忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   

ミッドナイト・アサシン アメリカ犯罪史上初の未解決連続殺人事件

ミッドナイト・アサシン アメリカ犯罪史上初の未解決連続殺人(シリアルキラー)事件/スキップ・ホランズワース(訳/松田和也)
19世紀、希望と活力に満ち溢れた発展途上のテキサス州オースティンの街で、連続殺人事件が起きた。当初狙われていたのは、黒人や移民の女中たちだった。その犯行は大 胆で残虐、ターゲットだけを確実に仕留めた。だが、顔を見た目撃者は皆無で、黒人なのか白人なのかも不明だった。犯人はいった何者なのか? その儀式的な殺人行為に意味はあるの か? 何人もの容疑者が拘束されたが、殺人がやむことはなかった。誤認逮捕を恐れた黒人は街から逃げだし、女性たちは怯え、武装する市民たちも現れた。市長や警察官は業を煮やし た――やがて、白人女性にまで犯行が及ぶと、市民のパニックと恐怖は頂点に達する。果たしてこの街の運命は――?


本が好き!さんを通じて出版社さんからご恵贈いただきました。
普段ノンフィクションなんて読まないので新鮮でした。


舞台は1880年代。開拓が進んだものの、まだ西部の片田舎であったオースティンが大きく発展しようとしている時でした。

そんな街で起きたいくつかの事件についてこの作品では詳しく書かれています。
当時はまだ科学捜査なんてものは全くなかったそうですし、それどころかシリアルキラーやサイコパスといった存在も認識されていなかったのだとか。
殺人が起きたとしても、それは物取りや怨恨、喧嘩の際に勢い余ってなどの比較的わかりやすい動機のものしかなく、だれか彼か目撃者がいた、ためすぐに犯人を捕まえることができた のだとか。

それゆえに、この事件ははじめから暗礁に乗り上げてしまいます。
目撃者はいても犯人の姿かたちをきちんととらえているものはいない、動機があるような容疑者にはアリバイがあり犯行が不可能。

はじめ襲われたのは黒人の女中でした。 そこから黒人の少女、さらには白人の女性(しかも上流階級の妻)へと犯行は徐々に過激さを増していきます。
はじめは襲われただけだったのに、惨殺といっていいような殺され方をするようになるのですからそれだけでも恐ろしい。

それだけ恐ろしい殺人鬼でしたが、今の世ではほとんど知られていません。
ほぼ同時期に発生し、オースティンの殺人鬼が移動したのでは?といわれたロンドンの切り裂きジャックが今の世でも広く知られ創作の道具になっているのにも関わらず、です。

オースティンの殺人鬼――ミッドナイト・アサシンの噂が人の口にあがらなかったのは、何故なのだろうかとちょっと考えてしまいました。

素人考えなのですが、ただただ誰が殺されるかわからなかったからではないかと思いました。
「噂をすれば影がさす」とでもいいましょうか。
切り裂きジャックの被害者は娼婦に限られていたのに対して、ミッドナイト・アサシンの被害者たちの共通点は女性であることぐらいしかありません。
(黒人男性も死亡していますが、これは力加減を誤ったがゆえの死亡のようなので除外します)

いつ自分が、自分の家族が殺されるかわからない。
そんな状況で自ら悪魔を呼び込みたくはなかったのではなかったのかな、なんて思ってしまいました。

普段フィクションばかり読んでる人間からすると、犯人の正体が最後まで不明というのは少しもやっとしたものが残るのですが、こればっかりは仕方ないですね。

たまにはこういうものを読むのも面白いですね。

拍手[1回]

怪物はささやく

怪物はささやく/パトリック・ネス(原案/シヴォーン・ダウド 訳/池田真紀子)
ある夜、怪物が少年とその母親の住む家に現れた――
それはイチイの木の姿をしていた。

「わたしが三つの物語を語り終えたら、今度はおまえが四つめの物語を私に話すのだ。おまえはかならず話す……そのためにこのわたしを読んだのだから」

嘘と真実を同時に信じた少年は、なぜ怪物に物語を話さなければならなかったのか……


図書館で借りてきました。
本が好き!さんで文庫版が献本にあがっていて気になっていた作品です。
献本では外れてしまったのですが、読めて良かった。


物語は悪夢に悩まされる13歳の少年コナー・オマリーが主人公。
コナーの両親は離婚しており、母と二人暮らし。母は重い病に苛まれており、それゆえに学校でも腫物に触るような扱いを受けていました。

そんなコナーのもとに怪物がやってくるところから物語が始まります。

イチイの木の怪物は3つの物語を語り4つめの物語をコナーに語るように、と言ってくるのです。
コナーは現実と夢のはざまをさまよいながら怪物の話を聞くことになります。


怪物が語るのは『魔女の王女と王子の話』『アポセカリー(薬剤師)と司祭の話』『だれからも見えない男の話』の3つ。 どの話もハッピーエンドではありません。バッドエンドというのも語弊を招きますがなんというか、結末はどれも後味がいいものではありません。

それでもコナーにとってなければならない物語だったのでしょう。

正直、コナーが悩まされる悪夢の正体は途中からなんとなく想像ができていました。
彼がそれほどまでに恐怖を抱く存在は何かと考えればそれ以外ないだろうな、と。
それゆえに、彼のもとに現れた怪物は本当に怪物だったのだろうか、と首をかしげてしまいました。
確かに異形の姿をした人外の存在という意味では怪物でしょう。
ですが、それが恐怖を抱く存在かといえばそれはまた別の話のような気がしてなりませんでした。
少なくともコナーにとって、怪物の存在は覚悟を決めるための布石とでもいいましょうか。一種の救いでもあったのでしょうから。
実はこの話、原案のシヴォーン・ダウドは亡くなっています。
彼女が残したキャラクター、物語の舞台、導入部。それにパトリック・ネスが肉付けして1冊の本として世に出されたのだとか。
これはこれで面白かったのですが、シヴォーン・ダウドが最後まで描いたらいったいどんな話になったのかも気になりました。

この本、随所にジム・ケイによるイラストが散りばめられています。 いや、モノクロのイラストは不気味さをあおって雰囲気は出ていたのですけど、正直ちょっと見づらいと思ったのは私だけでしょうか。

拍手[0回]

魔人探偵脳噛ネウロ 21~23

魔人探偵脳噛ネウロ 21 出会えて…/松井優征
両親と妹を殺した真犯人「シックス」に単身挑む笹塚!
「シックス」の部下達を次々と片付けるが、突然現れた石垣に後ろから刺されてしまう。そして、現場にたどりついた弥子の目の前で…!? 衝撃に次ぐ衝撃が弥子を襲う!!
魔人探偵脳噛ネウロ 22 それぞれの決戦/松井優征
全国に指名手配された「シックス」。ネウロは死んだ本城が弥子に遺した計算式から、巧妙にカモフラージュされた「シックス」の潜伏先を推理、弥子と共にアジトへと向かう。
そしてついにネウロ対「シックス」の最後の闘いが始まった!
魔人探偵脳噛ネウロ 23 『謎』/松井優征
人類の滅亡を望む「シックス」と、人類を『謎』を生み出す存在として確保しようとするネウロ…逃げ場のない上空、ステルス爆撃機上で繰り広げられる2人の戦いの行方は!? 衝撃と感動の完結巻!! 巻末に読切作品を収録。


最終巻まで一気読みです。
ネウロは本当に何度読んでも泣くし興奮で震えてしまいます。


第179話 罠【わな】 第180話 士【じゅういち】
第181話 嘘【あくい】 第182話 幸【しあわせ】
第183話 棄【ほうき】 第184話 結【むすびつき】
第185話 会【のこす】 第186話 帰【かえる】
第187話 手【いっぱつ】 が21巻に、

第188話 距【きょり】 第189話 完【かんぺき】
第190話 XI【オールスター】 第191話 金肉【ちょうてん】
第192話 目【め】 第193話 XI【アンノウン】
第194話 i【かたわれ】 第195話 種【しゅ】
第196話 泣【なかせる】 が22巻に

第197話 謝【かんしゃ】 第198話 6【シックス】
第199話 死【し】 第200話 魔【まじん】
第201話 人【人間】 最終話 謎【まじんたんていのうがみネウロのゆいいつにしてさいこうのしょくりょう】
【特別読切 離婚調停】 が23巻に収録されています。

21巻は喪失と決別、そして進展、22巻はイレブンとの決着、23巻はシックスとの闘いに終止符をうちさらにその後の様子が描かれています。

シックスにより家族を殺された笹塚さん。
彼は長い年月をかけて復讐のための準備を進めていました。小説版で南米にわたったのなんかが顕著な例かな。
シックスを襲撃する様子を見て、はじめはちょっと興奮しました。
いや、彼の行動は警察官としては許せたものではないんですけど、それでも血族たちを追い詰めたように見えたので、もしかして、とも思ってしまったんですね。
しかしながら、実際は笹塚さんの行動はシックスの手のひらの上でしかなかった。
笹塚さんの死はとても受け入れられず弥子と同じく茫然としていました。

そこから、おじさん(本城さん)の、刹那さんの話へとつながっていくわけですが始めて読んだ時震えたことを覚えています。
まさかそこがつながるとは、と。春川教授の頑張りはいったい、と。
その喪失ゆえに弥子はネウロと決別してしまいます。
まあね、ヴァイジャヤの時でもすでに弥子は精神的にだいぶきていました。
いくら弥子が図太いとはいえ、あくまで普通の女子高生です。親しくしていた人を続けて目の前で亡くして気丈でいろというのは酷な話だということもわかります。

そんな弥子を救ったのは、まさかのアヤ。
弥子のためだけに脱獄してきたというのですからすごい。
というか軽く脱獄出来ちゃうアヤさんちょっと怖いし、孤独であるために罪を犯した人でもあるのでここまで弥子に入れ込んでいるといつか弥子も殺されるんじゃないかとちょっとドキドキします(笑)
アヤの助言をうけ、見つけたおじさんの「残した」もの。
それをもって弥子は再びネウロの元へ戻ります。

それと時を前後して、笛吹さんの努力が報われます。
シックスを指名手配することに成功するのです。警視総監を説得するその様は、笹塚さんを亡くしたからこそできたものだったのだろうな、と。
元々笛吹さんは、清廉というか潔癖というかそんな人でした。
そんな彼が清濁併せ呑むことが出来るようになったのは笹塚さんの決意が宿っているから。
本当に成長したものです。


そして、廃墟となった遊園地での最終決戦が始まります。
ネウロはすでにボロボロ。圧倒的に魔力が足りていません。
しかしながら、ネウロの食料である「謎」を生み出す人間を守るための最後の戦いが始まります。

戦いはシックスVSネウロ、イレブンVS弥子の図式になっていきます。
はじめて読んだ時はとても驚きました。
前者はともかく、後者は大丈夫か?と。弥子は生きて戻れるのか、と。
イレブンの前身であったサイの時点でさえ、その能力は強大なものでした。
完成されたイレブンに身体能力的にはただの女子高生が叶うのか、と。

そういう意味では弥子をどこまでも精神的にだけ成長させてきた作者が偉いな、と。
弥子はあくまでも自身の「人間として人間の心を捕える力」だけでイレブンに挑みます。

『怪物強盗Xi』通称怪盗X。サイをサイ足らしめていたサイに寄り添うアイの存在。
彼女は登場回数こそそう多くありません。弥子と接触したのもわずか数回です。
そして、血族編で驚くほどあっさり退場したのです。
そんな彼女がイレブンを、サイを救うことになるのですから本当に震えます。
あの邂逅がここにつながってくるのかととてもとても驚いたのです。

シックスの攻撃でひん死となったサイ。彼の弥子を泣かせるための最後の攻撃には何度読んでも泣かされてしまいます。
ぜひとも読んで泣いてもらいたいので多くは語りませんが、今感想を書くためにパラパラめくってそこだけ読んでも涙目です。

その一方で、ネウロとシックスの戦いは上空へ舞台を移します。
戦闘機の上空で戦う二人でしたが、ネウロの魔力はすでに枯渇しています。
そんな状態でシックスに勝つことは困難かと思われましたが、魔帝7ツ道具を召喚して辛勝。
あのシックスに靴を舐めさせるというのはまあ本当にすごい。


で、どうにかこうにか人間の病を治すことに成功したネウロでしたが、その代償は大きなものでした。
ネウロの魔力は髪飾りの電池すら使いきっても傷すら治らないレベル。
とても人間界で活動できるだけの力など残っていません。

そんなネウロを後押ししたのは弥子でした。
弥子は人間の可能性をとき、ネウロが一度魔界へ帰り再び人間界へと戻っるのを待つことを告げるのです。

弥子とネウロは男女(雌雄)とでもいうべきでしょうか。
とにかく異性でありながらどこまでも相棒としか見れなかったのですが、事務所で静かに会話している二人を見ていると一瞬キスぐらいするんじゃないかとドキっとしたのですが、この二人はそんなものを超越した関係なんだろうな。

そんなこんなで迎えた最終話。
最終話は本編から3年後。弥子は19歳です。
『探偵』として世界を股にかける弥子の元に再びネウロがやってきて……ってところで本編は終了。
しかしながら、『完』の文字に小さく『?』が書かれていたり、『2』の予告があったりとどこまでも続きが想像できる終わり方でした。

人気投票至上主義のジャンプで、ここまでキレイに完結した作品って中々ありません。
癖のある作品ではありますが、何度読んでも泣くし、鳥肌はたつし、新たな発見がある。
そんな作品でした。

今は電子書籍なんかでも読めると思うのですが、最終話の1つ前のお話の「透かし」は紙の本だからこそのアレだと思うのでぜひとも紙で読んでほしいと思います。 (とはいえ、この透かしって松井さんが意図してやったのか定かじゃないんですよね。でも松井さんなら仕込んでいても驚かない)

拍手[0回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR