忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】喬林 知」の記事一覧

やがてマのつく歌になる!

やがてマのつく歌になる! (角川ビーンズ文庫)やがてマのつく歌になる!/喬林知
異世界に行ったきり消息が掴めなくなってしまったおれ、マ王渋谷有利(ユーリ)。そんな不肖の弟(おれ)の安否を気遣う渋谷家の兄貴・勝利(ショーリ)は、出来のいい頭をフル回転させてナイアガラの滝逆流(自力でスタツア)計画を組み立てていた。さてその頃、当のおれはといえば聖砂国への船旅中で、クセモノ少年王サラレギーの目を盗み、難民(?)のみなさんを安全な場所げ誘導しようと画策していたのだが……。
謎が謎と謎をよぶ!? 絶好調ハイテンション・ファンタジー!!


ちょっと間があきましたが、まるマです。
この辺からシリアス展開多くなってくるんですが、最近続編出されてますか?
下手したら追いついちゃいそうですね。


今巻もみんなバラバラに行動してます。

まずは、ユーリ。
ヨザックとサラレギー、そしてコンラッド。聖砂国からの難民多数、小シマロンの軍人乗組員なんかと聖砂国へ向かう海の上。

ヴォルフラム、ギーゼラ、アーダルベルト、ダカスコス、マキシーンはそのあとを追っています。
サイズモア艦長や山脈隊長や骨飛族(骨地族?)のテリーヌしゃんもここ。

グウェンダル、アニシナ、グレタは血盟城かな?

そして、日本というか地球では村田とボブが奔走しているようです。
今回は村田名前しか出てないんですけど、一緒にいるらしいボブの様子からするとそんな感じ。
ロドリゲス(息子はマのつく自由業!?参照)の到着を待ってるらしいです。

そんなボブたちに放置されてしまったブラコン勝利は、あらすじにもある通り自力でスタツアするためにナイアガラの滝を逆流させにカナダへ向かおうと飛行機のキャンセル待ち。
そのときに外国人女性・アビーことアビゲイル・グレブスと出会い、行動をともにすることに。


えー、大方の予想通りやはりサラレギーは食わせ物でした。
神族とシマロン人の間に生まれた彼は双子であり、聖砂国の皇帝は彼の双子の弟・イェルシー。
しかも純粋無垢とでもいえばいいのかな。そういう子でサラレギーの都合のいい操り人形って感じ。

サラレギーは眞魔国、魔族を潰したいからどうやっても火種にしかならないような条約を結ぼうとするわけですね。
もちろん、ユーリはそれを断るわけですが二重三重の策を弄し、旅の途中でユーリのことを気に入ったから「飼っておこうと思ったのにな」発言。
えらいドSです。
その場からはなんとか退避することは出来たわけですが、危機はまだまだ去っていないんですよね。
いったいどうなってしまうのか。


今巻というか聖砂国編は、今まで広げた風呂敷をたたみ始めたのかな?と。
禁忌の箱の話だとかそういうのを見ていて思いました。
カロリア編から兆しは見えていましたが、聖砂国編は完璧そうですよね。

だからこそ、サラレギーのもとから逃れたユーリはヘイゼル・グレイブスが対面したのでしょう。
ヘイゼルは名字でわかる通り、アビーの血縁。アビーからしたら祖母の祖母なのかな。
お嬢様とは仮の姿!のエイプリルがヘイゼルの孫であり、アビーの祖母ってことのよう。

箱とともに消えたはずのヘイゼル。なぜ、この人が聖砂国にいるのか。そして、軽く見積もっても100はとうに超えているだろう人物が生きているのか。
疑問です。


ダカスコスとアーダルベルトの会話、そして花形操舵手の行動が深いなぁと思いました。
魔族を捨てた男であるアーダルベルトに、ダカスコスがユーリのことというか人間たちのことを語り、
花形操舵手はユーリを見て、自身の行動を改めるんです。

魔族と人間はお互い敵である悪であると教育されているわけです。
戦争が比較的最近まであったことを考えると仕方ないんでしょうけど、その長く続いた現象をユーリはすごい勢いで塗り替えていっているんですね。
本人にそんな自覚はないんだろうけど、やっぱりユーリはすごいです。


あとは気になったのはそうですね。
棺桶シーンの挿絵。
近いわ!って感じ。

いや実際棺桶(普通1人用ですよね)に2人で入っているんだから、狭いのは当たり前なんでしょうが、何もこのシーン挿絵入れなくても……っていうね。
腐女子としては美味しいけど、この作品BLじゃないんだから。
で、この時のコンラッドのセリフから海に突き落としたのは、やっぱりユーリを地球へ戻そうとしていたってことっぽいな、と。
「出口」=海=水=スタツアってことでしょうから。というかそうであって欲しいというのが正直な所です。

様々な思惑が絡み合っていくこのシリーズ。
いったいどうなってしまうのか楽しみです。

拍手[0回]

これがマのつく第一歩!

これがマのつく第一歩! (角川ビーンズ文庫)これがマのつく第一歩!/喬林知
毎度おなじみ高校生マ王のおれ・渋谷有利(ユーリ)は、護衛(おもり)役のヨザック、小シマロン王サラレギー、そして大シマロンの死者コンラッド、という微妙なメンバーで、神族たちが住むという聖砂国への船旅を続けていた。ところがそこにハプニングが……!
一方、地球に取り残された親友の村田健(ムラケン)は、いつもと違う(=すぐに帰ってこない)おれを心配して、ついに大胆行動を起こしてしまう。――で、これからおれたち、どうなっちゃうの!?


かなり久しぶりのまるマです。前巻を紹介したのが昨年10月で番外編でしたから、純粋な本編は海の果て(8月紹介)以来の10ヶ月ぶりです。


今回は本編と短編『マ王陛下の優雅な一日』が収録されています。

まず、本編。
なんというかもう読んでいて辛い。いや、この後の話も途中まで知っているんでこの程度って思う気持ちのもあるんですけどね。

コンラッドの行動が謎です。
『海の果て』のときはヨザックと協力してユーリを助けているんです。
が、今回のコンラッドは逆にユーリを荒れた海に突き落としています。
この相反する行動にはいったいどんな意味があるのかってことですよ。

ちょっと思ったのは、コンラッドはユーリを聖砂国に連れて行きたくなかったとかなのかな、と。
こちらにいるよりは格段に安全である地球にいてほしかった。
ユーリが足を滑らせた一瞬ってのは、スタツアによる引き寄せる力が働いていたので、それを後押ししたかったってことなのかな、と思って読んでいました。

今現在、サラレギー(というか大シマロンか?)の元に身を置いているコンラッドですが、ユーリが第一ってのは変わっていないとおもうのです。
何か理由があってこういう行動をとっていると信じたいだけでもあるんですけどね。


サラレギーとの問答は、読んでいて非常にイライラしてしまいました。
ユーリ(というか日本人?)にとって信じられない出来事に対して反発するんですが、それについて突き詰めて質問されると答えられなくなってしまうんですよ。

まあ、仕方ないのかなーとも思います。
ユーリはあくまでただの高校生でしかないんですよ。
魔王なんてやってますけど、けっこう行き当たりばったりじゃないですか。
ここに村田がいればまた違ったんでしょうけどね。
彼の経験はかなりのもの。村田としての知識もそれ以前の知識もフル活用して言い負かすことができそうです。


そして、一方の村田サイドです。
今まで、ユーリがスタツアったときは眞魔国で数ヶ月を過ごそうとも地球に帰れば長くても数分しかたっていないという状況でした。
しかし、今回はそうではなくて。
何時間たっても戻ってこなかったらしいのです。

どうにか美子さんを誤魔化すことには成功するものの、勝利に疑われてしまうんです。
いったいどうなってしまうのか、とハラハラしていたら、村田は希望を見出します。
それというのは勝利とボブが知り合いだったということ。

過去アンリ・レジャンであった村田はボブ=魔王ということを知っています。
(詳しくはお嬢様とは仮の姿!を参照で)
どうにかして、ユーリのもとに向かおうとするもののなかなか難しいようです。
そしてブラコン勝利は勝利で、ナイアガラの滝を逆流させようと動き出します。


最後は、魔族の皆さんたち。
ヴォルフラムをはじめとした面々はユーリの後を追おうとします。

しかしながら、ヴォルフラムやギュンターといった面々は魔力が強いため法力の力が強い聖砂国に近づくことすらできません。
そこでヴォルフラムに秘術が施されます。
……ちょっと割愛させてください。さすがにこれは読んでいてかなり微妙な気分になりました。
ギュンターのキャラがぐだぐだなのはいつものことですが、もうちょっとどうにかならなかったのかな。

そして、少ない戦力をおぎなうために敵であるアーダルベルトとマキシーンも連れサイズモア館長のうみのおともだち号で聖砂国に向かいます。


短編は、時間軸不明オールキャラのかなり平和な話。
あ、オールキャラっていってもグウェンダルとか名前だけだし、ヴォルフもほんの少ししか出てないですね。

グレタがめちゃくちゃいい子です。
そうなんですよ、グレタの初登場はユーリを暗殺しようとしていたんですよね。
この子がアニシナさんにあこがれを抱いているのはちょっと怖いんですけど(笑)
殺伐とした話が続くのでこういう話もいいですね。

まあ、その分本編との落差に余計沈みそうになるんですが。
おもしろかったです。
なんとも中途半端なところで終わっているのでそのうち続きも読んでしまいたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

息子はマのつく自由業!?

息子はマのつく自由業!? (角川ビーンズ文庫)息子はマのつく自由業!?/喬林知
「ゆーちゃんは、自慢の息子よ。パパとママの大傑作」
でもねえ、ほんとに、これで特殊な職業になんか就けるの?
少女趣味だがある意味最強の母・美子、地球産悪魔で銀行家の父・勝馬、エリート街道をひた走る兄・勝利、でもって正義漢の次男坊(ゆーり)は、高校生にして職業・魔王だったりするのだが……。
円満だけど何となくズレてる渋谷家+αの、封印された過去を大暴露!? 毎度おなじみまるマシリーズにまる秘ストーリー堂々登場!


ちょっと間のあいたマ王です。
今回は番外編。

3編収録されていますが、主役であるはずのユーリはほとんど登場していません。
登場していても、乳児だったり、幼児であったりなので。
今回はユーリを囲む家族たち視点の話です。


まずは『息子はマのつく自由業!?』
ユーリが生まれる前というか、美子さん(ユーリ母)と勝馬(ユーリ父)がつきあいはじめるところだとかも描かれています。

さらりと暴露してしまうお父さんもお父さんですが、「羽は!?」と返してしまう美子さんもすごいなぁ。
さすがです。

そして、厭世観漂うコンラッドに説教してしまう勝馬ですが、この辺はさすが親子だなぁ、と思いました。
「タクシー相乗りの名付け親」であるコンラッドですが、そのときの様子も描かれています。
コンラッドがかっこよすぎます。


次は『眞魔国でマた逢いましょう』
ユーリ生後4ヶ月です。

病院で虐待を疑われて(実際はただの蒙古班)、ソーシャルワーカーの手で美子さんと離れ離れにされてしまうんです。
もちろん美子さんは怒り狂いますよね。
そんな美子さんから逃げるため、ソーシャルワーカーが逃げ込んだコンビニに立てこもり犯がやってきて……という話。

実はこの時、ユーリとコンラッドは接触していたのですね。
生後4ヶ月のことですから、もちろんユーリは覚えているわけないじゃないですか。
それでも、ユーリはコンラッドとはじめて会ったとき、「どこかであったことがないか」と聞いているんです。
きっとどこかで覚えているんだろうなぁ。

そして、ロドリゲスのお仲間がいったい何者なんだ……。
ぶっちゃけ、私ガンダムわからないんで、言ってることは半分もわからないんですが、この人たちもすごいですよね。


最後『弟』です。
ユーリの兄・勝利視点の話です。

勝利8歳、ユーリもうすぐ4歳のプチ家出の話。
ニューヨークの街中で、喧嘩して離婚の危機を迎えた両親のもとから逃げ出すんです。

いくら頭が良くて子どもらしくない子だとはいえ、勝利はまだ8歳。
幼すぎて、ユーリを守ることすらままならないわけです。

早く大人になりたい、と願うもののそれが叶う訳ないことも勝利は理解しているわけです。

まだ幼すぎてわかっていなかったのでしょうが、地球の魔王・ボブに後継者へと望まれます。
ボブのあとを継ぐことで、ユーリの支えになれるってのもあるんでしょう。

妹が欲しかったとか、ギャルゲーのキャラ名にしてみたりとある意味嫌がらせみたいなことしてますが、ユーリが大事であることは間違いないんですよね。

本当にユーリはみんなに愛されています。


次巻は本編にもどるのかな?
辛い物語になるんですよね。楽しみではあるんですが、辛いのはいやだな。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

blogram

ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2017年】
12 月( 01 )11 月( 08 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR