忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

聖エセルドレダ女学院の殺人

聖エセルドレダ女学院の殺人/ジュリー・ベリー(訳/神林美和)
十代の少女7人が在籍する小規模な寄宿学校で、ある日の夕食中、校長先生とその弟が突然息絶えてしまう。それぞれの事情から家族の元へ帰されたくない生徒たちは、敷地内に死体を埋め、事実を隠して学校生活を続けることにする。翌日、科学の得意なルイーズの分析により、ふたりは毒殺されたと判明。生徒たちは得意分野を活かして大人の目をあざむきつつ犯人を探り始めるが……。


この本は書評でつながる読書コミュニティ・本が好き!さんを通じて東京創元社さんから頂戴しました。
実は昨年末に登録していたのですが、本が好き!については後日、別記事で解説しますね。


物語の舞台は1890年イングランドにあるとある寄宿学校。
そこで校長とその弟がなくなってしまいます。
少女たちは大人たちにそのことを告げず2人の死を隠蔽し、学校生活を続けようと奮闘する様が描かれています。

メインとなる登場人物は女学院の生徒たち、『機転のキティ』『奔放すぎるメリー・ジェーン』『愛すべきロバータ』『ぼんやりマーサ』『たくましいアリス』『陰気なエリナ』『あばたのルイーズ』の7人。
それに+αで多くのキャラクターが登場します。

たくさんのキャラクターが一度に登場すると混乱してしまうのですが、本編開始前に【この物語に登場しない、少女たちの親戚及び知人たち】という項で彼女らについて語られ、さらに特徴をとらえた呼び名が最初から提示されているのもだいぶわかりやすかったです。
カバーの折り返しにも簡単な登場人物紹介がのっているのもいい感じ。


創元推理文庫から発売されていて、タイトルにも殺人なんてついているものだから、ミステリーを連想してしまう方が多いと思いますが、ミステリーだと思って読み始めると肩すかしを食らうかもしれません。

校長たちは毒によって殺されていますし、作中で犯人探しも行われていますから一応はミステリーなんでしょう。
ですが、犯人探しよりも彼女たちがいかにして大人たちの目を欺き続けるかという方が主題に思えてなりませんでした。

嘘に嘘を重ねて、無理のある行動を続ける彼女たちは、薄氷を踏むどころかその上で優雅にダンスなんか始めちゃったりして読んでいるこっちはとてもハラハラさせられました。

作中、勇気と無謀をはき違えた行動にどことなく、海外YAっぽいなーと思いつつも海外作品を読むことはほとんどないので私の気のせいかも?なんて思って読み進めていました。
が、大矢博子さんの解説を読んで納得しました。
それというのも、この物語元々は児童書として発表されたもののようなんです。
それが日本に入ったらいきなり一般書扱いされたのかはわかりませんが、私の感じた海外YAっぽさは間違いじゃなかったんだなと(笑)

物語の終わりのあっけなさには逆に驚きました。
彼女たちが幸せに暮らせることはいいことだけれども、それでいいのか、と。
彼女たちが犯した罪をなかったことに出来てしまうのも時代のせいなのかな?なんて考えてしまいました。

色々と思うところはありましたが、楽しめました。
東京創元社さん、本が好き!さん双方ともにありがとうございました。

実はもうすでに次の本を頂いているのでそちらも読み進めなければ(汗)

拍手[0回]

名探偵コナン 天空の難破船

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)/水稀しま(原作/青山剛昌 脚本/古内一成)
微生物研究所が武装グループに襲撃され、殺人バクテリアが盗まれた。翌日、テロ組織『赤いシャム猫』から、「殺人バクテリアを手に入れた。7日ないに次の行動を起こす」との犯行声明が出された。
『赤いシャム猫』の犯行予告日、鈴木次郎吉の招待を受けたコナンたちを乗せた飛行船が、大阪に向けて離陸した。その時『赤いシャム猫』から次郎吉に「殺人バクテリアを船内にばら撒いた」との電話が入り…!?


ちょっと思う所があって、図書館で借りてみました。
結構ボロボロで、今読まなければ仕舞われてしまって読めなくなりそうだななんて思ってしまいました。


物語はあらすじにもある通り、コナンたちが園子のおじさまで打倒キッドに燃える次郎吉おじさまに招待された飛行船の中で起こります。
何度かテレビで放送されていると思うので、見たことあるって人もいるんじゃないでしょうか。
かく言う私も録画したものを見たのか、レンタルしたのかまでは覚えていませんが見た記憶がありました。

今はもう引退してしまったんでしたっけ?
子役だった大橋のぞみちゃんがゲスト声優を務めていたのは知っていたのですが、優木まおみさんもゲスト声優だったのは今回調べて初めて知りました。
すいません。

小学館ジュニアシネマ文庫から発売されている商品ということもあり、ものすごくルビの数が多いです(笑)
プロローグにあたる『赤いシャム猫』による研究所襲撃のシーンなんかはもう漢字の多さとルビで真っ黒。
まあ、このシーンセリフないのにやたら難しい用語が多いので致し方ないような気もするんですが。
実際、冒頭こそルビの多さに辟易していたのですが、慣れたのか物語が進むにつれ気にならないようになりました。

でも、改めてパラパラとページをめくるとすべての漢字にルビがふってあるようです。それはそれでどうなんだろう?


ノベライズの出来としては可もなく不可もなく。
映画本編を見たのは数年前のことなので細かな点は覚えていないのですが、変に改変されているような印象はありません。
コナン恒例のアガサ博士のクイズもあるし、小学生の声優体験のセリフもカットされることなく収録されていました。
本当に映画本編を文字にした、といった印象ですね。

以前、サマーウォーズの児童向けノベライズを読んだ時も似たようなことを思ったのですが、児童向けはそういう風にするとでも指針でもあるんでしょうかね?

ただ、つばさ文庫版サマーウォーズと比べると本当に出来事をなぞっているだけなので、小説としての評価はそこまで高くはありません。
あくまで、映画本編が面白いから面白く感じるだけかなーと。
ちょっと厳しめな気もします。まあ、面白ければなんでもいいといえばそうなんですけどね。

拍手[0回]

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第一部 兵士の娘3

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第一部 兵士の娘3/香月美夜
病に倒れたマインは一命を取り留めたものの、その「身食い」の影響は大きかった。
完治はできないばかりか、治療には貴族が所有する高価な魔術具が必要という。
再発までに残された期間は一年。
それまでに家族の元を離れて、貴族と共に生きるのか、運命に身をゆだねるのかの決断を迫られてしまう。
限られた時間の中で、マインは「本に囲まれて、本を読んで暮らすこと」を夢見て奔走するのだった。

やがて、季節は流れ、彼女の世界が大きく動き出す出会いが訪れる……。

少女の夢と家族の愛が試されるビブリア・ファンタジー。
大増ページで贈る、感動の第一部完結編!
短編集+書き下ろし番外編×2本収録!


図書館で借りてきました。
3冊目なので、カテゴリ作りますね。


【第一部 兵士の娘3】
【それから神殿に入るまで】
【商人見習いの生活】
【ギルド長の悩みの種】

が収録されています。
【それから~】はマイン以外の視点で語られた短編のあつまりです。
マインの姉・トゥーリ視点の『コリンナ様のお宅訪問』、フリーダ宅の料理人・イルゼ視点の『お菓子のレシピ』、ベンノ視点の『カトルカールの試食会』、ベンノの使用人・マルク視点の『私と旦那様』の4つで成り立っています。

【商人見習い】はもちろんルッツの、【ギルド長】はその名の通りフリーダの祖父であるギルド長視点で語られています。


前作は今まで以上の熱をマインを襲ったってところまででしたか。
その時の熱は、フリーダのために用意されていた魔法具を使うことでどうにかなりました。
が、それは一時しのぎでしかなく。マインが命を長らえるためには家族と離れ貴族に身を任せるしかありません。
しかし、マインは家族と離れることを望まず、短い生を全うすることにします。

どうにかこうにか迎えた洗礼式。
そこで初めて神殿の中に入ることになったマインでしたが、マインはそこでようやくこの世界で図書室を見つけます。
とはいえ、本が高価なものであることには変わりありません。
本を読むためには神殿の関係者にならなければならない、ならばと神殿の巫女になろうとします。
が、この世界における神殿の巫女は、まああまりいい存在とはいえない存在でした。

民衆には神殿の巫女は孤児がなるものであり、親がいる子供がなるものではないと思われていました。
親の伝手で子供の就職先が決まる世界ですから、親がいない子供は伝手がなく神殿に行くことになるのだとか。そこで奴隷のような扱いを受けることになる、と。

けれど神殿には魔法具がありました。
身食いの熱というのは暴走した魔力。神殿にいけばマインの体はまだ持つ、と。

様々な要因が重なり合ってマインは中々の待遇で神殿に受け入れられることになります。


ルッツとのやり取りに悲しくなってしまいました。
「マインと一緒にもっと色んなことをしたいよ」
「他の誰かと作った本をオレが売るんじゃなくて、オレがマインと一緒に作りたかったんだ」(p323)
これにすべてが詰まっている気がします。
ルッツがマインへ向ける感情はなんなんだろうな。
恋心、まではまだいってないと思うんですけ大人になって思い返したら初恋だった、とかそんなのっぽい。
マインと一緒なら何でもできて、でもマインは何も出来ないから面倒見なくちゃいけない存在で、マインの面倒を見れるのはオレだけだっていう自尊心みたいなものもあったんだろうなぁ。

ルッツとマインの関わりはまだかろうじて絶たれたわけではないようですが、今までのようにいつも一緒とはいかないでしょう。
うん。寂しいな。


番外編として収録されているギルド長視点のお話は、なんというか空回り感が半端ない(笑)
一種の好意ゆえの行動もすべてベンノから見ると嫌がらせにしかみえていないわけですし。
ギルド長の思惑は若干わかったような気もしますが、まあこれから先も空回っていくんでしょうね。

次は、【神殿の巫女見習い】かな。
近いうちに借りてきたいと思います。

拍手[0回]

カレンダー

01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR