忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

メゾン刻の湯

メゾン刻の湯/小野美由紀
どうしても就職をする気になれず、内定のないまま大学を卒業したマヒコ。幼馴染の蝶子に誘われ、東京の下町にある築100年の銭湯「刻(とき)の湯」で暮らし始める。
大手の内定を蹴り愛人生活を送るマレーシアと日本のハーフ蝶子、誰にも言えない秘密を持つエンジニアのゴスピ、事故で片足を失った美容師の龍くん、ネットベンチャーに勤めるSNS大好きまっつん、刻の湯の持ち主である老人戸塚さんとその孫リョータ、そして刻の湯を実質的に経営し、いつも中心にいながら謎に包まれた青年アキラさん……
そこには、"社会の正解"からはみ出したくせものばかりがいて――。
"正しく"なくても"ふつう"じゃなくても懸命に僕らは生きていく。


本が好き!さんを通じて出版社さんからいただきました。
ハードカバー本が続いていますが、ハードカバーって高いので申し訳ない気分になります。
ちなみに、私好みの表紙イラストは丸紅茜さんの手によるものです。


物語は東京の下町にある銭湯・刻の湯。
銭湯でありながら、シェアハウスとしても機能しているそこにマコことマヒコをはじめ、帯にあるような個性豊かなメンバーたちが一緒に過ごしていく様が描かれています。

読み始めてしばらくして違和感を覚えました。
章立てされてるようなのに、章のタイトル表記がないんです。
そのため、タイトルのあとにすぐ本編が始まり、目次がない構成。
あまり目次を気にして本を読まない人間ではあるのですが、章がない本ってはじめて読んだ気がします。

期間としてはマコが入居してからわずか1年弱の出来事のようなのですが、内容としてはそこそこ濃いです。
東京の下町、銭湯、落語、人情といったものが描かれる一方で、各種SNS(LINE、インスタグラム、twitter、Facebook)が登場し、YouTubeやクラウドファンディング、LGBTなどの新しいものを多く描かれるそれはすごく不思議。でもそれがうまく調和された世界でした。

面白かったです。
作者がツイッターでNLBLGLTLR18なんでもアリ。と二次創作OKしてたのを読む前に見ていたのでどれだけキャラが魅力的なんだろうかと楽しみにしていたんです。
で、読み終わってなるほど、と。
これは腐女子好きだわ。

個人的にこの作品で二次読むならアキラさん×マコかなぁと思います。
アキマコ♀も可。次点でゴスマコ、蝶マコってところでしょうか。
リョーマコも多分いける。うん。
私の中ではマコは総愛されです。
作者は許可してますが、この作品って女性キャラがほとんど登場しないので、GLは若干難しい気がします。
そして、気になるのは作者がOKしていても出版社的にどうなのかってことと、キャラデザって意味で表紙イラストが基準になると思うので、イラストレーターさん側はどうなのかな、と。
実際に二次描くわけでもないのにちょっと考えてしまいました。

この後の物語が気になりました。
彼が帰ってきたときにどうなるのか、そしてどうなっているのか。
続編が読みたいような、でも蛇足になりそうでちょっと怖いような。
そんな気分です。

拍手[0回]

ゴミと罰

ゴミと罰/ジル・チャーチル(訳/浅羽莢子)
ジェーンの朝は、三人の子供たちを起こして回ることから始まる。裏庭恐怖症の飼い犬君にはえさ、えさ。平凡は一日? でも、今日はいつもと様子が違う。お隣で、掃除婦さんが掃除機のコードで首を絞められ、殺されてしまったのだ。おまけに疑われたのは近所の主婦一同。わが家を守るため、ジェーンは探偵役を買って出たが……。
アガサ賞最優秀処女長編小説に輝く期待の本格ミステリ!


ネットで中古を購入したら帯付き初版が届いてびっくりしました。
この本、91年の発売なんですが、そこそこ綺麗なのにもびっくり。


アメリカの郊外、住宅街のとある一角を舞台に物語は進みます。
主人公であるジェーンは、未亡人にして3児の母。
子供たちの送り迎えや家事に翻弄されながら、夫を失った悲しみを少しずつ癒しているところだったのです。

そんなある日、日常をぶち壊す事件が起こるのです。
事件が起きたのはなんと隣家。
隣家の客室で掃除婦が殺されていたのです。
自分たちの安心のために、ジェーンと隣家の主婦・シェリイは二人でああでもないこうでもないと話し合いながら犯人探しを行うことになっていくのです。


訳者あとがきで『ドメスティック・ミステリ』とジャンルづけられているんですが、これって当時のいい方なのかな?
ようはコージーミステリーなんですが、どちらも限られた小さな範囲で起こる事件という意味では同じ意味ですね。
(殺人が起きてしまうので『日常の謎』というのは、ちょっと違うかも)

何というか、読んでいてハラハラしてしまいました。
ジェーンは、事件が起こるまではただの主婦でした。
多少、ミステリーに親しんでいるような様子はありましたけど、ただそれだけです。
そんな主婦が自分たちも警察も近所の住人が怪しいと思っているのにも関わらず、無神経なほどにグイグイ迫っていってしまうんですね。
犯人にぶち当たったらどうなってしまうのか、とジムおじさんじゃなくてもハラハラしてしまいます。

タイトルがドストエフスキーの『罪と罰』を意識しているのは一目瞭然ではありますが、こちらは『ゴミと罰』。
どこまで行っても日常からは逸脱しないあたりはさすがだなぁと思います。
どれだけ不安に思おうが、事件やそれ以外のもので頭がいっぱいになろうと子供たちのことを考え、お迎えやらはきっちりこなすあたりはすごい。

この作品、シリーズとして十数冊刊行されているようです。
今回1冊しか購入しなかったんですが、またいつか続きを読んでみたいかも。

拍手[0回]

人魚の石

人魚の石/田辺青蛙(せいあ)
人魚の男と私。
おんぼろ寺での奇妙な共同生活は、私を壊す……。
ある日私は誰もいないおんぼろ寺に帰ってきた。
掃除に取り掛かった私が池で見つけたのは、真っ白な事象人魚の男『うお太郎』。
人魚にも見えないが、人間とも思えない不思議な生物だった。
うお太郎は「この寺の周辺には奇妙な石が埋っており、それを私には見つける力がある」と言うが……。


本が好き!さんの献本で頂戴しました。
多分、献本としてははじめてのハードカバー本です。


【幽霊の石】
【記憶の石】
【生魚の石】
【天狗の石】
【目玉の石】
【祖母の石】
【未来の石】
【夢の終わり】
【人魚の石】

が収録された連作短編。
話数分けされてますが、実際は章立てされてると思って問題なしです。

主人公は「あんた」「坊ちゃん」なんて呼ばれる青年・日奧由木尾(ひおくゆきお)。
彼が幼いころに暮らしていた寺に戻ったところから物語はスタートします。

寺の庭にあった池の底から人魚を名乗る男が現れ、奇妙な共同生活がはじまるのです。
人魚に天狗に、様々な力を持つ石。

どこか幻想的で、xxxHOLiC家守綺譚を思いだしました。

石を探す力を持ちながらも、それを拒否する由木尾。
しかしながら、天狗は力ずくで石を探させるし、不幸を運ぶという人魚とともにあることで中々にハードな自体が巻き起こっていくわけですが、それでも人外の存在であるがゆえに彼らの強硬さは気にせず読み進めることが出来ました。

けれど、後半になって明らかになる祖父の秘密。
それはどこまでが本当でどこからが記憶に翻弄されたものだったのか。

中々に好みの物語だっただけに、後半に明かされていく人の業とでもいいましょうか。
そういったものにびっくりしてしまいました。

そしてラスト。
……めちゃくちゃ不穏なんですけど、これいったいどうなってしまうのでしょう。
続編が出たらぜひ読みたいです。

拍手[1回]

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2018年】
05 月( 05 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR