忍者ブログ

(腐)的感想文

隠れ腐女子の日常と小説や漫画の感想を書いてきます。

   
カテゴリー「【小説】喬林 知」の記事一覧

めざせマのつく海の果て!

めざせマのつく海の果て! (角川ビーンズ文庫)めざせマのつく海の果て!/喬林知
いろんな気がかりを異世界(あっち)に残したまま。地球(こっち)に帰ってきちゃったおれ、澁谷有利(ユーリ)(職業・魔王)。もう戻れないのかな、なんて不安になっていた矢先に、他人(ひと)んちのプールから流されて懐かしの眞魔国へ。ところが到着早々、おれを待っていたのは深刻な外交問題。長いこと鎖国状態だった聖砂国とやらがついに動き出したって話だが……。またしても波乱の予感!? 大人気シリーズ、待望の新章スタート!


また2ヶ月ぶりのまるマです。
前巻は外伝作品だったから本編は4ヶ月ぶりとかかなり久しぶりです。


前回、かなり中途半端なところでスタツアってしまったユーリ。
地球で日常生活を送っていても、眞魔国のことが気になって仕方がないようす。

村田の学校のプールからスタツアします。
が、村田の様子を見る限り、本当はまだ行かせたくないんだろうなぁ。

というか、ユーリに彼女が出来ます。
中学時代の同級生で、元テニス部の活発っぽい子。
で、この子のメルトモの名前が「アビゲイル・グレイブス」。
もしかしなくても、お嬢様とは仮の姿!に登場したエイプリルのひ孫とか後継者とかそういうのなのでは?
この巻あたりまでは2、3回読んでるはずなのにまったく覚えてなかったです。
というか下手したら気付いてなかったかもしれない……。


新キャラが登場します。
名前だけは何度か出ていた小シマロン王サラレギー。
中世的な美少年で若くして王として頑張っていることにユーリが関心していたのですが、作中のユーリサイドの面々も思っていたであろうことをツッコみたい。
「あんたも変わんないから」。

ユーリもサラレギーも15歳の時に王として即位し、眞魔国の面々からすればサラレギーもユーリも美少年であることに変わりはなし。
警備のことなど考えず自由に行動しているあたりも一緒ですよねぇ。


もう少しあとの方の巻まで読んだことがあるので、余計そう思うのかもしれませんが、サラレギー怪しすぎる。
カロリアを壊滅に追いやったのは「禁忌の箱」。でも禁忌の箱を間違った鍵で開けるよう指示したのはサラレギーなんですよね。

謝罪をユーリは素直に受け取ってましたが、ぜったいこれ口先だけだよなぁ。
悪いと思っていないと思う。人間たちより箱に詳しいであろう魔族たちから、情報を手に入れようとしていてもまったく驚きませんよ。

ユーリに上着を貸した理由も、金鮭号に乗っていなかった理由も明白じゃないですか。
でも、それを親切心で偶然だと思っているユーリが本当にいい子すぎる。

というか、キーナンですよ。
いつかマのつく夕暮れに!あたりでギーゼラやダカスコスと一緒に“慰安旅行”に行ったメンバーで、途中でいなくなってしまったあの人です。
キーナンが、コンラッドの腕を運んだんだと思うんですが……。
この人は大シマロン側の人間ってことなんだろうか。それとも、コンラッドと同じように何か理由があっての行動なのか。
わからないですね。


相変わらず本当に立ち位置が微妙なコンラッドです。
大シマロン王・ベラールの配下であるってことになっているものの、いろいろあってサラレギーを助けることになってるし、でもユーリが危機に陥っていたら助けるんだからなぁ。
コンラッドの離反の理由がまともに明かされていない今どれだけ考えてもわからないかな。


この状況でユーリが頼りに出来るのはヨザックだけ。
でもヨザックでよかったというべきか。
だって、これがギュンターやヴォルフなら法力酔いして助けるどころじゃないってことになってしまいますからね。

次巻は聖砂国に入れるのでしょうか。楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

お嬢様とは仮の姿!

お嬢様とは仮の姿! (角川ビーンズ文庫)お嬢様とは仮の姿!/喬林知
お嬢様とは仮の姿、エイプリル・グレイブスが祖母から受け継いだ裏稼業は、誇り高きトレジャーハンター。相棒(DT)と共に依頼をこなすうち、亡き祖母が守り続けた禁忌の箱にたどりつく。だがそこに箱の“鍵”の持ち主と名乗る将校が現れて……?
この世には、触れてはならぬ物が四つある。
「風の終わり」「地の果て」「凍土の劫火」そして「鏡の水底」。
まるマシリーズの謎が明らかに!? 秘密の(シークレット)ストーリー登場!


2ヶ月ぶりのまるマシリーズです。
タイトルと表紙だけ見ると全然違う作品っぽいですよね。私もはじめ外伝作品だと気付かなかったような記憶があります。


今回の話は、箱の鍵について。
開けてはならない4つの箱の1つが地球にあったって話です。

1938年のボストンとドイツが舞台です。
エイプリルがナチス親衛隊将校のリチャード(本当はリヒャルト)や、相棒のDT、フランス人医師アンリと箱を取り戻さんと頑張る話。

この話何度か読んでいるので、なんとなく結末はわかっていたのですが、アンリの正体とかすっかり忘れていました。
というかもしかしたら気付いていなかったかもしれないという迂闊さ。

アンリって、村田になる前の前の人物なんですよね。
あれだけヒントというか小ネタが散りばめられていたのになんで気付けなかったのか……。
「あと二、三回生まれかわらなきゃドイツサッカーのよさは理解できない」とかもそうですよね。

箱の装飾についてのコメント、エイプリルが疑問を思わなかったのが不思議。上の空だったからなのかな。
はじめの方で「僕が見た時は装飾具自体がなかったからね」とアンリ。
終盤で「後でつけた縁取りだって、百年二百年ですむものじゃないでしょうに」とエイプリル。
何歳なの?ってツッコミをしたくなりませんか。

アンリはタイミングを逃しただけで、秘密を打ち明けたいって思いはあったんでしょうね。
じゃなきゃああも際どい発言しないだろうと。きっと突っ込んで欲しかったんだろうな。


「鏡の水底」は誰の手にも渡らないように、と湖に沈められました。

後日談的な1980年代春の話。
コンラッドがエイプリルの孫と会話している訳ですが、これってユーリの魂を届けにきたときの話ですよね。
ユーリが生まれたのは6月でしたっけ?なら時期的にもそうでしょう。ユーリが生まれてしばらくは地球にいたようですし。

このときに持ち帰った「鍵」と今現在コンラッドの腕についている腕は同一ってことなのかなー。
いまいちよくわからない。その辺は本編を読んでいくうちに明らかになるかな。


イングラスなるシマロンの王が怖い。
シマロン王にそういう性質が受け継がれているとして、そりゃあどうあがいたって鍵の印が現れるわけないな、と。
箱の鍵としての性質と真逆をいくわけじゃないですか。

外伝作品ではありますが、かなり重要な話でした。
次作は本編に戻ると思うのですが、楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

地にはマのつく星が降る!

地にはマのつく星が降る! (角川ビーンズ文庫)地にはマのつく星が降る!/喬林知
筆記試験とロードレースをクリアして、天下一武闘会(テンカブ)の決勝戦にまで残ったおれ・渋谷有利(ユーリ)(職業:魔王)。ところが、美熟女戦士(自称)ツェリ様一行が禁忌の箱「風の終わり」すり替え作戦を決行しているそのとき、最後の戦い相手としておれたちの前に現れたのは――まさかまさかのコンラッド! 生きてたんだって喜びと、敵に回られたショックで混乱するおれ。これからどーなっちゃうの!? 絶好調☆カッ飛ばしファンタジー!


昨日の続きです。
続きが気になりすぎて、今日の朝、出勤前に1冊読み終えてしまいました(笑)

このくらいの厚さなら1時間20分ほどで読み終えられるので。けっこうぎりぎりでしたけど。


3人目の対戦相手がコンラッドであるという混乱の境地からこの巻ははじまります。
コンラッドとユーリのやりとりは読んでいてちょっと悲しい。

それというのも、ユーリにとってコンラッドは何があっても裏切らないと思っていた、全幅の信頼を寄せていた人物です。名付け親でもありますしね。
そんなコンラッドが敵の、大シマロンの制服を自分の意思で着ていることにひどくショックを受けるんです。
仕方ないよなぁ、と思います。

で、コンラッドの方も大シマロン側についているのも何か訳があるのでしょう。
きっとマのつく陽が昇る!でコンラッドの腕が切られる直前に何か言いかけてましたし。
ツェリ様は「眞王陛下はあの子にばかり厳しすぎます」とか言ってましたけど、それをそのままの意味で受け取っていいのか……。

村田が大賢者の生まれ変わりで今もその当時のことがわかるのなら、眞王の記憶を受け継いでいる人物とか眞王自身の魂が裏で糸をひいていてもおかしくはない気がするんですよね。
だからツェリ様のセリフは「眞王の命令」って意味なのか、「眞王=神=比喩」みたいな意味なのか。
どっちなのかな。
はやく理由が知りたいな。


アーダルベルトVS上様ユーリにはびっくり。
上様の長口上中に攻撃しようとするとは……。それはダメだろ。

アーダルベルトにジュリアの魂の行方が告げられます。
それを聞いて、アーダルベルトはユーリを追いかけ、倒れた本棚にはさまれて身動きできない状態で気絶してしまいます。
それを見たコンラッドは「よほど嬉しいことでも聞いたんでしょうね」とありましたが、このアーダルベルトの心情がいまいちよくわかんないですよ。

ジュリアの魂がユーリの中で息づいているから? それとも、ジュリアとユーリは別人であると確信したから?
うーん。やっぱりよくわからん。
というかやっぱりアーダルベルトとジュリアとコンラッドの関係が非常に気になる。
何があって何がなかったんだろう。


フリンさんとユーリのダンスシーンが非常によかったです。
ええ、ヴォルフラムが嫉妬の嵐がすごそうだなーとかそういうのは置いといて。

フリンさんにカロリアの独立を告げ、ダンスに誘い誘われ。実は魔王だったんだよ、と告げるわけです。
なぜかちょっと泣きそうになってしまいました。


ノーマン・ギルビットの棺おけ(中身は風の終わり)をかかえてカロリアに戻ったユーリたち一行。
ユーリとムラケンはドラム缶からスタツアって地球へ。

ちらりと語られていましたけど、今までユーリにとっての眞魔国の存在を証明するものはコンラッドから貰った青い魔石(とひもパン)くらい。
村田の正体が明かされたことで、眞魔国について語ることが出来るようになるわけです。
が、そういった意味では村田の方が嬉しいんじゃないかなー、と。
というのも、ムラケンには大賢者だったころの記憶があるとはいえ、それを証明する手立ても語り合える仲間も今までなかったわけです。
今まで言いたくても言えなかったってことを考えると今回村田は頑張ったんじゃないかなと思いました。


なんとか日本に戻ってきましたが、問題はすべて放り投げてあります。
いったいどうなるのか次巻が楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログ王 ブログランキング

拍手[0回]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ad


ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングならblogram

カテゴリー

バーコード

ブログ内検索

プロフィール

HN:
柊木かなめ
性別:
女性
職業:
北海道のド田舎に住む会社員
趣味:
読書
自己紹介:
隠れ腐女子・柊木かなめのだいたい感想ときたま日常。
腐った視点からの感想もあるので苦手な方はご注意してください。
ツイッターやってます

毎日のように感想書いてますがちゃんと働いてます。

※当ブログはamazonアソシエイトを利用しています。

Amazon

ブログ村ランキング

広告

マクロミルへ登録 忍者AdMax

メールフォーム

アーカイブ

【2019年】
05 月( 03 )04 月( 01 )03 月( 03 )/ 02 月( 00 )/ 01 月( 04 )

【2018年】
12 月( 01 )/ 11 月( 00 )/ 10 月( 00 )/ 09 月( 00 )/ 08 月( 01 )/ 07 月( 00 )/ 06 月( 00 )/ 05 月( 04 )04 月( 04 )03 月( 06 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2017年】
12 月( 03 )11 月( 07 )10 月( 02 )09 月( 06 )08 月( 02 )07 月( 01 )06 月( 04 )05 月( 05 )04 月( 02 )03 月( 07 )02 月( 02 )01 月( 04 )

【2016年】
12 月( 04 )11 月( 03 )10 月( 04 )09 月( 02 )08 月( 02 )07 月( 03 )06 月( 03 )05 月( 06 )04 月( 01 )03 月( 01 )02 月( 02 )01 月( 05 )

【2015年】
12月( 03 )11月( 02 )10月( 03 )09月( 04 )08 月( 06 )07 月( 04 )06 月( 03 )05 月( 03 )04 月( 05 )03 月( 02 )02 月( 00 )01 月( 09 )

【2014年】
12 月( 28 )11 月( 31 )10 月( 30 )09 月( 30 )08 月( 31 )07 月( 31 )06 月( 30 )05 月( 31 )04 月( 26 )03 月( 31 )02 月( 28 )01 月( 32 )

【2013年】
12 月( 32 )11 月( 33 )10 月( 35 )09 月( 32 )08 月( 37 )07 月( 34 )06 月( 32 )05 月( 32 )04 月( 33 )03 月( 32 )02 月( 29 )01 月( 22 )

【2012年】
12月( 36 )11月( 34 )10月( 35 )09月( 30 )08月( 35 )07月( 32 )06月( 30 )05月( 32 )04月( 31 )03月( 34 )02月( 32 )01月( 34 )

【2011年】
12月( 40 )11月( 35 )10月( 37 )09月( 37 )08月( 41 )07月( 38 )06月( 38 )05月( 36 )04月( 41 )03月( 38 )02月( 33 )01月( 37 )

【2010年】
12月( 40 )11月( 38 )10月( 32 )09月( 35 )08月( 36 )07月( 34 )06月( 33 )05月( 31 )
Copyright ©  -- (腐)的感想文 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR