忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】岸本 斉史」の記事一覧

NARUTO―ナルト― 6

NARUTO―ナルト― 6 (ジャンプ・コミックス)NARUTO―ナルト― 6 サクラの決意!!/岸本斉史
中忍選抜試験、第二の試験が始まった!! 不気味な森を舞台にした巻物争奪戦に挑むナルトたちだったが、この試験の裏で正体不明な何者かが暗躍していた。参加者の命を懸けた過酷な試験の行方は、どうなる…!?


6巻ということは連載1周年ってことなんで、アシスタントさんたちの紹介がされています。
4名紹介されているんですが、加治佐さんしかわかんなかったなぁ。加治佐さんもなんて作品書いてたか忘れてしまって。なんとなくのキャラのビジュアルしか覚えてませんでした。
正解はTattoo hearts。懐かしいですね。


【46 合言葉は…!!】
【47 捕食者!!】
【48 その目的は…!!】
【49 臆病者…!!】
【50 私が…!!】
【51 美しき野獣…!!】
【52 使用の条件!!】
【53 サクラの決意!!】
【54 サクラといの】


の9話が収録されています。
今巻は全話第2試験。多分、次巻もかな?

命をかけた巻物争奪戦。
巻物を手に入れるため、それぞれの目的を遂行するため動き出します。

前巻、ちょっと気持ち悪い動きをしていた草忍。
彼が、ナルトに化けて襲ってきます。
その正体はあの人――大蛇丸なわけですが、そんなこと知る由もなく。知っていたとしても大蛇丸の危険性を知らない訳ですからどっちにしろ意味ないんでしょうけど。

で、大蛇丸と対峙することになったサスケとサクラ。
成長後ならまだしもこの頃の2人に、万が一でも大蛇丸と戦って勝つ可能性はありません。
圧倒的な力の差に巻物を渡して見逃してもらおうと思ったサスケ。しかしそれをナルトに止められます。
それは、たとえ巻物を渡したとしても見逃してくれる保証がないから。
まったくもってその通りなんですよね。

感情の高まりに応じて九尾の力が漏れ出したナルトはものすごいパワーを発揮します。
が、その程度では大蛇丸相手ではね……。五行封印なるものを施されたナルトは意識を失ってしまいます。

そのナルトに触発されて、本来の調子を取り戻したサスケ。しかしながら、サスケもまた大蛇丸にかなうわけもなく。
呪印を「プレゼント」されてしまいこちらもまた意識を失ってしまいます。

巻物は奪われ、サスケもナルトも意識を失っていて。
サクラの奮闘がはじまります。


意識の戻らない2人を前に寝ずの番をしていたサクラ。
そこに音忍3人が襲ってきます。
いろいろと仕掛けをほどこしていたとはいえ、サクラはそういうことがけしてうまい訳ではなく。
簡単に見破られてしまい危機に陥ります。

が、そこにリーが現れ助太刀してくれます。
リーがサクラの危機に気づけたのは半分以上偶然の産物なんですが、あのタイミングで助けに来るとかかなりかっこいいです。
濃いけど(笑)

以前、リーがサスケと戦ったときに繰り出そうとしていた技。
ガイ先生に止められていた技ですね。あれが今回使われています。
『表・蓮華』。
天才であるネジですら体得出来なかった技で禁術。
蓮華は、筋肉にかかっているリミッターを外し、普段20%程度しか使っていない力を100%使うというもの。
強大な力を繰り出せる一方で体にかかる負担も相当なもの。
だから、ガイ先生はこの技を使う条件を示すんです。

それは「大切な人を守る時」。
この漫画というか岸本さん、本当にこのフレーズ好きですよね。

蓮華は諸刃の剣。
リーもまた苦戦し、サクラも大事にしていた自分の髪すら切って戦います。

それを影から見ていたいの、シカマル、チョウジの3人が飛び出してきて、ってところで今巻は終了。
シカマルにマフラー引っ張られているチョウジにちょっと笑ってしまいました。

だいたい覚えていますが次巻も楽しみです。

拍手[0回]

NARUTO-ナルト- 5

NARUTO―ナルト― 5 (ジャンプ・コミックス)NNARUTO-ナルト- 5 挑戦者たち!!/岸本斉史
カカシ先生の推薦で中忍選抜試験を受けることになったナルトたち! 試験場に入る前からサスケに勝負を挑む奴もいて、これはもう大波乱の予感…!! 曲者、強者が集まって、ついに選抜試験は始まったが…!?


数が多いのでナルトは毎月紹介しようと思っているのですが、先月紹介してないですね。
もしかしたら今月もう1巻紹介するかもしれません。でも、次の巻って絶対きり悪いですよね……。
どうしようかな。


【37 最悪の相性…!!】
サスケVSリー。

前巻の引きで、リーがサスケに勝負を挑んでいたのですがそれの続きです。

ルーキーの中で一番強いと目されているのはサスケ。
「うちは」の名前もかなりのものということもあり、自身の力を試したいリーにとって、もってこいな相手なんですね。
サクラちゃんのこともありますが、この時点では全く相手にされてませんね(笑)

戦いがはじまり、サスケは驚愕します。
それは、リーの力がただの体術だったから。

下忍になるために演習(というか試験)でもふれられていましたが、忍が会得する術はおおまかにわけて3つ。
体術、忍術、幻術です。
うちは一族のもつ写輪眼はそれらすべてを見通す能力があるのですが、体術だけはちょっと別。
印を組んでチャクラを練るということをしない体術はたとえ見ることが出来ても、それに反応することが出来なければなんの意味もないんです。
だからこそ、サスケはリーの動きを見切れても自身の反応より早いリーの攻撃をガードすることが出来なかったってことなんですね。

大技を食らわそうとしたリーでしたが、それを止めるものが現れます。
マイト・ガイ。ガイ先生ですね。
リー以上に濃い、暑苦しい青春物語を送っている2人に対する反応に笑ってしまいました。

しかしながらガイ先生は上忍であり、カカシ先生と互角の強さを持つといわれるだけありナルトたちくらいじゃどうしようもない感じですね。


【38 START…!!】【39 挑戦者たち!!】【40 第一の試験!!】
【41 悪魔の囁き…!!】【42 それぞれの闘い…!!】
【43 第10問目…!!】【44 試された資質(モノ)…!!】

中忍試験開始!

一気にキャラクターが増えます。
ナルトたちと同期のルーキーたち、カブトに音忍、試験官のイビキなど。

同期たちはこれからもけっこう登場しますね。
えっと、アスマ班の山中いの、奈良シカマル、秋道チョウジ。
紅班の犬塚キバ、油女シノ、日向ヒナタ。
個人的にはシカマルが好きです(笑) 頭いい子っていいよね。

第一の試験は、ペーパーテスト。
しかしながら内容はかなり難解なもので、普通はとくことが出来るレベルではないんだとか。
「私は解けるけど…」とか小さく思っているサクラちゃんって本当に勉強できるんですねー。
しかし、すらすら解けてしまうサクラちゃんがイレギュラーというか想定外というか。
この試験の狙いは、いかにしてカンニングという名の情報収集を行うかということ。

簡単に見破られてしまうようなカンニングをしたものは持点を減らされ、0点になり仲間も失格になってしまうというなんともプレッシャーのかかる試験なんです。

さらに、あとから発表された10問目はさらにひどくて。
受けないことを選べばその時点で失格、受けるを選んで正解できなければ今後永久に中忍試験の受験資格が剥奪されるというものだったんです。

そんな押しつぶされてしまいそうな状況で自身のプレッシャーだけでなく他の受験者たちのプレッシャーもはねのけてしまったナルトは本当にすごいです。

第一の試験合格者は78名。
第二の試験・試験官みたらしアンコが登場して次話へ。


【45 第二の試験!!】
第二の試験の説明がされる話。

第二の試験は第44演習場・別名「死の森」で行われるサバイバル。
「天の書」と「地の書」。2つの巻物をもって制限時間内に中央の塔までチームの3人で向かうというもの。

しかし一筋縄ではいきません。
人食い猛獣、毒虫、毒草、巻物を狙う他の受験者にも気をつけつなければなりませんから。

さらに、さまざまな思惑が混迷している状態で第二の試験がはじまる、ってところで今巻は終了。
次巻以降はしばらく第二の試験が続くのかな?

この頃の話はほとんど覚えていますが楽しみです。

拍手[0回]

NARUTO―ナルト― 4

NARUTO 巻ノ4  ジャンプコ

ミックス (ジャンプ・コミックス)NARUTO―ナルト― 4 英雄の橋!!/岸本斉史
ナルトをかばったサスケが倒れた…!! その時、怒りと悲しみに燃えるナルトに異変が起きる。ナルトの怒りの鉄拳に吹き飛ばされた白は…!? そして再不斬とカカシの勝負の行方は!? 「波の国編」怒濤の完結!!


妖アパコミックとかおジャ魔女続きとかいろいろ読んで紹介したいものはあるんですが、どちらもきっと語りたいことが多すぎて、長くなってしまうだろうことがわかりきっているので、時間のある ときじゃないと紹介できないんですよね……。
今日は時間がないのが事前にわかっているのでこちらです。


【28 九尾…!!】【29 大切な人…!!】【30 お前の未来は…!!】
【31 それぞれの戦い…!!】【32 忍という名の道具】【33 英雄の橋!!】

ナルトVS白、カカシVS再不斬決着。

サスケがやられた怒りで、九尾の封印が解けかけてしまいます。
ナルトは九尾のチャクラで、白を圧倒します。
この頃って自分のチャクラの効果的な使用法なんかを修行しているころですから、九尾のチャクラを利用するなんてこと器用なことナルトにできるわけないし、きっと無意識なんだろうなぁ。
この辺は4代目の愛でもあるはずですが、まあ今はそんなに関係ないのでまあいいや。

仮面が割れ、自分と戦っていた人物が森で出会った美人の少年であるとしったナルトは、攻撃の手を止めてしまいます。
白の口から語られる存在意義と大切な人。
それはナルトにとっても他人事ではなくて。九尾を身に宿すがために、ナルトも似たような体験をしていたわけです。

白の願いを聞き入れ、とどめを指そうとしたところで白に攻撃を止められてしまいます。
それはカカシ先生の手によって殺されそうになっている再不斬を助けるためでした。

濃い霧で視覚と聴覚を封じられたカカシ先生は、忍犬たちの鼻――嗅覚で再不斬を追いつめます。
コピー忍者カカシのオリジナル忍術・雷切。
雷切で胸を貫かれたのは再不斬ではなく、白で……。
白は最後まで、再不斬の道具として死んでいきました。

白が死ぬということは避けられなかったのかな、と思う一方で、ナルトが白を殺すってことにはなるよりはよかったんだろうな、と。
忍が人を殺さなければならないってのはいいでしょう。
物語が進んでいって、何十巻も進んでからならともかく、この巻数の少ないころにやることではないですよね。
さすがに早すぎるかなー、と思います。

そして、ガトーが一方的な契約破棄により、再不斬とカカシが戦う必要がなくなります。
しかしながら、白は死に再不斬はもうボロボロで。

ナルトが白の思いを再不斬に怒鳴り伝えるシーンがあるのですが、何度読んでもここは泣いてしまいます。
あれだけ、「道具」として扱っていたもののやっぱり情はうつっていたのでしょう。
最後、再不斬もまたガトーと刺し違えて死んでしまいます。

忍の在り方を投げかけて波の国編は終わっていますが、これは本当に難しい。
あ、タズナさんが造っていた橋も完成し、「ナルト大橋」と名づけられたってところで終わってますが、それはいいなと思いました。


【34 侵入者】【35 イルカVSカカシ!?】【36 サクラの憂鬱】
中忍試験編開幕。

以前、作中でも語られていた通り、忍者の中にも序列があり、下忍はその名の通り一番下。
次の位である中忍になるには試験を受けなければならないわけです。

その中忍試験は他国と合同で行われるので、どんどん新キャラが登場してきます。
砂の三兄弟や、ガイ班、ルーキーたちなどなど。影だけですが、音忍も登場していましね。

サスケや我愛羅、リーやネジなどお互いにマークしあっている状況です。
今巻はリーがサスケに勝負を持ちかけたってところで終了。

これから先しばらく中忍試験編ですね。
なんとなく覚えていますが楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR