忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】緑川 ゆき」の記事一覧

夏目友人帳 13

夏目友人帳 13/緑川ゆき
ある日、祓い屋一門の頭首・的場からの手紙を受け取った夏目。ところが、読む前にそれを無くしてしまう。内容がわからず不安を覚える中、的場本人が現れ! 彼の目的とは――!? 夏目と友人・西村北本の出会いや交流を描いた特別編2話も収録。あやかし契約奇談第13巻!!


ずいぶん久しぶりの夏目です。
前巻を紹介したのはなんと1年も前のことでした(汗


【第52話 連鎖の陰 前編】【第53話 連鎖の陰 中編】【第54話 連鎖の陰 後編】
的場さんに協力して妖探しをすることになる話。

あらすじにある話ですね。
ついでに表紙の夏目はこの話で登場している式の恰好をしたもの。いわゆる式夏目ってやつですね。

的場さんからの依頼を受けることになるわけですが、本当にこの人悪い人ですよねぇ。
いたいけな少年の弱み(妖が見え、それゆえに苦労したことを塔子さんたちに知られたくない)につけこんで言うことを聞かせようとするわけですから。
的場一門の成り立ちや、右目の契約だとかそういうことを思えば、的場さんがああもえげつないことするのもわかるといえばわかるんですけど……。

それでも、見ていて夏目がすごく可哀想になるのでやめてほしいです。

あらすじにもある通り、夏目は的場さんからの手紙を無くしてしまいます。
手紙は結局、巡り巡って名取さんの手によって握りつぶされます。
が、それがすごく切なかったです。

「私にしてはガラにもなく長い手紙を書いたのですが」という的場さん。
夏目を思い、気が付かれないように暗躍・手紙を破り捨てて「これでいいんだよ」と名取さん。

うーん。
夏目は優しい子だから、的場さんの手紙を読んでいたら彼に対する思いもかわっていたんではないだろうか、なんて思ってしまいました。
人だけでなく、妖も友と呼ぶ夏目からすると的場さんの所業はとても許せることではないのはわかります。
でも、そういう考え方や立ち位置が違っていても夏目なら友人にはなれるんじゃないかな、なんて夢想してしまいました。
まあ、現状では名取さんとニャンコ先生がセコムしてますから難しそうですが。


【特別編10 西村と夏目】
【特別編11 北本と夏目】
タイトル通り、夏目と二人の出会いを西村・北本視点で描いた話。

転校してきたばかりの夏目は人にも妖にも心許せる存在がいなかったわけです。
最近の夏目は優しい顔をすることが多かったから、妖に警戒しまくっている様が少し懐かしかったです。

結構忘れている設定も多かったです。
夏目だけでなく、田沼くんも転校生だったとかすっかり忘れてて「そういえば」ってなってしまいました。
その一方で、「ああこの自転車2人乗りはのときのだな」とかわかるわけですから、自分の記憶がすっごい中途半端だな、と。

ここぞとばかりに笹田ちゃんが登場してちょっとびっくりしてしまいました。
アニメではちょこちょこ登場して夏目に迫る(笑)彼女ですが、原作では時雨さまと邂逅した後、転校していっているんですよね。

進路に悩んだりしている彼ら。
西村は地元を出たい、北本は家族のことを思い進路を変更しようか考えて、夏目は今の幸せを失いたくないから不変を望む、と。
この作品自体はサザエさん方式だとは思うのですが、いつかは終わりが訪れます。だから彼らには少しでも幸せな道に進んでほしいです……。

拍手[0回]

夏目友人帳 12

夏目友人帳 12/緑川ゆき
祖母が多くの妖に名を書かせた契約書「友人帳」を遺品として受け継いだ夏目。名を返日々を送るある日、声真似の得意な妖・ヨビコに騙され家に入られてしまう。話を聞くと、友人帳で呼び出して欲しい妖がいると言うのだが、その理由とは――? あやかし契約奇談第12巻!!


昨夜というか、今日なんですけど夜中まで起きてたせいもあって、本を読んでる途中で爆睡してしまってました。
土曜午後ってどうしてあんなに眠いんでしょうね。


【第47話 代答】
ヨビコという妖とともにカリカミという妖を探す話。

ヨビコは過去に人間の女が残したであろう手紙が読みたかったもののあまりにも古いものであるがゆえに、ボロボロで開くことすら間々ならなかったわけです。
カリカミは古紙を再生する妖とのことで、友人帳に名がのっているので友人帳を奪おうとしたってことですね。
ヨビコの話はとても切なかったです。
ヨビコはヨウコさんのために、隆彦のフリをしつづけていたわけです。

ヨビコにとって扉越しの会話はとても楽しいものだったでしょうし、恋とはまた違うようですが情を寄せていたのも確か。 手紙を開くことは、期待と不安でいっぱいだったんでしょう。

柴田のときもありましたが、妖と人では使う文字は違うんですよね。
ヨウコさんが残した言葉は優しいものだったのが、救いでした。


【第48話 妖しきものの名】
おばあさんの姿をした妖に絡まれる話。

ホラー的な意味じゃないんですけど、正直、オババ怖かったです。
夏目の妖って怖い印象をうけるものは少ないんですが、なんかオババは得体がしれないというか……。

夏目といい、レイコさんといい、人と妖の見分けがついていないんですよね。
それだけ力が強く、だからこそ日常生活に支障をきたしていたわけです。

オババが妖だと知ったとき、レイコさんは何を思ったのでしょう。
レイコさんにとって、人から避けられるのは普通のことでした。
たまに、人と関わることがあっても、それは一時的なものでしかなかったわけですけど、人と触れ合えたと思ったらそれは妖だったというのではまた違うんじゃないかな、と。

あとがきでも触れられていましたが夏目の身代わりになってくれた影茶碗の話はすごく夏目らしい話でした。


【第49話 硝子のむこう 前編】【第50話 硝子のむこう 中編】【第51話 硝子のむこう 後編】
オミバシラ様編。あるいは瓶詰夏目回。

オミバシラなる妖が復活し、夏目がそれへの貢物にされそうになり、田沼くんが夏目を助けようと頑張る話。

夏目が妖を見る存在だということを知る人は何人かいますが、今まで田沼くんと多軌ちゃんの友人サイド、名取さんや的場さんといった祓い屋サイドで別れていて、それを超えて関わることはなかったわけです。

それが今回、田沼くんと名取さんが面識を持つことになります。
正直、妄想が膨らみます(笑)

これ名取さんだから比較的友好的ですが、田沼くんと的場さんが遭遇したら夏目が精神的に辛そうです。
でも、的場さんって祓い屋の大家なわけですから、妖の気にあてられて体調を崩しやすい田沼くんの体質を改善?軽減?する方法を知っていそうでもありますよね。
それがあるから、一方的に拒否しづらくなったりすると私が萌える。
閑話休題。

田沼くんを巻き込んでしまったことで精神的に追い詰められる夏目ですが、名取さん曰く、「それは必要なもので捨ててはいけないもの」。
痛くて辛いそれは確かに捨ててしまったほうが楽なんでしょう。
でも、それを捨ててしまったら夏目は姿を消してしまいそうでもあって怖いです。

時々、三條がヒノエあたりに話している「妖の世界へ連れて行ってしまえば」という話にもつながりそうなんですが、夏目は妖にも好かれているのでそれはそれで幸せになれるんでしょう。

でも、人と妖、どちらも選べない夏目にとってはどれだけ痛くて辛くてもそれは抱えて生きていってほしいです。


次巻は的場さんのターンのよう。
えっと、的場の家についての話とか細々あかされる話でしたっけ?
めっちゃ、楽しみです。

拍手[0回]

夏目友人帳 11

夏目友人帳 11/緑川ゆき
妖との契約書である祖母の遺品「友人帳」を継ぎ、名を返す日々を送る夏目。ある日友人・多軌の家の蔵掃除を手伝ううちに、封じられていた悪い妖を解放してしまう。
強力化するのを防ぐべく、バラバラになった体を探す夏目達に妖達が協力してくれて!? あやかし契約奇談11巻。


昨日、新刊を購入した夏目です。
順番に紹介しているんで、昨日買ったものを紹介するのはまだまだ先になりそうです。


【第42話 封じてあるもの 前編】【第43話 封じてあるもの 後編】
多軌ちゃんの家に封じられていた妖を退治する話。

今回は、夏目、多軌ちゃん、田沼くんの妖絡み3人の話です。
あらすじの話ですね。この3人の話って大好きなんですが、原作であんまりないんで本当に嬉しい。

多軌ちゃんが夏目と関わることになった「陣」。
それを残した多軌のお祖父さん・慎一郎さんは、妖に会いたかった人だったんだとか。
昔は陰陽師のようなことをやっていた多軌家には多数の資料があるようですから、興味を覚えてもおかしくはないんですよね。

そして、慎一郎さんは術を使う素質はあった。半端で未完成ながらも独学でまじないをかけることが出来たわけですからかなりのものだったんじゃないかな。
でも、視覚も触覚も聴覚もどれも妖と波長が合うことはなかった、と。
最後まで妖と触れ合うことなく逝ってしまうわけですが、多軌家にはそんな慎一郎さんが試していたまじないがあちこちに残っていたんです。

そのまじないに封じられていた人形の妖・カクラが復活してしまうんです。
バラバラになった体を取り戻そうとするカクラの行動を阻止しようと夏目たちは動きます。

慎一郎さんの周りを囲んでいた妖たちにちょっと泣きそうになってしまいました。
小さな妖たちは、けして目があうこともない、会話が出来るわけでもないけれど、慎一郎さんの友人だった、と。

彼らはもう多軌家にやってくることはないでしょう。
それでも多軌ちゃんは彼らを忘れることはないんだろうなぁ。

冒頭で、田沼くんが夏目の行動を読んで先回りしていたんですが、一人で抱え込んで暴走しがちな夏目相手ですからそれくらいしないときっとだめなんだろうなぁ。


【第44話 遠き家路 前編】【第45話 遠き家路 中編】【第46話 遠き家路 後編】
夏目が父と住んでいた家を訪ねる話。

非常に痛かったです。
夏目の過去っていつも読んでいて辛いものばかりなんですが、今回は特に辛い印象を受けました。

今まで描かれてきた夏目ってどことなく「自分は幸せになれない」と思っているというか、縮こまって何事もないことを望んでいるというかそんな印象だったんです。
父親云々が今回はじめて描かれたこともありますが、「幸せだったころの思い出」に縋ろうとしているというのが読んでいてすごく辛い。

三世子ちゃんがああいう態度をとってしまうのも夏目の出会いが小学生中学年(?)だったってのもあるんだろうな。
もう少し小さければ同級生男子たちもそういうことを気にしないだろうし、
大きければ割り切ることも出来るでしょう。
三代子ちゃんが家族を守ろうとしたことはそれでそれで仕方ないことだし、理解できます。
でも、やっぱりやるせないですね。

今回の話でレイコさんは夏目の母方の祖母であることがわかりました。
正直、レイコさんは未婚の母であっただろうと思っているので、レイコさんの「夏目」性云々は気にしていなかったんです。

けど、夏目の両親が夏目性であることにはすごい違和感があります。
今までは、レイコさんの子供が男の子=夏目の父って可能性も否定できなかったんですけど、今回それは否定されましたし。
単純に考えてお父さんが婿入りしているってことなんでしょうけど。

うーん、よくわかりませんね。
いつの日かその辺のことも語られることもあるでしょうか。


次巻は、瓶詰夏目回ですね。楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR