をかろうじて覚えている程度で、2巻は全く覚えていませんでした。
今回シリーズ3冊すべてが図書館にあったので全部借りてしまいました。

物語はあらすじにある通り、結祈という少女が主人公。
あさの作品では必須のパートナーもとい相棒はこの作品では子猫ことお江戸の少女・おゆきです。
弟の香楽(かぐら)も相棒としてカウントしてもいいのかもしれませんが、メインは二人の"ユキ"ですね。

闇の蔵人と呼ばれる人を喰らう化物を倒そうと奮闘する様が描かれています。
正直にぶっちゃけてしまうと、かなり微妙です。
あさの作品ってやっぱりバッテリーNO.6The MANZAIといった男の子主人公が有名だし読んでいて面白い。
女の子主人公だとテレパシー少女「蘭」事ガールズ・ブルーあたりが有名でしょうか。
あ、ほたる館物語も女の子主人公ですね。
ガールズ・ブルーは読んだことないんですが、やっぱり蘭や一子より巧や歩、紫苑の方が好きです。
そういう意味では、この作品はYUKI時代からあまり好きではなかったので最後までその印象がついて回ってしまいました。

ラストがあさのさんにしては珍しい気がしましたが、白黒はっきり決着がついていません。
けれど、題材が光と闇であり、作中で光の住人による闇の淘汰、闇の住人からみた人間は化物である云々を思えばそうなってしまうのも仕方ないのやもしれません。

今回、図書館に入らなければ読むことのなかった本だと思うので読めて良かったです。

拍手[0回]

左近の桜

左近の桜/長野まゆみ
交わりを求めてくるのは、あやかしの者ばかり。
その気はないけど、ちょっといい感じ?!
武蔵野にたたずむ風変りな宿その長男・桜蔵の奇妙な日常を描く匂いたつほどかぐわしい連作小説

武蔵野にたたずむ一軒家。
じつは、男同士が忍び逢う宿屋である。
この宿「左近」の長男で十六歳の桜蔵にはその気もないが、あやかしの者たちが現れては、交わりを求めてくる。
そのたびに逃れようとする桜蔵だが……。

著者のデビュー二十年を記念する新シリーズ第一作。


図書館本。
こういう小説が図書館にあるとびっくりしてしまいますが、今思うと地元図書館ってBLが置いてあって知らずに読んでびっくりしたことあったなぁ。


【第1章 花も嵐も春のうち】【第2章 天神さまの云うとおり】
【第3章 六月一日晴】【第4章 骨箱(こつばこ)】
【第5章 瓜喰めば】【第6章 雲母蟲(きらむし)】
【第7章 秋草の譜】【第8章 空舟(うつおぶね)】
【第9章 一夜半(ひとよわ)】【第10章 件の男】
【第11章 うかれ猫】【第12章 海市】

が収録されています。
この作品はなんていったらいいのかな。
直接的な描写こそそこまでではありませんが、男性同士のあれやこれやが描かれています。
だけど、BLとしてしまうのは躊躇われるようなそんな耽美なお話。

主人公の青年・桜蔵は、いい関係になっている少女の存在があるのにも関わらず、それ以上に多くの男を惹きつけてしまう魔性の存在。
心も体も男性体であるのにも関わらず、”女”になるよう育てられた桜蔵が夢幻のような人ならざるものとかかわっていくんですね。

帯にあやかしとあったので、もうちょっと人外っぽい存在が登場するのかと思ったのですが、この作品に登場するあやかしはどちらかというと幽霊やそこから転じたものたちなのであやかしとされるのはちょっと違和感がありました。

過去の記録を見返してみると私が長野さんの本を以前に読んだのは2006年のこと。
少年アリス 新世界を読んでいました。
その時は硝子細工のような硬質な儚さ美しさがあった気がしたのです。
ですが、この作品ではまさに桜のようなどこか柔らかくけれど儚く美しい。そんな気がしました。

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR