忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【漫画】つだ みきよ」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

プリンセス・プリンセス4~5

プリンセス・プリンセス(4) (ウィングス・コミックス)プリンセス・プリンセス4/つだみきよ
学園祭二日目、仲間を見捨てて、彼女の元に走る実琴。
そしてそれを暖かく見守る仲間たち……って、んなわきゃないっ!!
彼女との逢瀬を亨と裕次郎に見つかって笑いのタネにされた実琴は、さらにどうしても見せたくなかった女装姿を彼女に見られ……!?
嬉し恥ずかし姫たちのハイスクール・ライフ、実琴の彼女・恵もゲストで登場する「革命の日・番外編」も収録!!

プリンセス・プリンセス (5)     WINGS COMICSプリンセス・プリンセス5/つだみきよ
次期会長候補をめぐって、姫たちがまっぷたつに!?

秋良の圧勝で終わるかと思われていた生徒会選挙に、思わぬ伏兵が出現。
転校生の御鷹が会長に立候補したのだ。
財閥の御曹司で、統率力のある御鷹に次々と心酔していく生徒達。
そしてなんと実琴までもが……。
だが秋良を応援する亨と裕史郎には、最後の「秘策」があった!!
姫たちのスクールライフ、ついにラストステージ!!


この作品の主人公って、亨と裕史郎ですよね?
4巻のあらすじで裕史郎名前間違えられてるんですけど(笑)
こうしてあらすじを改めて見てみるとけっこう間違い多いんですよねぇ。

4巻、5巻は姫よりも脇役のほうが目立っている気がします。

亨と裕史郎が“食われる”から恵(実琴の彼女)を出さないって言ってましたが、確かに食われてるなぁ、と思いました。
5巻なんて完璧、坂本さまと御鷹の話になってますからね。

御鷹に関しては特に感想ないんですが、あえていうならテストのときとか大変そうだなぁ、と。
名前書くだけでも大変そうです。

坂本さまに癒される御鷹に思わず笑ってしまいました。
くっつかれることに慣れてるっぽいですね、坂本さま。
初代坂本さまとかくっついてそうですもんね。


5巻で、裕史郎の家族の問題が快傑するのですが、なんかあまりにもあっさり解決してしまって、あれ?と拍子抜けしてしまいました。
それだけたいしたことじゃなかったんだよ、ってことなんでしょうかね。

ラスト、姫を卒業する3人ですが、実琴歌えたんですかね?
そこだけはちょっと気になりました。

終わりが分かりやすい作品でしたね。
1年間限定の姫を無事にやり終えて、というラストなので。

続編も出てるのですが、続編は購入してません。
続編にそこまで興味がそそられなかったんですよね。

なので、プリプリはここまでです。
明日は何を読もうかな。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

プリンセス・プリンセス2~3

プリンセス・プリンセス (2) (Wings comics)プリンセス・プリンセス2/つだみきよ
「姫」の応援に奮起して意外ながんばりを見せる運動部。
このまま勝ち進むと全国に女装姿を晒すことに!
……なんて心配をする亨たちの前に現れた亨をファーストネームで呼ぶ女のコ。
時々見せる亨の暗い目の理由が明らかに……!?
大好評ハイスクール・グラフィティ、注目の第2巻!!
伝説の坂本サマが登場する番外編も収録!!

プリンセス・プリンセス(3) (Wings Comics)プリンセス・プリンセス3/つだみきよ
えっ、亨が転校……!?

再度現れた血の繋がらない妹・さやかは四方谷に兄を託し、去っていった。
しかしその後の叔父からの電話は、亨に転校を促す内容だった。
姫トリオ存続の危機!!
一方で、有定会長の思惑に満ちた学園祭の準備が着々と進められていた……。
影木栄貴との合作「トレ×プリ」も収録した大人気シリーズ第3弾!!


昨日の続きです。

坂本さまの活躍から始まる2巻です。
あれだけテキパキやられたらそりゃあ後継にしたいでしょうね。

裕史郎の機転に思わず「きゃー」と言いたくなりますが、あれいいんでしょうか。
これ一応、少女マンガですよね。
まあ、児童書で男同士のキスがありなんですから(あさのあつこ)、ありでしょう。
作者がもともとそっち書いてる人なんですからね。

さやかちゃんに関してはわざとそう描いてるんでしょうが、すごく醜く見えます。
実の両親を失った亨のことなど微塵も考えず、実は従兄弟だから結婚できる、ってことしか考えてないんですからね。
そりゃ醜く見えますよ。

ふっきれて裕史郎に亨をお願いしていく彼女にびっくりすると同時に笑ってしまいました。
アニメではこの辺、もっと盛り上がるように変えられてましたね。

亨の叔父さん、というか叔父さん家族が基本的に身勝手で驚いてしまいました。
学生にとって転校というのはかなり大変なことです。
しかも行って戻ってってのをわずか半年程度で、ってどんな扱いを受けるかわからないんでしょうかね。


2巻に坂本さまのお宅訪問が番外編で収録されてるんですが、あの家族ならコンプレックス抱くよなぁ、と思いました。
だから坂本さまの主役の話が「ファミリーコンプレックス」なんですね。


巻末のあとがきで登場していた影木さんってDAIGOのお姉さんだったんですね。
通りで名前を聞いたことあるわけです。

そして、そっち系の漫画描く方だったんですね。知りませんでした。


次巻は実琴の彼女が登場するのかな?

あと2巻とかだったはずなので、明日全部紹介しちゃいたいと思います。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

プリンセス・プリンセス1

プリンセス・プリンセス (1) (Wings comics)プリンセス・プリンセス1/つだみきよ
転校先の男子校はなぜ大歓迎ムード。
河野亨は知らなかった。
その学校には「姫」という制度があって、選ばれた者たちは男ばかりの生活の潤いとなるためにイベントのたびに女装するということを……。
そしてその白羽の矢が自分にたてられるなんて……。
つだみきよのハイスクール・グラフィティ!
注目の第1巻ついに登場!!


この作品をはじめて知ったのはYouTubeで何か別のアニメを探していたときです。
そのとき、たまたま見つけて。
名前と男子校で女装してアイドルみたいなことをするってことしか知りませんでしたが、どんな内容かと気になって見てみたんです。
結構おもしろくて全部見ました。

その後、古本屋で原作を見つけて購入しました。
なので、脳内音声はアニメ準拠(笑)


男子校で女装してアイドル……、とんでも設定ですけどそれが以外とおもしろいんですよね。
若干BLぽいんですが、BLではないんですね。
けど原案時点ではBLだったらしいので、それっぽく見えても仕方ないんでしょうね。
特典が半端ないんで、亨みたいに金に目が眩んで、てのもありだとおもいます。


作中で、「車だと免許がいるからゴーカートだ」って説明があるんですけど別に車でも問題ないんじゃないんですか?
私道で運転する場合は問題ないらしいですし。それに免許持ってる先生って少なからずいると思うんですが、先生に運転させたらマズイんですかね?
「姫」は先生どころか学校が公認してることなんですから、あれくらい協力しても問題ないと思うんですけどねぇ。


名田庄先輩は怖いです。
あれだけ熱中できるってのはすごいことなのかもしれないんですが、それでも怖い。
なんだ、あのテンション。

坂本さま、可愛いですよね。
兄の幻影にふりまわされてる感はありますけど、それに恥じることない働きが出来るんじゃないかなぁ、と思います。


この作品で1番強いのは有定会長だと思うんですが、この人に弱点ってものはないんでしょうかね。
ちょっとばかり気になりました。


1巻は亨のもとに謎の少女が現れた所で終了です。


アニメを見たときに、亨と裕史郎にばっかりスポットがあたって、同じ姫なのに実琴にはそこまでスポットがあたってないのは何故だろう?と疑問に思ったのですが、実琴は別作品のキャラクターで、すでにスポットあて終わっていたからなんですね。
納得しました。

明日はこれの続きか、別の小説を読むか。どっちにしようか考え中です。

ブログ王 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[1回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
10 月( 02 )09 月( 07 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR